小山長規衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  1回発言   1448文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  1回発言   1448文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第32号(1955/06/23、27期)

ただいま議題となりました決議案につきまして、提案の理由を御説明申し上げます。まず、決議案の本文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36)  6回発言  25524文字発言
 第23回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第24回国会 49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 41 委員  8)  8回発言  20267文字発言
 第25回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員  1)  8回発言   8446文字発言

  27期通算 139回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 87 委員 52) 22回発言  54237文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
           126回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 87 委員 39) 22回発言  54237文字発言

 議院運営委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 大蔵委員会理事(第23回国会)
 大蔵委員会理事(第24回国会)
 大蔵委員会理事(第25回国会)
 大蔵委員会理事(第26回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1955/05/14、27期)

ただいま同僚奥村委員からるる租税政策について質問があり、そして今度の特に預貯金利子についての所得税の全免ということについては、大臣も租税の公平原則を明らかに破っておる、こういうことはお認めになったので…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1955/06/18、27期)

提案者の、立法者の意思を確かめておきたいことがありますので、一点だけ質問をいたします。今度の臨時措置法によりまして、政令あるいは大蔵省の省令に譲っている部面がございますが、それは例の配当所得についての…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 大蔵委員会 第26号(1955/06/30、27期)

石油関税のことでありますが、今までの各委員の質問に対する税関部長の答弁を聞いておりますと、提案理由といささか違いまして、関税の引き上げは国産原油の方が大体目的なのである。たまたまここに石炭対策なるもの…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1955/07/05、27期)

大蔵大臣がせっかくおいでになりましたのでお伺いしたいのでありますが、この関税定率法の改正案をわれわれここ十数回審議をいたしました。ところがあなたの方の税関部長は、この関税定率を今度復活する目的は、国権…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1955/07/07、27期)

この間政務次官から御答弁があったことでありますが、銀行局長に事務的なことをお伺いしたいのであります。自由党と民主党との予算折衝の通程におきまして、例の足間銀行の預金の一定割合を蓄積せしめて、そうして金…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 大蔵委員会 第41号(1955/07/29、27期)

私もそれを申し上げたかったのであります。この法律案には、明らかにこのような命令、あるいは融資命令を出すか出さないかということは、時の大蔵大臣が審議会に諮問して決定する事項になっている。だから時の大蔵大…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1956/03/13、27期)

日本輸出入銀行法の改正に関しまして、一、二疑点をただしておきたいと思うのであります。貿易振興、外貨収入増加の政策監見地から、海外における土木建築に関する建設工半を促進することはきわめて重要であり、この…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1956/03/16、27期)

ただいまの横銭君の御質問は、ごもっともな点もありますけれども、問題は、賠償特別会計法を作るか作らぬか、こういうことなのでありまするし、そしてただいま御質問中の朝鮮に関する問題は、いずれ当委員会の議題に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 大蔵委員会 第24号(1956/03/30、27期)

閉鎖機関令の改正に関しまして質問いたしたいのでありますが、この閉鎖機関令というものが制定されてから、指定を受けた閉鎖機関は二千幾つあって、だいぶん最近片づいてきいのであります。しかしながら朝鮮銀行、台…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1956/04/24、27期)

金融制度調査会設置法案に対する附帯決議案を読んでみます。お手元に配ってある通りでありまするが、これを見ますると、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 大蔵委員会 第33号(1956/04/27、27期)

動議を提出いたします。ただいま議題となっております公共企業体職員等共済組合法案につきましては、かねて自民党、社会党両党において十分検討済みのものであり、特に質疑の必要もありませんので、質疑並びに討論を…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1956/05/08、27期)

接収貴金属につきまして資料の要求をいたしておきます。それは、接収貴金属の法案の中で、交易営団とか金銀運営会とか、いろいろ現物を返還しない団体の規定がありますが、それらの資本金、それから資本の構成、つま…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 大蔵委員会 第36号(1956/05/15、27期)

接収貴金属についての質問をなすに当りまして、この接収された貸金属のよって来たる原因等についていろいろな疑問もありますので、まず第一に伺っておきたいのは、この接収貴金属法で返還を予定されておる団体は、私…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 大蔵委員会 第45号(1956/07/17、27期)

委員会もたびたび開かれませんので、一つ何っておきますが、不動産銀行はその後どういうふうに進捗しておりますか。大蔵大臣は、今後どういうふうに進めていかれるか、一方針だけ伺っておきたいと思います。それか…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1957/02/20、27期)

ただいまの問題に関連してでありますが、最近の金融の逼迫は、中小企業といわず大企業といわず、非常な逼迫ぶりであります。中小企業の問題に関しましては、政府の施策としては、ただいまの春日君の御意見の通り、中…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1957/03/19、27期)

法人税法の一部を改正する法律案に対する修正案につきましては、お手元に配付してございますから、これをごらん願いたいのでありますが第一条に一項を加える改正規定中の「かつ、収益事業」というものの下にカッコを…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1957/03/28、27期)

印紙税法の一部を改正する法律案に対しまして、与野党一致の修正案を御説明申し上げます。現在政府から提案されております印紙税法によりますと、十万円までが二十円となっており、十万円をこえ五十万円未満は五十…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1957/03/30、27期)

それでは揮発油税法案に対する修正案を読み上げます。揮発油税法案の一部を次のように修正する。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 大蔵委員会 第25号(1957/04/09、27期)

両法律案とも、政府原案においては四月一日施行となっておりましたのを、四月一日を過ぎましたので、公布の日施行に改めたいというのがその趣旨であります。全文を読みますと、会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 大蔵委員会 第33号(1957/04/26、27期)

ただいま議題となっております公共企業体職員等共済組合法の一部を改正する法律案に対する修正案の提案理由の説明を申し上げます。修正案の案文につきましては、お手元に配付してございますので、便宜朗読を省略さ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 大蔵委員会 第37号(1957/05/15、27期)

この際、本委員会より所管事項調査のため委員を議員派遣として外国に派遣するという動議を提出いたします。すなわちわが国の税制及び金融制度はなお多くの問題がありますので、海外各国におけるこれらの制度を実地…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 大蔵委員会 第39号(1957/05/17、27期)

修正の案文につきましては、配付されておりますので、朗読を省略いたします。提案の理由を申し上げますと、国有財産特殊整理資金特別会計法という法律が先般国会を通過いたしたのでありますが、御承知のように、接…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22