山下春江衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  2回発言   3154文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  2回発言   3154文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第47号(1955/07/26、27期)

ただいま議題となりましたクリーニング業法の一部を改正する法律案及び母子福祉資金の貸付等に関する法律の一部を改正する法律案について、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、クリーニング業法の一部を改正する法律案について御報告申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第51号(1955/07/30、27期)

ただいま議題となりました、巣鴨プリズンに服役中の第三国人戦争受刑者に対する出所後の援護対策について、政府当局の所信をたださんといたすものでございます。と申しますのは、先ごろせっかく仮出所を許されました韓国人二名の出所延期問題に端を発しまして、自来二、三の委員会においていろいろと事情を調査究明いたしま………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 46 委員 13) 21回発言  68576文字発言
 第26回国会 55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 41) 18回発言  53684文字発言
 第27回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  5)  1回発言   2002文字発言
 第28回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 30)  7回発言  25380文字発言

  27期通算 153回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 64 委員 89) 47回発言 149642文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
           111回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 46 委員 65) 23回発言  54697文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
            33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 15) 24回発言  94945文字発言

 大蔵委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 国土総合開発特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 社会労働委員会理事(第22回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第26回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第27回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1955/06/09、27期)

私は援護局長に基本的なお考え方についてお尋ねをいたしたいと思うのであります。援護局の前身は援護庁でございまして、日本の官庁として、大東亜戦争終了後の非常事態を収拾するためにできました全く新たなる役所…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1955/06/14、27期)

私は前会にもちょっとこの問題に触れて局長の御意見をただしたのでありますが、五月十日だと思いますが、労働省から責任ある引揚者の就職状況についての御報告をいただいたのであります。それによりますと、第八次、…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第6号(1955/06/28、27期)

田辺援護局長に伺いますが、この戦傷病者戦没者遺族等援護法と、未帰還者留守家族等援護法、この三つの法律の適用を受ける人たちの間にバランスがとれているかどうか。私には留守家族の方があまりにも軽く扱われてお…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第7号(1955/07/02、27期)

昨年度三カ月という長い瞬間努力して作りました金融機関再建整備法の一部を改正する法律、旧日本占領地域に本店を有する会社の本邦内にある財産の整理に関する政令の一部を改正する法律、閉鎖機関令の一部を改正する…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第8号(1955/07/04、27期)

今法務大臣が見えておりますので、法務大臣にお願いいたします。聞くところによりますと、両三日前から、第三国人で現在巣鴨に拘禁中の戦犯者の人が、いろいろの条件を申し入れて総理大臣その他関係各省に陳情をいた…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第10号(1955/07/08、27期)

戦後十年、灼熱瘴癘のビルマのジャングルの中に、十八万という非常にたくさんの英霊が、香華をたむける人もなく、いまだに風雨にさらされているということは、まことにわれわれとしても耐えられないものを感ずるので…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第11号(1955/07/12、27期)

ただいまの委員長の御発言は私もむろん同感でありますが、その前に、政府の責任者がおいでになりまして御答弁を願うときの参考に、今の堀内委員の御質疑に関連して申し上げます。今回われわれは、この援護法の改正…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第12号(1955/07/15、27期)

過去の戦争におきまして、本来ならば考えられないことでございますけれども、戦争の末期に、人的不足その他の状況から、非常な年少者がいろいろ戦闘行為に国家権力で動員されたという事例がたくさんあるようでござい…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第13号(1955/07/23、27期)

朝からるる靖国神社に対する御質問がありましたので、私が何も重複した御質問をすることはもうございませんが、ただ、私は、けさからの靖国神社側と堀内委員との問答を聞いておりまして、非常に妙な気持になりました…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1955/03/30、27期)

ちょっと労働大臣に伺っておきたいし、そして今後御協力を願いたいと思うことがございます。昨日、私、舞鶴べ第十一次引揚船を迎えに参りました。今回帰りましたのはあの中国大陸の非常な各所、あらゆる地域から引…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1955/05/25、27期)

ちょっと関連して。今植村委員、八田委員のお話を聞いておりまして、そのほかのことでちょっと基本的なことをお伺いしたいのですが、低温殺菌をやりますために、農村でも大体百二、三十万円の施設費をかけて、今すで…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1955/06/03、27期)

私は、緊急の問題でありますので、この際政府の態度をお聞きしたいと思うのでありますが、先日仮出所を許されましたオランダ関係戦犯の方のうち韓国人二名の出所延期問題について、質問をいたしたいと思うのでありま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1955/06/15、27期)

社会保障制度を充実いたし推進いたしますことは、健康にして文化的な国民の生活をもたらすために、ぜひとも力を入れなければならない重要なことであります。わが国の社会保障制度は、近来官民の一致した努力によりま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1955/06/23、27期)

ただいま国民健康保険法の一部改正法律案が提案されておりますが、この法律の改正によりまして、国が二割義務支出をするということに対して、大臣のお考え方を伺っておきたいと思うのであります。大臣も時間がござ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第31号(1955/06/29、27期)

ただいま労働大臣の御答弁は、可能な限りすみやに実施するという御回答でございましたが、その可能な限りというのは、本院及び参議院を通過いたしました時刻から何日ぐらいを要しましょうか。ちょっと速記をとめて…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第33号(1955/07/01、27期)

ただいま上程されました国民健康保険法の一部を改正する法律案の提案理由につきまして、御説明申し上げます。この法律案につきましては、以前自由党、日本民主党、両日本社会党の四党より、それぞれ本院に改正法案…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第40号(1955/07/13、27期)

私はただいま福田委員の御質問を聞いておりまして、はなはだ奇異の感を抱くのであります。そもそもこの美容師理容師の法律を作りましたときの委員が、この中にも何人かおられると思いますが、インターン制の廃止とい…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第41号(1955/07/14、27期)

戦傷病者戦没者遺族等援護法の一部改正が出たのでありますが、私は今回の改正に当りましての基本的な考え方を、援護局の立場である局長から聞きたいと思うのであります。たとえば、今回の戦争によっての犠牲を受けま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第42号(1955/07/15、27期)

私は昨日、公務死の範囲拡大についての部分を質問を留保さしていただいたのでありますが、ただいま長谷川委員からもいろいろ御質問がありまして、これは根本的な考え方の相違だ、見解の相違だということになればそれ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第44号(1955/07/18、27期)

ただいま議題となりました未帰還者留守家族等援護法の一部を改正する法律案に対する修正案について、各派を代表して提案理由について御説明申し上げます。修正の第一点は、留守家族手当の月額を本年十月分から明年…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第46号(1955/07/20、27期)

ただいま議題となりました戦傷病者戦没者遺族等援護法の一部を改正する法律案に対する修正案に対し、各派を代表いたしまして、提案理由の説明を申し上げます。戦没者遺家族、戦傷病者、老齢旧軍人は、過ぐる太平洋…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1957/02/12、27期)

長い間、非常に長い間、非常な御苦労をなさいましてお帰り下さいまして、私ども国民は、皆様をお迎えすることを、ほんとうに心の底から喜んだのでございます。いろいろお話を伺いましたが、私も実は弟が二十四年に死…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1957/02/14、27期)

私は、ちょっとこまごましたことをお尋ねいたします。いただきました資料の十二番目の、沖縄等在籍者復員処理費というのが、百一万三千円御要求になっておって、二十三万二千円になっておりますが、これは一体何でし…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1957/02/16、27期)

大臣も非常にお急ぎの時間で恐縮でございますが、非常に重大な問題でございますので、ぜひ大臣の御決意を承わりたいと存じます。大臣御承知のように、この間全国の留守家族団体が十三、十四と大会をいたしまして、そ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第6号(1957/03/05、27期)

中馬先生の御質問に関連して、恩給局と厚生省両方にちょっとお尋ねしたいのですが、傷病恩給の裁定がどの程度に進んでおるかということです。私が承知しているところでは、なかなかこれが進まないように聞いておりま…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第8号(1957/03/20、27期)

昨日の朝の新聞を私は旅先で見まして、非常にうれしい報道でありながら、非常に驚いたのであります。それは、ソ連のフルシチョフ弟一書記が、日本の特定の個人に対して名簿を引き渡したという記事でございましたが、…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第9号(1957/03/27、27期)

長い間問題にしながら、これが未解決のままでありました問題の中に、未帰還公務員の恩給法上の取扱いについての問題がございます。この問題について、恩給局長及び援護局長の御意見を承わりまして、この問題の解決を…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第11号(1957/04/17、27期)

私は、在外公館借入金について、アジア局長に二、三の質問をいたそうとするものでございますが、それに先だちまして、公館等借人金の確認件数はどれくらいあるかということが一点、それから借り入れ件数に対しまして…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第12号(1957/04/24、27期)

前回の委員会におきまして、中川アジア局長にこの問題の善処方をお願いいたしておきましたところ、御努力により玄して、ただいまの御報告を得ましたことは、まことにありがとうございました。それでは、政府の方から…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第13号(1957/05/06、27期)

沖繩に在住いたしておりました在外公館にお金を出しておりました人たちの請求権が確認されていなかったことに対して、非常に気の毒に思いまして、委員会が外務省に要求をいたしました結果、外務省は直ちにこれをお取…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第15号(1957/05/14、27期)

私、質問の前に、ちょっと忘れたので再確認したいのですが、興安丸の往復に要する費用はどれだけかかって、どういう費目から出ておるかということをお知らせ願いたい。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第16号(1957/05/15、27期)

昨日、時間がないために、今回の中国から引き揚げ問題についての質問を留保しておきましたが、けさほどの各紙を見ますと、政府の意思を三団体が紅十字会あてに電報を打たれたようでございますので、それについて、昨…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第17号(1957/10/21、27期)

順序が狂いますが、中原さんにちょっとお尋ねをいたします。あなたの御発言中に、ちょっと私どもは初めて聞いたような言葉があったのです。ということは、三団体が里帰り問題に対する援助とは、便船があるりその便…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1957/02/11、27期)

ただいまの植村委員からの御発言の補足質問でございます。前内閣の小林大臣のときから、これは委員会から非常に強い御要望がありまして、当時曽田医務局長もこのことに対しては非常な御共感でございました。従いまし…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1957/02/21、27期)

ちょっと井堀委員の雇用問題に関連してお尋ねをいたしたいと思います。私は引揚者の雇用状態がどういうふうになっているかをお尋ねいたしたいのであります。ちょうど労働省は今月は就職の推進運動月間だと思います。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1957/03/20、27期)

関連して。ただいま滝井委員の御質問の保健所の充足が不十分だという点に関しましては全く同感でありまして、結局厚生行政をいかに地方に遺憾なからしめるかということは保健所の強化以外にないと思うにもかかわらず…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第28号(1957/03/22、27期)

私はここに母子福祉資金の貸付等に関する法律の一部を改正する法律案に対し附帯決議を付すべしとの動議を提出いたします。まず決議文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第31号(1957/03/28、27期)

関連して。滝井委員のだんだんの御説を伺っておりまして、国民全体の医療ということを考えておる厚生省としてそう考えるべきだということに私別に異論を申し上げるわけではないのでありますが、今の旅費だけというお…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第39号(1957/04/16、27期)

私の不在中にこの修正案が決定いたしましたので、この修正案に反対とか賛成とかということでありませんが、この法案が通過するに当って意見を具申しておきたいと思います。引揚という文字がかぶせられている以上、…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1957/11/08、27期)

海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会の中に留守家族及び遺家族援護に関する小委員会を作りまして、休会中、この留守家族及び遺家族援護に関する問題点をしぼりまして、これを政府当局に善処方を申達し…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1958/02/13、27期)

ただいま社会党の河野委員から貴重な御質問がございまして、政府よりもそれぞれ御答弁がございました。私ども、敗戦後今日までこの引き揚げ問題を扱ってこられた厚生省援護局及び外務省の関係の諸機関に対しては、よ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1958/02/19、27期)

私は柴田さんにお尋ねいたしたいと思うのでありますが、あなたは樺太へ行って電話の交換手をしたとおっしゃったのですが、そのいらしたときは、御家族はどなたとどなたで樺太へお渡りになったのでしょうか。ちょっ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1958/02/18、27期)

日本の貧困の一番大きなケースといえば、やはり母子世帯と老人世帯であることは厚生省の白書が示しておる通りであります。厚生省調査によれば、老人世帯で生活保護を受けている家庭が、全国で四十四万人中八万一千、…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1958/02/21、27期)

私はここに自由民主党、並びに日本社会党を代表して、母子福祉資金の貸付等に関する法律の一部を改正する法律案に対し、附帯決議を付すべしとの動議を提出するものでございます。決議案を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1958/03/26、27期)

終られましたので関連というのがおかしくなりましたが、了解を得てありますので、今の従業員の処遇の問題について、ちょっと触れられましたがまだ十分でないと思いますので、お尋ねをいたします。先ほどちょっと聞き…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第28号(1958/03/27、27期)

関連。米田政務次官のお答えは立場を察してくれということでありますが、あなたのお立場だから言ってもらわなければならぬことかある。そのような大事をおとりになっては百年たってもできません。身体障害者の重度の…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第37号(1958/04/11、27期)

ただいま受田委員の御質問は、受田委員御自身でも参画せられて法改正をされたことがあるのでありまして、台湾に対しましては先ほど大臣の答弁の通り、日本とは国交回復のされた間柄でありますから、たとえば巣鴨に五…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22