菅野和太郎衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  3回発言   3621文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  1回発言    535文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  4回発言   4156文字発言

本会議発言一覧

第26回国会 衆議院 本会議 第22号(1957/03/19、27期)

ただいま議題となりました両案につきまして、科学技術振興対策特別委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、科学技術庁設置法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第36号(1957/04/27、27期)

ただいま議題となりました放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律案につきまして、委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。まず、本案の目的及び要旨について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第40号(1957/05/14、27期)

ただいま議題となりました両案につきまして、科学技術振興対策特別委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。まず、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律案について、その目的及び要旨について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 本会議 第7号(1957/11/11、27期)

ただいま議題となりました、地方自治法第百五十六条第六項の規定に基き、放射線医学総合研究所の設置に関し承認を求めるの件につきまして科学技術振興対策特別委員会における審査の経過並びに結果について簡単に御報告申し上げます。まず、本件の要旨を申し上げます。放射線医学総合研究所は、前国会において茨城県那珂郡東………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 48)  1回発言   1080文字発言
 第23回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第24回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)  0回発言      0文字発言
 第25回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 42回出席(長 36 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第27回国会  8回出席(長  5 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 14)  1回発言    116文字発言

  27期通算 167回出席(長 41 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員112)  2回発言   1196文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 77)  0回発言      0文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            58回出席(長 41 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  3)  1回発言    116文字発言

 地方行政委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  0回発言      0文字発言

 貿易振興に関する調査特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言   1080文字発言

 社会労働委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 科学技術振興対策特別委員会委員長(第26回国会)
 科学技術振興対策特別委員会委員長(第27回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 科学技術振興対策特別委員会理事(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 貿易振興に関する調査特別委員会 第6号(1955/06/01、27期)

先ほど帆足委員から質問されたことに関連して、二、三お尋ねしたいと思います。台湾貿易について、中共貿易をやっておる商法に対しては取引させぬということについて、砂糖についてそういうような話を聞いておるが…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第1号(1957/12/20、27期)

この際、動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いずに、斎藤憲三君を委員長に推薦いたしたいと思います。何とぞ御賛成をお願いいたします。委員長斎藤憲三君に本席を譲ります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22