国会議員白書トップ衆議院議員船田中>27期国会活動まとめ

船田中衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  1回発言    293文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  2回発言   1523文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  1回発言    628文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  4回発言   2444文字発言

本会議発言一覧

第23回国会 衆議院 本会議 第4号(1955/12/05、27期)

防衛の六ケ年計画につきましてお尋ねがございましたが、防衛六ケ年計画につきましては、いまだ政府の正式の成案を得ておるわけではございません。防衛庁の試案として、対米折衝の際に、一応の参考資料として重光外務大臣に示しておる、その程度のことでございます。その内容につきましては、ただいま河野君から示された大体………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第10号(1956/02/17、27期)

森君の御質問のうち、防衛庁に関するものにつきまして答弁を申し上げます。現行憲法第九条におきましても、自衛のために国力に相応する最小限度の防衛力を持つということは禁止いたしておりません。従いまして、現在の自衛隊が憲法違反なりという結論にはならぬと存じます。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第17号(1956/03/02、27期)

今回提出いたしました国防会議の構成等に関する法律案につきまして、その提案の理由及び内容の概要を御説明いたします。御承知の通り、さきに第十九回国会において成立を見ました防衛庁設置法は、その第三章におきまして国防会議のことを規定いたしておるのであります。すなわち、内閣に国防会議を置くこととし、国防の基本………会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 本会議 第4号(1956/11/17、27期)

立川の基地拡張につきまして、地元と流血の惨を見るよなことになりましたことは、先ほど総理大臣の御答弁にもありましたように、まことに遺憾には存じまするが、あの措置といたしましては、政府といたしましては、まことにやむを得ない手段に出た次第でございます。そもそも、立川の基地は現在米軍に使用させておるものでご………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45)  2回発言  17543文字発言
 第27回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  1回発言   3357文字発言

  27期通算 122回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員122)  3回発言  20900文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 63)  1回発言   4856文字発言

 予算委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42)  2回発言  16044文字発言

 法務委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  0回発言      0文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第44号(1957/09/02、27期)

私は防衛問題につきまして、きわめて概括的な、概論的な問題について総理大臣に質問をいたしたいと思います。岸総理大臣が六月半ばアメリカを訪問されまして、アイゼンハワー大統領を初め、各首脳者と会談をせられ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1957/04/20、27期)

ただいま三十三年度の特別会計補正予算につきまして、大蔵大臣の御説明があり、また防衛庁長官から御説明を承わったのでありますが、本予算案を審議するに当りまして、その前提となるような幾多の問題がございます。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1958/02/26、27期)

日本周辺における共産陣営の軍事力については、ただいま大体伺ったのでありますが、ソ連の日本に対する態度は、最近の北洋漁業の問題についても、あるいは近海の安全操業確保の問題につきましても、口には非常に平和…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22