八田貞義衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  1回発言    414文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  1回発言    414文字発言

本会議発言一覧

第28回国会 衆議院 本会議 第21号(1958/03/27、27期)

ただいま議題となりました旅館業法の一部を改正する法律案について、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。昨年第二十六回国会における本法の一部改正により、旅館業法に対する従来からの公衆衛生上の規制に加え、風俗的見地からの規制をも行い得ることとなったのでありますが、営業許可の取り………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47)  5回発言  14074文字発言
 第23回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  15516文字発言
 第24回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43) 20回発言  89641文字発言
 第25回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  6回発言  22146文字発言
 第26回国会 59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 54) 23回発言 136955文字発言
 第27回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  1回発言   3033文字発言
 第28回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員  0)  5回発言  26157文字発言

  27期通算 211回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 49 委員162) 63回発言 307522文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
           188回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 49 委員139) 59回発言 284761文字発言

 補助金等の整理等に関する特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言

 農林水産委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   6125文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3850文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4596文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   8190文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 社会労働委員会理事(第26回国会)
 社会労働委員会理事(第27回国会)
 社会労働委員会理事(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1955/05/10、27期)

私は、一兆円予算に縛られて厚生行政の予算が非常に削減をされておる、特に農村の生活と結びついている簡易水道の予算が、昨年度に比べて一億の削減をされておることについて、大臣の御所見を伺いたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1955/05/24、27期)

先ほど長谷川委員の質問に対しまして、つき添い婦の実働時間八時間とおっしゃいました。後ほど資料を提出されるというお約束を願ったのでありますが、その場合に、資料として次のような資料を出していただきたいとい…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1955/05/25、27期)

今のに関連して質問をしたいのですが、四月の自然休会明けの本会議におきまして、河野農村大臣は、厚生大臣との間に昨年十二月末覚書を交換して、高温殺菌牛乳の消費奨励を推進することになっているとお述べになった…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第46号(1955/07/20、27期)

関連して。今、大橋委員の薬事法第二十二条の問題につきましてお尋ねがあったのでありますが、医師法を見ますと、医師法の第二十条におきまして、自己の処方せんによらないで投薬した場合には無診投与になり、この場…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第54号(1955/07/30、27期)

ちょっと角田さんにお伺いしたいのですが、百トンぐらいの材料について、自分のサンプリング法によるサンプリングであれば安全だと言われる、サンプリングはそういう方法でやればいいのだという、一つのサンプリング…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1955/12/13、27期)

時間がありませんので、いろいろな質問事項をたくさん持っているのでありますが、簡単に縮めて、問題を限定して申し上げたいと思います。ただ私が社会労働の常任委員でありながらなぜ決算委員会に出てきたかというこ…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1955/12/12、27期)

非常に時間がたったようでありますから、簡単に問題点だけをとらえて一、二質問をいたします。今井さんと近藤さんがお見えになっておりますが、私の質問に対しましてお二人の方どちらでもよろしゅうございますから、…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1955/12/14、27期)

まず参考人の方にお尋ねいたしたいのでございますが、十一月の九日だと思いましたが、そのときにおいでを願って、私は患者同盟の使命、性格、内容等についていろいろ御質問して、それについて正確な数字が得られませ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 建設委員会 第35号(1956/07/25、27期)

建設省関係の部門につきまして一、二点質問さしていただきます。今までの御質問にありました中で、今度の災害で触れられておらない面につきまして御質問してみたいのであります。まず発電用貯水池の問題であります…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1955/12/23、27期)

森永の問題について質問をいたします。私はこの問題につきましての国民の真の願いは、こういうような事件が二度と起らぬことであり、起らないようにしてくれということが国民の真の願いであろうと考えまして、この問…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1956/02/15、27期)

まず新医療費体系の問題につきまして御質問いたしたいと思います。調剤技術論とか、医師、薬剤師の職業分化論などのいわば概念論から、現実にもっと切実な新医療費体系をめぐる開業医・開局薬剤師の経済に密着した…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1956/03/05、27期)

関連して。ただいま中村委員から、今度の改正法案につきまして、大臣の所信をただされましたが、大臣は、医者を金縛りにするのじゃない、こういうように非常に抽象的にお答えになりましたが、大臣は一体この法文を逐…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1956/03/09、27期)

関連質問をさしていただきます。今滝井委員からこまかい数字についての質問があったのですが、私も質問させていただきたいと思います。保険局長にこまかいところをお聞きしたいのですが、この「第二十四国会健康保険…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1956/03/10、27期)

今新医療費体系について説明があったわけでありますが、これにつきましてはいろいろ中央社会医療協議会等におきまして審議されまして、また参議院におきましても審議されましたが、いろいろな矛盾撞着を含んでいるも…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1956/03/14、27期)

午前中の委員会におきまして、つき添い婦の問題について、長谷川委員からこまかい点の質問がありました。そこで私は関連的に質問を進めて参りたいと思うのであります。まず曽田医務局長に質問いたしたいのであります…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1956/03/22、27期)

今回の健康保険に関する改正案は、政府当局の説明を見ますると、健全なる保険経済の確立のための手段であるというふうに述べられておるのであります。大臣の説明の要旨を分析してみますると、まず第一に保険診療担当…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1956/03/23、27期)

今の滝井委員の質問に関連しまして、暫定案について今大臣、局長の答弁を伺っておりますと、今明日中に医療協議会から暫定案が厚生省の方に示される、その上において国会に提出して、それから態度をきめる、こういう…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1956/03/28、27期)

今の質問に関連しまして、今、現状に沿うような制度を打ち立てるために、薬価にスライドした処方料というものを作ったんだ、こう言われたのでありますが、しからばどのような現状分析をされたか、項目別にあげてもら…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1956/03/30、27期)

今の滝井委員の質問に対しまして、医療機関の欠格条件というのは、医療法と薬事法以外のものについてはまだ具体的な考えがない、こういうようなお話なんですが、そうしますと四十三条の五をごらん願いたい。四十三条…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第29号(1956/04/02、27期)

今の滝井委員の質問に関連しまして、支払基金から支払いがなされているということですけれども、その場合支払基金から銀行を通して医療担当者に支払っておるわけです。局長は今日支払基金と一体どの銀行と契約してい…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1956/04/03、27期)

改正案につきまして逐条的におもなる点について質問さしていただきます。まず第一が第九条の問題でございますが、これは事業主に対するものと関係者に対するものと二つの監査、検査規定になっておるわけであります…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第35号(1956/04/20、27期)

岡委員からいろいろとこまかい点が質問されましたので、私は時間を節約する意味で二、三の点について質問いたしたいと思うのであります。この問題につきまして冒頭に、私はこういうことを申し上げてみたいと思うので…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第36号(1956/04/24、27期)

まず身体障害者福祉法の方につきまして二、三質問いたしたいと思います。まず身体障害者の現在までの実数をお知らせいただきたいのと、さらにまた、この実数に対しまして障害手帳の交付者が現在まで何人になってお…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第46号(1956/05/18、27期)

この法案に関係いたしまして、質問いたしたいと思いますが、先ほど提案者の内田さんから十カ年計画をもって撲滅対策を考えておるのだ、こうおっしゃったのでありまするが、その十カ年計画の基本でありますが、内田先…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第48号(1956/05/22、27期)

都築先生がお急ぎのようでありますから、一点だけ質問をいたしたいと思います。今、岡委員からいろいろこまかい点の質問がありまして、非常に参考になったのでありますが、ただ私先ほど来お聞きしておる間に強く感…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第49号(1956/05/25、27期)

時間がないようですから、問題点を端折って質問して参ります。まずへい獣処理場等に関する法律の方から質問さしていただきますが、概念的に、清掃区域内のこういった畜舎を現在持ってやっておられる自家営業的よ方…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第51号(1956/06/01、27期)

サッカリンの問題と過酸化水素の使用の問題について中川委員から質問がございましたので、関連して二、三の問題について質問をいたしたいと思います。まず厚生省の方から御答弁を願いたいと存じますが、ドライミルク…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第53号(1956/06/03、27期)

曽田さんにお尋ねいたしますが、このたび医療法の施行規則の二十九条が改正になりましたが、どのように改正されましたか、一つお知らせ願いたい。エキス線診療室の遮蔽規定です。まず第一の理由といたしましては、…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1956/11/21、27期)

いろいろな委員からいわゆるスト規制法につきまして質問がありましたので、重複しないということで二、三点質問させていただきます、…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1956/11/24、27期)

このいわゆるスト規制法をはさんで今国民不安がある、これは一体どういうふうな国民不安があるか、これを二つぐらいに分けて考えてみますると、二十七年、八年の部分ストに対して被害が少なかったというような意味で…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1956/11/26、27期)

この際動議を提出いたします………会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1956/11/28、27期)

ただいま議題となりました、医師等の免許及び試験の特例に関する法律の一部を改正する法律案の提案理由を御説明いたします。終戦前に満州国、朝鮮、台湾、樺太等の地において、その地の制度によって、医師、歯科医…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1956/12/04、27期)

ただいま議題となっているところの環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律案についてでありますが、この法律案につきまして今まで厚生省からいろいろと出されておる環境衛生関係の法律、これは私考えますのに、…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1956/12/18、27期)

健康保険法等の一部を改正する法律案の提案責任者としての大臣に対しまして、二、三点質問いたしたいと思います。まず大臣にお伺いいたしたいのですが、よく普通言われる貧乏という言葉がございますが、一体貧乏と…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1957/02/13、27期)

社会保障制度審議会の事務局長である太宰さんにお伺いしたいのですが、昨日の予算分科会におきましても話をいたして参ったのですが、社会保障という言葉でございますが、一体社会保障ということをどういう内容におい…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1957/02/14、27期)

まず石橋内閣の内政の焦点といたしまして経済規模の拡大を通じての完全雇用の実現が大映しにきれて参り表した。しかしその内容がどんなものであるかについては、はっきりしておらないのであります。そこでこの雇用問…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1957/02/15、27期)

実は保健所の問題に関連して精神衛生の問題、食改善の問題、保育所行政の問題について質問いたしたいと考えておったのでありますが、時間の関係上、保健所行政にしぼって質問を申し上げてみたいと思います。まず保…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1957/02/20、27期)

関連して。ただいまの岡委員の質問を拝聴いたしまして、私も屎尿問題の点については非常な関心を持つものでありますが、ただいまわが日本で海湾投棄、海洋投棄の禁止を三年間の計画にしょってその実施をはかっていく…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1957/02/27、27期)

関連して。先ほどの大臣の御答弁を伺っておりまして、単価値上げの問題と、健康保険との関連において誤解を招くような点があるのです。というのは、食い逃げという言葉が出ている。またあるいは大臣は単価の値上げは…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1957/03/01、27期)

それでは今の滝井委員の質問に関連しまして……。支払い債務の問題でありますが、これは一つは社会保険の資金が問題になると思うのです。というのは、今日の社会保険の支払いが、物的給付ということが一つの理想的形…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1957/03/02、27期)

健康保険問題につきましてまず総論的な問題から質問いたしたいと思うのであります。健康保険法案の問題につきまして、政府当局は医療担当者の方に種々な誤解があるので、今後とも話し合いの場を持って、十分に納得協…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1957/03/04、27期)

関連して簡単にお伺いいたします。堂森委員の質問があったうち、大臣に単刀直入にお答弁願いたいことがあります。盛んに撤回の問題が出ておりますが、大臣は撤回する考えはない。大臣はもう終始変らぬ信念の上に立っ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1957/03/06、27期)

御参考人の方々からいろいろ有益な御意見を拝聴いたしましてまことに感謝にたえない次第でございます。今いろいろと御意見を承わったのでありますが、この場合国庫補助の問題について一様に触れておられます。そこ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1957/03/08、27期)

この健康保険の改正案につきましては、今までいろいろと質問を申し上げておったわけでありますが、本日は一部負担の問題と国庫補助の問題にしぼりまして質問を申し上げたいと思うのです。まずこの改正法案は、非常…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1957/03/18、27期)

環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律案について質問させていただきます。まず質問の第一点は、この法律は経済立法であるか、あるいは公衆衛生立法であるか、この点につきまして、提案者の御答弁をお願いいた…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第40号(1957/04/18、27期)

関連。今滝井委員から病院行政あるいは医療行政の一本化というお話があったのですが、行政と所管事項とは明らかに区分して考えるべきだと私は思う。もしも滝井さんのように病院行政を一本化しなければならぬというこ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第42号(1957/04/20、27期)

私は労働大臣にお尋ねいたしたいのでありますが、本年の三月九日公共企業体等労働委員会は調停案第二号を提示した。これに対しまして国鉄労組は調停案の実施を条件に受諾し、当局側は受諾しがたい旨を回答いたしてお…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第44号(1957/04/24、27期)

藤林委員長にちょっとお尋ねしたいのでありますが、先ほど横山委員からの質問に対しまして、将来という問題と今後という問題というような言葉が出てきております。そこで将来という解釈、今後という問題、将来という…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第45号(1957/04/25、27期)

先回の委員会におきまして、滝井委員から医療機関の整備に関する問題、医療行政の一本化に関する問題につきまして、大臣との間に質疑がかわされたのでありまするが、私も本問題につきましては重要な問題と考えますの…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第46号(1957/04/26、27期)

時間がないようですから要点だけ二、三点質問してみたいと思います。業務災害の認定という問題でございますが、業務災害認定の理論的根拠として最も重要な意義を持つ災害概念あるいは原因概念については、わが国に…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第48号(1957/05/07、27期)

大臣がお見えになりませんから、大臣が来られましてから総括的な質問をしますが、その前に事務当局の方に質問いたしたいと思います。今回の水道法の制定によりまして、ここ半世紀余り日本の水道を規律した水道条例…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第49号(1957/05/08、27期)

昨日の委員会におきまして水源保護の規定問題につきまして、今度の水道法第二条では単なる訓示規定として消極的な規定にとどまった、このような状態で果して水源の保護が適切にやっていけるかどうか、こういう心配を…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第50号(1957/05/14、27期)

それでは事務的な問題を二、三質問させていただきます。この水道法案が国会に提出せられるまでには第一次水道法案、第二次、第三次となって参りまして、今度の水道法案は第三次法案でございますが、第二章第六条で…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第52号(1957/05/16、27期)

ただいま議題となりました病理細菌検査技師法案につきまして、提案の理由とその要旨を御説明申し上げます。現在のわが国におきまして、医師の診断業務のためにも、保健衛生上の危害防止のためにも、重要な基礎資料…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第54号(1957/05/18、27期)

保健所の拡充強化に関する件の動議に関しまして、二、三当局に質問をいたしたいと思います。まず第一点は、最近地方では衛生部の縮小統合が行われておりまして、すでに十七県から十八県では民生所管部と合併している…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1957/03/28、27期)

具体的な問題に入る前に一般的な問題を質問させていただきたいと思います。今 まであった職種が八つの職種に変りまして、俸給表も研究、医療、技能労務の三俸給表が変って参りました。さらにまた等級は今まで十五等…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号(1957/03/27、27期)

法案の内容の審議に入る前に、いろいろな開墾地の実態の問題について二、三質問いたしたいと思います。今までの質問によって明らかになりましたように、全国の開拓地のほとんどが不作でございまして、収穫皆無、長…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1957/11/08、27期)

わが国の労働行政のあり方につきまして大臣に質問いたしたいのでございます。わが国の労働問題は、戦後十一年を経過いたしまして、健全な発達をした点を見ることもできますが、政治意識が過剰で、しかも闘争意識が過…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1958/02/07、27期)

最低賃金制と賃金問題は、非常に関連はしておりますが、事柄として多少違うところがあると思います。それで最近の賃金問題の動向がどうなっているか、まず御質問いたしたいと思います。賃金問題について一番やかま…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1958/02/12、27期)

死体であるか生体であるかの鑑別に対して、非常に有益な鑑別方法についての御注意を伺ったわけでありますが、先ほど死体の場合、心蔵と呼吸かとまった場合、十分以上たてばもう蘇生することはない、こういうお話があ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1958/02/14、27期)

本法案の修正案に関連しまして一つ、三つ重要な点について質問をいたしたいと思います。まず第一点は本法案の第二条の問題でございますが、第二条の規定は刑法の身体損壊罪の違法性を阻却するための要件を規定した…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1958/02/27、27期)

厚生省の行政一般に対する説明の要旨を拝見いたしまして、大臣に対して質問申し上げたいのであります。まず第一に社会保障費の問題でございますが、この予算書に対する説明を拝見いたしますと、社会保障費というも…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1958/03/05、27期)

衛生検査技師法案提案理由の説明を申し上げます。ただいま議題となりました衛生検査技師法案につきまして、提案の理由とその要旨を御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22