猪俣浩三衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  1回発言   4581文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  1回発言   4581文字発言

本会議発言一覧

第26回国会 衆議院 本会議 第43号(1957/05/17、27期)

私は、日本社会党を代表して、岸内閣不信任決議案に賛意を表するものであります。(拍手)特に、岸総理の不信任の賛成の理由について、以下、説明したいと思います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 20回発言 125106文字発言
 第24回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  0) 21回発言 260044文字発言
 第25回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  3回発言  36125文字発言
 第26回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  1)  9回発言  63291文字発言
 第27回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  3回発言  15185文字発言
 第28回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 13) 17回発言  96869文字発言

  27期通算 107回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 59 委員 48) 73回発言 596620文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            99回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 59 委員 40) 69回発言 572330文字発言

 決算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言  21494文字発言

 行政監察特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   2796文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第24回国会)
 法務委員会理事(第25回国会)
 法務委員会理事(第26回国会)
 法務委員会理事(第27回国会)
 法務委員会理事(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1955/05/07、27期)

長崎総裁にお尋ねいたします。すでに総裁もお耳に入れて御研究済みだと思いますが、大阪鉄道管理局において発生いたしました伝票改ざん偽造事件顛末につきましてお尋ねしたいのであります。事案は、大体大阪鉄道管…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 決算委員会 第13号(1955/06/07、27期)

関連して。今の百六十万円ですが、あなたの説明を聞いておって、何がゆえにあなたが漁業組合に百六十万円払ったかということがよくわからぬ。何かサルベージの仕事をやっておると漁に差しつかえるから補償だというこ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第11号(1955/07/11、27期)

時間もたっておりますし、証人もお疲れであろうと存じますから、私はごく簡単に一つの事項だけをお尋ねしたいと存じます。証人は、現行の教科書が大へん偏向しておる、それから教職員組合が偏向しておるという、証…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1955/04/01、27期)

最高裁判所の裁判官の任命につきまして、われわれが第十九国会以来最高裁判所の機構改革の小委員会において出しました中間決定の中には、最高裁判所裁判官の任命は、諮問委員会を置いてその諮問によるべきことを決定…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1955/05/09、27期)

ちょっと関連して一点だけ法務大臣にお尋ねします。さっき質問者の言葉の中にもありましたが、鬼怒川会談なるものは荒唐無稽なものである、何らそれを裏づける内容がない、そういう主張であり。しかもそれは松本三益…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1955/05/18、27期)

私は司法修習生の採用に際して裁判所側で思想調査をやっておる疑いがあるということでお尋ねをしたいと思ったのでありますが、あまり唐突な質問のように思われてはいけませんから、この質問をするに至りました動機に…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1955/06/07、27期)

私はおくれて参りまして、参考人の前の御意見を承わらなかったのでありますが、今回の改正は、新株引受けに関する規定が大部分であります。そこでこの問題は、この前の改正商法のときにも法制審議会で相当議論のあっ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1955/06/09、27期)

大臣が参られるまで、南方連絡事務局長さんにお尋ねをいたしたいと思います。それは沖縄島民に対する問題であります。ただし南方事務局というのはただ簡単な行政事務をやっておられるところのようでありますから、根…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1955/06/14、27期)

今回の商法改正案にはわれわれ大した意見がないのでありますが、ただ解釈上事を明らかにする意味におきまして、二、三政府の説明を聴取したい点があるのであります。それは、この新株引受権の改正案を急いで出され…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1955/06/23、27期)

私も提案者の一人に相なっておりまして、委員諸君にお願いがあるのであります。これは政府の原案にあらずして議員提案と相なっておりまして、そこでその審議の様子も多少変ると思うのでありますが、申すまでもなく重…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第27号(1955/06/25、27期)

まず法務大臣にお尋ねをいたしたいと存じます。今回議員提出法案といたしまして、売春等処罰法案が出されておることは御存じの通りでありますが、元来この法案の計画は、政府提出案となるべきことが妥当であるのであ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第29号(1955/06/29、27期)

売春等処罰法案は今国会ではどうしても通過せしめたいという提案者の熱望なのでありますが、必ずしも形勢楽観を許さざるようなものがあるのではなかろうか。だれもこの法案の趣旨に反対する者はありません。売春行為…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第31号(1955/07/06、27期)

この第二条に売春の定義がありまして、この売春なるものは唯一の構成要件からできていると説明した通りであります。その中に構成要件の一つとして、不特定の相手方と取引するということになっておりますから、そのオ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1955/07/07、27期)

関連して鈴木さんにお伺いします。時間がありませんし、あなたも朝から来ていてお気の毒ですが、たくさん実はお聞きしたいことがあるのです。あるのですが、ただ一点だけお尋ねいたします。あなたは特殊飲食店の許可…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1955/07/09、27期)

法務大臣にお尋ねをいたします。今回のこの売春法案が通過いたしますれば、御存じのように売春をした女及び買った男を処罰するように相なっておるのであります。そうしますれば、ここに駐留軍の基地関係の売春行為も…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第36号(1955/07/14、27期)

今第二条につきまして細田委員から質問がありましたが、この第二条で処罰する売春の中には、業としたかしないかということは含まれておらぬのであります。業とせざる者でも、女にして対償を受けあるいは受ける約束で…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第37号(1955/07/16、27期)

細迫委員に答弁いたします。現行犯とは何ぞやという問題は、刑事訴訟法の二百十二条に相当詳細に書いてありますし、なおまた判例としてもほぼ、学説としても大略、これは既成概念として成立いたしております。われわ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第39号(1955/07/19、27期)

ただいま細田委員から、衆議院の法務委員会の専門員室に鈴木という最も精鋭なる業者の代表者の娘がおるということがわかりました。これはそう簡単な問題じゃないと思う。私は今度は、それと同じ関連ではありませんが…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第40号(1955/07/25、27期)

裁判所法の一部を改正する法律案の提案理由を説明いたします。これはお手元に印刷物を差し上げておりますから、ごらんいただきたいと思います。裁判所法の一部を改正する法律案提案理由書会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第45号(1955/07/30、27期)

厚生省の方にちょっと精神衛生法について伺いたいと思います。事案は、日本女子大学の古い教授でありました東女史を武蔵野精神病院に突如として収容したという事案でありまして、これは精神衛生法の法規にのっとって…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1956/03/14、27期)

所用があって退席したいと思いますので、関連してお尋ねしたい。暴力団に対する警察の取締り強化については、私ども相当これを認めて感謝いたしております。ただ取締り当局を責めるだけでは能事は終りませんので、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1956/03/23、27期)

ただいま議題となりました裁判所法の一部を改正する法律案並びに違憲裁判手続法案の提案理由を説明いたします。まず裁判所法の一部を改正する法律案の提案理由から申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1956/03/28、27期)

まず裁判所法の一部を改正する法律案の逐条説明を申し上げたいと存じます。これは、先般提案理由として説明いたしましたように、一切の法律、命令、規則または処分について、それらが憲法に適合するかしないかを、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1956/04/06、27期)

大村収容所に収容せられておりまする韓国人――北鮮人も含んでありますが、この問題は日本の大きな政治問題にも相なっておるかと思うのであります。そこで、近ごろの新聞紙の伝うるところによれば、外務省及び法務省…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1956/04/11、27期)

ちょっとお願いがありますが、明後日の重光外務大臣が出るときに、法務大臣も御出席願いたいと思います。これは私の方から要求いたしておきます。私はかねて通告しておきました立正交成会の問題につきまして二、三…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1956/04/13、27期)

近来各新聞に報道されておりまする京都地検の不当なる起訴事件、これに関しまして、われわれ人権擁護の任に当る者から見ると、多大なる不審な事実が多々あるのであります。この京都の事件も、四人の少年が傷害致死罪…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第25号(1956/04/16、27期)

先週の重光大臣の御答弁によりますと、この大村収容所における朝鮮人の釈放問題については閣議で決定されておるような御報告でありました。そうして、それは三月の三十日の閣議できまったのだ、法務大臣は病気で出席…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1956/04/20、27期)

ご多忙中ご出席いただきまして、ありがとうございまいした。私ども立正交成会には何らの因縁情実がありませんので、どうぞお考えになる通りに御説明いただきたいと思います。長沢さんにまずお尋ねいたします。長沢…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第27号(1956/04/27、27期)

私は法務大臣にお尋ねいたします。まだ責任ある当局から詳細なる報告は来ておりません。きょう朝初めてこの京都五番町事件報告概要というものを受け取ったのでありまして、なお、直接調査にあてられました横井刑事…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第28号(1956/04/30、27期)

白石さんに特に具体的にお尋ねいたしたいことは、本法務委員会は、宗教の名によって治安関係を乱し、基本的人権を侵害する行為が現われているやに疑惑を持ちまして、調査に乗り出しておるのであります。そこで、あな…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第30号(1956/05/07、27期)

これは、泉さん、中沢さん、どちらでもよろしゅうございますが、この上申書に森島忠三と書いてあります。これは本人の書いたものであるかどうか、一つごらん下さい。これは本人の自筆でしょうか。――本人の自筆に間…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第31号(1956/05/09、27期)

ただいま議題となりました売春に係る処罰、保安処分及び更正保護に関する法律の施行に伴う裁判所法等の一部を改正する法律案について、その提案の理由を御説明申し上げます。この国会において別に提出いたされまし…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1956/05/10、27期)

人類の性活動は生物の存続本能でありまして、これは生存の基本的な本能でありますが、さればというて、人類社会におきましては、この性本能が自由奔放に活動することはできない、必ずや何らかの社会的抑制があるので…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1956/05/11、27期)

長戸政府委員に対しまして、事実問題についての本法の適用について二、三お尋ねいたします。きのう私の質問で、要するに新橋や赤坂の芸者の売淫行為などに対してはこの法案では捜査の手が伸びないような実情になって…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第36号(1956/05/28、27期)

最高裁判所の経理の関係の方がおいでになっておりますので、ちょっとお尋ねいたしますが、きょう突然の質問でありますから、即答できなければ、当委員会に御報告願いたいと思います。それは、ただいま、元国鉄総裁…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第38号(1956/05/30、27期)

我妻先生に一点、古関先生に一点お尋ねいたします。一つは、所有権という物権関係、それから、そこで借地権を持っていろいろ生活関係を樹立しておる、これは債権関係になるかと思います。そこで、臨時処理法では、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第39号(1956/05/31、27期)

先ほどちょっと触れられたと思いますが、私は警察官の指揮監督系統について石井警察庁長官にお尋ねしたいと思います。警察で拷問をしたとすれば、第一線の刑事などが直接手を下したと存じますが、そういう刑事の指…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第40号(1956/06/01、27期)

法務大臣にお尋ねいたします。今回の京都事件につきまして、それぞれ係官を御処分なされました。処分の内容につきましては、われわれがかれこれ言うべき筋合いでありませんので、内閣あるいは大臣の責任においてな…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第41号(1956/06/02、27期)

荘さんにお尋ねいたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第42号(1956/06/03、27期)

それでは文部省の福田調査局長にお尋ねしたいと思います。近来新興宗教なるものが非常に発展をいたしまして、相当人権じゅうりん的な事実、その他治安上放任できないような状態が多々起っておると思うのであります…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第43号(1956/07/12、27期)

三人のうち適当に御答弁いただきたいと思います。私は、日本弁護士連合会及び日本人権協会の調査によりまして、なお確かめたいと思いましてお尋ねをいたすのであります。ただいまの御説明によりまして、米国民政府…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1956/11/30、27期)

大臣は所用のため御不在のようでありますので、あと回しにいたしまして、公安調査庁長官にお尋ねいたしたいと思います。日ソ友好関係が結ばれまして、ソ連との交流がだんだん盛んになると思います。われわれは、こ…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1956/12/05、27期)

五鬼上さんにお尋ねしますが、裁判行政の最高責任者は一体どういう機関なんですか。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1956/12/13、27期)

私の質疑は裁判官、警察官の服務弛緩についてというのが中心でありますが、政府委員がおそろいでありませんので、法務大臣にちょっとその問題以外のことをお尋ねしておきたいと思います。それは、今回の恩赦のこと…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1957/03/15、27期)

関連して……。その答弁の前に、さっきのあなたの答弁で何かちょっとあいまいなんですが、質問者は検察官の押収第七号という指定までしてある。今あなたのおっしゃるのは、そういうものがないようなあるような、は…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1957/03/26、27期)

裁判所の機構改革に関しまする質問の前に、五鬼上総長が見えておられますから、ちょっと参考のために承わりたいのですが、私どもが各地の裁判所へ行ってみまして、その土地の弁護士諸君の意見を聞いてみますと、近来…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1957/04/05、27期)

ただいま議題となりました裁判所法の一部を改正する法律案の提案理由を御説明申し上げます。違憲の法令または処分を阻止し、憲法の解釈を統一するため、最高裁判所による法令または処分自体についてそれらが憲法に…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第28号(1957/04/23、27期)

これは裁判所の事務当局にお尋ねいたします。どなたでもお答え願いたいと思います。最高裁判所の判事を三十名に増員することについての予算関係、その給与においてどの程度増額され、あるいはまた三十名で法廷を作…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第29号(1957/04/25、27期)

本年は裁判制度並びに裁判行政につきましてはまことに重大な年ではないかと思うのであります。その一つは、ただいま当委員会で審議中でありますところの裁判所法等の一部改正法律案、すなわち最高裁判所の機構改革で…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1957/05/14、27期)

議題となりました刑法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由を御説明申し上げます。この法律案は、刑法の一部を改正して、新たに涜職ノ罪の章に公務員のあっせん収賄罪を処罰する旨の一条を加えるとと…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1957/05/16、27期)

ちょっと関連して……。これは弁護士会から陳情があったのであります。先般中村法務大臣は、この全購連事件に関連した議員の名前などが新聞に出て、どこからそういう事実が発表されたかということに対しまして、こ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1957/05/18、27期)

この政府提案の裁判所法等の一部を改正する法律案は、本国会では衆議院を通適することができなくて、継続審議に相なったのであります。そこで、われわれも閉会中といえども小委員会を設けましてなお膜重審議を継続し…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第36号(1957/08/09、27期)

警視総監にお尋ねしたいと思います。この問題は、私が過ぐる二十六国会にも御質問申し上げまし布けれども、どうもはっきりした答弁を得られない。これは当局の怠慢であると思われない。被害者がはっきりしことを説明…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1957/11/08、27期)

ちょっと今のに関連して……。あっせん収賄罪の問題でありますが、これは、議員立法といたしまして、社会党が全員の提案及び賛成を得まして第二十六国会に正式に提案をいたしておるのです。継続審議になっておると思…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1957/11/12、27期)

大体福井委員が申し上げたことで概要は尽きるのでありますが、私どもワシントンでアメリカの連邦裁判所の長官ウォーレンと会見したときに、彼は劈頭第一に、裁判制度というものはその国の歴史、伝統、慣習によってお…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1957/11/14、27期)

きょうは臨時国会の閉会の日であります。そこで、この売春汚職に関係いたしますことにつきまして国民の間にいろいろな疑惑があるので、私は国民になりかわってこの疑惑のある点を申し上げて、これに対して法務大臣か…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1958/02/01、27期)

私は行政管理庁の行政監察局主査でありました高田茂登男氏が免職になりましたことにつきましてお伺いしたいと思うのであります。これは私の質問の目的を申し上げて、適切なる御回答をいただきたいと存じますが、実は…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1958/02/07、27期)

十一時から地方行政委員会があるので、警察関係はそちらへいらっしゃるかと思いますから、先に質問したいと思いましたが、いらっしゃらないから、法務当局及び法制局に対して質問いたしまして、そこで、警察関係が来…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1958/02/11、27期)

法務大臣にお尋ねしたいと思いますが、過般岸総理が国家の機密を保護するために防諜法を制定する必要があるということを語られて、これが新聞に報道せられておるのであります。そこで、かような国家機密の保護の法律…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1958/02/13、27期)

これは伊関さんにちょっとお尋ねいたしたいのですが、先ほど不法の入国者及び不正者の入国ということがあったわけですが、そこで、その不法の入国というのはどういう状態で、どういう国の人間が多いのであるか。それ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1958/02/18、27期)

今の伊関局長の答弁は少しあいまいなんです。衆参両院において法務大臣が、はっきり、中国の貿易使節団は指紋をとらない、そういう政府の方針というものを打ち出している。与点の議員の質問にあって、何かあいまいな…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1958/02/20、27期)

私は、一昨日、刑が確定しておって、しかも執行されておらない、執行停止になっておる者はどのくらいあるか、及びその理由を質問しておったわけですが、それについて、これは事務当局でよろしゅうございますから、御…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1958/02/21、27期)

私は、質問は次会に譲りたいと思いますがちょっと矯正局から出されましたプリントに間違っているのではないかと思われるふしがありますので、その点だけ伺っておきます。あるいは私の考え違いかもわかりませんが………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1958/02/28、27期)

関連して……。最高裁判所の、調査官の御意見ももっともだと思うのでありますが、ただ、私が多少不可解に存じますことは、これは社会党が数年前売春等処罰法を出しました際には、売春婦を処罰するような規定であり…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1958/03/04、27期)

永田さんのお話を聞いておると、映画の倫理性の前に道徳教育がなっておらない、賃金なんか要求しておる教員なんかけしからぬ、それからまた、悪政治家というのは監督が権力者に反抗する趣味からやるのだというような…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1958/03/06、27期)

これは最高裁判所側及び法務省側にお尋ねしたいと思いますが、いわゆる裁判所の調査官問題で相当波紋を国会に与えたのであります。私どもの第一国会以来の経験といたしまして、裁判所と政府が法務委員会で全く意見の…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1958/03/27、27期)

私、ちょっとこまかいことを聞きたいと思いましたけれども、時間がたちまして、用件がありますので、宿題だけ出して、明日御答弁をいたきたいと思います。事は、相当具体的にしておきませんと、あとから問題が起り…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1958/03/28、27期)

私は、昨日政府に対しまして、昭和電工事件の判決を中心として質問するからという予告をいたしておきました。非常に長文の判決書を御研究になったことだと思うのです。私も昨晩は再度全部読みまして、詳細な質問を用…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1958/04/04、27期)

御答弁いたします。これは、社会党が世論の趨勢を察知いたしましてこの案を提案する決意をいたしましたとき、とにかく新しい刑罰法案を立案するのでございまするがゆえに、これはやはり沿革的な筋道を通って提案した…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1958/04/08、27期)

小野先生にちょっと伺いたいのですが、第十九国会におきまして社会党からあっせん収賄罪の処罰の法案を出し、先生は公述人として公述していただいたわけです。その際に社会党の案に対して賛成をされておれらました。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1958/04/16、27期)

関連質問をいたします。これは野木さんに一つお尋ねしておきたい。国家公務員法の第百条の「秘密を守る義務」、及び国家公務員法の八十二条の「職務上の義務に違反し」、こういう言葉がある。そこで、この八十二条…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第27号(1958/04/17、27期)

これは各参考人の方々から御意見を承わりたいと思うのであります。日本の資本主義制度の発展は、企業組織を複雑強化いたして参りまして、在来の民法の抵当権では律し得ない経済状態が発展して、本法のような立案が…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第29号(1958/04/23、27期)

ちょっと関連して……。今の百条の問題ですが、この百条の秘密義務に違反すると百九条で処罰せられることになっております犯罪でありますが、そこで、秘密なるものの解釈も、結局秘密を守る目的、法益、そこからま…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22