赤城宗徳衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  1回発言   1255文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  2回発言   3956文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  1回発言    643文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  2回発言   2201文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  6回発言   8055文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第7号(1955/03/28、27期)

私は、日本民主党を代表し、ただいま議題となっております暫定予算三案に対しまして、政府原案に賛成し、社会党両派から提出されました編成がえを求めるの動議に対し反対の意見を表明せんとするものであります。本案はこの四月、五月中の国政運用のために必要な最小限度の経常的経費を計上してありますことは、すでに御承知………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第34号(1956/04/17、27期)

私はただいま議題となりました、文教委員会において審査中の地方教育行政の組織及び運営に関する法律案並びに地方教育行政の組織及び運営に関する法律の施行に伴う関係法律の整理に関する法律案について明後十九日の本会議劈頭に文教委員長の中間報告を求めるの動議に対し、提出者を代表して趣旨弁明をいたします。(拍手)………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第37号(1956/04/24、27期)

ただいま議題となっております特定郵便局長の任免等に関する特別措置法案外一件の撤回を求むる動議に対しまして、自由民主党を代表して反対の討論をいたしたいと思います。(拍手)社会党におきましては、口を開けば、すべての法案に対して党利党略、こういうことをもって押しつけようといたしますが、私は、冷静なる観点か………会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 本会議 第2号(1957/11/02、27期)

ただいまお話にありましたが、政府は農業政策を全く放棄しているのではないかということでありますが、そのようなことは絶対にありませんので、御了解を願いたいと思います。三年続きの豊作も、土地改良等が非常に進んだことや、農薬等の散布が普及したごとや、あるいは早期栽培等の農業技術等の進歩によることと思いますが………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第6号(1958/01/31、27期)

農林水産業の立ちおくれという問題は、御説の通り、日本経済の二重構造ともつながりのある問題でありまして、この解決はきわめて長期の観点に立った施策を必要とするものと了知いたしております。私どもといたしましては、かような観点に立ちまして、農林水産生産基盤の整備強化を前提といたしまして、農林漁業経営の刷新改………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第7号(1958/02/01、27期)

お尋ねの農林政策についてお答え申し上げます。第一に、食糧の自給度を高めるとともに、農林水産業者の所得を向上すべきではないか、こういうお尋ねかと思います。これにつきましては、農業について、あるいは漁業、林業につきましても、農林水産の生産基盤を拡充強化しようということで、土地改良、開墾、干拓、林道、漁港………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員 29)  5回発言   5651文字発言
 第23回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第24回国会 65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員 23)  1回発言     83文字発言
 第25回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  1回発言    855文字発言
 第26回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  3)  2回発言   6769文字発言

  27期通算 150回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 89 委員 61)  9回発言  13358文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            92回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 89 委員  3)  8回発言  12381文字発言

 予算委員会
            41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41)  1回発言    977文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文教委員会理事(第22回国会)
 文教委員会理事(第23回国会)
 文教委員会理事(第24回国会)
 文教委員会理事(第25回国会)
 文教委員会理事(第26回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1955/07/01、27期)

ただいま議題となりました教育公務員特例法第三十二条の規定の適用を受ける公立学校職員等について学校看護婦としての在職を準教育職員としての在職とみなすことに関する法律案につきまして、その提案理由を御説明申…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 文教委員会 第23号(1955/07/05、27期)

御承知の通り、学校看護婦に関する文部省の訓令に、学校看護婦の資格とか、義務規定が厳重に規定されておりまして、この文部省訓令がほとんど全部昭和十六年の国民学校令に、機構、組織、こういうもの全体が吸収され…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 文教委員会 第28号(1955/07/22、27期)

ただいま上程になりました私立学校教職員共済組合法の一部を改正する法律案について、提案の理由を御説明申し上げます。私立学校教職員共済組合法は、御承知の通り第十六回特別国会において、私立学校教職員の福利…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 文教委員会 第29号(1955/07/26、27期)

この資金につきましては、短期給付あるいは長期給付の余裕金を借り入れて行うべきであると思っております。特に私学振興会などの助成金を得て福利厚生事業を充実させることが可能である、こういうふうに考えておりま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1955/06/06、27期)

第一分科会の審査の経過並びに結果について御報告いたします。本分科会の審査事項は昭和三十年度予算三案中、皇室費、国会、裁判所、会計検査院、内閣、経済審議庁を除く総理府、法務省及び大蔵省所管並びに他の分…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 文教委員会 第43号(1956/05/21、27期)

この際議事進行について動議を提出いたします。すなわち内閣提出の教科書法案に関する質疑を終局されんことを要求いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1956/12/04、27期)

辻原委員の御質疑あるいは希望は非常にごもっともに存じますが、第一点は、引き続き在職するということの中に、従軍した場合が入るか入らないかという解釈の問題にも相なろうかと思うのであります。これは一般的に引…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1957/04/04、27期)

ただいま議題となりました農業又は水産に係る産業教育に従事する国立及び公立の高等学校の教員に対する産業教育手当の支給に関する法律案につき、その立案の趣旨を御説明申し上げますとともに、内容の概略について御…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 文教委員会 第26号(1957/05/16、27期)

竹尾委員から、産業教育振興法の改正についてお話がありましたが、竹尾委員が委員長時代に大へんお骨折りをされて入れた条項であることは、私も承知しております。敬意を表しております。ただいまの質問でありますが…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22