飛鳥田一雄衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  1回発言   5453文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  1回発言  15174文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  1回発言   8410文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  3回発言  29037文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第37号(1955/07/05、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま提案せられました憲法調査会法案、すなわち覆面の憲法改悪について提案者並びに内閣に対し、いざさか質問を試みんとするものであります。(拍手)去る二月に行われました総選挙は、まさに平和憲法を守るかいなかの審判でありました。(拍手)この選挙において、憲法改正への誘………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第53号(1956/05/23、27期)

私は、ただいま上程されました船田国務大臣不信任決議案について、日本社会党を代表いたしまして、その提案趣旨説明を試みんといたすものでございます。(拍手)まず第一に、理由を読み上げます。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第7号(1958/02/01、27期)

私は、ただいまより、日本社会党を代表いたしまして、外交、防衛の諸問題について政府の所信をたださんとするものであります。(拍手)まず第一にお伺いいたしたいことは、岸内閣の基本的外交方針についてであります。岸、藤山両大臣は、外交方針をお述べになりました中で、国連中心、自由主義諸国との協調と、アジアの一員………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37) 11回発言  49051文字発言
 第23回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言    295文字発言
 第24回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40) 16回発言  80693文字発言
 第25回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29) 13回発言  76122文字発言
 第27回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  4回発言  38632文字発言

  27期通算 133回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員133) 45回発言 244793文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
           132回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員132) 45回発言 244793文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第20号(1955/06/09、27期)

ちょっと江崎さんの御質問に関連して……。夫婦別れ別れあるいは親子別れ別れになっておりまして、向うから親をたずねてくるというような少年が非常に多いという話を伺うのですが、大体どのくらいの年令が多くて、大…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1955/06/17、27期)

昨日以来憲法上の問題、自衛の問題、そうした比較的理論的な問題が取り扱われましたので、きょう私は、方面を変えて国防会議の機能という点から二、三お伺いしてみたいと思います。少くともある一つの組織を作る以…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第25号(1955/06/23、27期)

今大臣の説明の中に、日本はアジアのトレーニング・センターにするというような御説明がちょっとあったように聞えたのですが、もう少しそれを詳しく説明していただけませんか。次会は公報をもってお知らせすること…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第26号(1955/06/24、27期)

一つお伺いしたいのですが、横浜の保土ヶ谷にあります高射砲陣地が最近全部アメリカ軍が移動してしまいまして、そのあと自衛隊に貸すとかいううわさを聞いておるのですが、このことについて何か詳細なお話しが伺えれ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第28号(1955/06/27、27期)

外務大臣にお伺いをしたいと思います。先般総理大臣にお伺いをしましたときに、安全保障条約、行政協定、こういう諸条約、協定があるにもかかわらず、原子爆弾を日本へ持ってくるときには、アメリカと日本の双方の同…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第32号(1955/07/01、27期)

ちょっと関連して。今の中村先生の質問に合せてお答えいただきたいと思うのですが、十二条の手続が欠除している、こういうことは十三条の「土地の占有者は、正当な理由がない限り、第十一条第三項の規定による立入を…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第37号(1955/07/09、27期)

茜ケ久保君の質問に関連してちょっと伺いたいのですが、自衛隊には現在秘密と称すべきものがありますかありませんか、ごく簡単にお教えいただきたい。午後零時四十九分休憩会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第41号(1955/07/15、27期)

ちょっと関連して。今国際情勢の話が出ましたので、一つこの際アジアにおける各国の軍備の模様、さらにその兵力の配置の実情、こういうような点について防衛庁で知っているだけのことを一つお話をいただきたい。なぜ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第44号(1955/07/20、27期)

日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程になっております諸法案について討論をいたします。自衛隊そのものの本質、自衛隊に対してわが党がどいう態度をとっておるかということについては、おそらく本分議にお…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第47号(1955/07/26、27期)

終ったところでいいです。それから国防会議との関係は、先ほどから小金議員の質問に答えたように、これはなるほどこの会議にみな出席しておるに越したことはございますまいが、現段階においてはまだ実はそこまでい…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第49号(1955/07/28、27期)

議事進行について。今の提案者の説明を聞きますと、現行憲法は少くとも自立性がない、日本の国民の自主的な意思決定によってでき上ったものでない、こういう御答弁であります、昨日の提案の趣旨の説明を拝見いたしま…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1955/12/01、27期)

ごく簡単に例の五飛行場の問題について、政府はアメリカに対していついつまでに提供するという約束をした、こういう提供の期限を限ってあるかどうか、この点についていろいろうわさが飛んでおりますので、明確にして…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1956/02/09、27期)

今新聞記事について私は責任を持つことはできないとあなたは述べられておりますが、しかし現実に新聞に出て、それが大ぜいの人に影響を与えておるということは定定できないと思います。新聞を見ますと、あなたが特に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1956/02/16、27期)

最近東京湾の入口で、海上自衛隊が米軍と協力をいたしまして、東京湾に入って参ります商船に対して、いろいろな検問行為を行なっている、こういう不実があるのでありますが、この点について大臣から御説明をいただき…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1956/02/23、27期)

時間がありませんので、二、三お伺いをいたしますが、問題をそらさずに簡明直蔵にお答えをいただきたい、こう思います。まず第一にお伺いいたしたいことは、現行憲法について、今までの質疑その他の討論を伺ってお…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1956/02/24、27期)

一昨日防衛庁の方にお願いしておきました資料をいただきまして、今この資料の数字を当っておりますので、とりあえず資料の数字にわたらない範囲で質問をさせていただきます。まず第一に伺いたいのは、砂田長官時代…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1956/02/28、27期)

まず防衛分担金に関して少しお伺いしたいと思います。先般予算委員会で勝間田君の質問に対しまして、重光外相は、防衛分担金については日米折半だという御説明がありましたが、この御説明にその後変更がありますかど…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第22号(1956/03/13、27期)

ちょっと関連して……。今の稲村さんの問題に関連して私もちょっとお伺いしたいのですが、憲法九十六条それ自体からは、いずれに提案権がありやを判定することは不可能だ、こうあなたは今おっしゃるのですが、私はそ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第23号(1956/03/14、27期)

関連。今の石橋君の質問に関連して私もそういう例をたくさん知っている。横浜のPX、大船にもあります、あるいは座間その他にある。直接雇用の労働者が何の理由もないのに、その態度が気に食わないというようなこと…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1956/03/15、27期)

それでは憲法調査会法案について質問を申し上げます。前回、たしか二十二特別国会だと記憶をいたしておりますが、私の本会議における質問に対して清瀬大臣は、この現行憲法はマッカーサー憲法であるとお述べになり…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第25号(1956/03/20、27期)

まず最初に、前回山崎委員にお伺いをいたしましたことについて伺わせていただきたいと思うのです。前回私、現憲法の制定の際にできました秘密議事録というものがありまして、これについての公開をせられる御意思があ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第28号(1956/03/28、27期)

関連。アメリカの関係から独立して、そうして憲法を自主的に作る、こういうことを前会、鳩山総理大臣も私に答弁をせられておりました。しかし今、石橋委員から御質問がありましたように、現在の段階をつぶさに考えて…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第38号(1956/04/24、27期)

時間がありませんので、ジェット機の第二次国産化の問題についてだけ伺わせていただきます。ジェット機の第二次国産化の問題で、新聞に発表になりました細目取りきめを拝見いたしますと、「一、(イ)F86Fにつ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第39号(1956/04/25、27期)

国防会議の目的について、今まで国防大綱の策定、あるいは軍需生産の計画、防衛出動の可否、こういうことを自主的に決定するのだ、こういう御説明がありまして、そのまま僕らはすなおに受け取っておったつもりであり…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第40号(1956/04/26、27期)

まず防衛分担金の問題について大蔵大臣に伺いたいと思います。あらためて申し上げるまでもなく、防衛分担金は行政協定に基きまして米駐留軍の駐留経費のうち、基本的な経費、派生的な経費、この二つの後者について日…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第41号(1956/04/27、27期)

委員長にあらかじめお断りしておき表す。私の方は要領よくいたすつもりでございますから、お答えをいただく側でてきぱきお答えをいただければ、もっと早く終ることをお約束いたします。前会お伺いいたしました防衛…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第60号(1956/10/26、27期)

さっきから時間がたっているのでもう辻さんも冷静になったと思いますので、前言を取り消していただくように委員長に取り計らいをしていただきたいと思います。先ほどの丸山次長の答弁によっても、茜ケ久保君がメモを…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第62号(1956/11/05、27期)

関連して。今の西村君の質問に対してまっ正面からお答えになっていない。そこで西村君の引き継ぎとして伺いたいと思うのですが、今後起るであろう原子戦争、これは堂々と事前通告をして、今までのような開戦の宣言を…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1957/02/15、27期)

関連して。今の共同演習の問題ですが、増原さんのお話によると、T33が仮装敵機になって入ってくる。これをとらえて要撃する演習だった、こういうお話しですが、日本の現在のごとき航空基地あるいは敵機をとらえる…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1957/02/19、27期)

今の受田君の話の続きの原村の事件ですが、もし解剖をして死因が他にあるかもしれないような実情がありますときには、かりに遺族の反対があったとしても、遺族に十分納得していただいた上で、この点について十分究明…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1957/02/22、27期)

それでは受田君がもう伺いましたから、時間もありませんので簡単に伺います。今度の欧米局を廃止して、アメリカ局及び欧亜局に分けられました場合に、私たちしろうとが考えますと、中近東及びアフリカ、これはむしろ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1957/02/28、27期)

淡谷君の質問に関連いたしまして、この死の行進の問題について伺いたいと思いますが、今まで死の行進の問題についての当局側の弁明と申しますか、御説明を伺っておりますと、非常にフェアなお答えをなすっているよう…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1957/03/07、27期)

関連して。今C46の部品について盛んにお話がありましたが、昭和三十年度の決算の検査報告を見ますと、これには、この年度においてC46輸送機の部品を、一千百四十万円よけいなものを買ってしまったということが…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第19号(1957/03/19、27期)

定員法の問題についてお尋ねをいたしますが、そのうち特に郵政省の分について本日は伺いたいと思います。配付いただきました資料によりますと、特定郵便局増置に伴う増五十、郵便取扱い業務の増加に伴う増六百九十六…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第20号(1957/03/22、27期)

いろいろなことを伺いたいと思いますが、忘れるといけませんので、こまかいことを一番最初に一つ伺っておきます。と申しますのは、先般防衛庁長官が週刊読売の対談で近藤日出造さんとお話し合いをなさいましたときに…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第21号(1957/03/23、27期)

先般私たちの仲間の下川君が総理に、渡米をせられた場合にどのようなことをお考えになって行かれるのかという御質問を申し上げたわけでありますが、その際のいろいろな答弁の中で、私たちがまだ釈然といたしません点…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第22号(1957/03/25、27期)

関連して。石橋さんが今防衛六カ年計画について、あるいは国防の長期計画についてずっとただしておられたわけですが、私もひまに飽かせて今までの速記録をずっと素通りして見たわけです。そういたしますと、防衛六カ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1957/03/28、27期)

定員法の問題について郵政省の方にお聞きいたしますが、郵政省の三十二年度における定員は千九百六十一名の増員になっておりますが、これは毎年物量の増加等が非常に著しいことを反映したものだと考えますけれども、…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第25号(1957/03/29、27期)

自由民主党、社会党両党の意見を代表いたしまして、ただいま可決になりました行政機関職員定員法の一部を改正する法律案に対する附帯決議を提議したいと存じます。まず案を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第44号(1957/09/02、27期)

時間がないそうでありますので、大きな問題で伺いたいことはたくさんありますけれども、石橋さんが伺いました問題の続きを一つ聞かしていただきます。それは安全保障に関する日米委員会、こういうものが訪米の結果…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第45号(1957/09/03、27期)

きょうは防衛庁長官にごく概括的なことを伺っておきたいと思います。時間もありませんし、今後いろいろなこまかい問題を伺いますのについて、概括的な御所見を伺っておくということで進めたいと思います。一番最初…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 内閣委員会 第21号(1958/03/27、27期)

まず防衛庁の長官にお伺いをしたいと思いますのは、およそ自衛隊を統率していかれる第一の要諦として、少くとも一兵に至るまでに愛情を傾けること、こういうことがおありだと思いますが、この点はどうでしょうか。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 内閣委員会 第22号(1958/03/28、27期)

昨日旭川の事件について御調査の上御報告をいただけるということでありましたが、一つその御報告をいただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 内閣委員会 第23号(1958/03/31、27期)

先日石橋君の質問を行なったわけでありますが、この中で総理は、日本に駐留する米軍、この米軍は安全保障条約によって極東の国際的平和の維持、安全、こういうことのために活動する権利を持っておるし、さらに日本区…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 内閣委員会 第28号(1958/04/08、27期)

防衛庁設置法の一部を改正する法律案について二、三疑問とするところを伺って今後の運営についての見通しをつけたいと考えておりますのでお伺いをしたいと思います。まず第一に伺いたいと思いますことは、調達庁が…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22