太田正孝衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  1回発言   8387文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  2回発言   3980文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  5回発言   8440文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  1回発言   1399文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  1回発言   9238文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21) 10回発言  31444文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第13号(1955/04/27、27期)

私は、ここに自由党を代表して鳩山内閣の施政方針に対し質問いたします。問題の第一は外交問題である。問題の第二は、内政、特に予算を中心とする民主党の公約についてである。問題の第三は、現下の低迷せる政局に対処する政府の政治信念についてであります。責任ある答弁を鳩山内閣総理大臣と重光外務大臣と一萬田大蔵大臣………会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 本会議 第4号(1955/12/05、27期)

前尾君の御質問に対してお答えいたします。地方財政が赤字を生んだ原因については御指摘の通りであると思います。つまり、地方団体におきまして、賦与されたる財源を越えての規模が行政となって現われているからであると信じます。あるいは、行財政制度の改まったこと。戦後に制度の改正がありまして、質にも量にも大へん大………会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 本会議 第6号(1955/12/08、27期)

ただいま提案いたしました昭和三十年度の地方財政に関する特別措置法案の提案の理由及びその内容の概要について、簡単に御説明申し上げます。御承知の通り、政府は、地方財政の窮状を打開し、地方財政再建の基礎を確立するため、当面とるべき措置について鋭意検討をいたして参ったのでありますが、今般、地方制度調査会の答………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第21号(1956/03/13、27期)

山崎始男君の御質問に対してお答えいたします。地方行政、財政についての教育委員会の関係でございました。原案送付権、二重予算権を廃止いたしましたのは、地方行政、財政全体の総合統一と、行政委員会の独自性との関係を調整するにあるのでございます。従いまして、教育本来の権限には、地方自治団体の長は何ら関与いたし………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第22号(1956/03/15、27期)

ただいま提案されました地方自治法の一部を改正する法律案及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整理に関する法律案につきまして、その提案の理由及び内容の概要を御説明申し上げます。地方制度の改革につきましては、昭和二十八年十月、地方制度調査会から、とりあえず当面とるべき措置に関しまして答………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第26号(1956/03/23、27期)

ただいま提案せられました公職選挙法の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び内容の概要を御説明申し上げます。政府は、昨年五月、選挙制度調査会に対し、選挙区制その他選挙制度の改正を要すべき点について諮問をいたしたのでありますが、三月十三日、主として衆議院議員の選挙についての答申があったので………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第45号(1956/05/08、27期)

今回の災害は痛ましいことでございます。災害を受けた農家が租税の減免をされました場合に、地方団体の収入が減少いたしました場合には、特別交付税の交付について考慮する考えでございます。(拍手)経済企画庁設置法の一部を改正する法律案(内閣提出)の趣旨説明会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第50号(1956/05/16、27期)

滝井君の私に対する御質問に対してお答えいたします。公職選挙法改正全体を考えずして、衆議院選挙のみを改正した理由につきまして申し上げます。公職選挙法の衆議院議員選挙以外の部分につきましては、今後選挙制度調査会または地方制度調査会などの意見を求めまして、改正の要否を慎重に検討していきたいと思うのでございます。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 本会議 第5号(1956/11/20、27期)

永井君の北海道冷害に関係する自治庁の問題につきましてお答え申します。第一は、災害に伴う必要な経費は、適債事業として認むる限り発行を認めます。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第5号(1957/02/05、27期)

私は、ここに、政府与党たる自由民主党を代表し、政府の施政方針に対して質疑をいたしますとともに、政府をして、施政方針演説の足らざるを補って、国会を通じて国民に対する説明の機会を得るようにいたしたいと思うのであります。申すまでもなく、内外の情勢は目まぐるしいほど動いております。問題も山積しております。す………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  0回発言      0文字発言
 第27回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  1回発言  20787文字発言

  27期通算  67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 67)  1回発言  20787文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 67)  1回発言  20787文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第28回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1958/03/01、27期)

だんだんと質疑応答が繰り返されまして、私は与党たる自由民主党の立場から、取りまとめた御質問を申し上げたいと思うのでございます。むろん与党のことでございまするから、私といたしましては、政府が施策をよく国…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22