福田篤泰衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  1回発言   3627文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  1回発言   3783文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  7回発言  14932文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  1回発言    696文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  1回発言   2112文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21) 11回発言  25150文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第5号(1955/03/24、27期)

私は、自由党を代表いたしまして、日ソ交渉及び日韓交渉に関し、緊急にして重大なる諸点に関しまして政府の所信をたださんとするものであります。(拍手)現在内外の注目を集めつつあるいわゆる日ソ交渉について、まず第一にお伺いいたしたいことは、政府は一体いかなる目的をもって対ソ交渉を行いつつありやという根本問題………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第7号(1956/02/09、27期)

ただいま上程せられました原水爆実験禁止要望決議案につきまして、私は、自由民主党並びに社会党を代表いたしまして、その趣旨を弁明いたさんとするものであります。まず、決議案を朗読させていただきます。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第20号(1957/03/13、27期)

ただいま議題となりました特別鉱害復旧臨時措置法の一部を改正する法律案並びに臨時石炭鉱害復旧法の一部を改正する法律案について、商工委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。特別鉱害復旧臨時措置法、太平洋戦争中戦争遂行のための緊急な国家の要請に基いて強行出炭したために生じた特別鉱害を………会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第24号(1957/03/26、27期)

ただいま議題となりました信用保証協会法の一部を改正する法律案につきまして、商工委員会における審査の経過とその結果の概要を御報告申し上げます。信用保証協会は、中小企業の信用力を補完する機関でありまして、現在おおむね都道府県を区域として設置されており、その数は五十二となっております。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第29号(1957/04/05、27期)

ただいま議題となりました輸出検査法案外二案につきまして、商工委員会における審査の経過とその結果の概要を御報告申し上げます。まず、輸出検査法案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第35号(1957/04/23、27期)

ただいま議題となりました自転車競技法を廃止する法律案外三案につきまして、商工委員会における審査の経過並びに結果の概要を御報告申し上げます。まず、自転車競技法を廃止する法律案及び小型自動車競走法を廃止する法律案につきまして申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第38号(1957/05/07、27期)

ただいま議題となりました中小企業団体法案及び中小企業団体法の施行に伴う関係法律の整理等に関する法律案につきまして、商工委員会における審査の経過並びに結果の概要を御報告申し上げます。御承知の通り、中小企業の組織に関する制度といたしましては、中小企業等協同組合法による協同組合と、中小企業安定法による調整………会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第40号(1957/05/14、27期)

ただいま議題となりました合成ゴム製造事業特別措置法案について、商工委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。わが国のゴム需要は年々増大する傾向にありますが、一方、世界的に天然ゴムの供給はほとんど限界点に達しつつありますので、今後の需要増加分は合成ゴムの供給によって充足しなければな………会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第44号(1957/05/18、27期)

ただいま議題となりました機械工業振興臨時措置法の一部を改正する法律案外二件について、商工委員会における審議の経過並びに結果の概要を御報告いたします。まず、機械工業振興臨時措置法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 本会議 第9号(1957/11/14、27期)

ただいま議題となりました中小企業団体法案外二法案につきまして商工委員会における審査の経過並びに結果の概要を御報告申し上げます。中小企業団体法案の内容につきましては、さきに第二十六国会において詳細御説明申し上げましたところであり、重複は避けたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第30号(1958/04/15、27期)

私は、自由民主党、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程せられましたオリンピック大会東京招致に関する決議案の趣旨弁明をいたしたいと思います。まず、決議の案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  8回発言  22864文字発言
 第23回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第24回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36)  4回発言   5897文字発言
 第25回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 43回出席(長 43 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第27回国会  7回出席(長  5 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   2035文字発言
 第28回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  1回発言    333文字発言

  27期通算 141回出席(長 48 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 93) 14回発言  31129文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 67) 12回発言  28761文字発言

 商工委員会
            65回出席(長 48 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  1回発言    333文字発言

 日ソ共同宣言等特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   2035文字発言

 国土総合開発特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 商工委員会委員長(第26回国会)
 商工委員会委員長(第27回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1955/03/25、27期)

委員各位の御同意をいただきまして、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。ただいま外務委員長から御懇切なるごあいさつをいただきましてまことに恐縮でありますが、私ども各委員は外交の重大性にかんがみまし…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1955/03/31、27期)

今まで総理並びに外務大臣は、衆参両院におきまして、あるいは本会議または委員会で、当面しておりまする重大な外交問題についていろいろ御答弁をされておりますが、場合によりましてはこの答弁が食い違い、場合によ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1955/04/06、27期)

先刻来の総理または外務大臣の御答弁を伺っておりますと、私ども国民の一人といたしましてもまことに納得し得ないのでございます。今度の現内閣が演じました外交上の大失態というものにつきまして、国民はあげて失望…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1955/05/11、27期)

本日は総理また外相その他閣僚がおられませんので、外交に関する基本問題あるいは政策に関しましては他日を期しまして、現在日米間に起っている具体的な未解決の懸案について、抽象論を避けて、具体的に政府の御所信…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1955/05/14、27期)

ただいま戸叶委員が質問されたことについて、私はもう一歩突っ込んでお尋ねし、またもう一歩突っ込んだ御答弁をいただきたいと思います。それは日ソ交渉でありますが、本会議または各委員会におきまする総理大臣の…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1955/06/01、27期)

今の大事な外交問題としては、ソ連に対しては日ソ交渉、アメリカに対しては論ぜられている濃縮ウランの問題があるわけですが、いろいろ委員会を通じて各委員の方々と政府との話し合いを聞きまして今さらながら驚いて…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1955/07/02、27期)

まず委員長にお願いしたいことは、きょうも大蔵省の方々が遅刻いたしまして、そのために本委員会の審議がおくれるというようなきわめて遺憾なことがありました。委員長から大蔵省に対しまして、今後出席について厳重…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第35号(1955/07/23、27期)

総理にお伺いしますが、今渡辺君が言われました日ソ交渉、これは幸い懸案解決が条件になっておることは、まことに御同慶にたえませんが、大体いつごろ話がつくというお見込みなのですか。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1956/02/18、27期)

先般衆議院の本会議におきまして、全会一致で原水爆実験禁止要望決議案が可決せられましたことは御承知の通りでございます。これは全国民の熱望でありますので、この決議に対しまして、われわれはただ決議のしっぱな…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1956/02/25、27期)

緊急にして重要な問題を結論的にお尋ねいたします。本会議ですでに満場一致で採択せられ、さらにまたわが党におきましても本一月に党議としてきまったいわゆる小笠原島民の帰島問題、これは来月の重大なダレス長官…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1956/03/03、27期)

まず水産庁長官と楠本部長にお伺いします。この前のビキニの実験で日本は非常な実害を受けたのであります。これは苦い、悲しい経験があるのですが、今度かりに四月の二十日から八月の末日まで、すなわち四カ月以上に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1956/03/10、27期)

時間がありませんから具体的な問題を具体的に質問いたしますから、簡潔に具体的に御答弁いただきます。まず第一に賠償問題でございます。きょうの午前のUP電を見ますと、マニラ・クロニクルがあさっての月曜日の…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1957/11/04、27期)

まず私は、委員長並びに委員各位に対しまして貴重な時間をわれわれ二人のために与えられた御厚意に対して厚く御礼申し上げます。しかし、これはひとり二人の代議士の問題ではなくして、いわば基本的人権に関する重…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1957/12/24、27期)

一ごあいさつ申し上げます。今回委員長を辞任いたしましたので、この際、簡単でございますが、お礼を兼ねまして、一言ごあいさつをいたしたいと思います。第二十六国会の本年一月三十一日に委員長に就任いたしまし…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 27期(1955/02/27〜)  1本提出

質問主意書一覧

立川市の井戸水汚染に対する日米安全保障条約に基く行政協定による補償に関する質問主意書
第24回国会 衆議院 質問主意書 第8号(1956/04/24提出、27期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22