国会議員白書トップ衆議院議員粟山博>27期国会活動まとめ

粟山博衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41)  5回発言   5288文字発言
 第23回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第24回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43)  4回発言  10496文字発言
 第25回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 59)  8回発言  22800文字発言
 第27回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)  1回発言    700文字発言

  27期通算 188回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員188) 18回発言  39284文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
           137回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員137) 13回発言  24307文字発言

 逓信委員会
            46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 46)  4回発言  11733文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3244文字発言

 国土総合開発特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1955/03/29、27期)

富士山ろくの問題からだんだん長官の答弁を承わっておりますと、長官自体としてはまことにみごとな御決意で、アメリカとの折衝を続けておられる。私はそのお心がまえに対しては敬意を表するものでありますが、さて承…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1955/06/06、27期)

関連して……。私はこの程度の問題はどうかあまり興奮状態に至らずにきわめて簡単に解決していただきたいと思うのです。興奮すればもっとこれはたくさんあります。そこで局長さんにお願いするのですが、私どもは三…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第35号(1955/07/06、27期)

高橋さん、長谷川さん、山下さんなどの専門的な御見解によって私どもは非常に貴重な参考になったのであります。ただ一つ簡単に申し上げますれば、要はこれはイデオロギーの立場からはっきりと対立した理論系統の上に…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第38号(1955/07/11、27期)

この機会に石橋通産大臣にお伺いします。ただいま参考に御配付になりました通産省の権限、現行規定と改正後の規定の中で、この資料を拝見いたしますと、第三十及び第三十一が削除されるようである。おそらくこの問題…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第47号(1955/07/26、27期)

関連して。私は増原次官にお伺いしたいのですが、要らぬものをくれた、これはもらうことはけっこうだと思うのです。そのときの条件に絶対に自衛隊以外に使ってはならぬというような条件がありますか。午後零時三十…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第20号(1956/04/18、27期)

永田さんが時間の都合で長くおられないそうでございますから簡潔に伺います。同時に委員長に希望をいたしますが、実はこういう重大な、われわれが関心を持たなければならぬ問題の取扱いについて、委員の出席も少い。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第31号(1956/04/04、27期)

私、辻委員の質問に関連して一言長官に伺います。労働争議に関して、自衛隊の出動について今長官の御説明がありましたが、長官の言われる通りに、労働争議に関する限りにおいては、きわめて慎重に態度をとるべきであ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第36号(1956/04/17、27期)

私ちょうど十二時十分前に出なければならぬところがありますので、関連して簡単にお伺いいたします。長官がしばしば説明されるように、わが国の自衛隊は自衛防衛の性格を持つものであって、これは厳固として明らかな…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第43号(1956/05/09、27期)

今御提出になっている法案は、農林省設置法の一部を改正する法律施行に伴う定員及び予算ということですが、これは主としてただいま配付になっております新農山漁村建設総合一対策というもくろみに対する定員に関する…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 逓信委員会 第5号(1957/02/21、27期)

ちょっと関連して、電波監理のことについて伺いたいのですが、目下南極観測船の宗谷、海鷹が非常な天候の障害と戦いながら、幸いにオングル島に越冬隊を上陸せしめ、しかも越冬の見通しができるだけの資材を陸揚げ凄…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 逓信委員会 第18号(1957/04/03、27期)

私は橋本君の質問と監理局長の答弁を聞いておりましたが、非常にいい機会に拝聴したと思う。ぜひこの速記録は、出席議員も少いが、事専門の委員会に属する限り、みなに徹底するように委員長から特に取扱いを願った方…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 逓信委員会 第26号(1957/05/13、27期)

関連して。ただいま貸借対照表の説明を伺いましたが、大きな資本であり、かなり大きな借入金によってまかなわれておる。昨年度と今年度の剰余金が千七万円になっておる。千七万円といえば決して小さな金ではないけれ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 逓信委員会 第34号(1957/10/11、27期)

ちょっと関連して。けさの新聞で、日本経済か何かだろうと思いますが、日本短波放送社長小田嶋君が代表取締役で、そして社長もきまって、教育放送の会社ができたという記事を見たのですが、とすればあなたの方は確か…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1957/02/19、27期)

関連して。私は国民は非常な鋭い神経を持って見守っておるこの原水爆の問題については、政府もしばしば声明しておられるように、非常な慎重を要するものと考えます。従ってこの国際情勢ということを今飛鳥田委員から…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1957/02/20、27期)

私は関連して一つ伺っておきたいと思います。今、井本局長さんからのお答えに、見のがすという言葉をお使いになりましたが、アメリカの兵隊から見のがしてもらえば犯罪にならぬ。見のがさないということになれば犯罪…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第10号(1957/02/27、27期)

私は長くこの委員会において質問応答を承わっております間に、社会党さんから非常に深刻な質問があり、与党としてはほとんど時間の大部分をわれわれ承わっておる側に立っておったわけであります。きょうはさすがの社…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1957/03/28、27期)

関連して。私は同僚八田君の質問はまことに適切なものであり、それに対しましての人事院総裁の答弁を承わっておりますと、まことに物足りない。こういうことに対しては特に人事院が中心になって、政府全体の大きな責…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1958/03/11、27期)

関連して。受田君の質問は、私はやはり大いに考慮する価値があると思われます。かつての旧憲法におきましての摂政の官の地位及び権能というものは、天皇にかわるべきものであるから、非常に重大なものであった。今日…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22