井堀繁雄衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  2回発言   8004文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  1回発言   3374文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  2回発言   8041文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  2回発言  12048文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  7回発言  31467文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第24号(1955/06/07、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして昭和三十年度政府提出予算三案及び民主、自由両党妥協案に反対し、社会党両派の共同提案になる組みかえ動議に賛成するものであります。(拍手)四月の二十五日に政府原案が国会に提出されまして以来、きょうまで約一カ月半の周、われわれは慎重審議を続けて参ったのであります。政府原案………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第43号(1955/07/19、27期)

ただいま議題となっておりまするうち、失業保険法の一部を改正する法律案について、社会党を代表して反対の討論をいたしたいと思うのであります。(拍手)この理由は二つに要約することができると思うのであります。一つには、本案は鳩山内閣の政策の破綻を端的に露呈したものであると断言できると思うのであります。二つに………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第16号(1956/03/01、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました公職選挙法の一部を改正する法律案について、次の三つの理由を明らかにいたしまして、自由民主党の修正案に対する反対の意思表示をいたしたいと思うのでございます。その一つは、ただいま委員長の報告にありましたように、手続の上に重大なる無理があるのであ………会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第23号(1957/03/20、27期)

提案者の一人といたしまして、ただいま小林議員の御質疑の中で私がお答えすることが適当だと考える点が一、二ございますので、責任を分担する意味でお答えをいたしておきたいと思います。七項目にわたりましてお尋ねになりましたが、そのうちの四番目にあげられました、提案をいたしております社会党の内部において、この案………会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第36号(1957/04/27、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となっております昭和三十二年度予算補正特第2号及び機第1号の両案について、反対の討論を行わんとするものであります。(拍手)反対の理由は、大別いたしまして次の三点に要約することができると思うのであります。第一の理由は、今回の補正予算は、公労法の精神を尊重………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第25号(1958/04/04、27期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題になりました公職選挙法の一部を改正する法律案に関連いたしまして、岸総理並びに大蔵、法務、自治庁の各国務大臣に対して質問をいたしたいと存じます。まず第一に、政府が選挙法の改正をなさんとしたその意図について、ぜひただしておきたいと思うのであります。公職選挙法の改正………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第34号(1958/04/23、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題に供されておりまする最低賃金法案に対し、反対の意見を述べんとするものであります。そもそも、本法案に対する政府の提案理由の説明と法案の内容とに対する著しい相違点を、まず指摘しなければなりません。こういう法案の提案のいたし方は、国民を欺き、議会をめくらにせ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 42) 13回発言 123209文字発言
 第23回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 12)  2回発言  25331文字発言
 第24回国会 71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 34 委員 37) 34回発言 342946文字発言
 第25回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 12)  9回発言  64119文字発言
 第26回国会 52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 44) 24回発言 276713文字発言
 第27回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  5)  4回発言  71878文字発言
 第28回国会 50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 42) 18回発言 207275文字発言

  27期通算 259回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 65 委員194)104回発言 1111471文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
           116回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員116) 52回発言 562298文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            70回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 65 委員  5) 37回発言 353791文字発言

 予算委員会
            69回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 69) 11回発言 167490文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  13491文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3838文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言     93文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10470文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第22回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第23回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第24回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第25回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第26回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第27回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1955/06/13、27期)

特需労働の問題につきましては、第十六国会以来、本委員会で審議を継続しておりますことで、多くを論ずる必要はないと思うのでありますが、われわれの危惧いたしておりました事柄が、だんだんと大きな社会的な問題を…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1955/06/14、27期)

参考人にお尋ねいたします。会社側の社長さんでもあるいは大野さんでも、どちらでもけっこうでございます。今のお話で大体わかりましたが、これから私のお尋ねしようとすることは、ごく限られた問題についてお尋ねし…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1955/06/15、27期)

はなはだ勝手で恐縮でございますが、実はわが党といたしましては、この失業保険の改正についてはきわめて重大な関心を持って、あるいは法案に反対するかもしれぬという考え方をとっておるのであります。それは、今ま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1955/06/28、27期)

時間の都合もありましょうから、できるだけ他の委員のお尋ねしたことを重複しないようにお尋ねをいたしたいと思います。健康保険法の改正に当りまして、厚生大臣の見解は、すでに明らかなようでありますが、赤字克…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第40号(1955/07/13、27期)

労災保険について一、二お尋ねいたしたいと思います。ごく簡単な改正でありますので、大要についてはのみ込んだつもりでおりますが、ここで適用事業場を拡大なされようとする意図につきましては、一般の労働保険と同…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第45号(1955/07/19、27期)

私は社会党を代表いたしまして、政府原案に反対し、社会党両派修正案に賛成をいたすものであります。その理由は、政府の提案しておりますこの改正案は、二つの点において非常な間違いを犯しておると私は指摘をいた…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第49号(1955/07/25、27期)

私は、最近谷地で賃金未払いで多数の労働者諸君が非常に苦しんでおりまする現状を黙過するに忍びませんので、かかる事態を、法律の精神に基いて一日もすみやかに解決するよう、政府にその善処を要望いたす意味で、二…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第52号(1955/07/28、27期)

私は健康保険につきましては、前回大要お尋ねをいたしましたので、重複を避けたいと思うのですが、健康保険の改正に伴いまして、同時改正の必要に迫られたものも多分にあると思いまするが、船員保険の改正案について…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第53号(1955/07/29、27期)

ただいま議題に供されました労働者福利共済団体法案の、提案理由の説明を申し上げたいと存じます。この法案は、労働者福利共済団体法と申しまして、この骨子並びに要旨を説明申し上げることによって、理由のすべて…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第54号(1955/07/30、27期)

私は健康保険法の一部を改正する法律案並びに船員保険法の一部を改正する法律案、厚生年金保険法の一部を改正する法律案に対する政府原案に対しまして反対、さらに民主党提案の同修正案に対しましても、遺憾ながら賛…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1955/03/28、27期)

私は中小企業並びに労働関係について、関係閣僚の各位にお尋ねをいたそうと思うのであります。中小企業対策につきましては、選挙前におきまして、民主党の政策もかなり広汎にわたって発表されておりますが、中小企…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1955/05/17、27期)

私は昭和三十年度の予算審議に当りまして、世界市場の開拓、並びに輸出貿易振興のための対策、雇用の増大と労働資質の向上のための対策を中心といたしまして、関係各大臣にお尋ねをいたそうと思うのであります。ま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第31号(1955/07/15、27期)

ただいま提案されておりまする案件で、約二百十四億の多額の貸し出しの金題は、それぞれの事業を通して国民経済に及ぼす影響がきわめて重大でありまするので、政府の所信を伺い、その使途にあやまちのないように希望…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1955/12/12、27期)

大へん遅くなって恐縮でございますが、ごく重要だと思われる点を一、二お尋ねいたしたいと思います。私どもは第二十二国会以来健康保険法の一部改正をめぐって熱心に討議を続けておるわけであります。きっと二十四…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1955/12/08、27期)

二大政党が実現いたしまして、わが国の議会制度の将来にきわめて意義の深いこと、まことに同慶にたえぬと思うのであります。政党政治は、言うまでもなく、党の性格なり重要な政策を国民の前に明らかにして、これを忠…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号(1956/02/24、27期)

この改正案についても私ども幾多の疑問を持っておりますが、さらにこれを修正なさろうとする御説明が今伺えたわけであります。この改正の中で、私は、きわめて重要な点が二、三ございますので、この点を明らかにいた…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1956/02/27、27期)

前回お尋ねをいたして参りました後段の分について、一、二お尋ねをいたしたいと思います。公職選挙法の改正原案については、提案者側の御意向をただしまして、ある雁皮明らかになったわけであります。修正案は一、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第9号(1956/03/27、27期)

議事進行……。先日の理事会で申し合せをいたしましたきょうの会議の議題は、第八回の本委員会においてすでに提案されました社会党の政治資金規正法の一部改正に関する法律、さらに、政府提案、社会党提案の公職選挙…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第11号(1956/03/30、27期)

関連して。ただいまの総理の発言は二大政党対立の現状を重視された発言であると思いますが、また、太田長官は、この法案の説明の際にも、政局安定のための主張をかなりたびたび繰り返されておるわけであります。政局…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第12号(1956/04/03、27期)

議事進行、非常に重大な問題が出てきたと思うのであります。こういうのは、与党の間にも一事不再議の問題について大きな疑いを持っております発言が行われたのであります。これはきわめて重大であります。政府並びに…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第15号(1956/04/10、27期)

議事進行について発言をいたしたいと思います。それは、本日ただいま決定になりました参考人の御意見を聴取いたしますに当りまして、たまたま他の委員会等において公聴会が開催されておりまするやさきでありまして、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第18号(1956/04/13、27期)

わが党は、公職選挙法についてはきわめてこれを重視しております。申すまでもなく、選挙制度は、議会の性格を決定する大きな問題でありますのみならず、今わが国の国民がひとしく願望いたしております、平和的で文化…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第19号(1956/04/16、27期)

ただいま提出されました動議に対しまして、動議採決後におきまして、委員長一任事順につきましては、いずれ理事会等において十分御協議下さいまして、遺憾ないようにされんことを要望いたしまして、賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第20号(1956/04/17、27期)

さきにお尋ねをいたしました政治の公明化並びに民主化を指向するためには、その選挙それ自身が公明でなければならぬことは、前会以来すでに明らかになっておるところでありますが、その際一番私は選挙を冒涜するもの…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第21号(1956/04/18、27期)

今度の小選挙区制度の実施に当って、最も重大な関係を持つ改正点としては、先日お尋ねをいたしました法案の条文の中においては、政治団体、「政党その他の政治団体」という「その他の政治団体」、このその他の政治団…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第22号(1956/04/19、27期)

先日に引き続いて、質疑を続行したいと思います。私の担当いたしておりまする選挙費用の軽減と選挙の浄化に関係のある点についてお尋ねをいたして参っておるのでありますが、その基本的な条件を左右する確認団体の点…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第25号(1956/05/02、27期)

委員派遣のただいまのそれぞれの報告に対する意見を当然発表することを、それぞれの班で約束したところもありますし、そうでない班もあるかもしれませんか、たたいま報告されましたことは、約六、時間ないし七時間の…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第26号(1956/05/04、27期)

私は、七名で、編成されました第四班に参加いたしまして、い福岡に派遣されました。さきに青木班長から現地調査について報告がありましたが、重要な点について報告が漏れておりますので、簡単に補足説明を加えまて、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第27号(1956/05/05、27期)

私はさきに四班並びに中央の公聴会あるいは懇談会の席におきまして、ことに選挙管理委員の方々と懇談をしたしました節に、こもごも委員各位の主張されました選挙管理委員制度に対する強化拡充の要望が非常に熾烈に行…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第32号(1956/05/14、27期)

鳩山総理にお尋ねをいたしたいと思いますが、総理は、この委員会で、この法案の提案の精神についてこのようにお答えになりました。それは、この法律案は政局の安定と二大政党を育成して責任ある政党政治を確立すると…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第33号(1956/05/15、27期)

青木正君外提案にかかりまする公職選挙法の一部を改正する法律案に対する修正案の内容について、質疑をいたしたいと思います。まず、修正の内容の点について、政府と提案者側の関係についてただして参りたいと思う…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第36号(1956/08/23、27期)

太田国務大臣にお尋ねをいたしたいと思いますが、私のお尋ねいたしたいのは、去る二十日からこの委員会で調査研究を続けております問題の現地調査の結果に関連いたしまして、公職選挙法の実施面に対して責任ある長官…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第37号(1956/11/07、27期)

大蔵省にちょっとお尋ねをいたします。今の六条の轍時啓発の問題ですが、これは、地方交付金の中で一部まかなえるか、また委託費の形にするのがいいかという問題には、いろいろ議論があると思うのですが、そのどちら…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1956/02/06、27期)

ただいま労働大臣から労働行政一般についての所信の発表がございました。さらに鳩山内閣としましては、さきに施政方針が総理大臣、外務大臣、大蔵大臣、経審長官等によって明らかにされたのでありますが、その全体を…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1956/02/07、27期)

ただいまの御報告を伺いますと、ますます私どもの疑問が強まってくるのであります。そこで、今の御報告の中だけで非常に大きな疑問を感じますことは、構内デモという言葉をお使いになりましたが、これはきっと工場内…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1956/03/05、27期)

前回の健康保険改正案に対する審議の際にあらかじめ要求はいたしておきましたが、今日まだ配付されております資料の中には拝見することはできません。今回の健康保険法の改正の最も重要な理由の一つにあげられており…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1956/03/07、27期)

労働者災害補償保険及び失業保険における審査制度の問題はきわめて重要な役割を従来果してきたものと思うのであります。これをこの際改正しようとする政府の法案の提案理由の説明を伺っておりますると、たとえば失業…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1956/03/12、27期)

電電公社副総裁と国鉄の総裁のお二人にお尋ねをいたしたいと思います。先ほど来、赤松委員からお尋ねをいたしましたのに対する御答弁を伺いますと、今問題になっておりまするベース・アップの団体交渉から、さらに…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1956/03/20、27期)

大蔵大臣は何か先約があるそうでございますので次会おいでをいただいて御答弁を願いまするために御注文申し上げておきたいと思います。健康保険の改正の問題はすでに御案内と思いまするが、赤字解消のための指置とし…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第31号(1956/04/04、27期)

先ほど岡委員の質問に対して大蔵大臣は三十億の補助金を予算に組んだことが健康保険に対する何が前進的な措置のような御説明がありました。従来の健康保険に対する財政的な冷淡な態度から比べれば、あるいは一つの進…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第33号(1956/04/07、27期)

ただいま議題になりました健康保険法等の一部を改正する法律案、右に対する藤本君外十名提出の修正案、厚生年金保険法の一部を改正する法律案、船員保険法の一部を改正せる法律案、右に対する藤本君外十名提出の修正…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第48号(1956/05/22、27期)

せっかくの機会でございますので。私は先にお尋ねをいたしておりました岡、滝井、八田の三君のように科学的な知識を有しない全くずぶのしろうとですが、そういう意味で国民大衆の知りたいと思う気持を代弁する意味で…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第52号(1956/06/02、27期)

きょうは公報で午前十時に委員会の招集の成規の手続をとっておるわけであります。ところが午前十時になっても委員長はおろか与党の理事の諸君も顔を見せぬという状態なんです。ことにきょうは、あらかじめ理事会で話…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第53号(1956/06/03、27期)

本日は日曜日でお勤めの皆さんには特別の御出勤をいただいてまことに恐縮であります。これも国会運営が多数の横車のためかようなところまで御迷惑を相かけるようになりましたことに遺憾に思う次第であります。きょ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第55号(1956/11/10、27期)

さきに厚生大臣の発言も加えられてさらに大きく取り上げられました健康保険の改正の中で、われわれも前回の国会以来強く要望しますし、政府にも強く警告を発しております被保険者の範囲の拡大であります。すなわち零…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 大蔵委員会 第23号(1956/03/27、27期)

ただいま議題になっておりまする案件のうち、特に船員保険特別会計法と厚生年金保険特別会計法の法案に関連の深い事項についてお尋ねをいたしたいと思います。ただいま健康保険、厚生年金保険、船員保険等々、日本…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 文教委員会 第51号(1956/10/19、27期)

今度の国鉄の事故は二つの意味において国民が非常に憂いを持っておるものと思います。その一つは先ほど来同僚によって質問がされましたように、原因が不可抗力と認めがたいという点に、国民の疑いが集中されておるよ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1956/02/11、27期)

本日は労働、通産の両責任者が御都合が悪いそうで、私のお尋ねいたそうとする関係事項が大へん不都合になりましたが、また月曜日に残りをお尋ねいたすことにいたしまして、大蔵、厚生、建設、高碕国務それぞれの責任…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1956/02/13、27期)

さきにお尋ねいたしました事項の中で留保されております通産、労働関係について、簡単にお尋ねをいたそうと思います。これは今重大な段階に当面しております雇用の問題であります。ことに嶋山政府は完全雇用を呼号し…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1956/11/30、27期)

経過の報告の中に明らかにあるように、訴訟の問題は提訴された方の側が取り下げて、一応問題は解消したようでありますが、事柄はきわめて重要だと思います。公報の誤載というようなことは、経過の中で報告がありまし…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1956/12/03、27期)

蝋山先生は政党法の必要を否定されての御意見のようであります。ただ、その中で、政党に対する法的規制は必要であることを主張されておりますが、たとえば政治資金規正法あるいは選挙法の中でどのように講ずるかとい…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号(1956/12/18、27期)

ただいま高橋政務次官のお話によりますと、日本の国連加盟を期して恩赦を実施されるということが明らかになったようでありますが、このことについては、すでに、各新聞社の報道は、いずれもその恩赦の内容などについ…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1956/11/21、27期)

総理大臣は憲法改正についてきわめて明確な態度を明らかにされているようでありますが、国民が憲法改正について非常な懸念を持っておりますことも申すまでもございません。この機会に本法案と国民の憲法改正に対する…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1956/11/24、27期)

後藤参考人にお尋ねをいたしたいと思いますが、今後藤さんのお述べになりました中で、現在社会におけるストライキ、つまり労働争議は阻止することのできないものであるということをお認めの上で御発言があったように…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1956/11/26、27期)

労働大臣に一、二お尋ねをいたしたいと思います。まずこの俗に言われるスト規制法の存続決議を審議するに当りまして、この法案の成立した当時の社会情勢と今日の社会情勢と非常に大きな変化が起っておると思うので…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1956/11/28、27期)

二、三参考人の方にお尋ねいたしたいと思います。私どもは新聞社のストライキについては重大な関心を持っておるわけであります。申すまでもなく新聞は、新しい日本を作る上に重要な役割を持ちますことは何人も認める…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1956/12/05、27期)

ただいま議題となりました国又は地方公共団体が失業対策事業のため雇用した職員に対する期末手当に関する法律案すなわち、いわゆる日雇労働者に対する期末手当に関する法律案につきまして、その提案理由を御説明申し…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1956/12/13、27期)

緊急失対事業法によりますところの日雇い労働者の予算単価については、すでにもう改定をしなければならぬ時期に当面しておると、われわれは諸般の事情からそう察せられるのでありますが、おそらく労働省は次の年度の…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1957/03/14、27期)

何か大臣は参議院の方で予定があるそうでございますから、ごく簡単に伺って、また後日御出席願ってその節詳しく伺いたいと思います。お尋ねする順序からいたしますと、先に事務当局に数字的な御説明を伺って、それか…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1957/03/20、27期)

前回、自治庁長官にお尋ねをいたしておりましたことについて、なお続行いたしたいと思うのでありますが、他の都合で大臣御出席がおくれるようでございますので、その間大蔵省の主計官がおいでのようでございますから…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1957/04/05、27期)

選挙法の第一条の規定の中で、国会議員の選挙と、地方自治体の議会並びに長の選挙を同時にこの選挙法は取り扱っておるわけです。これはもともと選挙法のあり方に対する基本的な問題の一つにあげることができると思う…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第7号(1957/04/08、27期)

去る五日の本委員会で、地方自治体の選挙を公明かつ厳正なものにいたしますための質問をいたし玄した際に、地方の選挙管理委員会の委員長もしくは委員に、都道府県知事及び市町村長の組織下に置かれておる、たとえば…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第8号(1957/05/06、27期)

さきに、選挙管理委員中央会議が、三十一年十月一日に、あたかも選挙管理委員制度実施十周年を記念して開かれ、そこにおいて選挙に関係する重要な事項の討議をいたし、さらに、その中央会議には、第一分科会、第二分…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第9号(1957/05/13、27期)

参考人の皆さんには大へ有益な御意見の御開陳をいただきまして、まことに感謝にたえません。ここに、公明選挙をいかに貫くかというととが重要な課題であるにもかかわらず、容易に理想に近づくことのできない現状をま…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第10号(1957/05/17、27期)

大臣の御都合がありますそうですから、ごく要領だけをお尋ねして、はっきりいたしたいと思うのであります。問題は、かつての予算委員会分科会大における私の質疑応答に関係のあるところでございまして、その後、こ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1957/02/21、27期)

石橋内閣にとりましては、労働政策はきわめて重要な地位を占めるようにわれわれは受け取っておるわけであります。たとえば石橋内閣成立と同時に、総理大臣は国民に五つの誓いを立てられておりますが、その五つの誓い…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1957/02/28、27期)

失業保険法の一部改正案について労働省の総括的な考え方を伺って、逐次お尋ねいたしたいと思っておりましたが、大臣の御都合で、あとに回したいと思います。従って具体的な問題を先にお尋ねをして、あとで総括的なお…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1957/03/08、27期)

厚生年金保険法の改正要点は、説明によりますとごく簡単なものだということでありますが、この機会に、厚生年金保険と健康保険との本質的な違いについてただしておきたいと思っております。これはあとで厚生大臣の考…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1957/03/09、27期)

関連して……。法制局長官にちょっとお尋ねをいたしたいのでありますが、この社会保障制度審議会設置法の全体の精神の中で、第二条二項の問題をわれわれは判断いたしまして、社会保障制度審議会については少くとも社…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1957/03/11、27期)

時間の都合で、四点同時に質問いたしたいと思います。一つは、先ほど吉川君からお尋ねになりました国民皆保険についてでありますが、国民皆保険の問題はいつ、どういう方法で実行されるということがまだあいまいで…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1957/03/15、27期)

きょうの新聞記事で、政府の立場を石田官房長官から次のように述べております。「政府としては調停は拒否することにしたが、仲裁裁定は誠意をもって尊重するつもりだ。調停を拒否するのは、調停案を提示するにいたっ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第28号(1957/03/22、27期)

お急ぎのようでありますから、なるべく端折って要点だけお尋ねいたしたい。前会局長に一、二お尋ねをいたしまして、なお責任ある立場でお答えを願いたいと思っておりますので、その点にしぼってお尋ねをいたしたい…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1957/04/04、27期)

基準法にも行政的な手続を期待してあることは御存じの通りでありますが、実績の上から見まして、これは当分の間私どもは可能性を認めがたいという事実が一つあるわけです。もう一つの事実は、先ほど来お話がありまし…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第36号(1957/04/10、27期)

私からお答えいたしたいと思います。現在の初給賃金の実態把握は、統計の上から申しますと、正確なものとは申せませんが、たとえば年令格差による調査もできておりますし、それから学歴によるものもありますし、熟練…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第46号(1957/04/26、27期)

ただいま議題に供されております事業団法について二、三お尋ねをいたしたいと思います。この法案の内容についてまずお尋ねいたしたいと思いますが、説明の際第一にあげられました、この団の基礎構成をなす資本内容が…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第52号(1957/05/16、27期)

労働基準法の施行の実情と、労働者保護行政について、労働省当局の所見をただしたいと思います。言うまでもなく、労働基準法が労働条件の具体的最低基準を定めたものであることは明らかでありますが、この法律は言う…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第55号(1957/07/10、27期)

参考人の皆さんから大へん貴重な適切な御意見を伺って勉強ができたのでありますが、御案内のように社外工、臨時工の問題はだんだん今後も反対される傾向が顕著で、現状ですらかなり大きな社会問題になると思う。こう…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第56号(1957/07/29、27期)

暑い折柄ですからごく短かくお尋ねをいたしたいと思っております。ただ時期的にぜひきょう伺っておきたいと思いますことは、御案内のように岸内閣は三悪追放というごく簡単なスローガンを掲げて、それを基礎に新しい…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第57号(1957/07/30、27期)

大へん時間もおそくなっておりますので、ごく簡単に私どもの立場からこの機会に厚生大臣の所見を明確にいたしておきたいと思います。先ほど厚生大臣は就任のあいさつで述べられておるのでありますが、岸総理大臣は…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第28号(1957/04/09、27期)

ただいま議題に供されておりまする雇用審議会設置法案についてでありますが、この法案は、従来総理府にすでに設置されておりまする失業対策審議会を改組するという説明でございますが、私どもとしては、従来の失業対…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1957/03/02、27期)

雇用の問題を中心にしてお尋ねをいたしたいと思います。政府は昭和三十二年度の予算編成並びに財政政策の基本的な要素として、雇用の問題を取り上げられたことは、きわめて適切なものだと思うのであります。ことにこ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1957/03/18、27期)

岸総理にお尋ねいたしたいと思います。さきに石橋内閣成立の当時に、一月八日だと記憶いたしますが、五つの誓いを国民にお立てになっております。その一つは国会の運営の正常化、第二は政界官界の綱紀粛正、三には…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1957/11/08、27期)

お急ぎのようでありますから、ごく要点だけ伺って、十一日の日に準備をしてお答えいただきたいと思います。御案内のように、公職選挙法の改正の問題は、もちろん政府だけの責めに帰すべきものではなくて、むしろ国…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1957/11/11、27期)

それでは、自治庁長官が見えましたから、自治庁長官にお尋ねしたいと思います。前回、この委員会で、あらかじめきょうお尋ねいたしますことについて御用意いただくように希望申し上げておきましたが、その一つは、…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号(1957/12/18、27期)

はなはだ僭越ですが、派遣委員にかわりまして御報告をいたしたいと思います。過日本委員会の派遣委員として調査いたしました山梨県、静岡県及び栃木県における公職選挙法改正に関する件、おもに最近の選挙の実情、…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1957/11/06、27期)

岸内閣の労働政策について、特に緊急を要すべき問題を中心にいたしまして、所見をお尋ねいたしたいと思います。大体九項目ばかり明らかにいたしまして、順次お尋ねをいたしたいと思うのでありますが、一つは国際労…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 議院運営委員会 第16号(1958/03/19、27期)

先ほどの御答弁の中で、条約批准に関する手続を政府はいたしておらないのは、国内法に何か抵触するものがあるかのごとき御答弁でございましたが、そういうものは具体的に言うとどういうものでしょうか。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1958/04/03、27期)

私は文書でお願いをしたいと思います。なお、両案に対する質疑は明日より行いますので、さよう御了承願います。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1958/04/08、27期)

今回の公職選挙法の一部改正の第一のねらいであります地方の都道府県会議員の選挙区の変更をいたすに当りまして、問題は郡市の区域を変更しようとするのでありますが、ここで自治の基本精神と選挙法との関係について…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号(1958/04/09、27期)

時間も大へん詰まっておるようでございますから、ごく簡単にお尋ねいたしたいと思います。本会議で私から質問を申しました節に御答弁をいただきました中で、ぜひ明らかにいたしたいと思うことがありますので、まずこ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1958/04/10、27期)

咋日岸総理に御答弁をお願いしようと思いましたが、時間の都合上許されませんので、引き続いて自治庁長官から御答弁をいただきたいと思います。今回の改正に伴いまして、選挙法全体として改善を要すべき問題と私が…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第7号(1958/04/11、27期)

前会概略についてお尋ねをいたしましたが、どうも納得できるところまでなかなか参りませんで、非常に残念に思っています。本日は、多少趣きを変えまして、選挙運動の実際面と本法の改正に関連しての点をお尋ねいたし…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第8号(1958/04/14、27期)

参考人のお二人の方には、お忙しいところ大へん御迷惑でございましたでしょうが、実は、この委員会で公職選挙法の一部を改正する法律案の審議の過程におきまして、修正の重要なねらいは、選挙運動の期間を従来二十五…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1958/02/28、27期)

関連して。これは何も労働省首と国鉄当局との間に話し合いをしなければわからない問題というよりは、もっと重要なことが一つあるのです。これは公労法の精神自身を、労働省がどういうように把握しているかということ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1958/03/04、27期)

今御答弁のありましたことは、これは格別われわれも問題にしておらぬのであります。この前お尋ねいたしましたことが基準法の二十四条、三十六条等の関係を具体的に取り上げたから例をあげたわけであります。今のあな…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1958/03/12、27期)

日本労働協会法案の提案の趣旨説明と本案の逐条のそれぞれの質疑応答を比較いたしまして、どうしても納得、理解のできない事柄がございますので、明らかにいたしたいと思うのでございます。この法案を立案したのが…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1958/03/18、27期)

職業訓練法案第三条についてお尋ねをいたしたいと思います。第三条は、学校教育法並びに青年学級振興法の関係において、学校教育と、特に勤労青年の職業教育との関係において、この法律では緊密な関連のもとに行う…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1958/03/20、27期)

さきに前臨時国会で、日本が国際的地位にきわめて重要な関係を持ちまする国際労働機関に対する政府の態度をお尋ねいたしまして、岸総理から、日本国のこれに対する態度はきわめて明確に御答弁がございまして、その節…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第29号(1958/03/28、27期)

職業訓練法案に対しまして、重要な点を一、二確認をいたす意味で、お尋ねをいたしたいと思います。原案の第十三条の事業内の職業訓練の基準設定などについて、労働組合の意見が反映される点に不明確な点がありますの…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1958/03/31、27期)

ただいま議題になっておりまする職業訓練法案に対する自由民主党及び日本社会党の共同提案となっておりまする修正案について趣旨を説明いたしたいと存じます。 本案の修正案文につきましては、お手元に配付いたして…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第40号(1958/04/22、27期)

ごく簡単に二点ばかりに尋ねをいたしておきたいと思います。前会の公聴会の節に公述いただき、またお尋ねにお答えをいただきましたことと、ぜひ政府との間に明確にいたしておきたい点がございますので、この点に限…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第41号(1958/04/23、27期)

時間の都合もございますからお約束に従いまして、重要な点だけを二、三総理に明らかにしていただきたいと思います。この最低賃金法の内容につきましては、労働大臣その他政府委員からぜひただしておきたい重要な点が…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1958/02/19、27期)

私は、日本社会党を代表して、政府提出の昭和三十二年度一般会計予算補正(第2号)並びに昭和三十二年度特別会計予算補正(特第4号)に対し反対をし、政府に対し直ちに本案を撤回されて再編成の上再提出されること…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1958/02/22、27期)

政府の政策の立案の根拠になり、予算編成の基礎をなします政府の三十三年度の経済の計画なり見通しについていろいろな疑問があり、ごとにその疑問は枝葉末節に位するものが数多いのでありますが、基本的な点について…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 27期(1955/02/27〜)  2本提出

質問主意書一覧

公職選挙に関する質問主意書
第26回国会 衆議院 質問主意書 第6号(1957/05/17提出、27期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

身体障害者年金制度実施に関する質問主意書
第28回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1958/01/21提出、27期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22