志村茂治衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  4回発言  31254文字発言
 第23回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  5)  3回発言  16875文字発言
 第24回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員 11) 12回発言  40466文字発言
 第25回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  1)  5回発言  11024文字発言
 第26回国会 54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 39 委員 15) 15回発言  29396文字発言
 第27回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  2)  1回発言    327文字発言
 第28回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員 10)  3回発言   8386文字発言

  27期通算 161回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 90 委員 71) 43回発言 137728文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 科学技術振興対策特別委員会
            96回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 90 委員  6) 38回発言  93716文字発言

 予算委員会
            31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 31)  5回発言  44012文字発言

 逓信委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 科学技術振興対策特別委員会理事(第23回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第24回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第25回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第26回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第27回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1955/03/28、27期)

政府は重要政策の第一に住宅建設の拡充をあげておられます。まことにけっこうなことと存じます。従来は国民は国家のためといわれて、常に犠牲だけを負担させられておったのでありますが、このたびの住宅政策によって…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1955/05/16、27期)

最初に住宅問題について質問申し上げようと思ったのでありますが、いまだ建設大臣の出席がありませんので、濃縮ウランの受け入れの問題についてお聞きしたいと存じます。政府は一月以来アメリカから濃縮ウランの供…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1955/05/26、27期)

私は日本社会党両派を代表して、政府提出の昭和三十年度一般会計暫定予算補正(第1号)外二案の編成替を求めるの動議をここに提出して、これが趣旨を明らかにしようとするものであります。まずその方針を申し上げ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第31号(1955/07/15、27期)

はい。第一に、資金運用による利殖金収入が一億八千三百万円計上されておりますが、これは一体いつから貸し付けされる予定であるのか、そしてそれはどのような条件で貸し付けされるのであるか、融資先別にまずお示…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1955/12/10、27期)

原子力委員会の設置法について御質問いたしたいと思います。今後の日本の原子力の開発の中心機関であるこの原子力委員会は、ここに書いてありますように、原子力利用に関して企画し、審議し、決定するということに…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第4号(1955/12/13、27期)

この原子力の、特に濃縮ウランの受け入れにつきましては、われわれとしてはかなり不満足な点があります。しかしながら、その基本法というものは、将来永久に日本の原子力開発の基本法であるという建前をとっておりま…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1955/12/10、27期)

私は原子力に関して、水爆の問題、濃縮ウラン受け入れの問題、原子力平和利用の問題、これらに関して質問をいたしたいのでありますが、厚生大臣が非常にお急ぎのようでありますから、最初に厚生大臣に対する質問から…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1956/02/13、27期)

この委員会に、原子力開発関係の法案がこの後とも五、六種類出る予定になっておりますが、いつそれらは提出されるか、その法案提出のスケジュールをここで御発表願いたいと思います。それから、原子力燃料資源促進…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1956/02/15、27期)

培養であるうちはいいのですが、実用段階になると、いろいろ間遠があると思います。その際には、今までちょっとお触れになったようですが、農作物の場合の雑草に該当するものがあるのじゃないか。もう一つは、これの…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1956/02/20、27期)

科学技術の振興については、日本国民だれでも反対する者はありませんし、またその技術の性質上、超党派でなければならないこともすでに基本法で認め、その基本法が成立せる今日であります。科学技術の振興ということ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第8号(1956/02/29、27期)

このたび科学技術庁が設置されることになりましたが、行政管理庁としては、このたび政府の提案になりました科学技術庁のこの形をもって満足されておられるのかどうか。もしなお欠点ありと考えられますならば、どの点…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第10号(1956/03/07、27期)

政府提出の日本原子力研究所法案について、まず最初に役員の任命についてお尋ねしたいのです。「理事長は、原子力委員会の同意を得て、内閣総理大臣が任命する。」「副理事長及び理事は、理事長及び原子力委員会の意…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第15号(1956/03/17、27期)

両法案の質疑に入る前に、前会提出を要求いたしておりました資料について、御説明を願いたいと思います。まず第一に、ウラン鉱の世界的分布、それから国内の今までの調査状況について、御説明を願いたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第16号(1956/03/19、27期)

関連して。ただいまの話で、シンチレーション・カウンターのことがだいぶ出ておりましたが、シンチレーション・カウンターを発注して、日本で入手するまでには、相当期間があるというふうに聞いております。一体日本…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第22号(1956/05/16、27期)

私は、生産性向上連動のいろいろな外部の条件についてお話を承わりたいと思っております。先ほどのお話で、日本では、特に生産性向上の技術面について、企業の経営管理の水準から見ると、非常に劣った点があるのじゃ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第23号(1956/05/25、27期)

簡単なことを藤原先生に聞きたいのですが、先ほどの話で、原子の方向ということを言われました。これはしろうとの質問でございますが、原子は、私たちはシンメトリカルなように開いております。これに方向があるので…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第24号(1956/05/29、27期)

いろいろ参考人から有益なお話を承わりまして、ありがとう存じました。最初に池田さんに伺っておきたいのでありますが、池田さんは、講座制が日本の科学技術の研究、特に基礎部門の研究に障害になっておるというこ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第25号(1956/05/30、27期)

科学技術庁の発足に当りまして、大臣に御意見を伺いたいのでありますが、ただいまの大臣の所信の表明の中にもありました通りに、世界は確かに第二次産業革命期に入っておると思うのであります。この際、一本の科学技…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第26号(1956/05/31、27期)

ただいま、前田委員から国会に対する要求決議がございましたが、同じ立場に立ちまして、私もまた政府に対して、一つの要求決議をしたいと思います。まずその決議案を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1956/11/20、27期)

私は大体五十日間にわたりまして、ソ連、中共の原子力並びに科学技術を視察して参り、その報告を今日申し上げる予定でございましたが、都合によって、これは次の機会に譲りたいと存じます。次会は明二十一日午前十…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第4号(1956/11/22、27期)

いろいろ質問申し上げたい点もあったのでありますが、私の社会党では、三輪さんの党葬か一時からありますので、それに出発しなければなりませんから、ごくあらましの、かいつまんだ点をお聞きしたいと思います。ま…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1956/11/29、27期)

ただいまプルトニウムのことについていろいろ話がありましたが、プルトニウム以前の問題として、フィッション・プロダクトしたものを何とか日本で化学処理する方法は考えられないものかということです。米英方面へ参…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1956/12/05、27期)

簡単に質問します。私は今度秋にソ連へ参ったのですが、そのときに、ヴァルガ博士に日本の労働組合と生産性向上の問題について質問しました。そのときに、ヴァルガ教授の回答は、日本の労働組合が生産性向上に反対し…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第7号(1956/12/06、27期)

文部次官にお尋ねしたいのですが、私ことしの秋にソ連に参りました。モスクワ大学あるいはレニングラード大学などへ行っていろいろ留学生の事情を聞いて参った。そのときに、モスクワ大学でも、少くとも六十の民族か…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第12号(1957/03/07、27期)

関連して。情報を関係方面に流される、理論あるいは科学技術を流されるということになりますと、その情報によりまして、この理論を使って新しい技術ができるんじゃないか、あるいはレディメイドであっても、その技術…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第13号(1957/03/12、27期)

動力原子炉あるいは実験炉を輸入する前に、一般協定のサウンドがまず行われなければならないということになるのでありますが、この際、サウンドした結果どうなるか、これは将来の問題ですが、われわれが今憂慮される…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第16号(1957/03/15、27期)

科学技術情報センター法案はただいま通過いたしましたが、このセンターの資本または資金の構成は、政府と民間との同額出資ということになっております。そういうところから、われわれはいろいろの事情を考慮しなけれ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第19号(1957/03/26、27期)

今の斎藤君の質問に続きまして私お尋ねしたいのですが、もちろん工業方面では非常に高度化されると同時に、細分化されるという状態になっております。これを一つの国家試験という形でやっていくというふうにしますと…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第20号(1957/03/27、27期)

任用局長にお尋ねしたいのですが、先ほどのお話で、公務員試験を受けた人は二万五、六千人いる、その中で事務関係の人が七、八千人あったということは、公務員の現在の数からいっても、また理科系の学校の数あるいは…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第21号(1957/03/29、27期)

任用局長に昨日私がお願いしました資料はおできでございますか。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第24号(1957/04/04、27期)

今の前田委員の質問に関連して私お聞きしたいのですが、官房長官の説明によりますと、外務省を通じて打診するという点については反対であるということにつきましては、科学技術庁の事務次官の通達の中で、一 二、三…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第25号(1957/04/05、27期)

ここでは第一の項目についてまずお尋ねしたいのです。「濃縮ウランの貸借」ということだけが書いてあります。われわれは従来からこの濃縮ウランにしても天然ウランにしても買い受けということを提唱いたしております…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第27号(1957/04/12、27期)

一つ言葉の説明を願いたいのですが、学者の言葉に恕限度という言葉と許容量という言葉がございますが、これはどういうふうに違うのですか。そこで、今度のこの法律案などで見ると、二十一条から二十五条にわたって…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第29号(1957/04/17、27期)

松井課長にお聞きしたいのですが、大体今度の細目協定で一番重大な問題は、私は免責条項だと思っておりますが、この免責条項について、アメリカのAECでは、加工会社に加工を委託する。その場合に加工会社は賠償の…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第32号(1957/04/26、27期)

昨日の夕刊等を見ますと、原子力委員の湯川博士の後任について政府である程度方針がきまったようなことが報道されておりますが、これはどの程度進んでおるのですか。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第33号(1957/04/27、27期)

放射線の人体に及ぼす障害については、それがエックス線であろうとあるいはガンマ線であろうと、その間に何らの区別はないのであります。ところが、この法案におきましては、放射線障害のうち、特にアイソトープによ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第34号(1957/04/30、27期)

国際原子力機関に対して日本ではどのくらいな人数を送っておるか、御説明願いたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第39号(1957/05/15、27期)

もう時間も一時を過ぎましたので、私は一問だけ、特に最近松下さんと一緒においでになった道家さんが立教大学で発表されたことで、放射線に対する障害について非常にわれわれが驚くような事実が書いてありましたので…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第43号(1957/09/20、27期)

本日は、私は安川理事長の出席を求めて主として理事長自身の心境についてお尋ねをしたいというつもりでおったのでありますが、理事長が御出席にならないということは、きわめて遺憾だと思います。この点については、…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1957/11/09、27期)

一問だけ。これは非常に愚問かもしれませんが、ソ連が今度の人工衛星を打ち上げ、やがては月の世界に行く、こういうことをいわれております。月の世界に行くということは、人間昔からの一つのあこがれでもあったよう…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第10号(1958/03/07、27期)

原委員の方からだいぶ詳細にわたる質問がありましたので、私はそれ以外のことにつきまして、一、二点お尋ねしたいと思います。まず第一に、第二条に、「この法律において「新技術上とは、国民経済上重要な科学技術…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第11号(1958/03/12、27期)

今度の理化学研究所の母体となっている科学研究所の今までの実績を見ました場合に、その研究の委託等については、主として三百名以上の大きな工場その他からの委嘱はあったが、中小企業の方面からの委嘱はなかった。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第13号(1958/03/26、27期)

原子力研究所の経理の問題について過日新聞に出ておったのでありますが、先ほどからいろいろ説明もありました。新聞に出ておるところでは、移転に当ってたなおろしをやってみた、そうしたらば、帳簿にある品物がなか…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22