古井喜実衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  1回発言    812文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  1回発言    812文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第37号(1955/07/05、27期)

提案者の一人といたしましてお答えを申し上げます。第一に、先ほど提案者清瀬一郎氏のお使いになった言葉が不穏当であったという点についてお尋ねがございました。この点につきましては、すでに御自身お取り消しになっておることでございますから、これによって御了承を願いたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 76回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 54 委員 22)  5回発言   4911文字発言
 第23回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  7)  1回発言   8745文字発言
 第24回国会 51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 33)  2回発言  12081文字発言
 第25回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43)  1回発言  12073文字発言
 第27回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42)  1回発言   1744文字発言

  27期通算 239回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 81 委員158) 10回発言  39554文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 地方行政委員会
           149回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 76 委員 73)  6回発言   9838文字発言

 予算委員会
            78回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 78)  3回発言  27972文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  6)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1744文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 地方行政委員会理事(第22回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第22回国会)
 地方行政委員会理事(第23回国会)
 地方行政委員会理事(第24回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第4号(1955/03/31、27期)

関連してお尋ねいたします。今お尋ねの点でありますが、任期満了の後も在任をするというのですが、法律上辞職してよいということはこれは解釈上そういう解釈は非常にむずかしいのじゃないかと思うのですけれども、そ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第23号(1955/06/17、27期)

他の委員から御質問があったかと思いますが、大臣にお伺いするのですが、夏季手当の問題についてきょうの午前の閣議で、何か御決定でもありましたら、一つお聞かせいただきたいと思います。そこで短期融資の問題で…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第46号(1955/07/21、27期)

この利子補給の点につきましては、政令の定める基準によって出すということになっておりますが、約一億五千万円の経費が必要であるということで見積っておりますが、これにつきましては提案者の方といたしましては、…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第47号(1955/07/23、27期)

ただいま議題になっております両法案並びに政府原案に対する修正案について民主党を代表して討論をいたしたいと思います。まず第一に、社会党両派提出にかかる地方財政の整備に関する特別措置法案についてでありま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第48号(1955/07/25、27期)

私は民主党を代表しまして、民自両党の修正系並びにその分を除いた政府原案に賛成、社会党両派提案の修正案に反対の意を表明いたします。民自両党の修正案は地方道路税法の修正に伴うやむを得ない修正であります。…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1955/12/10、27期)

私は社会党の御提案に対して御質問をいたしたいと存じますが、これによって、果して御提案が健全なものであるかどうか、さらにこれを通して、社会党の皆さんとわれわれとが、地方財政の再建について、財政の基本方針…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第40号(1956/04/24、27期)

今日は私お尋ねしないでおこうと思ったのですが、先ほどの北山さんの一般論に関連しまして一、二点伺っておきたいと思います。非常に基本的なことなんでございますが、今新市町村建設促進法案が出て参りました。また…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1956/02/08、27期)

昨年の臨時国会以来の懸案になっております地方財政の問題について、大蔵大臣、自治庁長官にお尋ねをいたしたいと思います。まず最初に自治庁長官にお尋ねをいたしますが、三十一年度の地方財政全体の規模でありま…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1957/02/15、27期)

私は今回の補正予算に大きな関係を持ち、また来年度予算の一つの問題点であります地方財政の問題について関係大臣にお尋ねをいたしたいのでありますが、その前にすべての前提になります政官界の粛正の問題について岸…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第21号(1958/04/17、27期)

大臣おいでの機会にごく簡単に一つ二つのお尋ねを申し上げたいと思います。一つの点は国鉄の建設審議会の開催の問題でありますが、例年四月ごろには建設審議会が開かれておるように承知いたしておりますが、ことしは…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22