木村俊夫衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  1)  6回発言   8636文字発言
 第23回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第24回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員  0)  4回発言   4691文字発言
 第25回国会  5回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  5)  5回発言  11821文字発言

  27期通算  90回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 82 委員  6) 15回発言  25148文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            85回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 82 委員  1) 15回発言  25148文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 運輸委員会理事(第22回国会)
 運輸委員会理事(第23回国会)
 運輸委員会理事(第24回国会)
 運輸委員会理事(第25回国会)
 運輸委員会理事(第26回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1955/03/29、27期)

運輸大臣にはいろいろお伺いしたいことがありますが、本日はまず昭和三十年度の港湾予算の問題につきまして、大臣の御所見を伺いたいと思います。昨日の委員会におきまして、昭和三十年度の港湾関係公共事業費予算…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1955/06/02、27期)

この法案の内容につきまして、二、三航空局長に御質問したいと思います。まず第一点は、大臣の提案理由の御説明の内容によりますと、日航におきましては本年三月期決算において、日航の設立以来の欠損が累計十五億四…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第24号(1955/06/24、27期)

関連。今まで同僚議員に対する御答弁を承わりまして、大体わかったのでありますが、要するに大臣は、海運業の保護育成という海運政策の大筋と、タンカー船舶の総体的不足という、この間のジレンマに立っておられると…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第27号(1955/07/08、27期)

私は日本航空株式会社法の一部を改正する法律案に対しまして、日本民主党、自由党、日本社会党両派及び小会派を代表して、修正動議を提出いたします。まず修正案につきましては、ただいまお手元に配付いたしました…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第31号(1955/07/19、27期)

今まで各参考人の方から、いろいろ有益な御意見を承わっておったのであります。その中で、特に米田参考人のおっしゃいました従来のわが国の海運政策の基調と申しますか、それは諸外国の例から申しましても、アメリカ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第32号(1955/07/20、27期)

それについてちょっと大臣に確認をしておきたいことが一つありますが、先般の委員会で私の質問に対しまして、いろいろタンカー政策その他について再考なさるというお話でありましたが、今承わりますと、まだその最高…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1956/02/24、27期)

きわめて簡単に一点だけお伺いしておきます。昨年の特別国会で私たちが日航法の改正案を審議しました際、国際航空については日本航空が将来非常に明るい見通しであるという御答弁がありました。私たちもそれを非常に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第23号(1956/04/06、27期)

今回の国鉄法の改正の重要な点の一つは、国鉄財産の管理に関する規定を明確にしたことであると思いますが、この改正案の四十五条、四十六条の規定をもってしても、なお必ずしもその運用上について疑義なしとはいえま…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第30号(1956/04/24、27期)

まず第一にお伺いしたいと思いますが、倉庫業に対して発券の許可ができましてからもう約二十年になると思います。その間におきまして、この倉庫業自体の許可制がとられなかったという理由ですね。そういう経過的な理…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第37号(1956/10/20、27期)

すでに本日の委員会におきまして質疑及び答弁によりまして、参宮線事故の概要につきましてはほぼ明らかになったと考えるのであります。それで私はこの際各委員の御賛同を得まして、本委員会においてお手元に配りまし…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1957/03/19、27期)

私は自由民主党を代表いたしまして、国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案に対し賛成をいたしたいと思います。国鉄経営の問題につきましては、従来も当委員会におきましてしばしば論議を重ねて参ったのであります…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第26号(1957/04/25、27期)

ただいま議題となりました小型船海運組合法案につきまして、提案者を代表いたしまして提案理由及びその概要を御説明申し上げます。木船を中心としまして、小型船は現在総数約二万三千二百隻、百七十五万重量トンに…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第27号(1957/05/07、27期)

今お話のありました木船海運業の実態から申しますと、確かにこの組合員たる資格者を捕捉する方法が非常にむずかしいという点は私も同感でございます。これは地方海運局の機構も相当充実しておりますし、またこの海運…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第28号(1957/05/13、27期)

ちょっと提案者から今の御質問に対してお答えしておきますが、この法案の十九条に、組合員の資格の制限ということがあります。それに従いますと、この組合は「組合員の資格について、地区、航路、貨物又は運輸省令で…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第29号(1957/05/14、27期)

私は政府に対して一点だけお尋ねしておきたいのですが、これはむしろ私どもの強い要望と申し上げる方がいいかもしれない。今回の船舶職員法の改正案におきましては、現行法が設けられましてから客観情勢が大きく変化…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22