鈴木直人衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  1回発言   4661文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  1回発言   4661文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第28号(1955/06/14、27期)

私は、自由党を代表いたしまして、今回提案せられました地方財政再建促進特別措置法案並びにこれに関連する三十年度地方財政計画に関し、若干の質問をいたさんとするものであります。鳩山総理大臣初め一萬田大蔵大臣、川島自治庁長官の責任ある御答弁をお願いいたします。地方財政は、今や、五百六十億になんなんとする莫大………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 43 委員  1) 23回発言  63381文字発言
 第23回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)  2回発言   7962文字発言
 第24回国会 48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 48 委員  0) 15回発言  35415文字発言
 第25回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  3回発言  11964文字発言
 第26回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  2) 12回発言  27910文字発言

  27期通算 121回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事118 委員  3) 55回発言 146632文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 地方行政委員会
           119回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事118 委員  1) 53回発言 136821文字発言

 国土総合開発特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言   9811文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 地方行政委員会理事(第22回国会)
 地方行政委員会理事(第23回国会)
 地方行政委員会理事(第24回国会)
 地方行政委員会理事(第25回国会)
 地方行政委員会理事(第26回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1955/03/26、27期)

三十年度の本予算を組む場合に当然当面してくる問題であると思いますが、先ほどの補助金整理の問題であります。大体さきのお話で了解は得ているのでありますが、たとえば継続事業があり、本三十年度はもう二年目にな…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1955/03/31、27期)

ちょっとこれに関連して。私も全部聞いておりませんのであるいは御迷惑かもしれないと思うのですが、県会がただいまのお話のように否決をするに至った理由というようなものではなくて、どんなふうな状態で−県会議員…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1955/05/20、27期)

地方交付税がここに見込み額が千二百五十六億になっておるのです。これは政府が最初見込んだ額と同じであるかどうか、まずそれをお聞きします。次に、昭和二一九年度の財政規模というのは決算見込みとして、一体ど…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第14号(1955/06/04、27期)

大臣にお伺いいたしますが、地方自治法の改正案が閣議で決定してあるということを聞いたのですが、それはいつ国会に提案されるのですか。その予定をお聞きしたい。これをもって散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第15号(1955/06/06、27期)

大臣にちょっとお伺いしたいのですが、この配付されました二十二回国会地方行政委員会関係法律案一覧表によりますと、法律案の名前の中に、地方債証券公庫法案というものが出ておりますが、もちろんまだ提出月日とい…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第21号(1955/06/15、27期)

この前二十九年度の赤字について至急調査をしていただくようにお願いして、ここに六月中五日現在として概算ということで出ておりますが、二十八年度四百六十二億にプラス実質赤字において百二十三億ふえて、合計五百…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第22号(1955/06/16、27期)

今の長官の御説明によると、きのうもそうでしたが、二十八年度の赤字を中心としてまず切りかえる。その方法は二百億をもって七カ年の長期の返済方法のやり方によってこれを切りかえる。あと百億は国の直轄工事の地方…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第25号(1955/06/21、27期)

それに関連して。私は大臣の考え方が間違っていると思います。あの法律は確かに、だんだん執行部と議会が相いれないことになって、そして再議に付してもそれをまた否決するという場合には解散するのだ、そしてどっち…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第26号(1955/06/22、27期)

ただいま提案者の説明の中に、本法の改正によって玉突きが第三号中より削除された後といえども、もし射幸心をそそる憂いのある行為をなす場合は、同号末段の「その他」に該当するものとして取り締ることができるとい…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第28号(1955/06/25、27期)

風俗営業取締法に関係して、警察庁長官でもよろしいし、そのほかの最も適当と考えられる方から、御答弁を承わりたいと思うのですが、風俗営業取締法で取締りの対象となっておるもののうちに、「その他」という部分が…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第29号(1955/06/27、27期)

ただいま政府委員の説明の中の、所持という言葉には製造と販売を含むのだというようなお話でありましたが、そうでございますか。それでは本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第32号(1955/07/01、27期)

委員長にお聞きしますと、きょうは午後はおやりにならない、あすもおやりにならない御方針のようですから、簡単ですがお伺いしておきたいと思います。交付税の中で基準財政需要額として算定されている教育費、先生の…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第33号(1955/07/04、27期)

ちょっとお伺いしてみたいと思います。県が遊興飲食税の予算を組む場合に、どういうような基礎のもとに総予算をお組みになっておられますか。それから何か奨励策をとったかというお話でございますが、非常に財政困…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第35号(1955/07/06、27期)

関連して、ただいま大臣の御説明と後藤君の御説明とを聞きまして、もう一度お聞きしたいのでありますが、これは再建整備法のときにお聞きしようと思っておったのですが、再建整備法の中には、赤字団体と再建繁殖団体…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第36号(1955/07/08、27期)

関連して。今お話を聞いている間に、ちょっと大臣にお聞きしておきたいと思った点があるのですが、地方財政法の三十条の二に「内閣は、毎年度地方財政の状況を明らかにして、これを国会に報告しなければならない。」…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第37号(1955/07/09、27期)

私は自由党でありますが、二、三の点について御質疑をいたしたいと思います。現在の地方財政が破局の寸前にありまして、今この根本的対策を講じなければ、将来地方自治体は財政難に陥って、その機能が停頓してしま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第38号(1955/07/12、27期)

私は松沢参考人にお伺いいたします。先ほどの陳述を注意して拝聴いたしたのでありますが、まず第一点は、先ほどのお話は、午前中全国の都道府県の教育委員の代表の方方がお集まりになっていろいろと協議されておると…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第42号(1955/07/16、27期)

ただいまの答弁に関連しまして参考のために聞いておきたい点があるのであります。国有林地に対する同定資産税として課すかどうかという問題は、自由党としても現在研究中なわけでありまして、それに関連して参考に聞…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第43号(1955/07/18、27期)

実はこれに関連して私も一応はっきりしておきたいと思った点なんですが、十二条によりますと、赤字団体が再建整備をしたい、計画を立てて承認されたところの再建計画による「再建のため必要と認められる額」と書いて…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第45号(1955/07/20、27期)

委員長からただいまお話がありましたが、私はどちらにどうという考え方を持って発言しているわけではありませんが、昨日の理事会は、この再建法案の逐条審議の進行方法について理事会を開いたのでありまして、そうし…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第46号(1955/07/21、27期)

ただいま提案いたしました地方財政再建特別措置法案に対する修正案につきまして、その提案の理由及びその内容の概要を簡単に御説明申し上げます。未曽有の危機に直面いたしておりまする地方財政の窮状を打開するた…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第47号(1955/07/23、27期)

原案を修正案のように修正いたしましたのは、地方債の一部でありますが、地方財政法の五条の第一項但書に各号が列記されてありますが、その中の三項目につきましては、主として財源補てんのような性質を持っておるよ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第53号(1955/07/30、27期)

提案の理由を御説明申し上げます。地方財政は今や破局の寸前にあると申しても過言ではない現状でありまして、これが解決は刻下の急務であります。政府はこれが対策として再建整備促進臨時措置法を本国会に提案し、二…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 地方行政委員会 第7号(1955/12/09、27期)

けさの新聞を見ますと、自治庁の中で地方労連の方々が相当すわり込みをしておられまして、それに対して警察権を発動して退去を命じたような記事が載っておりましたが、その内容がどういうことになっているか、一応お…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 地方行政委員会 第8号(1955/12/12、27期)

私は自由民主党を代表して、本法案に対し賛成の意を表するものであります。その理由については、本日の本会議における補正予算案の討論の際、わが党を代表して床次徳二君が詳しく申し述べた趣旨と同様でありますの…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1956/02/20、27期)

もちろん私の質問は個人的な質問であります。またわれわれの党の地方行政部会においても、国体の持ち回りと地方財政の問題は検討いたしておりません。でありますから、これは個人的な質問ですが、一国民として考えれ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第12号(1956/02/24、27期)

ちょっと関連して。かつて地方税といたしまして事業税をやめて附加価値税にするという考え方が当時の司令部方面からサゼスチョンがありまして、そうして附加価値観を採用するような法案が出たことがあります。そのと…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第26号(1956/03/24、27期)

消防に関する全般的な対策に関しましては、追って御質問をいたしたいと思っておりますが、さしあたりこの法案につきまして一点だけ大臣に御質問をいたしておきたいと思います。それは消防に対するいろいろだ施策の…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第31号(1956/04/05、27期)

ただいまのに関連しまして、今の自治法の三十年度の特例としてなっております分でありますが、いわゆる人口三万以上の市を全部一律に最高六億八千万でしたかに押えるということは、少しきざみ方が雑駁じゃないかとい…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第37号(1956/04/17、27期)

この法案は予算に関係しておる法案であります。すでに国の予算は国会において議決しておるわけですから、従ってわれわれはもちろん全部知っておらなければならぬわけですが、国の予算の中には、こういうふうな法律が…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第40号(1956/04/24、27期)

一点大臣にお願いしたいと思っている点があるのであります。それは資料の提出であります。今北山委員から質問がありましたが、第十一章に大都市に関する特例という規定があります。それによりますと、大都市において…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第41号(1956/04/25、27期)

それに関連して解釈の問題ですが、今委員長の質問に対して部長から答弁がありましたが、やはり部長の答弁のように、一箇の常任委員となるものということが法律できまっておりまして、それと別個な条例がかりに作られ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第43号(1956/04/27、27期)

実は私はその問題に二つあると思うのです。いわゆる常勤の地方公務員、非常勤の地方公務員というふうに分けて、そうして常勤の者については給料をやる、非常勤の者については勤務日数に応じた報酬をやる、こういうよ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第46号(1956/05/15、27期)

ただいま議題となりました修正案につきまして御説明をいたしますが、その案文はお手元に印刷物といたしまして差し上げてありまするので、朗読は省略さしていただきます。修正案は三つからなっております。その第一…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第55号(1956/07/26、27期)

地方財政再建整備法は、地方団体の累積した赤字を一応たな上げする法案として、国会において重要問題として取り上げられて一応実施されておるのでありますが、先般の国会開会中におきましては、自治団体の申し出期間…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第56号(1956/07/27、27期)

ただいま説明を受けましたのは、かつてわが党としても決定した線でありますし、委員会においても了解を得た線だと思いまするからいいとしまして、第六に「指定都市の区に、区長、区助役、区収入役、区出納員及び区分…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第57号(1956/09/12、27期)

それに関連して再建債を処理して借りかえの問題ですが、これは地方団体の意向はどういうふうな意向であるかという点をちょっとお聞きしたいのですが、従来銀行その他と公募債において相当に関連があった。ところがそ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第58号(1956/09/13、27期)

私は他のことについても質問いたしたいと思っておるのでありますが、最近中小都市にあまりに大火が頻発し過ぎるように感ずるのであります。記憶するところを拾ってみましても、秋田県に能代がありましたし、大館があ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第59号(1956/10/11、27期)

関連して。さっきの簡易水道の問題ですが、自治庁とか大蔵省はこれの起債をつける場合に、金を貸す立場から非常に手続が煩瑣にならないように、すなわち零細な起債ということになると非常にめんどうくさいという考え…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第64号(1956/10/26、27期)

関連して。東京大学学生新聞の昭和三十一年十月十五日号学生論壇、あるいはアカハタの十月十八日から十九日号の座談会に「砂川はこうして守られた」という記事がある。それに「砂川基地反対闘争に参加して」という早…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 地方行政委員会 第1号(1956/11/28、27期)

この停年制の問題を考える場合に、二つの立場からこれをわれわれは検討しなければならぬと考えております。第一は、先ほどから議論になっておりまする地方自治体の運営の能率化とか、あるいは新陳代謝による能率化…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1956/11/30、27期)

九州調査班は、便宜、私から御報告を申し上げます。九州調査班は、吉田重延、五島虎雄及び鈴木直人の三委員と、丸山稲調査員の四人でありまして、八月八日東京発、約一週間にわたり、福岡、長崎の両県を調査し、さ…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1956/12/13、27期)

私はこの際地方財政の健全化確立に関する決議をいたしたいと考え、これに関する動議を提出いたします。次に決議文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 国土総合開発特別委員会 第14号(1957/04/16、27期)

関連。ただいまの北山委員と政府の答弁に関連して、さらに明らかにする意味において、質問いたしたいと思います。この点は東北開発促進法の非常に重点項目でございますので、今後これを東北七県が推進していく上にお…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 国土総合開発特別委員会 第17号(1957/04/19、27期)

私は、自由民主党を代表してただいま提案になっておりまする東北開発促進法案に対して、後に申し上げますが、附帯決議をつけまして賛成の意を表する次第であります。東北開発は、東北地方に住んでおる者どもの多年…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1957/02/19、27期)

それに関連して。実は合併の形式ですが、吸収合併をした場合と対等合併をした場合との議員の問題ですけれども、今の具体的た問題ではなくしても、対等合併の場合には議員の定数があって、両方なくなってその定数の分…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1957/03/06、27期)

関連してちょっとお聞きしておきます。この問題は国有財産等の交付金、納付金の法律が制定される際に、そこの中に入るべきものであるけれども、手続上において相当おくれました関係もあって、その次の年度からは実行…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第8号(1957/03/12、27期)

ちょっと全国知事代表の方に御質問したいのですが、今度の税法の改正で、中小企業へ対して、特に税負担の軽減を地方税の方面からもはかろうという方針がとられたわけでありますが、第一種事業を行う個人で、年五十万…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第13号(1957/03/20、27期)

それに関連して。ただいまの問題については、特別交付税をもって対処するというお話でありますが、これは交付団体、不交付団体を問わず、とにかく四十九億程度の財源不足を来たしまして、財政に欠陥を来たすことは明…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第15号(1957/03/26、27期)

関連して御質問申し上げておきたいのですが、このいろいろないきさつは別としまして、地方交付税法の第六条の解釈を一つお聞きしたいと思うのです。それによりますと、「毎年度分として交付すべき交付税の総額は、当…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第16号(1957/03/27、27期)

この際二つの点について御質問を申し上げまして大臣の御答弁をいただきたいと考えるわけであります。地方税法の全般を見まして、大体において妥当だと考えるのでありますが、その中で気がかりな点は、第一点といた…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第17号(1957/04/02、27期)

それに関連してお聞きしたいのですが、公募債の件については、八分五厘までが利子補給の対象になっておるのですが、現実の場合八分五厘以上の公募債を借りているという再建団体がございますか。そういうふうになると…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第18号(1957/04/03、27期)

特別とん譲与税は、「開港に係る港湾施設が設置されている市町村で自治庁長官が指定するもの」こうなっておりますが、「開港に係る港湾施設が設置されている市町村」というのはどういう意味ですか。「港湾施設の種類…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第19号(1957/04/04、27期)

それに関連してお伺いしますが、それを主管するのはどこの官庁がやるのか。自治庁が一元的にそれ、計算し交付するのが当然だと思うのですが、それと別途の考え方が進んでおるのかどうか。また大臣は最終的にどういう…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第29号(1957/05/15、27期)

動議として提出いたしました附帯決議は、ただいま可決されました地方交付税法の一部を改正する法律案――政府提案のものでありますが、この改府提案の法律案と一体をなす性質のものと考えましてこの附帯決議を出して…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22