野田卯一衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  1回発言  10048文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  1回発言   2303文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  2回発言  12351文字発言

本会議発言一覧

第26回国会 衆議院 本会議 第6号(1957/02/06、27期)

私は、自由民主党を代表いたしまして財政経済等の諸問題につき政府の所信をたださんとするものであります。第一の問題は、税制改革の問題であります。政府が三十二年度において平年度千二百五十億円に上る所得税の大幅減税を断行されることは、わが国税制史上空前の英断ともいうべきものでありまして、国民とともに敬意を表………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第2号(1957/12/23、27期)

ただいま提出せられました九州地方開発に関する決議案について、自由民主党並びに日本社会党を代表いたしまして、その提案の趣旨弁明をいたします。まず、決議案を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  3回発言  29762文字発言
 第23回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第24回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第25回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  0回発言      0文字発言
 第27回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  0回発言      0文字発言

  27期通算  75回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 75)  3回発言  29762文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            74回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 74)  3回発言  29762文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1955/03/28、27期)

関連質問。もう一つお願いしたいことは防衛分担金の交渉の問題であります。これにつきましては、ほかの委員からもお尋ねをいたしまして、一応の御回答はございました。われわれの仄聞するところによりますと、この…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1955/05/14、27期)

それではまだ要求大臣がそろっておりませんけれども、お急ぎの大臣にまず質問を始めたいと思います。最初に経審長官からお答えを願いたいのでありますが、余剰農産物の借款の問題が、非常に日本とアメリカとの間で…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1955/06/07、27期)

私は、昭和三十年度一般会計予算案、特別会計予算案、政府関係機関予算案の修正案につき、提出者を代表いたしましてその理由及び内容につき説明申し上げます。政府提出の昭和三十年度予算案は、これを慎重に審議し…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22