国会議員白書トップ衆議院議員逢沢寛>27期国会活動まとめ

逢沢寛衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  3)  6回発言   6785文字発言
 第23回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  8)  2回発言    541文字発言
 第24回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47) 10回発言  15729文字発言
 第25回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言   7811文字発言
 第26回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  4回発言   7515文字発言
 第27回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  1回発言     75文字発言

  27期通算 152回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員123) 26回発言  38456文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
           104回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 79) 11回発言  18350文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
            41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 37) 15回発言  20106文字発言

 社会労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 建設委員会理事(第22回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第22回国会)
 建設委員会理事(第23回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1955/05/17、27期)

それでは、これより会議を開きます。私が年長者でありますので、委員長が選任されますまで、規則第百一条節四項により、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1955/05/24、27期)

私は委員長に資料の要求について申し上げたいと思います。それは、本委員会はようやく本国会においてきょう初めて開かれたのですが、すでに政府におきましては恩給法の一部改正並びに未帰還留守家族等援護法の一部改…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1955/06/09、27期)

ただいまの楯委員の質問に関連してでありますが、ただいま恩給局の方からお話があった。戸籍上のことは、今のお答えは、一部は修正したが、他の部分は修正しない方がいいのだ、こういう結論のお答えだったと思う。そ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第12号(1955/07/15、27期)

ただいま、山下委員から、沖繩の戦死者、満州青年義勇隊に対する点について詳細なお尋ねがありまして、それで尽きておると思いますけれども、私は二、三の点について簡単にお尋ね申し上げてみたいと思うております。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1955/03/28、27期)

ただいまの失業救済専業といいますか、失業者の就労に対して、先ほど道路局長の御答弁では、最近能率が上りつつあるように私拝承したのであります。先ほど瀬戸山委員から御指摘になっておりましたように、そうなって…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 建設委員会 第9号(1955/05/17、27期)

大蔵大臣に対する質問に対しては、各党ともいろいろ御意見はありましょう。しかしながら、ただいま追って適当な機会に、ごく最近の機会に大蔵大臣を出席せしめてそうして質問の機会を与える、こういう委員長の宣言で…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1955/12/06、27期)

この際動議を提出したいと思います。理事は、その数を七人としまして、委員長において御指名せられんことを望みます。委員長は会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1955/12/16、27期)

私は建設業法の不備の点の改正のための調査資料をこの機会に要求しておきたいと思います。まず業法中の、登録しておる者の数。これは大臣登録数と知事登録数。二番目が、登録業者の中にABC等々の段階を設けてい…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1955/12/23、27期)

この際、動議を提出いたします。理事は、その数を七人とし、委員長において指名せられんことを望みます。委員長は、会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1956/02/03、27期)

関連して。ただいまの臼井さんのお尋ねに対する御答弁で、大体その輪郭はわかったのですが、しかし私ども、この委員会がこんなことを強調するというその趣旨が徹底していないのではないか。それは今の上林山政務次官…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1956/02/14、27期)

私は、金森先生にお尋ねいたしたいのであります。先ほどの先生陳述、大体私にはわかったのであります。おそらく先生の法的のお気持と、それから陳述の中にありました客観的のお気持とを総合して、きわめて平易にお話…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第19号(1956/10/05、27期)

関連して。ただいま辻先生からお話になりました点について、もう一歩堀り下げてお尋ねしたいと思います。ドイツでは、御承知のように、官庁では五十人以上の使用者のところには、一割、百分の十以内を採用するという…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1956/02/08、27期)

私は大臣がおられる間に、私の質問はきわめて簡単でありまするが、ちょっとお尋ね申し上げておきたいと思います。それはこの予算の効率的利用について、申し上げるまでもなく、建設予算というものは非常に莫大な予算…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第7号(1956/02/16、27期)

ただいまの広瀬委員や大臣の御答弁の中でも、例の六坪住宅のことでありますが、私どもも最低の住宅を最も将来性のある、できるだけ完全なものにいたしたいということは同感であります。しかしながらこれをよくするた…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第19号(1956/03/28、27期)

ただいまの説明に関連し、私は質問があります。今お話を承わりますれば、新長良橋については、ほとんど完成したものが二年もそのままになっているという話を聞いて、私は意外に思うのです。この乏しい予算をもって全…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第25号(1956/04/20、27期)

私は先般、二月八日だと思いますが、この委員会におきまして建設業法実施以来政府機関の工事請負の配分が大業者に偏重して、中小業者を非常に圧迫しつつある点を指摘いたしまして、その是正の対策についてお尋ねいた…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第26号(1956/04/24、27期)

ちょっとお尋ねしますが、そういうような場合、従来からの経験として火災保険の適用はどういうような取扱いにしておりますか。事務局の方でわかったらお知らせ願いたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第36号(1956/08/27、27期)

ただいま先般来の大館並びに台風被害の復旧対策についてはその大要は拝承いたしたのでありますが、私どももこの九号台風の被害に対しまして九州地方の各県をつぶさに見聞したのでありますが、その被害が、今お述べに…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1956/11/28、27期)

山下政務次官は、大体全国の戦没者遺族会がさきに要望しておる事柄については、それぞれ局長を通じて御承知だと思うのでありますが、両三年前に一応この議が上ったことがあります。その際に、全国の遺族は、そのため…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1956/12/03、27期)

ただいま厚生大臣から、無名戦没者の墓、無名戦士の墓の建立につきまして御説明がありました。私的には、先ほど大臣から仰ぜになりましたように、先刻の会議におきまして了承をいたしたのであります。もとよりこれは…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1956/11/27、27期)

ただいままでいろいろの質問がありましたが、幸い今日は岸総裁がおいでになっておるので、私は実際施工の面における公団の御方針を承わっておきたいと思います。道路公団は日本の交通、産業、文化の促進を本質的に考…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1957/02/06、27期)

この際、動議を提出もたします。委員長の互選は、投票を用いずに、広瀬正雄君を委員長に推薦いたしたいと思います。お諮りいただきたい。委員長広瀬正雄君に本席一を譲ります。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1957/02/14、27期)

根本的には、私はいろいろお尋ねいたしたいことがあるのでありまするが、ちょっと、きょうの問題といたしまして、質疑を行なってみたいと思います。それは未引揚者の問題であります。いまだ引き揚げが済んでいない人…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1957/02/16、27期)

関連。ただいま堀内委員の方から、仮称無名戦士の墓についての基本的な考え方についてお話がありましたが、これは私は非常に意外に思うのです。一体無名戦没者の墓という仮称ではありますけれども、無名戦没者の墓と…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1957/03/15、27期)

私はあとから質問がありますけれども、今のことに関連したことを一つお尋ねいたします。河川局長はこの補償要求に対して、これを肯定するやの意見があるらしいのです。従ってそれを島根県当局に調査方を命じて相談を…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1957/12/21、27期)

この際、動議を提出いたしたいと存じます。委員長の互選は、投票を用いず、中川俊思君を委員長に推薦いたしたいと思います。これをお諮りいただきたいと思います。委員長中川俊思君に本席を譲ります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22