大橋武夫衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  1回発言   4707文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  1回発言   4707文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第19号(1955/05/26、27期)

私は、自由党を代表いたしまして、重光外務大臣のただいまの演説に関連し、日ソ交渉の根本方針について、鳩山総理大臣に対し質疑をいたす次第でございます。昭和二十年八月、ソ連の宣戦によって日ソ間の平和が破れ、その後わが国のポツダム宣言受諾によって戦闘行為は停止せられましたが、講和条約は今なおこれが締結を見る………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 93回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 49 委員 44) 31回発言 122782文字発言
 第23回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  2回発言   2909文字発言
 第24回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 22)  6回発言  25300文字発言
 第25回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  1回発言  11165文字発言
 第26回国会 63回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 39 委員 23) 10回発言  52642文字発言
 第27回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 48)  2回発言   1358文字発言

  27期通算 262回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事101 委員160) 52回発言 216156文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
           165回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 99 委員 65) 30回発言 131445文字発言

 予算委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)  1回発言   2524文字発言

 議院運営委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 31)  7回発言   1817文字発言

 内閣委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  5回発言  35999文字発言

 農林水産委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言    362文字発言

 外務委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言   8878文字発言

 補助金等の整理等に関する特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  1回発言    866文字発言

 建設委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言  23100文字発言

 日ソ共同宣言等特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言  11165文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 議院運営委員会理事(第22回国会)
 社会労働委員会理事(第22回国会)
 補助金等の整理等に関する特別委員会理事(第22回国会)
 社会労働委員会理事(第23回国会)
 社会労働委員会理事(第24回国会)
 社会労働委員会理事(第26回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1955/04/06、27期)

議事進行について。先ほど外務大臣はアリソンに会われて、会ったらすぐ何時ごろこちらに着くということの見当をつけてこちらに御通告いただくというお約束でお立ちになっておられますが、何か通告がございましたか。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1955/05/14、27期)

私は特に鳩山総理大臣にお伺いいたしたいのは、ただいまも岡田君からの質問にもありました共同声明の問題でありますが、鳩山内閣が政治的責任を負う、こう言っておられます。この責任はだれに対する責任でございます…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 議院運営委員会 第8号(1955/04/02、27期)

もし変りがあれば申し上げます。変りがなければ申し上げません。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 議院運営委員会 第10号(1955/04/23、27期)

表向きは二十分としておいて、そのときになって多少は……。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 議院運営委員会 第11号(1955/04/25、27期)

これは前回通りにしたいですね。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 議院運営委員会 第14号(1955/04/30、27期)

期間は……。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号(1955/05/11、27期)

ただいまの連絡船の関係で見舞に派遣する議員の数につきましては、大体小会派を含めず、各党一人ずつくらいの程度で議長に御一任いたしたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 議院運営委員会 第34号(1955/06/28、27期)

関連して……。検討中の法案は、検討の結果おやめになるのがあるそうでありますが、委員会におきましては、政府が提案されるという声明を信じて、議員の方で提案を差し控えておったものが多いのです。従って今ここで…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 議院運営委員会 第36号(1955/07/01、27期)

ちょっと私つけ加えて希望がある。この問題は、とにかく新聞記事の内容が議院の名誉に関係があるということが重点だと思う。ところが先ほど来明らかになりましたところでは、理事会なりあるいは庶務小委員長なりの話…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1955/03/28、27期)

関連して。今お答えがございましたが、昭和二十九年度の分はどうなっておりますか。午前十一時十四分休憩会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1955/03/30、27期)

そうしますと、労働問題の取り上げ方に、産業政策を根本にして、それに引きずられて労働問題がついていくということになりますか。それとも労働政策というものが出てきて、それに産業政策を調和させていくという考え…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1955/05/10、27期)

今回新内閣の発足に当りまして、新進気鋭の新大臣をお迎えしたことは、まことに心強く思う次第であります。ところで、先般これは新聞紙に出ておりました記事でございますので、真偽を一つ大臣から御言明をいただきた…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1955/05/12、27期)

労働大臣にお伺いいたしたい点は、新内閣組閣当初の本委員会におきまして、労働基準法を含むいわゆる労働三法の改正の問題につきまして、私は労働大臣の慎重なる御検討を要望しておったわけでございます。その後新年…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1955/05/17、27期)

私の伺いたい点は、昭和三十年度の予算におきまして、国立結核療養所に、新しく看護婦の助手というような制度が設けられることになったそうでございますが、そうした助手が設けられることに関連いたしまして、従来患…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1955/05/25、27期)

厚生大臣にお伺いしたい点は、今年度の国立療養所の予算におきまして、看護婦を補助する雑仕婦が新たに二千教百名計上せられているのでございます。この予算の執行に関連いたしまして、今後、現在国立療養所において…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第28号(1955/06/24、27期)

私は、特に政府が提案なすっておられます健康保険法の改正法律案に関連して、質問をいたしたいと思うのでありますが、この健康保険につきまして、昨年以来赤字の問題がございまして特に川崎厚生大臣におかれましては…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第44号(1955/07/18、27期)

今の野沢委員の質問に関連いたしまして、私の伺いたいと思いますのは、大石委員は、刑事罰をやめて行政罰一本にされる、こういう御説明をなさっておられますが、一体行政罰として医者にどういう罰を課せられますか。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第45号(1955/07/19、27期)

私は自由党を代表いたしまして、社会党提出の修正案に反対をいたし、かつ政府の原案に対して賛成をいたします。このたびの失業保険法の改正についての政府原案は、この保険の給付の合理化並びに乱用防止の対策とい…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第46号(1955/07/20、27期)

提案者にお伺いいたしたい点がありますが、それは昨日の委員会におきまして、野沢委員からもたびたび質問のあった点でございます。すなわち今回の修正案におきましては、薬事法の第二十二条の改正によりまして、薬剤…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第47号(1955/07/22、27期)

私どもは、先週以来医薬分業についての議員提出法案について審議を重ねて参ったのでございますが、厚生大臣におかれましては、この問題は、御所管事項に非常に重大な関係のある問題でありますから、さだめしこれにつ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第48号(1955/07/23、27期)

本案の審議に当りましては、厚生大臣を初めといたしまして、政府委員の非常な御協力を得まして、ほぼ質疑終了の段階に至りましたことにつきましては、感謝をいたす次第でございます。この際私は、本案に関連いたしま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第49号(1955/07/25、27期)

関連して。ただいま大阪選出のわが党の中山代議士から御質問があったのでありますが、これに対する厚生当局の御答弁は、的はずれで、いいかげんなごまかしではないかという気がいたすのであります。厚生省の御答弁に…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第51号(1955/07/27、27期)

健康保険法について、質疑をいたしたいと思うのでございますが、私どもは、この社会労働委員会の運営について、こういうことを考えておるわけです。すなわち、特に厚生省関係の行政というものは、社会衛生と社会保障…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第52号(1955/07/28、27期)

最初に、昨日、答弁を研究の上、けさ答弁をお願いするようにしておきました、何ゆえに三千円台の所得者を全部四千円に統一しなければならないか、この点についての理論的な根拠を、一つ明らから御説明をお願いします…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第53号(1955/07/29、27期)

私は各派を代表いたしまして、優生保護法の一部を改正する法律案に対する修正案の説明をいたしたいと思います。修正の要旨は、第三十九条第一項の改正規定中「当分の間」とありますのを「昭和三十五年七月三十一日…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第32号(1955/07/01、27期)

私は議題となっております自衛隊の増強計画につきまして、まず防衛庁長官に御質問をいたしたいと存ずるのでございます。まず自衛隊の増強ということは、これは日米安全保障条約に基くわが方の責任の履行として、年…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第38号(1955/07/11、27期)

私は、先日の当委員会におきまして、防衛六ヵ年計画のでき上るのの困難な理由を伺ったのでございますが、その間において、民兵制度を採用するかどうか、これについての態度をきめることが先決であって、そのためには…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第39号(1955/07/12、27期)

私は、昨日来の松野君に対する大臣の答弁を熱心に伺っておったのであります。しかるにその結果は、われわれの伺っております海の明年度、明後年度の計画、空の同様の計画、または陸上自衛隊の同様の計画について、何…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第40号(1955/07/14、27期)

大臣にあらためてお伺いいたしたいと思いますが、前回委員会の最後の質疑におきまして、特に私は大臣にお願いいたしておきました。すなわち六カ年計画というものがまだ漠然たるものであって、この年次計画としてこれ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第43号(1955/07/19、27期)

私は条約局長、法制局長官に最初にお伺いいたしたいと思います。このたびの自衛隊の増強計画の基礎になっておりまする日米共同声明は、日米防衛折衝の結果両国の関係によって共同に声明された文書であります。この…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 補助金等の整理等に関する特別委員会 第11号(1955/06/25、27期)

議題となっております法案の各項目の中で、特に学童教科書の購入費に対する国庫補助が同様打ち切られておるのでございます。この学童教科書の購入費に対する国庫補助というものは、先般の選挙におきまする民主党の選…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1955/12/10、27期)

ただいまの石橋委員の御質問は、非常に重要な問題だと存じまして、これに関連してちょっと申し上げておきたいと思うのでありますが、この問題について、一番問題の根本になっておるのは、日米行政協定において、日本…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1955/12/14、27期)

関連して。今五人委員会のお話が出ましたが、私はこの際特に関連して、厚生当局は一体いかなる法律上の権限に基いて五人委員会の指名をなさったか、そうしてその委員会に対していかなる権限を与えられておるか、そう…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1955/12/23、27期)

私はこの機会におきまして、最近全国各地でいろいろ問題を起しております発電用水利使用に関連いたしまする漁業権の補償につきまして建設当局の見解を明らかにいたしたいと存ずるのでございますが、発電用水利使用に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第31号(1956/05/23、27期)

私は島根県の江川の発電の水利便用に伴う漁業権の補償に関する問題につきまして、本国会の劈頭に当りまして、昨年の十二月当委員会において建設省に対して質問をいたしたのであります。自来この問題については建設省…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1955/12/23、27期)

時間がありませんので簡単に御質問いたしたいと思います。前国会におきまして、当委員会で、森永粉乳の中毒事件の補償について厚生当局が俗に言う五人委員会なるものをそのあっせんによって成立させられた。こうし…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第31号(1956/04/04、27期)

私は三つ、四つ伺いたい点がありますが、特に大蔵大臣お急ぎのようでありますから、大蔵大臣に関係のある点を第一番に伺いたい。それは健康保険の保険財政と診療報酬の関連の点なんでございますが、御承知の通り、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第51号(1956/06/01、27期)

私は厚生省に伺いたいのですが、昨年の秋に厚生省でいわゆる五人委員会なるものによって、森永乳業に対しまして補償の金額を勧告されたことがあります。その当時、厚生省ではその勧告した金額はきわめて妥当である、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 農林水産委員会 第54号(1956/09/11、27期)

ただいま小委員長の御報告につきまして、特に最も急を要します融資問題について、小委員会でいち早く対策をお立ていただいたことにつきましては、まことにけっこうであると思います。ただ農作物被害に対処いたします…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 日ソ共同宣言等特別委員会 第7号(1956/11/25、27期)

ただいま共同宣言の第九項を見ますと、歯舞、色丹は平和条約締結後日本に引き渡す、平和条約締結に関する交渉は、国交回復後継続するということになっております。そこで、歯舞、色丹を取り戻しますためには、まず平…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1957/05/17、27期)

私はこの機会に沖縄の海岸に沈没いたしております日本の艦船の引き揚げの問題につきまして、簡単に外務当局にお伺いいにしたいと思うのでございます。今日沖縄に沈没しております日本の艦船の引き揚げにつきまして、…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1957/03/15、27期)

最初に当りまして、ただいまお三万から発言がございましたが、特に参考人として独立して出頭しておられます徳田漁協理事からも、やはり十分程度状況についての御説明を得たいと存じますから、お許しを願いたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1957/02/19、27期)

私は、議題となっておりまする健康保険法の改正案につきまして質疑をいたしたいと思います。この問題はもうだいぶ研究し尽した問題でございますので、直接四、五点について御質聞いたしたいと存じます。まずお伺い…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1957/03/07、27期)

政府委員に伺いたいのですけれども、この前診療報酬の単価の引き上げにつきまして、大臣の方で何とかこれに手をつけたいという御意向の表明がございましたが、単価の引き上げについては一体どの程度まで上げなければ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1957/03/26、27期)

長代理 田中正巳君。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1957/04/04、27期)

今回社会党から最低賃金法案が提案せられるに至りましたが、最低賃金の問題につきましては、終戦以来今日までいろいろな機会に問題として取り上げられておりましたにもかかわりませず、今日まで現実にその実施を見る…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第36号(1957/04/10、27期)

この法案の第三条に掲げられてございまする、一ヵ月につき八千円、一週につき千九百二十円、一日にりき三百二十円、一時間につき四十円、これはまあ一カ月につき八千円というのを基礎にして算定せられたものと存ずる…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第44号(1957/04/24、27期)

他に同僚諸君の質疑も多数ございますので、きわめて簡単に一般的なことを伺いたいと思います。今回の裁定に当りまして、委員長初め委員会の皆さんが非常に御苦労になりましたことは深く敬意を表する次第でございます…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第52号(1957/05/16、27期)

ちょっと今のに関連して聞きたいのですが、旅館を学校の近所に作ってはいけないというのは、およそ旅館というものはすべて学校の近所に作るべきものでないという考え方ですか。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1957/02/20、27期)

第三分科会は昭和三十二年度一般会計予算中、経済企画庁、通商産業省及び農林省所管、並びに特別会計予算中、通商産業省及び農林省所管について審議をいたしたのでありますが、その経過並びに結果について御報告申し…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1958/02/13、27期)

提案者といたしまして補足して申し上上げますが、この眼球を摘出するのは、大体医師としての資格のある方が実際上当られるわけでございまして、従ってこういう法律の規定をはっきりいたしておきますれば、大体実際問…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第42号(1958/04/24、27期)

私は自由民主党を代表いたしまして、ただいま議題となりましたけい肺及び外傷性せき髄障害の療養等に関する臨時措置法案に賛成の意見を表明する次第でございます。(拍手)…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22