池田清志衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  1回発言   1697文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  1回発言    420文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  2回発言   1641文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  4回発言   3758文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第46号(1955/07/25、27期)

私は、日本民主党を代表いたしまして、ただいま議題となりました地方財政再建促進特別措置法案につき、民自両党の共同修正並びに修正部分を除く政府原案に賛成し、社会党の提案に反対の討論をいたさんとするものであります。地方自治の本旨は、日本国憲法の規定し擁護するところであり、地方公共団体の健全なる発達は、地方………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第25号(1956/03/22、27期)

ただいま議題となりました訴訟費用等臨時措置法の一部を改正する法律案につきまして、提案の要旨及び委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のように、民事訴訟、刑事訴訟等における証人、鑑定人等の日当及び宿泊料の額は、その性質上、国家公務員が出張した場合の旅費の額を基準として定められて………会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第30号(1957/04/06、27期)

ただいま議題となりました下級裁判所の設立及び管轄区域に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。この法律案の要点は次の三点であります。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第33号(1957/04/16、27期)

ただいま議題となりました判事補の職権の特例等に関する法律の一部を改正する法律案及び裁判所法の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、判事補の職権の特例等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 47 委員  5)  5回発言   2917文字発言
 第23回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  1)  2回発言   1271文字発言
 第24回国会 55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 40 委員 15) 12回発言  21625文字発言
 第25回国会  6回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事  4 委員  1)  1回発言    779文字発言
 第26回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  4)  9回発言  39366文字発言
 第27回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  0回発言      0文字発言

  27期通算 182回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事129 委員 52) 29回発言  65958文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            80回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 78 委員  1) 23回発言  58543文字発言

 地方行政委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 50 委員  3)  5回発言   2917文字発言

 建設委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  1回発言   4498文字発言

 大蔵委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 日ソ共同宣言等特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 国土総合開発特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 地方行政委員会理事(第22回国会)
 法務委員会理事(第23回国会)
 地方行政委員会理事(第23回国会)
 法務委員会理事(第24回国会)
 決算委員会理事(第24回国会)
 法務委員会理事(第25回国会)
 法務委員会理事(第26回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第28号(1955/06/25、27期)

だんだんはっきりして参ったと思いますが、もしこの三号の規定の最後の方の「射幸心をそそる虞のある遊技をさせる営業」、これがなければ、玉突場を除いてしまえば府県の条例の対象にならないということだと思います…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第45号(1955/07/20、27期)

連日連夜にわたりまして委員長初め委員各位には大へん御勉強をいただきまして全く感謝にたえません。これはひとえに皆様方の御協力によりまして、この法案をよりよいものにして早く上げたいという熱意の現われだと思…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第46号(1955/07/21、27期)

揮発油税、地方道路税は他の委員会において慎重審議中でありまして、近く結論が出るわけだと思います。われわれの委員会におきましてはその結論によって左右される部分が非常に多いのでありますが、これについて現在…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第48号(1955/07/25、27期)

ただいま上程せられました民自両党の地方税法に関する修正案につきまして、簡単に御説明を申し上げます。御承知のように地方道路税法案におきまして、揮発油に関しまする税率を引き上げるという提案があり、これと…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第51号(1955/07/28、27期)

ただいま議題となりました奄美群島復興特別措置法の一部を改正する法律案は、自由党、日本社会党両派及び日本民主党の共同提案でありますが、便宜私から提案の説明をさしていただきます。奄美群島は長きにわたりま…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1955/12/06、27期)

罹災都市借地借家臨時処理法の関係におきまして、去る十月一日起りましたところの新潟市につきまして、その災害及び地域指定をいたしますことにつきましては、私は満腔の賛意を表する次第でございます。同様なる事柄…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1955/12/12、27期)

去る十月十四日及び十二月三日の両度にわたりまして鹿児島県名瀬市に起りましたところの災禍の実情につきましては、ただいま伊東委員から御報告を申し上げた通りであります。私も同委員と同じように、この名瀬市に対…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1955/12/21、27期)

私は、この際二つの問題につきまして真相を究明し、善後措置をたださんとするものであります。その一つは興安丸で帰国いたしましたところの引揚者に関する問題であり、その二つは王子警察署管下の交番爆発の事件であ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1956/02/13、27期)

私はこの際二、三の事柄につきましてお尋ねをいたしますが、憲法の問題から触れたいのでありますけれども、御承知のように、三権の分立は日本国憲法におきまして厳にこれを規定し、現にこれが履行されつつあることは…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1956/02/17、27期)

私は、日本社会党及び自由民主党を代表いたしまして、政府原案に対し修正案を提出するものであります。まず案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1956/02/22、27期)

簡単にお尋ねを申し上げておきますが、私どものこの法律を改正しようというねらいは、司法書士の業務が公けの仕事でありまするから、その個人々々の人格を向上せしめ、業務を善良に行なって、たたきだい、そうして公…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1956/02/27、27期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいま議題となっております外国人登録法の一部を改正する法律案に賛成の意を表するものであります。わが国が独立をいたしまして後、近ごろは外国人にしてわが国に来られる…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1956/03/28、27期)

去る三月の二十日能代市におきまして前後二回にわたり出火があり、相当の災害及び相当の広い地域に被害が及んでおるのでありますが、これにつきまして、私は、罹災都市借地借家臨時処理法第二十五条の二の規定により…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1956/04/06、27期)

朝鮮半島に不法監禁されている日本人を早く帰してほしいという気持からいたしまして、この不法監禁されている日本人と日本で合法的に自由を束縛しております朝鮮半島人との取引というような格好において外交交渉が進…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1956/05/10、27期)

私はこの際売春防止法案に関係をいたしまして総論的な数項についてお尋ねをいたしたいと思います。その第一点、世の中の風俗壊乱の実情についてであります。宮城二重橋前のあの外苑は、昼間は丸の内に勤めておられ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1956/05/12、27期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、政府提案の売春防止法案に賛成の意見を述べるものであります。(拍手)…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第38号(1956/05/30、27期)

古関参考人にお伺いしたいのですが、先ほど三つの判例をお述べになりたわけでありますが、その内容はあとでお尋ねすることといたしまして、この三つの判例はいずれも各裁判所を拘束するところの判例となっておるので…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第40号(1956/06/01、27期)

法務委員会が国政調査をいたしまする対象の中で、法務行政に関するものは最も重い事柄であると思います。本国会におきましても、当委員会におきましては、法務行政についていろいろと調査をいたして参り、具体的な事…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 法務委員会 第43号(1956/07/12、27期)

今次の戦争に当りまして、沖縄に在住しておられました同胞の諸君には、成人は男女全部、のみならず幼少の方々まで防衛のために命をささげて下さったことに対しまして、国民の一人といたしまして感謝を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1956/12/12、27期)

関連して。大東亜戦争によりまして、鹿児島県に米軍が上陸をするという作戦のもとに、鹿児島を初めといたしまして県下の大小の都市がほとんど戦災にかかりましたことは御承知の通りであります。たとえば鹿児島のごと…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 建設委員会 第29号(1957/10/09、27期)

当委員会におきまして局地的な問題で御質問を申し上げますることは恐縮に存じますが、先刻、鹿児島、宮崎両県を代表いたしまして地元の熱烈なる陳情のありました事柄につきまして、数項にわたりお尋ねを申し上げるこ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1957/02/14、27期)

去る一月三十日午後一時五十分ごろ、群馬県下の米軍基地と称せられておりまする相馬ケ原演習場におきまして、農婦の坂井なかさんが米軍のジラード・S・ウイリアムス三等特務兵から射殺せられました事件は、これほど…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1957/02/22、27期)

先日の当法務委員会におきまして、中村法務大臣はその経倫の一端をお示しになり、特に人権の尊重、事件処理の迅速化、綱紀の粛正、治安の維持ということにつきまして力説をせられ、中村法務大臣といたしましての法務…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1957/03/15、27期)

今回判事、検事につきまして管理職手当の支給ができることに相なりましたことは、まことにけっこうなことでありまして、先ほど来指摘しておられますように、これがおそきに失したものであると思うのであります。私、…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1957/03/27、27期)

裁判所法等の一部を改正する法律案は、現行日本国憲法に淵源をいたしておりますることは申すまでもございません。ところが、日本国憲法そのものは日本が占領されている時代にできたものであり、裁判所法そのものもそ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1957/03/29、27期)

去る二十五日福岡高裁の第一号法廷におきまして、柳田裁判官が裁判長として、後藤君等に対する公判が開かれましたわけでありますが、当日の公判の日程といたしましては、証人小林君についての証言を求めるということ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1957/04/05、27期)

高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所等、それれぞ支部を設けることができるように相なっており、現実に支部が設けられておるのでありますが、その支部という機関は、いわゆる裁判所と称するものであるか、それともま…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第29号(1957/04/25、27期)

ただいま委員長から基本的な問題につきましてのお尋ねがありましたので、私はやや実際的な事柄について二、三お尋ねを申し上げたいと思います。その第一点は、当委員会において質疑応答が重ねられて政府の確答を得…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1957/05/18、27期)

請願の第一〇に掲げてあります鹿児島地方法務局大口出張所の移転改築の請願を紹介いたしました議員といたしまして、請願の趣旨を簡単に御説明いたします。大口市は一昨年櫛できました新らしい市でございますが、市…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22