八木一男衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  1回発言   4745文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  1回発言   5731文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  1回発言  10136文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  1回発言   4854文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  4回発言  25466文字発言

本会議発言一覧

第24回国会 衆議院 本会議 第28号(1956/03/29、27期)

私は、日本社会党を代表して、健康保険区の総辞退の問題に関し、内閣総理大臣、厚生大臣、大蔵大臣に対し若干の質問を行いたいと思います。(拍手)政府提出の健康保険法の一部改正案並びにそれに関連した新医療費体系をも含む諸種の行政措置の案に対し、医師、歯科医師等社会保険診療担当者の諸君は強く反対をしておりまし………会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 本会議 第18号(1956/12/13、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、去る十一月八日社会保障制度審議会より内閣に対しで行われました医療保障制度に関する勧告に対しまして政府の所信をただすため、内閣総理大臣、厚生大臣、大蔵大臣に対し緊急質問を行わんとするものであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第5号(1957/02/05、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、社会保障、労働、農林関係の重要諸問題に関し、内閣総理大臣臨時代理並びに関係閣僚に対し質問を行わんとするものであります。(拍手)まず最初に、社会保障に関して伺います。社会保障の急速な拡充が必要でありますることは、今さら私が申し上げるまでもない、明らかなことでございま………会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 本会議 第5号(1957/11/08、27期)

私は日本社会党を代表いたしまして、公共企業体等労働関係法の一部を改正する法律案の提案の理由並びにその内容の大綱について御説明申し上げたいと存じます。(拍手)公共企業体等労働関係法、いわゆる公労法は国家公務員法とか、その他地公労法、地方公務員法と同じように、昭和二十三年七月二十三日に出されましたマッカ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  4回発言  25132文字発言
 第23回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  3回発言  15704文字発言
 第24回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 40)  7回発言  67337文字発言
 第25回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 52 委員  1) 17回発言 120740文字発言
 第27回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  5回発言  49609文字発言
 第28回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 41 委員  1) 11回発言  92467文字発言

  27期通算 197回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事103 委員 94) 47回発言 370989文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
           167回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事103 委員 64) 43回発言 338723文字発言

 逓信委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  2回発言   5658文字発言

 貿易振興に関する調査特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  18343文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   8265文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 社会労働委員会理事(第24回国会)
 社会労働委員会理事(第26回国会)
 社会労働委員会理事(第27回国会)
 社会労働委員会理事(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1955/05/25、27期)

議事進行について。午後になさるような御意向でございますが、それは私としてはけっこうでございますが、先ほど御通告申し上げております通り、川崎厚生大臣に、午後できるだけ早く、十分な時間を取って出席があるよ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1955/05/27、27期)

時間もおそうございますので、簡単に要約して質問をさせていただきます。私、途中から委員を差しかえをしていただきましたので、最初の参考人各位のお話もよく承わっておりませんし、ダブる点がございました場合には…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第29号(1955/06/27、27期)

厚生大臣が来られてから、総括的な質問をいたしたいと思いますが、その前に、保険局長に二、三事務的な点についてお伺いいたしたいと思います。まず、現在の日雇労働者健康保険法の施行につきまして、いろいろな問…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第44号(1955/07/18、27期)

私は政府提出の日雇労働者健康保険法の一部を改正する法律案に対する日本民主党・自由党・社会党両派並びに小会派クラブの各派共同提出の修正案の趣旨を述べさせていただきたいと存じます。まず修正案を朗読いたし…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1955/12/09、27期)

関連。山下政務次官にお伺いしたいと思います。実は大臣とか政務次官の法制的な役割でなしに、実質的な役割というものを政務次官御本人といたしまして、また国会議員として考えていただく必要があると思うのでありま…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 逓信委員会 第1号(1955/11/26、27期)

村上郵政大臣に質問を兼ねて御要望申し上げたいと思います。今井出委員から言われたことで尽きておりますし、それと全く同意見でございますが、郵政大臣の村上さんといたされましては、郵政担当の所管大臣として、そ…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 逓信委員会 第2号(1955/12/03、27期)

先ほどから井出委員また片島委員の関連質問を伺っておりましたところ、郵政当局の、特に事務当局のいろいろな御答弁については、非常に不満にたえないわけでございます。特に人事部長の先ほど言われました休日に妻女…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1956/02/14、27期)

ただいま主題になりました件に関しまして厚生大臣に少しく御質問をいたしたいと存じます。まず第一に、厚生大臣の御所信を伺いたいと思うわけでございますが、ただいま日本の政治は立憲政治になっておりますが、実…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1956/03/13、27期)

ただいま議題となりました日雇労働者健康保険法の一部を改正する法律案について、その趣旨及び概要について御説明いたします。日雇労働者健康保険制度は、同法が昭和二十年七月成立、翌年三月給付開始以来、日雇労…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1956/03/20、27期)

ただいま議題になりましたつき添い婦問題について厚生大臣に御質問を申し上げたいと存じます。厚生大臣は、このつき添い婦問題が問題になりましたときに、参議院の社会労働委員長をやっておいでになりましたので、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第32号(1956/04/06、27期)

私はただいま議題と相なりました件につきまして、鳩山内閣総理大臣に質問をいたしたいと存するものでございます。鳩山内閣は昨年の二月の総選挙のときに、社会保障を拡充することを非常に大きな題目として、大きく明…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第36号(1956/04/24、27期)

本会議の予鈴も鳴りましたので、ごく一、二点だけ御質問さしていただきたいと存じます。今山口さんや八田さんから詳しい御質問がございましたので、重複することを避けて第十九条と第二十条について質問をいたしたい…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第53号(1956/06/03、27期)

私は同和対策につきまして社会局長にお伺いいたしたいと思うわけでございます。この前の二十二国会で同和対策に対する請願書が受理されまして採択になっているわけでありますが、その中に、国会自体に対する請願は…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 文教委員会 第46号(1956/06/03、27期)

本日の質疑については、外務省関係と、それから文化財保護委員会関係、文部省関係、それから防衛庁関係の方の御出席を求めているわけでございますが、文化財保護関係以外の方はいつごろおいでいただけるでしょうか。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1957/02/13、27期)

岸内閣総理大臣臨時代理にお伺いをいたしたいと思います。お時間が非常に少いらしいので、一問一答の形式を残念ながらあきらめまして、私相当しゃべりましてから、明確に一つお答弁を願いたいと思います。まず社会…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1957/02/15、27期)

厚生大臣にお伺いいたしたいと思います。この前の医療保障の勧告につきまして、津総理大臣代理並びに神田厚生大臣にお伺いしたのでございまするが、時間がございませんでまだまだ問題が残っております。その中の大き…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1957/02/28、27期)

関連して。井堀君の一つの質問に関連しているわけでございますが、政務次官の御答弁に非常に私不満がございます。というのは、先ほど政府提案のこれを変える意思がないと言われまして、それからその次に井堀君がさら…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1957/03/02、27期)

関連して……。ただいまの保険局長の御答弁の中で、健康保険法等の改正案を社会保険審議会に諮問されなかったことで、今滝井委員の御質問に対して御説明がございましたけれども、今の保険局長の御答弁は、非常にある…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1957/03/06、27期)

時間がございませんので、ごく簡潔に要点だけ伺いたいと存じます。参考人の方々は政府提出案のほかに社会党提出案をお読み下さったと思います。それにつきまして、大岩さんから先ほど一部御意見の御発表がございまし…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1957/03/09、27期)

岸内閣総理大臣に御質問をいたしたいと存じます。まず第一に、先般の本会議におきまして同僚の受田新吉君の質問がございました。その質問の内容は、総理大臣にとっては耳の痛い内容でございますのでここで重ねて申…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1957/03/11、27期)

現在案件になっております問題の中で、船員保険の問題が今まで質問をされておりませんでしたので、この問題を基点といたしまして質問をいたしたいと思うわけであります。まず政府にお伺いいたしたいのは、船員保険…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1957/03/13、27期)

今度の健康保険法等の一部を改正する法律案に対する修正案並びに同趣旨の船員保険法その他の修正案につきまして、提案者並びに関連して政府に御質問をいたしたいと思います。この修正案はごくわずかいいところもござ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1957/03/19、27期)

失業保険法の一部改正案につきまして労働大臣に御質問を申し上げたいと存じます。今般政府の提出されました失業保険法の一部を改正する法律案の提案理由を伺ったり、内容を拝見いたしますると、やや前進の形をとっ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1957/03/20、27期)

厚生大臣にお伺いをいたしたいと存じます。結核予防法の一部を改正する法律案についてお伺いをするわけでございまするが、あの内容はいささか前進でございまして、私どもも賛成するものでございます。御承知の通り中…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第29号(1957/03/25、27期)

同僚委員の質問の途中で関連質問で恐縮でございますが、今滝井委員から御質問のあったことに対する政府側の答弁は、滝井委員は大いに不満であろうと思いまするし、私どもも非常に不満でございます。滝井委員の言われ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1957/03/26、27期)

失業保険法の一部を改正する法律案に対する、社会党の修正案の内容並びに理由を御説明申し上げます。まず最初に案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第43号(1957/04/23、27期)

政府委員にお伺いいたしたいのですか、この法律の中で中央地方の適正化審議会が非常に重要な要素の一つになっております。この審議会の意見を尊重してどんどんやるということは民主政治の一つの大きな要素になってお…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第44号(1957/04/24、27期)

議事進行。先ほどから、午前午後と聞いているんですが、午後になって労働省関係の人は一人もおらない。これは非常にけしからぬ。労働大臣に出てもらうように要求してあったはずです。委員長も要求して何回か連絡して…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第52号(1957/05/16、27期)

日雇労働者健康保険法の問題について質問をいたしたいと思います。日雇健保は、できましたときには非常に内容も悪かったわけでございまして、それが内容を充実することが必要であるということは、制定当時から衆議…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第56号(1957/07/29、27期)

石田労働大臣の御抱負を伺いまして、労働問題全般について御質問をいたしたいのでございますが、遺憾ながら時間が詰まって参りましたし、同僚の中原、吉川委員がお待ちでありますので、ごく一点にしぼって御質問をい…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第57号(1957/07/30、27期)

まず最初に堀木さんと米田さんが大臣と政務次官に御就任になりましたことについて、お祝いを申し上げたいと思います。これからただいま厚生大臣が拘負をお述べになりましたのを伺いました立場におきまして、いろい…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1957/11/06、27期)

堀木厚生大臣に厚生行政一般の大綱につきまして、また非常に緊急な問題につきましては幾分具体的な問題についてお聞きをしたいと思います。まず第一に、現在の内閣が貧乏と汚職と暴力の追放を大きな題目として掲げ…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1957/11/11、27期)

厚生大臣にお伺いいたします。この前の質問の続きで、実は年金の問題と部落対策の問題をお伺いしたいのですけれども、厚生大臣の時間の都合もございますから、年金の問題はあとにいたしまして、部落問題についてお伺…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1957/11/13、27期)

石田労働大臣にお尋ねをいたしたいと存じます。まず労働行政の中で一番根本的なものであると思われる完全雇用対策についてお伺いをいたしたいと思うわけでございます。石橋内閣が完全雇用という政策を打ち出されま…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1957/11/14、27期)

厚生大臣に御質問を申し上げたいと存じます。この前の厚生大臣に対する一般質問の中で年金問題だけ触れる機会がございませんでしたので、年金の問題についてだけ御質問を申し上げたいと思います。国民年金という問…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1957/12/19、27期)

赤松委員の御質問に関連いたして厚生大臣に御質問いたしたいと思います。今の老人であるとか、今の母子家庭、あるいは今の身体障害者に対する過渡的な無醵出年金の問題でありまするが、国民年金制度全体については社…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1958/02/07、27期)

労働大臣に御質問を申し上げたいと存じます。実は雇用全体の問題から賃金の問題、基本権の問題についてお伺いをいたしたいと思ったわけでございますが、非常に時間が迫っているようで、それに論及ができないことは非…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1958/03/01、27期)

厚生大臣に厚生行政一般について御質問を申し上げたいと思います。厚生大臣の御病気で、厚生大臣に御質問申し上げるのがだいぶおそくなり、ほかの案件の関係で与党側から法案をあげるためにいろいろ審議を促進してほ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1958/03/06、27期)

日雇労働者健康保険法の一部を改正する法律案について、厚生大臣に御質問を申し上げたいと思います。この法律は昭和二十八年の十六国会において可決されまして、二十九年の二月から施行を見たわけでございますが、…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1958/03/11、27期)

岸内閣総理大臣に部落問題について本日御質問を申し上げたいと存じます。昨年の十一月十二日に開議でこの問題をお取り上げになって推進していかれるという御決定になりましたことを私ども伺いまして、長年放置され…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1958/03/13、27期)

厚生大臣が参議院の方に行っておられるので、ちょっと困るのですけれども、あとで来られるそうですから、来られましたならば同じ質問を繰り返すかもしれませんが、一応それまでの間保険局長に伺いたいと思います。保…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1958/04/08、27期)

日雇労働者健康保険法の政府案について、並びに政府のその他のお考えについて厚生大臣にお伺いいたしたいと思います。この前に一番最初の点だけ質問を申し上げまして、その後とだえておりましたが、自後の点について…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第36号(1958/04/10、27期)

私は日本社会党を代表いたしまして、日本社会党提出の修正案の趣旨弁明をいたしたいと思います。本修正案は第二十四国会に提出されました衆法第四号の社会党提出による日雇労働者健康保険法の一部を改正する法律案の…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第40号(1958/04/22、27期)

最低賃金法案(内閣提出)、最低賃金法案(和田博雄君外十六名提出)、家内労働法案(和田博雄君外十六名提出)、以上三案に関し、大橋、赤松、八木の三委員は大阪に派遣せられ、四月十九日大阪府立労働会館において…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第41号(1958/04/23、27期)

私は日本社会党を代表して、ただいま議題と相なりました国民年金法案に関して、提案の趣旨並びに理由を御説明申し上げるものであります。戦後わが国国民の平均寿命は大いに伸び、六十才まで存命した人の寿命は、男…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第42号(1958/04/24、27期)

ちょっとけい肺法に関しまして政府当局にお伺いいたしたいのですが、いわゆるけい肺法のよろけ病と同じ症状を呈して、同じように困っている病気の人があるわけです。それはアスベストを取り扱う工場にあるわけであり…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1958/02/28、27期)

私は今辻原君がお触れになりました部落問題について、これから副総理初め関係の各閣僚にお伺いをしたいと思うわけでございます。日本の憲法では、社会的の身分による一切の差別を禁じておりますし、基本的人権の尊…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22