下平正一衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  1回発言   5523文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  1回発言   5523文字発言

本会議発言一覧

第26回国会 衆議院 本会議 第40号(1957/05/14、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されました労働大臣松浦周太郎君に対する不信任決議案に対し賛成の意を表せんとするものであります。(拍手)すでに提案理由で明らかにされておりますように、松浦労働大臣不信任の理由を一言で言うならば、その労働政策の貧困と、これを糊塗せんがための権力をもってする………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  2回発言   3946文字発言
 第23回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言   4614文字発言
 第24回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32) 11回発言  54113文字発言
 第25回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   6121文字発言
 第26回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28) 10回発言  58415文字発言
 第27回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言  10990文字発言
 第28回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  3回発言  35343文字発言

  27期通算 120回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員120) 30回発言 173542文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
           114回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員114) 29回発言 167111文字発言

 社会労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   6431文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1955/03/28、27期)

おとといの委員会で、日本国有鉄道に関するいろいろの資料の要求をいたしまして、きょう配付を受けたのですが、昭和二十九年度の日本国有鉄道営業収支見込み、これについては特に経営費等について詳細な款項目にわた…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1955/03/29、27期)

大臣がいないので、大臣の質問をあとにいたしまして、長崎総裁にお尋ねをいたしたいわけでありますが、最近の国鉄の経営状態はかなり逼迫して、見ようによっては重大な危機になってきておると思うのです。国鉄当局と…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1955/12/01、27期)

関連して。先ほど同僚委員の質問の中で、少し答えがまちまちになっておるような気がしますので、お伺いしたいのですが、さっき小林理事の方は、いろいろな災害の問題とか、増収の問題、節約の問題等で公務員並みに支…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1955/12/03、27期)

関連して。年末闘争の問題が出ましたので、ちょうど政府側として政務次官もお見えになっておられますので、二、三お伺いをしておきたいと思います。昨日から始まりました第二波といいますか、この問題が相当国民の足…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1956/02/17、27期)

石井さんにその収入の点について関連してお伺いをしたいのでありますが、予算説明のときに、これだけの増収をすることは非常な努力をするのだ、こういう御説明を大臣あるいは総裁もなさっておりますが、今石井さんの…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1956/02/18、27期)

関連して。きのう実は大臣がお見えにならないときに、いろいろ国鉄の三十一年度予算案の問題について質問をしたのですが、多少大臣の答弁ときのうの答弁が食い違っておるような気がいたしますので、少しこまかい点に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1956/02/22、27期)

この機会に運輸大臣並びに国鉄副総裁に二、三お尋ねしておきたい点がございます。その一つは、国鉄の問題が世上やかましくなって以来、大きな問題として取り上げられたのが運賃値上げの問題だと思います。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1956/02/28、27期)

運輸大臣がお見えになっておりますので、最近の事柄について一、二お伺いをいたしたいと思います。新聞等でだいぶ報道されておりますが、総評を中心にした春季闘争の第二波が今行われておるというふうに報道されて…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1956/03/08、27期)

最近の大へん重要な問題でありました春季闘争に関連をして、国鉄に対する調停案の提示がありましたので、この問題に関して国鉄の当局に対して若干の質問をいたしたいと思うわけであります。この問題は単なる計数的…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第18号(1956/03/15、27期)

大臣にお伺いしたいのですが、先月の末に公共企業体関係の当面の問題の論争点になっておりました賃金の問題について、調停委員会から調停案が出されたわけなんですが、その後調停案の回答期限も相当時日経過をしてお…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第20号(1956/03/23、27期)

最近の新聞報道等では、津軽海峡に浮流機雷が現われてきて、そのために青函連航路が夜間運航を停止しておるような報道がありました。相当重要な問題であろうと思いますので、浮流機雷の状況並びにこれが対策について…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第21号(1956/03/27、27期)

一昨晩のラジオで再開されたことを承知したのですが、その再開について、保安庁あるいは自衛隊、国鉄当局、あるいは船舶の従事員、おのおのの立場からの意見をラジオを通じて放送しておりましたが、その間でやや不明…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第23号(1956/04/06、27期)

まだ公共企業体そのものに対する確定的な考え方なり、そのあり方等が検討されていないというお話ですが、これは御無理もないと思うのです。どこにおいてもまだ――特に日本において、公共企業体の決定的な理念なり、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第27号(1956/04/18、27期)

関連して。この諮問機関の問題について先日もちょっとお伺いしたのですが、諮問委員会というものを設けることについては、大臣も必要性について十分お認めになったと思います。どういう形でもって設けるかということ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第30号(1956/04/24、27期)

ただいま採決、決定をされました日本国有鉄道法の一部を改正する法律案に対して、別紙のような附帯決議案を提案いたしたいと思います。附帯決議案はお手元に配付してありますが、朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1956/12/12、27期)

私は同僚が非常に長い時間をかけていろいろな角度から御質問をいたしましたので、重複することを避けまして二、三の点で御質問をいたしたいと思います。私も港湾関係はしろうとでありまして、先日横浜の港へ行ってみ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1957/02/21、27期)

国鉄の問題について一つ、二つ緊急に御質問をいたしたいと思います。実はこんな質問をすることはいやなんでありますが、国鉄の運賃値上げをするという法案が近々に出ようとしておりまして国民も国鉄に対して今非常に…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1957/02/22、27期)

大臣にそんな抽象論ではなく具体的にお伺いしたいのですが、今運賃値上げがされなければならぬというような情勢で、今質問されておるのはガソリン税の値上げによってバス運賃にどの程度の影響があるかという点です。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1957/03/05、27期)

永山さんの質問に関連をして二、三点お伺いをしたいのでありますが、国鉄の労使の間に最近しばしば賃金の問題とかあるいは待遇の問題で紛争が起きてきておるわけであります。ことしもまた三十一年度の賃金調停をめぐ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1957/03/12、27期)

今国鉄の争議の強盗云々という問題は、これは当面の当事者の問題ですから別に質問するとして、この争議状態というものを解決するには、どうしてみてもこれは運輸大臣、政府が腹をきめて解決をしなければ、解決ができ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1957/03/13、27期)

関連して。財政のゆとりができて、一千億円減税ということもいいのですが、その面から見ても、実は減税の対象になるのは九千二百万の人口のうちで二千八百万人、六千四百万人の人間は減税の対象にならぬのです。そう…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1957/03/14、27期)

大蔵省の方がお見えになっておりますので、先ほど井岡君の質問の中にありました独立採算制の問題から若干の質問をいたしたいと思うわけですが、国有鉄道が独立採算制の建前だということは、十分私どもも承知いたして…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1957/03/15、27期)

今度の運賃値上げは主として近代化等の方面に使われて、その他の面には運賃値上げの分は使わない、こういうようなことを言われておりますけれども、国鉄の輸送力が増強されて、ほんとうに日本経済の要請にマッチした…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1957/03/19、27期)

私は日本社会党を代表いたしまして、国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案、すなわち国鉄の運賃値上げに対しまして反対の討論を行わんとするものであります。(拍手)…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 運輸委員会 第24号(1957/04/19、27期)

今度の春闘の結論として仲裁裁定が出て参ったわけでありまするが、この仲裁裁定が出てすでに十日近く経過していますが、これが解決の見通しはついているにしても、なかなか明確になっておりません。特に仲裁裁定は十…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第48号(1957/05/07、27期)

正しい労使の慣行を打ち立てようという今までの政府の言い分等については、私どもも賛成であります。戦後組合運動が活発になって参りましていろいろの運動が展開されておりますけれども、まだまだほんとうに正しい意…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1957/11/12、27期)

国鉄の労使間春闘以来、いろいろの問題点がありましたが、藤林会長のあっせん案で一応正常化の形になっておることは、大へん私どもとしてはけっこうなことだと思います。年末も控えておりましていろいろの案件もあり…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1958/03/13、27期)

国鉄の問題について二、三御質問をいたしたいと思います。一番先に御質問いたしたいのは、昨年の五カ年計画、それから運賃値上げ等の審議の際にも、いろいろの観点から問題になったわけでありまするが、その一つは…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1958/03/18、27期)

国鉄に関係して、二、三御質問いたしておきたいと思います。最近の国鉄のいろいろの情勢の中で、特にきょうお伺いしたいのは労使の関係についてでありますが、まず第一点は、昨年あたりから第二組合ができるという…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1958/03/28、27期)

この前の委員会で御質問申し上げました静岡の監理局に起った事件について、当時の委員会で解明ができなかった点の報告書を当日いただいたわけでありますが、このいただきました報告書に基いて若干の質問をいたしたい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22