三宅正一衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  1回発言  15510文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  1回発言   8079文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  2回発言  23589文字発言

本会議発言一覧

第24回国会 衆議院 本会議 第24号(1956/03/20、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、衆議院解散要求に関する決議案の趣旨弁明をいたしたいと思います。(拍手)まず、決議案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第8号(1958/02/03、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されました解散要求決議案に対し、賛成の討論を行わんとするものであります。(拍手)本決議案提出については、浅沼君御説明の趣旨弁明によって明らかでありまして、今さら加える必要はないと存ずるのでありますが、その最大の理由はただ一つ、民主主義の基本的原則からい………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 16) 10回発言  56597文字発言
 第23回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第24回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  2回発言  12313文字発言
 第25回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第26回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言

  27期通算  58回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 48) 12回発言  68910文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  4)  5回発言  16616文字発言

 国土総合開発特別委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  2回発言  12313文字発言

 予算委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言  24644文字発言

 社会労働委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  4回発言  15337文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文教委員会理事(第22回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 建設委員会 第32号(1955/07/20、27期)

平山先生にちょっとお伺いいたしますが、平山先生のお話ですと、東京−大阪というような高速自動車道路をやるには、そうして非常に長い距離を百キロ以上の速力で行くには、平地でなければいかぬという御意見ですが、…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 建設委員会 第33号(1955/07/21、27期)

参考人の御三方に簡単にそれぞれ御質問を申し上げます。最初に鮎川先生に御質問いたします、鮎川先生が、現存の道路の改修等につきまして、非常に創造的な御意見をもって御努力を下さっておることは、私どもも非常…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 建設委員会 第34号(1955/07/22、27期)

お急ぎのようですから二、三分お願いします。私残念ながらちょっと外に出ておりまして、金子さんの最初の御公述を承わらなかったのでありますが、質問等を通じて一つ大きな誤解をしておられるのじゃないかということ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 建設委員会 第36号(1955/07/25、27期)

ただいまの広瀬さんの御質問でありますが、数字等につきましても用意いたしておりますから、これは必要がございますれば竹谷君からでもやっていただきますが、要するところ私はこう思います。この間も参考人に対する…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1955/03/25、27期)

私も教育に関しましてはしろうとであります。しかしながら非常に熱情を持っておりまするので、二、三の点についてお伺いをいたしたいと思います。第一は、松村文部大臣は新生活運動を御提唱になっておるようであり…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1955/05/06、27期)

大臣にちょっとお伺いします。新生活運動についてまだ非常に漠然としたお話しかないのでありますが、たとえばヒロポンの弊害の撲滅運動というようなことであれば、これはまあ日本の青少年をほとんどむしばんでしまっ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1955/06/28、27期)

ただいまどうも聞き捨てならぬことをおっしゃったのですが、私どもが来年度の予算におきまして、なま乳を飲ませる学校給食の方式をとるということは、これは当然のことでありますが、内閣が変ったりいろいろいたしま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 文教委員会 第27号(1955/07/20、27期)

昨日の農林水産委員会との連合会議におきまして、学校給食法の審議の過程において、両委員会ともに双方の合意といたしまして、学校給食並びに酪農振興に関する決議を一つそれぞれの委員会ですることに話し合いをいた…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 文教委員会 第28号(1955/07/22、27期)

大臣大体御承知だろうと思いますけれども、先般農林委員会との連合審査会をやりまして、その際この決議をすることを申し合せたのでありますが、連合審査会におきましては決議した例がないそうでありますから、それぞ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1955/05/25、27期)

吉田内閣にかわりまして鳩山内閣ができまして、国民は少くとも三つの面で鳩山内閣に期待をしておったと思うのであります。その第一は占領行政を切りかえまして、自主独立の体制を確立して、吉田内閣のアメリカ一辺倒…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 国土総合開発特別委員会 第13号(1956/03/30、27期)

黒沢さんに主としてお伺…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 国土総合開発特別委員会 第15号(1956/04/02、27期)

私きょうはどうしても抜けられない用がありまして、御両所のお話を承わらなかったので、多少ダブる点があるかと存じますが、お許しを願いまして、二、三承わりたいと思います。二、三日前に黒沢北海道開発審議会長そ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22