岡本隆一衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  1回発言   5457文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  1回発言   6425文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  2回発言  11882文字発言

本会議発言一覧

第24回国会 衆議院 本会議 第16号(1956/03/01、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、昨日提案されました健康保険法等の一部を改正する法律案に対し、鳩山総理以下関係閣僚に若干の質問をいたしたいと存じます。まず第一に、社会保障制度の拡充強化の問題について鳩山総理にお伺いいたしたい。社会保障制度の拡充強化は、第二次鳩山内閣成立の際の最大の公約でありました………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第15号(1958/03/14、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました国民健康保険法について、岸総理、一萬田大蔵大臣並びに堀木厚生大臣に若干の質問を行わんとするものであります。(拍手)岸総理は、昨年の春首相就任とともに、貧乏の追放を国民への公約とされました。まことに大胆にして率直なその所信の披瀝には、私どもは………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45) 11回発言  52875文字発言
 第23回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言  10591文字発言
 第24回国会 63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 63) 10回発言  64558文字発言
 第25回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 76回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 76) 12回発言  99412文字発言
 第27回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42)  8回発言  46117文字発言

  27期通算 254回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員254) 43回発言 273553文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
           183回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員183) 38回発言 246181文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            68回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 68)  4回発言  18578文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   8794文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1955/05/10、27期)

数項目質問したいのですが、そのうち大臣が来られるまでの間、二、三の問題について質問したいと思います。まず第一に、人口対策費の中の生活困窮者受胎調節普及事業費補助金であります。受胎調節の問題が、今まで…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1955/05/11、27期)

昨日お伺いいたしまして、医務局長がおいでにならなかったので、きょうもう一度お伺いするのですが、らい収容所の患者さんから、最近たびたび手紙が参りまして、留置場設置の企てがあるが反対であるという手紙の内容…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1955/05/24、27期)

先ほど医務局長の御説明によりますと、大体五百床ほどのベッドがある施設でもって、胸郭の手術をやる患者さんがその一割だ、従って手術患者の実数は週に一名くらい程度である、だから、それでもって、厚生省の計画通…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1955/05/27、27期)

まず砂原さんにお伺いいたしたい。このつき添い看護婦の問題は、まず第一に、病院の管理のあり方の問題として考える、その次には、患者の立場に立って考える、その次には、つき添い婦の立場に立って考える、こういう…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1955/05/31、27期)

ちょっと今の問題ですが、私はこう解釈しているのです。病態は、パス、マイシンあるいは手術その他の結核予防法に規定する治療を受けなければならないような病態である、しかしながら経費の都合でもって結核予防法で…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1955/06/17、27期)

今度の失業保険法の改正の重要なのは、適用範囲の拡大と給付期間の改正とが大きな二点だと思うのです。その二つの問題について、具体的な問題でお尋ねをしたいと思います。まず第一に、第六条の適用範囲の問題であ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1955/06/28、27期)

先日来の論議によりまして、健康保険の赤字の原因がだんだんはっきりされて参ったと思いますが、今度の改正案を見ますときに、その改正案の内容というものが、改正と銘打っておりますものの、これを政府の立場、被保…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1955/07/05、27期)

せっかくお忙しい中を三沢先生、岩原先生に来ていただいておるのでありますが、私たちが両先生方に期待しておることは、いわゆる療術というものと、あんま、あるいはマッサージというものの間に相違点があるかないか…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第35号(1955/07/06、27期)

一点だけお伺いしておきたいと思います。先ほどの山本委員の御質問でお触れになったのでありますが、業者の養成施設の問題であります。この法律の趣旨を見てみますと、大体検定の制度になっておるようであります。業…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 社会労働委員会 第39号(1955/07/12、27期)

足利療養所であります。たくさんの患者から手紙が参りまして、約百通近くはがきが来ておるのであります。それを分類していきますと、一番大きなのは院長の問題、それから外科医がおらないということ、その次には患者…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 法務委員会 第45号(1955/07/30、27期)

大臣はお急ぎのようでありますから、先に大臣にお伺いいたします。最初の問題は、きょう私がお尋ねしようと考えておる問題から離れておるのでございますが、同僚の加賀田進君からぜひ大臣のお考えを聞いてくれという…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1955/12/12、27期)

七人委員会の方々が非常な御努力でもって大部な報告を作っていただきまして、健康保険の赤字の問題あるいは日本の健康保険制度は将来いかにあるべきかということについて大きな示唆を与えて下さいましたことは、その…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1955/12/14、27期)

七海さんにお伺いしたいのですが、この事件が起りました当時と現在とでは、原因がだんだんはっきりしてくるにつれて、森永の会社の方でも気持が変ってきているのじゃないかということが考えられるのです。と申します…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第18号(1956/04/04、27期)

一、二点ちょっと関連して質問したいのです。前回のビキニの実験のときでありますが、あの前は、そういうことについての経験がなかったために、今も楠本環境衛生部長が指摘されたように、非常におそれたために、魚な…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第27号(1956/11/09、27期)

去る七月十四日、十五日にわたり、議長の承認を得て、只見川水域及び田子倉発電所建設現場を視察いたしましたので、派遣委員を代表し、御報告申し上げます。只見川は、尾瀬の湿原より河口新潟に至る全長約二百六十…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1956/02/14、27期)

大臣も岡先生との論戦でだいぶお疲れでしょうから、私は今度の予算の二、三の問題にきょうはとどめて、大臣にお尋ねしておきます。まず最初に、児童保護費の問題でございますが、昨年の秋に、ちょうど国会の休会中…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1956/02/18、27期)

今度の法の改正の趣旨には私は何ら異存はないのでありますが、この法の改正の問題とは少し離れておりますけれども、援護の問題についで一、二点質問したいと思います。よくこういうことを耳にしますのですが、戦時…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1956/03/05、27期)

今の生活保護法と結核あるいは精神病との問題に関連いたしまして、私も一つお伺いいたしたいと思います。大体従来政府は、たとえば結核予防法、これは国民の結核をなくするためにやるのだという考えから、こういう…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1956/03/06、27期)

今度のこの法律の一番大きな点は地方の労働者災害補償審査会と労働者災害保険審査会、この三つのものをなくして、中央の労働保険審査会一本にしてくれというような内容でありますが、それについて従来各都道府県にあ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1956/03/13、27期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となっている労働保険審査官及び労働保険審査会法案に対しまして、反対の趣旨を説明いたしたいと存じます。本法案の趣旨とするところは、従来都道府県労働基準局ご…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1956/03/20、27期)

夕べ京都から、三月二十日総辞退決行す、京都府医師会、こういう電報が参っておるのでありますが、それで私の順番でありませんけれどもこの問題について緊急に質問をさしていただきたいと思います。これは大臣のとこ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第37号(1956/04/26、27期)

法案の質問に入る前に、一般的な問題について局長にお伺いしたいと思います。母子福祉対策の方針の基本的な問題でございますけれども、どうも今の政府の母子福祉対策というものを見ておりますと、生活に困っておる…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第43号(1956/05/11、27期)

午前中の中川委員の牛歩質問で私の質問の時間を制約されて、非常に残念でございますが、重点的に質問をいたしますから、政府委員の方は二十分ほどしんぼうしていただきたいと思います。この自衛隊の増強と、それか…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1957/02/21、27期)

まず最初に学術局長にお伺いいたします。先刻来、両大学の方々から御意見を承わっておりまして、現在の宇治という位置の選定は、これは予算を取るために一応便宜上宇治としたのであり、そしてこれはあくまでも第一候…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第26号(1957/04/09、27期)

レントゲンのためにいろいろな障害が出て参ったので、それを取り締る法規があとから出て参りましたが、今度はラジオ・アイソトープについてはそういう障害があまり出ない前に、こういう法規を作られたということは、…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1957/02/11、27期)

最初に大臣の御所信を承わっておきたいと思うのであります。石橋内閣の厚生大臣として最初に御就任になったときに、厚生省の予算というものは、大蔵省へ行って頭を下げてもろうてくるものと違う、これは当然ぶんどっ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1957/02/15、27期)

今度政府は在外財産の補償をやる。一応利子として十億出そう、こういうふうな御意向の模様であります。戦争によって国民が払った犠牲というものは当然国の責任において補償しなければならぬという考え方は、私もしご…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1957/02/19、27期)

昨日の滝井君の質問に答えて、大臣は、〈今度の法律改正は赤字対策ではない、健康保険制度の合理化のために出したものだ、こういうような御意見でございました。なおまた御説明の中に、健康保険制度は日本の社会保障…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1957/02/27、27期)

最初に、日本の医療制度をどういうふうにやっていくかということについて大臣のお考えを承わっておきたいと思います。もう少し具体的に話しますと、公的医療機関と民間医療機関、従来はこの二本立でもってやっていく…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1957/03/01、27期)

一昨日の続きで、結核と健康経済との関係の問題をもう少しお尋ねしたいと思うのでありますが、大臣がお見えになりませんので、それまでの間に事務的な問題を二、三お尋ねいたしたいと思います。まず第一は給食の問…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1957/03/04、27期)

大臣に一つお伺いしたいのですが、けさの朝日新聞に大きなアドバルーンが上っております。なかなか厚生省はうまいことやりおるなと実は思った。もう健保の審査が山を迎えましてここらで医療機関の頭をちょっとなでて…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1957/03/11、27期)

大蔵大臣に、二、三の健保財政の問題について質問いたしたいと思います。今度の健康保険の改正は、国民皆保険に進むための制度の根本的な改革である、こういうふうに厚生大臣から説明を受けております。これはおそ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1957/03/13、27期)

私は日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となっております健康保険法の一部を改正する法律案、船員保険法の一部を改正する法律案その他関係法案の改正案に反対し、さらにまた一昨日提出されました自民党の修…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第33号(1957/04/02、27期)

この機会に事務当局の方から御意見を承わっておきたいと思います。戦争による犠牲には、生命を失ったとか、あるいは身体に障害を起したというふうな犠牲と、それから財産的な損失を大きくこうむったというふうな犠牲…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第52号(1957/05/16、27期)

最近の新聞を見ておりますと、アメリカの極東軍司令部がこの七月一日にハワイに引き揚げまして、さらにまた第一騎兵師団を中心とした地上部隊も大量に引き揚げるということであります。調達庁の方からお答え願いたい…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1958/02/12、27期)

一点だけお伺いしたいのでございますけれども、現在そういうふうな角膜移植の手術を行われる頻度でございますね、どの程度にあるのかということと、それから今度は具体的に比較的急がない手術でありますから、そうい…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1958/02/13、27期)

ただいまの長谷川委員の質問に関連して一言お伺いしたいと思います。この第二条の第二項によりますと、眼球の提供者は遺族ということになっております。そこで、遺族が眼球の提供をやるということになりますと、経済…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1958/02/21、27期)

岸内閣ができてから今度が最初の岸予算になるわけで、昨年は石橋内閣の予算をそのまま私たち審議したわけであります。今度初めて岸内閣になってから岸さんの構想がほんとうに具体的に現わされた予算を審議するわけで…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1958/02/27、27期)

先般質問申し上げました場合に、保険の問題について、局長がおいでにならないで、質問を留保しておりますので、それらの点についてお伺いしてみたいと思います。まず第一に、今度国民皆保険に備えるために、国民健…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1958/03/05、27期)

だいぶ滝井委員から詳しい質問がございましたが、残っている問題について少しお伺いしたいと思います。今まで未熟児は産科の医者からもあまり重要視されなかったし、また小児科の方でも比較的手のついていない、ち…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1958/03/12、27期)

議事の進め方について、私は一言委員長に希望を申し上げておきます。労働関係については非常に重要な法案がたくさん出ております。それにもかかわらず、与党の委員の諸君の出席がきわめてりょうりょうであるのは、私…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1958/03/13、27期)

先般の三月五日の委員会で児童福祉法の問題についていろいろお尋ねしたのでありますが、その節児童局長から御答弁をいただきましたが、私どうもふに落ちない点がありますので、もう一度お伺いしておきたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1958/03/26、27期)

関連して。ただいまのサービス料の問題ですが、これは発生の過程から見ていったらあなたとおのずから違った考え方が出てくると思うのです。というのは、今までお茶代とか女中に対する心づけを幾ら置こうかということ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 27期(1955/02/27〜)  4本提出

質問主意書一覧

京都府綴喜郡井手町町有林濫盗伐問題に関する質問主意書
第22回国会 衆議院 質問主意書 第16号(1955/06/16提出、27期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

児童公園予定地の不当なる農地化に関する質問主意書
第22回国会 衆議院 質問主意書 第17号(1955/06/22提出、27期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

京都府綴喜郡八幡町の排水工事促進に関する質問主意書
第22回国会 衆議院 質問主意書 第24号(1955/07/12提出、27期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

京都府井手町有林濫盗伐事件に関する質問主意書
第27回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1957/11/06提出、27期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22