松前重義衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  6回発言  11961文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  1回発言   3602文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  4回発言   6177文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  1回発言   5785文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21) 12回発言  27525文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第7号(1955/03/28、27期)

ただいま議題となりました、放送法第三十七条第二項の規定に基き、国会の承認を求めるの件に関しまして逓信委員会における審議の経過並びにその結果を御報告申し上げます。本議案は、日本放送協会の昭和三十年度収支予算、事業計画及び資金計画につきまして国会の承認を求めるために、去る三月二十四日内閣より提出されたの………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第10号(1955/03/31、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、久保山愛吉氏の死因関するアメリカの見解を発表されたのでありますが、これに対して政府の見解をただしたいと思うのであります。まず第一に、この問題は簡単なる問題ではございません。これを簡単なる問題だと考えるところに今日の正しい政治を誤まる原因があると思うのであります。私………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第19号(1955/05/26、27期)

ただいま議題となりました簡易生命保険法の一部を改正する法律案、郵便年金法の一部を改正する法律案、郵便貯金法の一部を改正する法律案及び郵便振替貯金法の一部を改正する法律案、この四つの法案につきまして、逓信委員会における審議の経過並びにその結果を御報告申し上げます。まず、法案提出の理由及び内容でございま………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第40号(1955/07/12、27期)

ただいま議題となりました日本電信電話公社法の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げます。御承知の通り、去る昭和二十八年三月末国際電信電話株式会社の設立に伴い、原則として、国際電信電話事業は同会社によって、また国内電信電話事業は日本電信電話公社によっておのおの別に経営されることとなったのであります………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第43号(1955/07/19、27期)

ただいま議題となりました簡易生命保険及び郵便年金の積立金の運用に関する法律の一部を改正する法律案に関し、逓信委員会における審議の経過並びに結果の概略を御報告申し上げます。この法律案は内閣提出にかかるものでありまして、その提案理由とするところは、簡易生命保険及び郵便年金の積立金は逐年累増しておるにもか………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第48号(1955/07/27、27期)

ただいま議題となりました日本放送協会昭和二十八年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書に関し、逓信委員会における審議の経過並びにその結果の概略を御報告申し上げます。本件は、放送法第四十条第三項の規定に基き、会計検査院の検査を経て、内閣より去る一月二十二日提出されたものであります。会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 本会議 第5号(1955/12/06、27期)

日本社会党を代表いたしまして、ただいま政府から承認を求められました原子力の非軍事的利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件に関しまして質問をいたしたいと思うのであります。御承知のように、原子力といろ言葉は、わが国民にとりましては少くとも恐怖の言………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第19号(1956/03/08、27期)

ただいま議題となりました電話設備費負担臨時措置法の一部を改正する法律案に関し、逓信委員会における審議の経過並びに結果の概要を御報告申し上げます。本法律案は政府提出にかかるものでありまして、その内容は大別して二つの事項に分けられるのでございまして、その一つは、現在、加入電話の設置、戦災電話の復旧等に際………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第22号(1956/03/15、27期)

ただいま議題となりました、放送法第三十七条第二項の規定に基き、国会の承認を求めるの件に関しまして、逓信委員会における審議の経過並びに結果の概要を御報告申し上げます。本議案は、日本放送協会の昭和三十一年度収支予算、事業計画及び資金計画につきまして国会の承認を求めるために、去る二月二十二日内閣より提出せ………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第28号(1956/03/29、27期)

ただいま議題となりました日本電信電話公社法の一部を改正する法律案に関し、逓信委員会における審議の経過並びに結果の概要を御報告申し上げます。この法律案は、国会法第五十条の二の規定に基き、衆議院逓信委員会の提出いたしましたものでありまして、会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第51号(1956/05/17、27期)

ただいま議題となりました、日本放送協会昭和二十九年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書に関し、逓信委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本件は、放送法第四十条第三項の規定に基き、会計検査院の検査を経て、内閣より本年一月二十五日に提出されたものであります。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第14号(1958/03/11、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されました放送法の一部を改正する法律案に対して二、三の質問をいたしたいと思います。その第一は、岸総理大臣に対しまして、放送事業の公共性、先ほど竹内議員から御質問がありました、あの言論の自由の問題に関しまする問題を、他の観点から質問をいたしたいと思うので………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 36回出席(長 36 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言   4762文字発言
 第23回国会  7回出席(長  7 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第24回国会 25回出席(長 25 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  4回発言  19915文字発言
 第25回国会  6回出席(長  6 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 13) 13回発言  64886文字発言
 第27回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  3回発言   5654文字発言
 第28回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  7)  7回発言  34450文字発言

  27期通算 126回出席(長 74 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員 22) 28回発言 129667文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 逓信委員会
           104回出席(長 74 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  0) 18回発言  77605文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  9回発言  35830文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  16232文字発言


委員会委員長経験

 逓信委員会委員長(第22回国会)
 逓信委員会委員長(第23回国会)
 逓信委員会委員長(第24回国会)
 逓信委員会委員長(第25回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 逓信委員会理事(第26回国会)
 逓信委員会理事(第27回国会)
 逓信委員会理事(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 逓信委員会 第19号(1955/06/08、27期)

ちょっとお伺いいたしますが、郵政省における昨年の定員の要求をだいふ削られましたが、その減員された実情、伺いたいと思います。それから本年の要求と実質的に獲得された増員の模様、この資料がありましたら簡単に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 逓信委員会 第1号(1955/12/23、27期)

電電公社、国鉄に関する固定資産税の課税問題でありますが、固定資産税を課税されることにつきまして、電電公社当局の経営に対してどういう影響が来るか、これにつきまして電電当局から伺いたいと思います。次に、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 逓信委員会 第4号(1956/02/09、27期)

二、三の点についてお伺いしたいと思います。まず第一に、簡易保険の契約高の最高金額をお引き上げになる御意図があるかどうか伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 逓信委員会 第20号(1956/05/23、27期)

関連して。私は村上郵政大臣の行政運営における非常な公平さを疑わないものであります。けれども、ただいまの質疑応答を承わってみますと、どうもまだ納得がいかぬ点があります。と申しますのは、放送協会の経営委員…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 逓信委員会 第27号(1956/10/31、27期)

政府にちょっと質問いたします。今まで私はこの問題は触れませんでしたけれども、今度は触れてよろしい問題でありまして、触れなければならない問題だと思います。それは日ソ交渉がもし国会において承認されたと仮定…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第10号(1957/03/05、27期)

私は丹羽先生のお話は承わっておりませんでしたから、質問はいたしません。文部省の方がおいでになりますから、文部省の方にお尋ねしておきます。まず第一に、理科教育の振興法がせんだって国会を通過しました。文…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第11号(1957/03/06、27期)

私がお尋ねしようと思いましたことは、岡委員からほとんど全部聞かれまして、大体のことはわかりました。特に一番最後の結論として、放射線医学総合研究所と空間の汚染に対する調査研究機関との関係につきましての御…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第13号(1957/03/12、27期)

大臣はあと二十分しかおられぬそうでありますが、私のは少し長くなると思います。私は、資源の問題で一つ御質問したいのですが、その前に、原子力委員会の運営の仕方について、委員長からお答えを願いたい。原子力委…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第40号(1957/05/17、27期)

渡辺先生に一つ。先ほど研究のテーマ、講座と申しますか、これを八つおあげになりましたが、電子管と放電管と半導体と放射線計測、その次は何ですか。郵政省には、電波研究所というものがございます。これはおもに…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第42号(1957/09/17、27期)

ただいま石川原子力委員から御説明がありましたが、一キロワット当り四円五十銭というコストが出ておるというお話であります。大体使用済燃料の有効な使用、すなわち化学処理によってプルトニウムやあるいはウラニウ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第43号(1957/09/20、27期)

ただいまの岡委員の御質問の要旨に関連いたしまして、お尋ねいたします。原子力行政に対して、私ども最近非常に遺憾に思っておるのは、この前の委員会においても私が質問しましたように、原子力発電の問題が、全然少…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 逓信委員会 第8号(1957/03/01、27期)

千葉さんに簡単に一つ伺ってみたいと思います。時間をお急ぎのようでありますから、できるだけ私の意見をここにお話をして、それに対する御意見を伺いたいと思います。問題は二つありますけれども、まず第一は、金子…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 逓信委員会 第9号(1957/03/11、27期)

予算の大綱から見ますると、FM放送なるものは試験放送をおやりになるということでありますが、その試験放送をおやりになった後におけるNHKとしてのFM放送に対する構想、明年度以降にどうしたい――もちろん政…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 逓信委員会 第20号(1957/04/09、27期)

高柳さんに伺いたいと思います。UHFは相当なかけ足でどうせ日本でも実用化しなければならなくなると確信します。今どうのこうのと議論しておることが、来年くらいになると非常におかしかったくらいになると思いま…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 逓信委員会 第22号(1957/04/18、27期)

今竹内さんから質問されました加入区域の問題と市内通話として取り扱う区域の問題につきまして、簡単に伺ってみたいと思います。農村電話を考えるときには、どうしても都会の電話との比較を考えなくてはいけません…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 逓信委員会 第28号(1957/05/15、27期)

私は電電公社に一言、大西洋横断の電話ケーブルについての模様をちょっと伺いたいと思います。その技術的な内容と、もう一つは経営の形態、どういうお金を出し合って作ったのか、その辺を御調査がありましたら伺いた…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 逓信委員会 第31号(1957/07/17、27期)

私は新任大臣のお話を承わらないで御質問を申し上げるので、多少あなたの御要望に沿わないかと思いますが、御答弁願いたいと思います。この前の大臣のときに、政務次官が出席されておりましたが、そのときに私はこ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 逓信委員会 第34号(1957/10/11、27期)

私は半分質問で半分意見でありますが、まず第一にテレビの免許に対する前提として、この間いろいろ言い渡しをされたようでありますが、私どもがテレビの免許に対して最も憂えた現象があの中に出てきておる。しかも電…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1957/11/09、27期)

私は法制局にお尋ねしたいのです。あなたの御答弁は、法制局長官の御答弁と同じだと受け取ってよろしゅうございますか。参考人には長時間にわたり、しかも貴重な御意見をお述べいただき、まことにありがとうござい…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 逓信委員会 第2号(1957/11/04、27期)

関連して簡単に一つ御答弁願いたいと思いますが、郵便貯金の利息を引き上げて郵便貯金を吸収しようというお話でございました。これは前から問題になっておりますが、郵便貯金を吸い上げるというために、利息を上げる…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 逓信委員会 第3号(1957/11/06、27期)

貯金局にちょっと伺います。大臣でもよろしゅうございます。大体今おやりになっておるかどうか私確実には見ておりませんが、昨年貯金局の施設を見てみますと、利息の勘定やその他が非常に煩瑣で数が多いというので、…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第14号(1958/04/02、27期)

この原子力発電株式会社のよって立っております法律である電源開発促進法の中の拡張解釈として、原子力発電は火力発電の一部分であるという解釈をとって、この原子力発電株式会社に対して電源開発株式会社が出資をし…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第17号(1958/04/23、27期)

ちょっと一問だけ質問をお許し願いたい。これには、政令によって分量を定めるということになっておりますが、大体どのくらいのお見積りですか。これより討論に入る順序でありますが、討論の通告がありませんので、…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 逓信委員会 第9号(1958/03/04、27期)

工作工場に関する当局の御意思はわかりましたが、ただ私が一言お尋ねしたいのは工作工場の会計ですね。経理です。これはどういうふうになっているかをまず伺いたいと思います。そこで問題は工作工場の問題に返るの…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 逓信委員会 第10号(1958/03/05、27期)

昨日の午後靱副総裁からも答弁がありましたが、工作工場の問題であります。この問題につきましては昨日椎熊委員からの質問、私の質問等におきまして、靱副総裁の御発言の中に、多少ニュアンスの違った御答弁があった…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 逓信委員会 第21号(1958/04/02、27期)

だいぶおそくなりましたから私はまとめて明日お伺いしたいと思いましたけれども、ちょうどNHKの会長がおえになっておりまするので、一言具体的に御質問を申し上げてみたいと思うのです。それは大体この程度ならよ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 逓信委員会 第22号(1958/04/03、27期)

私は千葉先生の御意見を承わらなかったのでありまして、いろいろ御質問申し上げるのは失礼かと存じますけれども、昨日もこの点についていろいろ御意見を承わってみたのでありますが、一つ重要な問題だと思いますので…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1958/02/21、27期)

私は科学の進歩に対する政府の施策について、内政、外交あるいはまた科学技術の研究等に対しまして、若干の質問を試みようと考えております。岸総理の施政方針演説におきまして、先般次のよらなことを発言しておら…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22