内海安吉衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  5回発言   6811文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  5回発言   6811文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第28号(1955/06/14、27期)

ただいま議題となりました水防法の一部を改正する法律案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず本法案の提案の理由及び内容について申し上げますと、第五回国会におきまして、水防制度を整備するため水防法が制定されたのでありますが、今回さらに水防活動の強化をはかるため、洪………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第29号(1955/06/16、27期)

ただいま議題となりました日本住宅公団法案、住宅融資保険法案、公営住宅法第六条第三項の規定に基き、承認を求めるの件、以上三案件につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。初めに、日本住宅公団法案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第35号(1955/06/29、27期)

ただいま議題となりました道路整備費の財源等に関する臨時措置法の一部を改正する法律案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。まず、本法案の提出の理由並びに内容について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第43号(1955/07/19、27期)

ただいま議題となりました公共土木施設災害復旧事業費国庫負担法の一部を改正する法律案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。わが国の公共土木施設は毎年の災害により甚大な被害を受けておるので、今回これらの施設に関する災害復旧事業を特に推進するために、連年災害をこうむる地………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第49号(1955/07/28、27期)

ただいま議題となりました、阿左美広治君外四百二十九名提出、国土開発縦貫自動車道建設法案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、議員四百三十名の提案による、いわゆる衆議院のほとんどの総意に基く画期的法案であります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 37回出席(長 37 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言     18文字発言
 第23回国会  4回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第24回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  0)  7回発言   7347文字発言
 第25回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第27回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員  0)  0回発言      0文字発言

  27期通算 122回出席(長 39 代理理事 0 代理 0 理事 80 委員  3)  8回発言   7365文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
           119回出席(長 39 代理理事 0 代理 0 理事 80 委員  0)  8回発言   7365文字発言

 国土総合開発特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 建設委員会委員長(第22回国会)
 建設委員会委員長(第23回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 建設委員会理事(第23回国会)
 建設委員会理事(第24回国会)
 建設委員会理事(第25回国会)
 建設委員会理事(第26回国会)
 建設委員会理事(第27回国会)
 建設委員会理事(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 建設委員会 第35号(1955/07/23、27期)

これより質疑を行います。瀬戸山三男君。御承知のようにこの法律は士法と業法と二つの性格を持っておるというところに、この法律の不徹底さがあると思うのであります。資格法と業法とを分離しますならば、この法律…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1956/02/08、27期)

議事進行。逢沢さんの再三にわたっての御質問でありましたけれども、柴田官房長の御答弁は、ほとんど逢沢さんの御質問に対して満足を与えるところの答弁をしていない。要するに、御勉強炉足らぬのじゃないかというよ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1956/02/17、27期)

関連して。ただいまの政務次官の御答弁でございますが、四カ月や五カ月などと、そんな進退問題を考えないで、少くとも今の縦貫道路問題というのは、前国会においてほとんど挙党一致の態度をもって提案されまして、私…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第10号(1956/02/24、27期)

おそく参りまして、実は金子さんの御意見を承わりたいと思っておったのですが、遂に承わることができずまことに遺憾でございます。小野参考人の御意見を承わりまして、私は交通政策の面からいいまして御懸念をされて…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第16号(1956/03/15、27期)

ただいま議題になりました積雪寒冷特別地域における道路交通の確保に関する特別措置法案につきまして、提案の理由及びその要旨を御説明申し上げます。積雪寒冷地域における道路は、長期にわたる交通の途絶を余儀な…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第20号(1956/03/30、27期)

修正案の案文を朗読いたしまして。智庁営繕法の一部を改正する法律案に対する修正案会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第27号(1956/04/25、27期)

先ほど来三鍋委員並びに楯委員等より東京都の都市計画にちなんでの問題について質疑応答が交換されたわけでありますが、まことにこれは重大な問題であります。そこで質問応答の経過を聞いてみますと、せっかく貴重な…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第36号(1956/08/27、27期)

委員長を通してお諮り申し上げたいと思うのですが、台風第九号の被害の状態を拝聴いたしますと、長崎県が百二十一億という莫大な被害を受けておる。そこでこの被害の内容を見ましても住宅だけでも七十億、いわば八〇…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22