篠田弘作衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  1回発言   8423文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  1回発言   8423文字発言

本会議発言一覧

第24回国会 衆議院 本会議 第32号(1956/04/10、27期)

行政監察特別委員会において調査をいたしました小、中学校における教科書関係事件について報告申し上げます。本件は、昭和三十年六月二日付をもちまして衆議院議員南好雄君より提案されたものでありますが、今日種々の点について問題とされておる小、中学校における教科書について調査を行うことは、義務教育の本旨にかんが………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 25回出席(長 14 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  8)  2回発言  15483文字発言
 第23回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  1回発言    403文字発言
 第24回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員 20)  2回発言    194文字発言
 第25回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   9196文字発言
 第26回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第27回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第28回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言

  27期通算  76回出席(長 14 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員 46)  7回発言  25276文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  2回発言   5520文字発言

 行政監察特別委員会
            20回出席(長 14 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  4)  1回発言    403文字発言

 国土総合開発特別委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  9)  2回発言   3870文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言  13768文字発言

 決算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言   1715文字発言


委員会委員長経験

 行政監察特別委員会委員長(第22回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 決算委員会理事(第22回国会)
 行政監察特別委員会理事(第23回国会)
 行政監察特別委員会理事(第24回国会)
 国土総合開発特別委員会理事(第24回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1955/03/29、27期)

支払い代金の政府の金を、自分の方で支払ったようにして、たとえば半年なり三月なり支払わないで何かに流用する。あるいはまた納った代金を払ったことにして、実際は払わないで何かに流用する、こういう問題ですが、…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1955/05/18、27期)

私は重光副総理に対しまして、北海道開発問題に対する政府の所見を伺いたいと思います。御承知の通り、戦後の日本の再建にとり渋して最も大きな問題は、人口問題と食糧問題だろうと思うのでありますが、今日北海道…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第1号(1955/12/07、27期)

私は、まことに浅学非才かつ人間もきわめて修養未熟でありまして、とうていその重責にたえ得ないというふうに考えておりましたが、数回にわたるところの委員会、特に前国会におきましては、教科書問題といったような…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 国土総合開発特別委員会 第1号(1956/02/28、27期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いず、広川弘禪君を委員長に推薦いたしたいと思います。委員長広川弘禪君に本席を譲ります。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第19号(1956/03/16、27期)

この際質疑打ち切りの動議を提出いたします。本案につきましては、すでに八時間十四分の質疑を続けておるのでありまして、おおむね質疑は尽きているようであります。この際本案について質疑を打ち切られんことを望み…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 国土総合開発特別委員会 第3号(1956/11/20、27期)

実は直接開発の問題ではありませんが、北海道に関する問題でありますから、この際厚生省の保険局長に一つ御質問をしたいと思います。それは社会保険の診療報酬の問題でありますが、これが全国甲と乙の地区に分けら…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1956/12/01、27期)

終戦後のわが国の経済は、金融資本を中心といたしまして、財政投融資などを含めまして、産業の復興、再建が進められた結果、金融資本の産業支配という関係が非常に大きくなってきたと思うのであります。最近は金融の…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22