国会議員白書トップ衆議院議員中崎敏>27期国会活動まとめ

中崎敏衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  1回発言   5969文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  1回発言   3053文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  2回発言   9022文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第14号(1955/04/28、27期)

私は、日本社会党を代表して、鳩山首相以下関係閣僚に対し若干の質問を試みんとするものであります。その第一点は、綱紀の粛正に関するものであります。今や青少年の犯罪は凶悪をきわめ、ヒロポン患者はちまたに横行し、人情は紙のごとく、約束は弊履のごとくはき捨てられ、白昼公然と売春行為が行われ、人身売買もまた跡を………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第34号(1958/04/23、27期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました日中第四次貿易協定に関し、二、三の質疑を試みたいと存ずる次第でございます。まず、日中国交回復に対する首相の所信をお尋ねいたします。ソ連との国交回復は鳩山内閣によって実現いたしました。当時自民党内には根強い反対論があり、鳩山首相は国論のとりまと………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 49 委員  1) 26回発言  99113文字発言
 第23回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  2回発言   2690文字発言
 第24回国会 58回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 58 委員  0) 25回発言 112008文字発言
 第25回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  7)  4回発言  26319文字発言
 第26回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 44) 21回発言 118861文字発言
 第27回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  11850文字発言
 第28回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  3回発言  18398文字発言

  27期通算 183回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事116 委員 67) 83回発言 389239文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
           169回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事116 委員 53) 77回発言 336349文字発言

 日ソ共同宣言等特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  17614文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   8269文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6539文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   8949文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  11519文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 商工委員会理事(第22回国会)
 商工委員会理事(第23回国会)
 商工委員会理事(第24回国会)
 商工委員会理事(第25回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1955/03/26、27期)

きわめて簡単に質疑を試みたいと存じます。この自転車競技法等の臨時特例に関する一部改正法律は、これは一カ年間の暫定期間を定めて実施されたものであります。この法律の内容につきましては、当時相当議論もあった…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1955/03/29、27期)

今の大臣の説明に関連してちょっと確かめておきたいことがあるのです。私たちがこの前の国会においてこの問題の審議に関与した当時の事情並びに印象と、今の御説明はだいぶ食い違いがあると認められますので、その点…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1955/03/30、27期)

その前に議事進行として。料金に関する問題を検討するにあたって、大蔵大臣の出席を要求しておきたいと思います。それで、委員長の方で・あわせてその点一つ御努力願いたい。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1955/03/31、27期)

ただいま議題となりました問題につままして、意見を付しまして、提案の理由を説明するものでございます。元来電気事業というものは、それ自体独占的な性格を持つものでありまして、需要者大衆の意向いかんにかかわ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1955/05/09、27期)

議事進行ですが……。今の通産大臣の説明の要旨を印刷にして、早急に配って下さい。引続き、通産省関係予算の概要について説明を求めます。官房長岩武照彦君。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1955/05/10、27期)

関連して。今の銃砲弾の国有民営に関する問題ですが、こうした特殊なものですから、何らか国家的に手をかしてやる必要があると考えられる。元来は自由党もそうだし、民主党もそうだが、自由主義の上に立って大体物事…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1955/05/12、27期)

実は経審の基本に関する問題はいろいろあると思いますが、これはあとに譲りまして、委員長のお言葉に従って、とりあえず大蔵大臣に関連する事項について質問いたします。まず電気の料金に関する問題でありますが、…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1955/05/13、27期)

委員長の言に従いまして、まず公取に関する問題から先に始めます。まず独禁法に関する問題についてでありますが、最近ややもしますと独禁法を全面的に無力にして、そうしていわゆる不公正な自由取引的な考え方の上…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1955/05/18、27期)

大分石炭電力等につきましては議論が進められておるようですが、私は石油のことについて少しお聞きしたいのです。現在日本における石油はほとんど英米トラストの独占的な形において進められておるようであります。…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1955/05/27、27期)

バナナ、パイナップル・カン詰等については、金額の高いものから順次外貨割当を許可していくというのですが、将来これを一定の市場価格に換算したときに、一定の利潤が出てくるわけです。その利潤と、納付した保証金…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第19号(1955/06/01、27期)

木材利用の合理化に関する小委員会の中間報告を申し上げます。わが小委員会は、五月十六日以後前後三回にわたって会議を開き、その後における合理化運動の推進状況並びに北海道の風倒木処理に関する件を議題といた…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第20号(1955/06/02、27期)

私は主として通商関係に関する問題について聞きたいのであります。まず世界の貿易の傾向が、貿易自由化の方向にあると言われておるのでありますが、具体的には一体どういうふうな形においてその風潮が現われておるの…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第25号(1955/06/15、27期)

ちょっと加藤君の了解を得まして関連質問を……。外貨の割当の問題についてであります。実は今日本経済のあり方として一番強力なしかも組織的な統制の行われておるのはこの外貨であります。従いましてこの少い外貨を…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第26号(1955/06/16、27期)

アルコールに関する問題を若干質問してみたいと思うのであります。まずアルコール専売制度の目的という中に、工業用輸出原料、良質なアルコールを低廉でしかも安定した価格で輸出振興等の問題を考慮してやっておる…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第28号(1955/06/22、27期)

実はこの問題については、国会においてもしばしば論議されたのであります。ことに当委員会においても強く繰り返して論議されたのでありますが、これに対して石橋通産大臣は、通産大臣としては石油開発のために特別の…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第32号(1955/06/29、27期)

国内産業の現在の状態を見ますと、たとえば紡績のごときも最近に至っては相当の操短を余儀なくされておるような実情にあります。ことに鉄鋼界においても薄板のごときはほとんど非常な打撃を受けて、事業もほとんど継…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第33号(1955/06/30、27期)

今般提案になっておりまする過度経済力集中排除法の廃止に関する法律案でありますが、その趣旨とするところは、財閥その他過度の経済力排除はすでに実施せられておって、その必要がなくなっておるということが主たる…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第34号(1955/07/01、27期)

日本経済を民主化して健全な国民経済を発展せしめるために、占領政策の一環ではあったと思いますけれども、集中排除法が制定せられてこれが実施せられ、一方において独占禁止法が制定せられて今日に至っておるのであ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第35号(1955/07/06、27期)

関連して。現在、また当分の間外資の導入はその必要ない見込みであるということでありましたが、たとえば技術の導入というふうな問題はどう考えられておるか。たとえば、日本の石油の試堀、採堀の技術が欧米の国々に…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第39号(1955/07/11、27期)

まず百貨店法案についてきわめて簡単に質疑をいたします。近年百貨店が大きな資本力と組織力とを利用し、その背景に金融力を従えて強大な組織となって参りました、これがために多数の中小企業者は、非常な犠牲の前に…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第41号(1955/07/13、27期)

大分質疑も進められておるようでありますから、きわめて簡単に焦点を集めて質問をしてみたいと思うのでありますが、まず何と申しましても、これを実施するがために、必要な検査に関することは相当重要な問題であると…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第42号(1955/07/14、27期)

議事進行について。きわめて重要な部分にわたっての修正案が突如として民主党から提案されたのであります。そうなりますと、われわれはこの問題についてさらに基本的、根本的にさかのぼって検討しなければならぬと思…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第45号(1955/07/20、27期)

今回も北海道へ参りまして、関係業者の意見もいろいろ聞いてみたわけでありますが、その中に、政府は中小炭鉱に対してはほとんど何にもやってくれないというふうな意見もありました。そういうふうなことが一つの大き…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第47号(1955/07/22、27期)

社会党を代表して両派社会党提出の臨時石炭鉱業安定法案に対して賛成をいたし、政府提出の法案に対して反対の意を表明せんとするものであります。最近におきまする石炭業界の混乱はその極に達しておりまして、社会…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第50号(1955/07/27、27期)

きわめて簡単に質問いたしたいと思います。石炭合理化法案の審議の際におきまして、政府の方では、石炭合理化の達成のために重油の消費量を計画的に漸次減少していくのだということで、その数量についても年々の規…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第51号(1955/07/29、27期)

木材利用の合理化に関する小委員会の中間報告を申し上げます。去る七月十七日より七月十九日までの間、北海道地区に風倒木の被害の状況及び整理計画施行の実情等を調査し、今後の木材利用の合理化に資する目的をも…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1955/12/15、27期)

ちょっと関連して一言。ただいまずっと問題になりました外資に関する問題でありますが、これは近来相当露骨に日本の産業経済の上に、いろいろあの手この手で日本の産業資本を圧迫しつつあるというふうなことを見受け…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1955/12/16、27期)

関連して。元来通産省で外資の許可をするような場合には、例の委員会にかけてたいていの場合許可の条件がついているはずです。それでこの場合についても今のような条件が許可の際に当然つけられたと考えておるが、一…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第1号(1955/12/21、27期)

時間もだいぶ回ったようですし、何だかもう正月に近いような気分でもあるようでありまして、この際はあまり質問することをやめて一言だけお伺いいたします。いよいよ年も迫りまして、来年度の予算を通産省の側にお…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1956/02/21、27期)

関連して。先ほどの鹿町君の質問に関連しておるのですが、政府でアルコールを作っておる原料は、主として澱粉と糖蜜のように考えるのでありますが、その割合は一体どういうものであるか、それをちょっと聞きたい。…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1956/03/03、27期)

私は通商産業行政全般に関する質疑を行いたいのでありますが、すでに予算案も衆議院を通過したことでありまするし、だいぶ時日もたっておりまして、何だかもうすでに多少ずれたような感じもあるのでございまして、勢…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1956/03/06、27期)

議事進行について……。中小企業に関するこうした問題は、法案は明日上げるような段取りになっておるようでありますが、今までの論議の過程を通しましても、いろいろ重要な政策上の問題もあるし、さらに事大蔵省に関…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1956/03/07、27期)

きのうから大蔵大臣の出席を要求しておるのでありますが、一向見えないのであります。何しろ大蔵省は、御存じの通り中小企業金融については通商産業省と同じように共管の責任を持っておる。こうしたきわめて重要な問…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1956/03/13、27期)

議事進行。数を見ますと定足数が足りないようであります。そこで定足数をそろえてもらうことと、同時に農林大臣にきてもらうことがかねがねの要求でありますから、農林大臣の出席方を一つお取り計らい願いたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1956/03/14、27期)

ただいまの自由民主党の山本君の御発言━━━━━━━━━━━━━━━━━これが円滑に運営された場合であります。しかし最近における国会の運営を見ますと、全く自由民主党がその数の多数を頼んで、一方的にすべて…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1956/03/15、27期)

私はこの法案に対しまして、通産大臣と農林大臣に主として質問をしたいのであります。従いまして本日出ております参考人に対しましてあまり突っ込んだ質問をするという意図はありません。ただきのう質問の過程におい…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第19号(1956/03/16、27期)

それでは質疑を続けますが、このバナナに関する問題は、実態的には農林省の所管に関するものが非常に多いために、その方針、政策を中心として、窓口である、通産行政の、ことに外貨の割当、為替の取扱い等の問題に触…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第21号(1956/03/22、27期)

時間の制約がありますので、きわめて要点をかいつまんで、農林大臣に主として質問いたします。農林大臣の過般来の当委員会における発言によりますと、今回のバナナに対する外貨割当の措置というものはおおむね適当…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第22号(1956/03/23、27期)

離島振興法は、その法律の目的にありますように、本土より隔絶せる特殊の事情にある離島が、その後進性を除去して近代的な状態において生活し得るような立場に引き上げるという考え方の上に立った法律であるのであり…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1956/04/04、27期)

輸出保険法の一部の改正の中で参議院から修正してこちらへ回付された、保険の填補率五〇%を六〇%に引き上げるという趣旨、及びその実情についてあわせて説明してもらいたい。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第28号(1956/04/06、27期)

私はまず電力行政全般の中で、ことに監督行政、それから料金の問題、さらに下流増等、この法案の核心について大体三段階に分けて質問してみたいと思います。最近の傾向を見ますと、独占資本を含むところの大資本の力…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第30号(1956/04/11、27期)

関連して一つだけ高井さんにお尋ねしますが、こうした下流増の負担の問題を法制化はしないで、どこまでも当事者間の話し合いでいくへきであるというようなお話のようでありますが、本来から言いますと、下流増の利益…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第31号(1956/04/12、27期)

実は通産大臣はかねがね病気々々ということを言っておったのですが、今佐竹君の話のほかに、きのうも中小企業の政治連盟にも出ておられるし、この委員会においては下流増の電気に関する問題は相当重要なる問題である…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第36号(1956/04/19、27期)

外貨に関する問題は、国民生活並びに国家の経済の上に重要な要素を占めておるものでありますが、今回商工委員会においてこれに関する大体の政府の方針などが具体的に示されたということは、そうした重要性を国会にお…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第37号(1956/04/20、27期)

山中さんにお尋ねしますが、先ほどのあなたの発言によると、この法案の中に支払いの時期を明示した方がいいではないかということですが、かりにそういうようにするとすれば、どういうふうに書き込めばいいのか、どう…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第38号(1956/04/24、27期)

議事進行。この問題については法務大臣の意見を一応聞いておく必要があるかと思うのです。そこで委員長の方で、一つここへ法務大臣の御出席をお取り計らい願いたいと思います。われわれが今こうして本法案を審議し…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第40号(1956/04/26、27期)

下流増の問題に関連いたしましてお尋ねしたいと思うのでございますが、現在政府の方で下流増として出てくると予定される区域並びにその下流増の数字を一つ示してもらいたいと思う。現在並びに今後予定し得る範囲にお…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第41号(1956/04/27、27期)

基幹産業である電気事業、しかも国民の生活に広範な、密接な関係のある電気事業に対しまして、政府として強力なる方針と施策を講じられる必要があると思うのであります。それなのにかかわらず、そうしたような重要な…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第46号(1956/05/10、27期)

この法案のねらいとするところは、一つには輸出に関するやや秩序の立っていないような面を、この法案の運用によって相当好結果をもたらすということがその一つのねらいのようでもありますが、現在においても輸出の過…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第47号(1956/05/11、27期)

本法の運用実施に当りましては、もちろん行政措置が相当に先行しなければならぬということは言い得るでありましょう。そのほか法的にも相当考慮すべきものがあるのではないかとも思いますので、そうした点をもあわせ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第52号(1956/05/18、27期)

今の問題は公取委員長の責任にも関する重要な問題でもあるので、公取委員長からこの問題に対する回答を要求しておきたいのであります。それから先ほど来申しておる点で、これは現実のウェートからいうと、きわめて…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第58号(1956/05/30、27期)

関連して。これは通商関係と国内の経済政策に関連する基本的問題にもなると思うのでありますが、今局長はできるだけ消費者に安い価格のものを供給したい。これは当然のことなんです。しかし一面において、これがため…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第64号(1956/10/18、27期)

関連質問。今の問題は現在の国民経済の段階においては重要だと思う。従いまして統計資料を要求したいと思う。まずこうした営業用トラックの申請がどういう程度にされておって、どういう程度においてこれが承認されて…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1956/12/04、27期)

関連して。きょうの新聞を見ますと、日本の政府側としての交渉では、総ワク二億七千万ヤールをもって向うへ主張しておった。それは大体話がついておった。ところが向うの方が、一方的にといいますが、二億二千ヤール…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1956/12/12、27期)

最近における日本経済の飛躍的な増進によりまして鉱工業を初めとする各般の経済活動が予想外に活況を呈していることは喜ばしいことであるのであります。ところが、こうした急速な進展に伴いまして各産業分野、ことに…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 日ソ共同宣言等特別委員会 第5号(1956/11/22、27期)

病躯をひっさげてはるばるモスクワに使いして、冷たい対待遇を受けながら、帰途アメリカに立ち寄って、隷属国家としての報告とその了解を得て故国に帰り、一応の任務を果されましたことについては、慰労の言葉を呈す…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 日ソ共同宣言等特別委員会 第8号(1956/11/26、27期)

議事進行について。去る二十日、政府委員に対して、政府側に質問する際において、賠償権の放棄に関連いたしまして大蔵大臣の出席を要求しておりましたが、いまだに出て見えないようであります。そこで、私といたしま…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第15号(1957/03/14、27期)

近年、第二次産業革命ともいわれる工業の飛躍的な発展によりまして、わが国もおそまきながらそうした波の動きが相当敏感に感じられるようになって参ったのであります。ことに、国際競争が今後においても漸次激化して…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1957/03/15、27期)

電力などは公益的性質を持ち、同時に独占的な性格を持つがゆえに、しかもそれが大資本の経営の形態であるがゆえに、国家から特別の権利と利益とを電力業者に付与されておるのであります。ところがややもすれば国家の…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1957/02/15、27期)

私は通商産業大臣の過般の通商産業省の所管に関する件に対しまして、重要な諸点についていささか質問を試みてみたいと思うのであります。よく神武景気なんてことをいわれておるのでありますが、これは世界経済の影響…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1957/02/20、27期)

ちょっと資料要求を……。主要なる輸出入国別の最近一カ年間における輸出入金額、それを対照した表を出してもらいたいと思います。出して下さい。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1957/02/22、27期)

関連して。ただいま河野理財局長から、公営をどの範囲にやらせるかという問題については、いろいろ問題があるようにお答えがありました。その一つ前に、こうした公営の場合には、一応多目的なダムというふうなものを…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1957/02/26、27期)

実は私、質問をやりますについて、大体きのうまでの内閣と今日とはまたかわっておるわけであります。従って通産大臣は、人間は同じでも、新しい内閣によって生まれた通産大臣でありますので、前の考え方と方針のしに…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1957/03/06、27期)

石炭に関する重要な問題もありますので、通産大臣の出席をかねがね、要求しておりますが、これはどういうことになりますか。まだ出ておられないようであります。それによって私の質疑のこともあわせて考慮していきた…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1957/03/13、27期)

大臣はどうしたんですか。さて問題に入るのでありますが、中小企業の商工中金の金利が非常に高いというので多少の努力はしておられるのでありますが、この程度ではなおかつ問題にならぬくらい金利が高いのでありま…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1957/03/26、27期)

関連して。今通商局長から御説明があったのでありますが、この買取機関を作れば、これは排他的な独占的な運用になると思います。これはよくよくのことといいますか、そう簡単にあり得るはずのものではないと思います…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第21号(1957/04/02、27期)

通産大臣にお尋ねしたいのでありますが、電気料金の値上げが国民生活に重大な影響をもたらすことは今さら言うまでもないことだと思うのであります。そこで今回通産大臣として電気料金の値上げといいますかの措置を講…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第22号(1957/04/03、27期)

最近神武以来の景気と言われておる中においてその大きな支柱となっておるものは、国際経済に支えられた日本貿易の進展と二カ年に続く農村景気であると大体思われるのであります。ところが最近になってこの海外の情…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第24号(1957/04/09、27期)

最初私は私どもの立場をはっきりして質問してみたいと思います。すなわち、この近江絹糸に関する問題はああした世人の心胆を寒からしめるような大きな、いわゆる人権争議として取り扱われたことはすでに言うまでもな…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第26号(1957/04/16、27期)

議事進行。実はこの法律案は強制加入と員外の規制という二つ法の大きな法律上の問題をもってこの法案の骨子としておるのであります。こういう重大なる法案の内容について政府部内においても重大な見解の相違があるま…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1957/04/17、27期)

ただいま西村君から質問があった点について、きわめて重要なことでもありますので重ねてお尋ねいいたすわけであります。公正取引委員会なり独禁法の使命というものは、公正自由なる取引を達成させるところにあるこ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第36号(1957/05/08、27期)

合成ゴムの国産化に関する問題は、多年の問題でありまして、すみやかなる国産化の必要性についてはすでに院議においても決定されておるところであります。今日ようやく日の目を見ることになっておるようでありますが…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第37号(1957/05/11、27期)

本案提案の理由説明あるいは質疑を通しまして、おくれた一つの理由として、政府の投融資の形式を開銀でやるのか、あるいは産投の形でやるのか等の問題も一つの大きな理由であったということが言われておるのでありま…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第39号(1957/05/14、27期)

私は国家的見地に立って、日本の産業の正しいあり方などについて、私心を交えないで一つ質問をしたいと思うのであります。そこで第一に、この法案の提出までの過程並びに審議の経過から見ますと、何だか割り切れな…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第41号(1957/05/16、27期)

産業の近代化につれまして、そのために一般大衆に及ぼす影響もまた相当広くなってきたということが言えると思うのであります。そこで企業が一つの事業を行うに当って、それが同時に公共の福祉に大きな関係があるとい…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第44号(1957/06/24、27期)

国会が終って一カ月しかたたないのでありますが、その間において一国の経済に重要な変化が起りまして、これが表面化いたしまして、そういう問題を中心としてここに商工委員会が持たれたわけでありますが、こうした重…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1957/04/23、27期)

近年におけるところの日本経済の傾向を見ますと、大資本の力というものが非常に増大して参りまして、また一面、中小企業がそれだけ圧迫を受けておるというふうな傾向が見受けられるのであります。いわゆる神武景気と…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 農林水産委員会 第22号(1957/04/03、27期)

この問題につきましては、午前中から長時間にわたって論議されておるのであります。事きわめて政治問題であります。単なる事務上の処理という問題ではないと思います。その影響する点はきわめて広範であって、しかも…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 商工委員会 第1号(1957/11/07、27期)

ただいま通商産業大臣の通商産業政策に関する説明を聞いたのであります。なかなか作文はよくできておるのでありますが、要は、これがいかに実現をされるかということにあると思うのであります。今までも、しばしばこ…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1957/11/11、27期)

関連して。いろいろ質疑応答を聞いておりますと、農林省の側の食糧行政というものが、端的に言えば、いかにでたらめであるかということについて、非常に遺憾に思っております。まずノリの外国からの輸入の場合には、…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1958/02/20、27期)

私は、同僚のいろいろな質問が相当進んでおるようでありますから、一応通商の問題に限って、まず質疑をいたしたいと思うのであります。「昭和三十二年度下期並に三十三年度の鉱工業生産とその問題点」という冊子があ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1958/02/27、27期)

議事進行について。日本貿易振興会に関する資料の提出を要求したい。第一に、ジェトロの昭和三十一年、三十二年の収支の明細。そうして主たる項目についての内容の説明を補足しておいてもらいたい。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 商工委員会 第20号(1958/03/20、27期)

貿易の振興は、日本経済の維持、発展の上に、なさなければならぬ最大の使命であるのでありますが、ややもすれば、最近輸出の不振が憂えられ、あるいは外貨事情などにも、幾多の憂慮がされておるというふうな状況にあ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22