五島虎雄衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  1回発言   3565文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  1回発言   3873文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  1回発言   3389文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  3回発言  10827文字発言

本会議発言一覧

第24回国会 衆議院 本会議 第22号(1956/03/15、27期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました地方自治法の一部を改正する法律案につきまして、政府、ことに内閣総理大臣、太田、河野の両長官に対しまして、若干の質問をいたしたいと存じます。(拍手)本案は、申すまでもなく、昭和二十九年、吉田内閣当時において準備され、昨年の第二十二回特別国会に………会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 本会議 第24号(1957/03/26、27期)

ただいま議題となりました失業保険法の一部を改正する法律案に関しまして、日本社会党を代表して反対の討論をいたします。(拍手)すでに言いふるされた言葉ではありますけれども、政府は神武以来の景気を謳歌しております。日本経済新聞の発表した大手各産業の昭和三十二年三月決算の業績予想によりますと、鉄鋼界は、三十………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第9号(1958/02/18、27期)

ただいま提案されました最低賃金法案について、日本社会党を代表して若干の質問をいたします。(拍手)その内容いかんはともかくといたしまして、懸案の最低賃金法が保守政党政府の手から提案されたことは、まさに時代の流れというべきでありましょう。(拍手)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40) 10回発言  20645文字発言
 第23回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  1回発言    337文字発言
 第24回国会 60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 60) 15回発言  45801文字発言
 第25回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第26回国会 49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 49)  7回発言  42303文字発言
 第27回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  4回発言  28702文字発言
 第28回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  4回発言  20517文字発言

  27期通算 200回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員200) 41回発言 158305文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 地方行政委員会
           113回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員113) 24回発言  59387文字発言

 社会労働委員会
            85回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 85) 16回発言  94778文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4140文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1955/05/12、27期)

だから二十二条の解釈についてと、それからこの問題に関連して促進法の二十四条と地公法の二十二条は、この具体的な問題についてどちらが優先するかということをはっきりしてもらったらよろしいのじゃないかと思いま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第24号(1955/06/20、27期)

午前の会議に引き続いて、北山さんあたりからいろいろ質問があると思うのですが、特に先日の委員会のとき、私たちの同志の川村委員から長官に質問しておいたのでございます。それは夏季手当に関する問題ですが、長官…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第36号(1955/07/08、27期)

北山さんの質問に対して、正示さんは明快な説明をされなかった。しかし五百億円程度の差があるということで、その問題で非常に地方自治団体は苦んでいる。従って、大きいことじゃないが、小さい面について後藤財政部…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第38号(1955/07/12、27期)

ただ一点松沢さんに質問いたします。松沢さんの公述については非常に参考になりました。ところが午前中の公述者の中に、特に茨城県石下町長の全国町村会代表の関井仁さんからの公述の文書を見てみますと、公述された…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第39号(1955/07/13、27期)

地方自治法の一部改正の審議に入ります前に、ちょっと議事進行というとおかしいのですけれども、これに関連するような問題で、非常に地方団体の一職員組合が困っておる問題が一つあるわけです。それで審議する前にお…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第41号(1955/07/15、27期)

民主党から愛知県の鳴海合併問題は、非常に慎重にその分だけ審議するように言われましたが、これはやってもよろしいのですね――それでは北山委員が言われた六十億の問題についてだけですが、単刀直入に、三十億は大…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第44号(1955/07/19、27期)

今の問題に関連して、第三項の「財政の再建のため特に必要と認められる昭和二十九年度の赤字団体に限る。」という「特に必要と認められる」ということは、後膝財政部長はさっき北山委員の質問に対しまして、地方団体…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第45号(1955/07/20、27期)

北山さんの質問に関連して伺いたい。午前中の文教委員会の連合審査会では、教育委員会の問題が重点的に質問されて、文相やうちの長官の見解がただされたわけです。従って、十条の各種行政委員会の数の減少あるいは事…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第50号(1955/07/27、27期)

自治庁の川島長官にお尋ねしたいのですが、きのう亀山委員が質問された中に、十八項目の五大市に対する事務再配分の問題とそれから特別市制の問題と関連があるかという質問があったわけです。ところが小林行政部長は…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 地方行政委員会 第51号(1955/07/28、27期)

今のように今までこの委員会でこれに類似した問題が所々方々で行われたわけですが、そのとき自治庁の政府委員の方もあるいは自治長官も全然知らなかったことを、まことしやかに各地方団体の長等が説明をされるという…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 地方行政委員会 第8号(1955/12/12、27期)

それでは今の節約の問題から伺います。なるほど、鈴木次長が言われるように国も節約をし、節約の中から〇・二五を支出するという決定に基いて、地方の方も同様な趣旨を一応現わさなければ、閣議決定の線がちょっと工…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 運輸委員会 第39号(1956/10/23、27期)

関連。伊能政務次官は、この運送事業法に基く業者が非常に複雑多岐にわたった組織であるということをさいぜん認められたわけです。そうしてその運送事業法に適合しないような零細な企業者もあって、その実態をつかむ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第53号(1956/06/03、27期)

問題は特に一地域の問題に限定された問題ですが、国会もいよいよきょうで終ろうとするときにたくさんの同僚諸君から質問が山積しておるだろうと思いますけれども、短時間のうちに質問を終了していきたいと思いますか…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1956/02/07、27期)

長官が来られるまで措置法の問題について後藤さんが各団体の陳情の人と話されたことがほんとうかどうかということを、ここでちょっと聞いておきたいと思います。さいぜんの御説明の中に、適用団体の申請は都道府県が…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1956/02/14、27期)

後藤さんに二、三点質問しておきたいと思いますが、不足財源に対する措置という項目の中に、受益者負担の項目があるわけです。金額は五億円程度になっておるようですが、この説明の中に、高等学校の授業料二割引き上…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第10号(1956/02/22、27期)

後藤財政部長に資料の要求をお願いしたいと思うのですが、さきの補正予算における交付金の各都道府県配分の明細、同じく特別交付金の各都道府県に対する配分の明細書があれば、以上二つを資料にして御提出願いたいと…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第21号(1956/03/13、27期)

簡単にお尋ねしたいと思います。財政計画方針を見ると教育職員の三十一年度の増員、それから児童数の増加、これを見ますると五十一万人の生徒がふえる。そこで七千二百学級ふやさなければならぬ。それで小学校の先生…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第30号(1956/04/04、27期)

大臣はさっきこの公給領収証の問題から地方税一般について抜本的――といっても、これは臨時国会からずっと言っておられるので、抜本的が口ぐせになっておると思うのです。ところがこの公給領収証の問題については、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第31号(1956/04/05、27期)

大臣に質問いたします。ここで、税制のこととは別にちょっと聞きたいのです。今度はずいぶん政府もかんを立てられて、いわゆる組合の春季闘争について、革命であるとか何とか銘打って、ずいぶんそれに対する対策を講…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第32号(1956/04/06、27期)

軽油引取税について少々大臣にお尋ねしたいと思います。これは先日の自動車税の問題についても関連して大臣の留守に質問をしたわけでありますけれども、この軽油引取税の新税創設については、まつ向から反対の立場に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第35号(1956/04/12、27期)

それでは川村さんがきのうの質問に続いてやられるだろうと思うのですが、その前に一点について質問をしておきたいと思います。先日長官に地方公務員の給与の問題について答弁を求めたわけですが、そのときは閣議の…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第41号(1956/04/25、27期)

昨年の十二月に自治庁が地方自治法の改正の基本を発表されたわけです。そのときは大体二十二回特別国会で提案されたのとほぼ大同小異、そしてその中の地方議会に関する検討等が削除されたところの基本の要綱が発表さ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第43号(1956/04/27、27期)

一点、お尋ねしたいと思います。局部の問題について述べられたのでありますが、その公述の中に、局部は今度法律によって法定数をきめておられる、こういうことは自由に反するのじゃないか。従って各地方団体にこれを…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第45号(1956/05/11、27期)

今桜井君から質問をされましたことに少々関連があると思うのです。あの昇給制の問題で、延伸二回でとどめたい、そうしてあとはもとに復するというような知事の説明があったわけですけれども大体財政再建の計画の中に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第47号(1956/05/22、27期)

ただいま審議しております二法案には関係がございませんが、よろしいですか。――早川政務次官並びに行政課長がちょうど来ておられますので、その見解を一点明らかにしておいてもらいたいと思うのです。実は労働基準…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 地方行政委員会 第58号(1956/09/13、27期)

私は三点について質問したいと思います。第一点は先月末に神田の中央大学講堂で開かれました母親大会の問題に関連性があります。第二点は自動車運転手のスピード違反検挙の問題について第三点は八月一日に政令が改正…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1957/02/12、27期)

先日新しく就任されました大臣の施政方針の説明が行われました。その方針をこまかに分析いたしますると、大体五つの柱からなった説明であると思うのです。その第一は完全雇用の問題であり、第二は失業対策の問題であ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1957/02/21、27期)

ただいま石橋君が駐留軍の問題について聞かれたわけですけれども、これから私が質問しようとするところの数点は、それにも一部関係があると思います。質問の項目は、特に一地区の問題、神戸市の中本商店というところ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1957/02/28、27期)

時間も非常におそくなりましたし、持ち時間もあまり長くございません。それで私はこの前の委員会でも申し上げました通り質問の個所は発表しておるわけですけれども、これもまたきょう一日では済まないかもしれません…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1957/03/05、27期)

私も山花さんの質問に関連して、簡単に質問してみたいと思います。去る三月二日の予算委員会で与党の上林山君が一般質問を行いました。その席上、総評の性格をどう思うかということに対して、労働大臣は、総評はそ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1957/03/26、27期)

ただいま議題となりました失業保険法の一部を改正する法律案につきまして原案に反対、日本社会党から提出されました修正案に賛成をいたす立場において、日本社会党を代表いたしまして討論をいたします。すでに言い…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第43号(1957/04/23、27期)

この法律案についてのいろいろの観点から滝井さんが質問されたわけでありますが、私はこの法案に基づいて厚生省当局の考え方をここに明らかにしておきたいと思うのです。それは二点あります。すでにこの法案自体に…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 社会労働委員会 第56号(1957/07/29、27期)

時間がありませんから、三点の問題についてきわめて簡単に質問していきますから、きわめて簡単にわかりやすく答弁をお願いしたいと思います。第一点は、きょう大臣がいろいろ施政方針の中にも言われましたように、…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1957/11/11、27期)

午前中に八木委員から部落問題について総体的な質問がございましたが、八木委員の考え方について大臣は異議がないと申され、この問題についての今後の解決に対して努力するというような発言があったわけです。しかし…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1957/11/12、27期)

大臣がちょうど参議院の方にいっておって、きょうは大臣に質問できないことは残念ですけれども、またの機会をとらえて大臣には質問することにいたします。ところが政務次官がここにはおられますので、政務次官は大体…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1957/11/13、27期)

関連して。大臣はこの前、何も考えていないのに無理にしゃべらされたと言われるのですけれども、われわれは期待しておった。しかし今百田局長の答弁によれば、次期の国会にはこれを法律化したいと言われるのですけ…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1957/12/19、27期)

私は二点について簡単に質問しておきたいと思います。一点は大臣の所見を伺い、第二点は確信のほどを伺いたいと思います。第一点は、厚生白書にもいろいろ貧乏の説明があります。ところが経済界の変動によりまして…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1958/03/11、27期)

私は時間が非常に少いので質問をやめようかと思ったのですけれども、さっきから岸総理がこの問題に対して非常に熱意があるというように八木委員との質問応答の中から感知されたのですが、ただ一点非常にばく然となっ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1958/03/26、27期)

旅館業法の一部改正は二十六国会で行われましたし、今度の改正は売春防止法との関連ですから、この改正の問題にはさしたる意見はありません。ところがそれに関連いたしまして、これらが改正された後における旅館従業…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第32号(1958/04/02、27期)

この労働協会法案に対する質問は、従来幾人かの委員から多岐にわたって行われております。そこで、私が本日質問をする中にも、幾分ダブる面があるかもしれませんが、大臣は、それは質問がダブりますから答弁の必要は…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 社会労働委員会 第35号(1958/04/09、27期)

いろいろ大臣は説明されるわけですけれども、私はここに一点明らかにしておきたいことがあります。わが党の議員は従来再三にわたっていろいろの点から質問しておりますけれとも、その要点とするところは、人事の構成…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22