大橋忠一衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  4回発言   4031文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  4回発言   4031文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第18号(1955/05/19、27期)

ただいま議題となりました、日本国とイタリアとの間の文化協定の批准について承認を求めるの件、日本国とメキシコ合衆国との間の文化協定の批准について承認を求めるの件及び日本国とタイとの間の文化協定の批准について承認を求めるの件の三件につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果について一括して御報告申………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第31号(1955/06/21、27期)

私は、これから、民主党を代表いたしまして、農産物に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結に賛成する理由を簡単に述べたいと思います。本協定は、昨年度のMSAに基く協定とは違いまして、昨年新たにできました農産物貿易の促進及び援助に関する法律に基く経済的の協定であります。この協定により、わが国は八………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第41号(1955/07/14、27期)

ただいま議題となりました日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法の一部を改正する法律案につきまして、外務委員会における審議の経過及び結果を報告申し上げます。わが国は、昨年五月、国会の承認を得まして、日本国に対する合衆国艦艇の貸与に関する協定を締結し、すでに艦艇の受領を開始しておりますが、その協定中には………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第47号(1955/07/26、27期)

ただいま議題となりました二案件につきまして、外務委員会における審議の経過及び結果を御報告申し上げます。第一のガット議定書につき申し述べますれば、わが国は、一昨年の仮加入宣言によりまして、ガットへの暫定的な参加を行なっておりますが、本年二月からジュネーヴにおいてガット加入の前提となるべきわが国と関係国………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員  1) 11回発言  27046文字発言
 第23回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 10)  2回発言   3675文字発言
 第24回国会 59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 59) 15回発言  32235文字発言
 第25回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第26回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   3935文字発言
 第27回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言     52文字発言
 第28回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  4回発言  18185文字発言

  27期通算 133回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員100) 34回発言  85128文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
           102回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員 69) 25回発言  62907文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  6回発言  10373文字発言

 内閣委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言   1312文字発言

 法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   5386文字発言

 文教委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   5150文字発言

 国土総合開発特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第22回国会)
 外務委員会理事(第23回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1955/03/25、27期)

動議を提出いたします。理事の互選はその数を七名とし、選挙の手続を省略して委員長において指名されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1955/05/28、27期)

今度の案によりますと、大使なんかが非常にふえておるのであります。いろいろ地域と国交を開くということは、非常にけっこうなことでありますが、その代表者を置くに当っても、その土地の重要性と、それからどういう…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1955/06/01、27期)

在外公館の問題でお伺いしたいと思います。カサブランカに領事館を置く、それからエチオピアにも公使館を置く、イスラエルも公使館、グァテマラ、ニカラグァにも公使館、こういうふうに非常にたくさんの在外公館を置…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1955/06/04、27期)

この前本件に関連していろいろな資料を求めておきましたが、その資料について口頭でもって要点だけを御説明願いたいと思います。今般新たに公館の開設を予定している国ないし既設公館の格上げを予定している国は、…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1955/06/08、27期)

実は私、一昨年でありましたか、保安隊時代に新町の保安隊と、浦賀でありましたか横須賀にフリゲート艦が来たときに、見学に行ったのですが、フリゲート艦は、明らかに軍艦であるにかかわらず、船舶である、戦車は、…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1955/06/11、27期)

この前の私のクエスチャニヤに対するお答えはきわめて不満足なものでありましたので、そこで本日さらに質問をいたします。実は大使の任命でございますが、これは申すまでもなく、主要なところだけに置くというのが…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1955/06/15、27期)

いなくてもいいです。国際情勢等に関する件について質疑を継続いたします。並木芳雄君。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1955/06/17、27期)

文部大臣にちょっと――乳製品がやみに流れますために酪農が影響を受けるということは、みな言うことですが、これを取り締るといっておられますが、何か取り締る方法について具体的にお考えになっておりますか。どう…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1955/06/21、27期)

私はこれから民主党を代表いたしまして、本協定に賛成の意を表せんとするものであります。この協定は昨年度のMSAに基く小麦の輸入協定と違いまして、昨年度に新たにできました余剰農産物処理に関する法律に基い…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第33号(1955/07/19、27期)

中南米に移民を送るに当りまして、われわれが心に置かなくちゃならぬことは、ラテン・アメリカ諸国といえども、日本人にはあまり感心しておらないが、ただ現地人や欧州移民ではできないところの熱帯のジャングル地帯…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第34号(1955/07/20、27期)

この法案に関連いたしまして、外務委員会理事会の共同提案といたしまして附帯決議を提議したいと思います。まずその全文を読み上げます。会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1955/12/15、27期)

武藤団長ほかここに来ておられますので、きわめて簡単に報告いたします。衆議院から参りました議員は、受田君と田村君、私の三人でありましたが、今度はすべてが非常に順序よく取り運ばれました。埠頭において、型…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1955/12/05、27期)

今委員長の申されました日韓関係について御質問いたします。今委員長の言われました通りに、この日韓の関係、歴史というものは近世において不幸なる事態が多いのであります。日清、日露の両戦役も実は韓国問題が主…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第7号(1956/02/24、27期)

第一に、演出かどうかという問題であります。ロシヤ人は昔からそういうことをやる民族であるということを参考のために申しておきます。エカテリナ女帝のときに――エカテリナ女帝というのは、農民の待遇ということに…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第10号(1956/03/30、27期)

僕は、高砂族に対しては、前から非常に親愛感を持っておるのであります。何とかして一つ助けなくちゃならぬ、こういうふうに思っておりますが、日本にこれから住まれる上において、何をして住んでいきたいのか、どう…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第13号(1956/05/22、27期)

私は、満州、蒙古関係について、少しお尋ねいたします。満州及び蒙古の政府の役人というものは、外国であるという形式的の意味におきまして、恩給年限に加算されない。従って、公務扶助料ももらえない。何らの国家的…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第16号(1956/07/21、27期)

これより、ソ連地区第七次引揚者の引き揚げ状況及び受け入れ援護状況について、舞鶴における実地調査の結果を、私より簡単に御報告申し上げます。本委員会から派遣されました委員は、中馬辰猪君、井岡大治君、中井…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1956/02/16、27期)

さきにソ連が、日本がサケ、マスを乱獲するから、その取締りをするということを、いろいろ漁業の方に言ってきました。これがどういう意味でなされたかについては論議がありますけれども、日本の水産界においては、い…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1956/02/18、27期)

ちょっと関連して質問さして下さい。私は昔でありましたが外務省におって感じたことは、むやみに在外公館を置いても、果してその経費に値するだけの利益がもたらされるかどうかということについて、常に自分がそれを…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1956/03/07、27期)

私は、日本の生命線というものは公海と熱帯にあるということを前から言っておりますが、現に李承晩ラインでも公海自由の原則が問題になっておりました。公海漁業というものが日本の重要なる産業である限り、日本とし…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1956/03/13、27期)

私は南米移民をやっておったのですが、境地に行ってみると、向うの契約労働なんというものは奴隷のようにひどい状態です。それが今日のように発展をしたのですが、あれだけの人が向うに残った一つの原因は、一ぺん行…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1956/03/17、27期)

ちょっと一言だけ。カンボジアという国は、戦前から非常な親日の国でありまして、今度こういう状態になったことは慶賀にたえぬのであります。これは今ここにおられる山本君の話によりますと、吉岡大使という人は非常…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1956/03/23、27期)

私はきのうここにおられる高岡君とカンボジア問題を協議したのでありますが、そのときに浮んだ考えとしては、結局一つの移民を送るにしても、それを世話するコーポレーションみたいなものを作らなくてはならない。そ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第36号(1956/04/25、27期)

農林当局にお尋ねいたしますが、私は現在農村の非常に土地の悪いところに住んでおりますが、前には耕作しておったところが、耕作せずに草のはえたままほってある土地が、非常に目につくようになったのであります。そ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第37号(1956/04/28、27期)

少し小さい問題でありますが、飼料を今度六百四十万ドルほど買われることになって、これは非常にけっこうなことであると思うのでありますが、御承知の通り飼料需給安定法に基く予算が六十億ですか、ことしは幾らかあ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第47号(1956/05/22、27期)

ほんのちょっとしたことを二点ばかりお伺いいたします。私は北満鉄道の買収交渉をやったことがあります。そのときに非常に困ったことが一つあった。それは、わが方から一億四千万円という大金を支払いました。それで…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第59号(1956/07/12、27期)

沖繩問題について、問題の土地問題はすでに大体論じ尽されていますので、その他の問題についてお尋ねしたいと思います。アメリカが沖繩基地の強化に非常に力を入れている、その事情についてはよくわかります。なぜ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第60号(1956/07/23、27期)

私は日ソの国交がいつまでもこの状態であり得るわけのものじゃない、従って一日も早く正常化をはかるべきであるとは思いますが、ただ一つだけソ連の態度についてはなはだ解せない点がある。これから国交を正常化をし…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1957/10/15、27期)

岸総理、藤山外相が日米親善と協力のために非常な御努力をなさっておるにかかわらず、抽象的にはとにかく、具体的には経済問題については借款その他多少ありますが、政治問題等にいては具体的には何一つ解決ができて…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1957/11/01、27期)

この際、動議を提いたします。委員長の互選は、投票を用いずに、広瀬正雄君を委員長に推薦いたしたいと思います。委員長広瀬正雄君に本席を譲ります。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1958/02/17、27期)

最近新聞によりますと、蒋介石主席が、台湾と韓国と日本を結ぶ北東太平洋同盟というようなものをすべきである、早く日本と韓国との間が仲直りして、そういう方向に進むべきである、こういうような演説をしたのであり…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1958/03/14、27期)

旧満州国の日系官吏の問題について簡単に御質問申し上げます。旧満州国の日系官吏につきまして、日本国と人事の交流をやっておったことは御存じの通りでございます。また日系官吏は、御承知の通り、関東軍の推薦に…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1958/02/28、27期)

今から二十数年ほど前に私が満州におりました当時、当時延安におりました毛沢東が漢字をやめて表音文字にするということを聞きまして、私はこの漢字ではとても満人の無学文盲を救って、そうして文化国家を作ることは…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1958/03/27、27期)

私は法律の専門家ではありません。そこで、ただ一般庶民の感覚から、あっせん収賄罪に関する問題を御質問申し上げたいと思います。今度のあっせん収賄罪は、われわれしろうとから見ますと、非常に不満足なものであ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22