高碕達之助衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  4回発言   1992文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  2回発言    405文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  5回発言   7282文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  1回発言   1219文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21) 12回発言  10898文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第14号(1955/04/28、27期)

防衛力の六年計画は防衛庁長官の責任においてきめるべきものであります。経済六年計画では、防衛力は、国民の所得だけでなく、国力の増進に応じて年々増加する計画を立てております。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第22号(1955/06/02、27期)

経済六カ年計画と長期防衛計画についての御質問にお答え申し上げます。防衛力は国民の経済力に準じて増減すべきものと存じます。経済六カ年計画は、この基礎におきまして、将来国民の経済力が増加するに従って増加することを見込んでおります。従いまして、国防会議において長期における防衛力が審議されますときには、ただ………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第23号(1955/06/04、27期)

御質問にお答えいたします。明年度の食糧増産の資金が少くて、果して六年計画が達成し得るだろうか、こういう御質問でございまするが、経済六カ年計画におきましては、食糧につきましては、年々増加する人口に対する需要、農地の壊廃による減産等を見込みまして、二十九年以上に輸入をしない、こういう原則のもとに、六カ年………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第27号(1955/06/11、27期)

大蔵大臣が見えていないようでございますから、大蔵大臣に対する御答弁もさせていただきます。最初われわれは円で買い入れて円で払うという方針で進んでおったのでありますが、この取引ほど私は日本に有利なものはないと存じております。これは自由党が私どもに残された一番大きな遺産だと存じております。(拍手)三カ年間………会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 本会議 第2号(1955/12/02、27期)

原子力の平和利用につきましてお答え申し上げます。原子力平和利用は、近年急速の進歩をいたしまして、ここ十年を出ずしてこれが経済的に利用されるというふうな見込みがついておるのであります。エネルギー資源に恵まれないわが国と、いたしましては、これを一日も早く取り入れるということは国民生活上最も必要と存じます………会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 本会議 第5号(1955/12/06、27期)

原子炉築造について半額を助成するということがアメリカで放送されておりますが、もしこれに何らのひもがついていないというなれば、喜んでこれを受け入れるつもりでございます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第4号(1956/01/30、27期)

政府は、昨年一月、経済自立の達成と雇用機会の増大をはかるため、総合経済六ヵ年計画を策定し、この構想に基いて昭和三十年度の経済計画を立て、その実現のため各種施策を実行して参つたのでありますが、最近におけるわが国経済は、産業、貿易等、経済各分野にわたって目ざましい発展を遂げつつありますことは御承知の通り………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第5号(1956/01/31、27期)

物価の安定についての御質問でございます。現在鉄及び非鉄金属は多少値上りをいたしております。これは世界の情勢に左右されておりますが、これにつきましては、日本といたしましては、原料政策を根本的に考究いたしまして、この育成政策を講じております。また、繊維工業につきましては、繊維工業の合理化及び加工繊維の生………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第23号(1956/03/16、27期)

経済五カ年計画におきまして、輸出の増進と雇用関係をよくする上におきまして、中小企業がいかに重大であるかということは、むしろ、大企業よりも優先的にわれわれは考えているのであります。(拍手)つきましては、中小企業の協同組合法、中小企業安定法を推進いたしまするとともに、中小企業の財政的投融資を含めまして、………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第51号(1956/05/17、27期)

先ほど大蔵大臣がお答え申し上げましたごとく、民間借款につきましては、これは両国の商社間において商業ベースでやるわけでありますから、その商業べースでやりましたものが条件においてでき上らなかった場合には、政府は何ら責任を負うことでありません。従いまして、これは二億五千万ドルになっておりますが、これが二十………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第56号(1956/05/28、27期)

ただいま御決議に相なりました東北開発につきましては、政府といたしましても多大の関心を持っておるのであります。現在におきましても、すでにその総合開発計画を調査のために実行いたしておのであります。今後におきましても、御決議の御趣旨を十分尊重いたしまして、すみやかに総合開発計画策定によりこれに努めたいと存………会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 本会議 第4号(1956/11/17、27期)

スエズ運河の情勢の変化による世界の経済の動向、また、それに対する日本の動向につきまして、政府の所信を簡単に申し上げます。大体は、ただいま通産大臣のお答えいたしました通りでありますが、昨年度スエズを通過いたしました船は一億五千四百万トンございます。これが、現在スエズがとまりますことによって喜望峰を回る………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第27回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  27期通算   1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22