佐々木良作衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 16回発言  68906文字発言
 第24回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47) 15回発言 118494文字発言
 第25回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  3回発言  27762文字発言
 第26回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42) 14回発言  76845文字発言
 第27回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  1回発言   4322文字発言
 第28回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40) 15回発言  59661文字発言

  27期通算 186回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員186) 64回発言 355990文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
           104回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員104) 37回発言 220569文字発言

 議院運営委員会
            39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39) 11回発言   3177文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29) 10回発言  73468文字発言

 社会労働委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  27762文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   9785文字発言

 建設委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  21229文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1955/06/09、27期)

別の問題でございますけれども、一つ調査をお願いいたしたいと思います。それは兵庫県の養父郡で起った事件でありまするが、兵庫教組の組合員の文書図画に関する違反容疑の事件であります。ちょうど選挙のときであり…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号(1955/06/22、27期)

兵庫県の養父郡の教員組合の事件についての調査報告を承わりましたが、今のお話でありますと、普通の通り一ぺんの御報告でございまして、それがほんとうに行き過ぎておるようなものであったかどうかということを認定…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1955/03/29、27期)

電気の問題というのは、いろいろの角度からの問題があると思いますが、最初に確かめておきたいと思いますのは、今言われました料金問題に対する改訂のお考えは今後別なお考えなり、あるいは今のことを根本的に見直す…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1955/03/30、27期)

電力と間接に関係がありますので、通産行政一般の質問の中で、特に基礎産業に関する問題につきまして、三点だけ簡単に方針をお伺いいたしたいと思います。簡単に説明いたしますので、一挙に御説明願えればけっこうと…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1955/05/10、27期)

しりがそういつもつかえておったのでは困りますから、次の機会にやりたいと思いますが、いいですか。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1955/05/11、27期)

去る三月末の商工委員会におきまして、通産行政の根本について、第一点は、経済六ヵ年計画を実現するために、電力、石炭、鉄鋼の基礎産業に関する商工行政の基本方針はどういうように考えておられるかという点、二番…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1955/05/12、27期)

八木君の質問に関連しまして電源開発について一、二伺いたいと思います。電源開発問題が出るとどうも関連してお伺いしないと工合悪いような気がするのでありますが、先ほど八木君の質問にお答えになりまして、電源開…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1955/05/18、27期)

議事進行について。一般質問が継続されるわけでありますが、本日の一般質問に入る前に、前の委員会におきまして質問を行いました、電気の開発問題につきましての善処を委員長にお願いいたしたいと思います。それは…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第23号(1955/06/09、27期)

私は通産行政の基本的調査の一環といたしまして、自動車産業に関する問題をお伺いいたしたいと思います。具体的な問題をお伺いしたいのでありますが、それに先だちまして、御承知のように今日本の自動車産業というも…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1955/06/17、27期)

ただいま議決されました中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案に対する附帯決議を次のように定められんことの動議を提出いたします。中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案に対する附帯決議案会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第28号(1955/06/22、27期)

一、二分だけ関連質問を……。今のお話の中で、イギリスとの話し合いがあしたからされるという話がありましたけれども、その話の中で今加藤委員から話がありました自動車の問題で、ちょっと一、二点だけお伺いいたし…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第30号(1955/06/24、27期)

午前中からこの法律に対する一般的な質問がだいぶあったわけでありまするが、私は、時間の許される限り、この法案の一般的な前提をなしておりまする問題についてお伺いをしたいと思います。御承知のように、従来経…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第35号(1955/07/06、27期)

今議題になっている法案とは直接関係ありませんけれども、御承知のように総合開発関係並びに国土開発関係の小委員会が開かれることになっておって、三、四回流れております。きょうもこの委員会のあとで開かれる予定…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第36号(1955/07/07、27期)

石油資源開発会社法案につきましてお伺いをいたしたいと思います。御承知のようにこの法案は、最初政府から提案される前に、この委員会におきましてもいろいろな角度から研究をしておった法案でありまして、それが今…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第37号(1955/07/08、27期)

関連して。十分お話はわかりましたので、返事をイエス、ノー程度にはっきりとお願いいたします。ちょうど大臣と社長と組合の委員長と三人お立ち会いでありますので、その三人ではっきりと返事をお願いいたしたいと思…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第41号(1955/07/13、27期)

この問題は、総合開発計画を立案する機関はあるけれども、実際に施行する機関がない、それが非常にまずくいっておる例で、従ってまずくいっておるこの例の始末をどうするかということで御質問したわけであります。牛…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1956/02/15、27期)

原子力行政についての質疑をいたしたいのでありますが、すでに同僚の岡委員なり志村委員なりから相当な質問がされておるわけでありますので、なるべく重ならないようにしてお話しを承わりたいと思います。質問の前…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1956/02/20、27期)

似たようなことを重ねてお伺いすることになるかと思いますけれども、御承知のように、科学技術の問題は、大体ポイントが二つあると思います。一つは、今ここで論敵の対象になっておるところの、科学技術の進歩発達の…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第11号(1956/03/08、27期)

私もちょっと関連をいたしまして、簡単に一、二お伺いをいたしたいと思います。私はこの間の原子力行政についての一般の方針の質問の際に申し上げておいたわけでありますが、今もここでお話が出ておりますように、あ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第16号(1956/03/19、27期)

原子燃料公社法案につきまして、大体質疑も出尽したようでありますけれども、私、正力国務大臣に一つ根本的なお考えをお聞きいたしたいと思います。御承知のように、最近におきましては、昔流の国策会社的なもの、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1956/02/15、27期)

私はせんだって通産大臣並びに経済企画庁長官からの方針の御説明を承わったのでありますが、本日は特に経済企画庁長官に対しまして質問申し上げたいと思います。最初に一つお断わり申し上げておきたいと思いますけれ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第21号(1956/03/22、27期)

議事進行について。この問題についての多賀谷君とそれから局長の問答、並びに同僚議員中のこれに対する相当明快なる考えを持たれたところの発言、私はこの解釈につきましては、最初解釈の問題でなくて、事実認定の問…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第22号(1956/03/23、27期)

関連して。問題の中心は、今中崎委員からのお話で大体ポイントは得ていると思いますけれども、一つお伺いしておきたいのは、この目的を見ますと、大へんたくさん並べてあるわけです。国土総合開発の場合には、大体経…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第23号(1956/03/27、27期)

工業用水法案につきまして二、三質問をいたしたいと思います。この法案を読んでみますと、これは趣旨としてはまことにもっともで、大へんけっこうな感じがするわけでありますが、中身を一生懸命に探しておるのであ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第24号(1956/03/28、27期)

ちょっと関連して。今山口君から工業用水の料金問題が提出されまして、企業局長の方では相当自信を持ったお話をされておるようでありますけれども、私はいつもそう思うのですが、商工省の関係ではそういう計算が成り…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第30号(1956/04/11、27期)

先ほど来の質疑応答で、結局この下流増の一番のポイントは両者間で協議ができるのならば法律は要らぬというのと、それから当然の話であるからこの法律が必要だということだと思います。その協議の内容について基本的…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第31号(1956/04/12、27期)

先ほどの議事進行の発言によりまして、きょうばなるべく両大出に集中して、大臣に答弁を求めるような質問をせよというようなお話であります。断わっておきますけれども、大体電力行政というものは今まことに産業の根…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第35号(1956/04/18、27期)

関連して。先ほど田中委員から質問した一番実質的な問題なんですけれども、先ほど来の話を聞いておりますと、大体これの法理論的裏づけを、民法上の不当利得の概念を拡大解釈すれば裏づけが成立つのではないか、しか…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第40号(1956/04/26、27期)

関連。今の田中委員の質問は、一般にこの問題が直ちに電気料金に関係するがごとくに地方に流布されておる向きが多い、従って例を東北電力にとった場合に、本来ならばこれだけ金がふえてくるのだから、従って上げなく…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第41号(1956/04/27、27期)

時間があるようでありますので、参考的に一、二伺いたいと思います。御承知のように、今度の電源開発法の修正の法案の一番問題になったのは、下流増の問題でありますが、下流増の問題というのも、一帯焦点となって…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第65号(1956/10/19、27期)

ちょっと議事進行について。私、質問するわけでありまして、電力を中心としたエネルギー計画を聞きたいのですけれども、それに関連して関連質問の予定になっておりました田中君が汽車の都合で先にやるそうでありま…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1956/11/20、27期)

倉石さんは、私はスト規制法に関する問題は全部十分承知の上でいろいろな発言をされたり、いろいろな立場からの問題の扱い方をされたりしておるのじゃなかろうかと思って、ひそかに同情しておった次第でありまして、…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1956/11/21、27期)

どうももう俗論の質問を許さないような状態にまでなったような感じがいたしますけれども、蛇足かと存じますが、しばらくの間時間を拝借させていただきたいと思います。まず先ほど来この議案の審議に入りまして以来…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1956/11/26、27期)

今の同僚の多賀谷委員と法務大臣との質疑応答に関連して、ちょっとお尋ねしたいと思います。公共の福祉に云々というお話でありましたが、このスト規制法の立法論と解釈論とに分けまして、立法論として、公共の福祉に…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第10号(1957/03/05、27期)

ちょっと関連してお伺いいたしたいと思います。今ちょうど私もそのことを言おうと思っておったら、あとで補足説明をされ、前田さんから話が出たわけですけれども、今のお話の中で、科学技術庁関係の研究所と、それか…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第20号(1957/03/27、27期)

私は最初に宇田さんの心境を伺いたいと思います。今、岡委員との問答を聞いておりましても、原子力委員会でいろいろな話がされる段階も、それから肝心な問題の焦点も、どうも十分にそれん聞き消化するひまがなさそう…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第22号(1957/04/02、27期)

せんだっての委員会におきまして、原子力行政について質問の継続中であったのでありますが、大臣の都合によりまして時間がなくなりましたので、これを続けて質問をさせていただきたいと思います。その中心は動力炉の…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第41号(1957/08/10、27期)

ずいぶんおそくなりましたし、だいぶかかりましたから、私は五、六分簡単に聞きます。正力さんが前に同じこの担当の大臣をしておられましたときに、私は、あまりあわてなさるな、年寄りの冷水というようなことを言っ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 議院運営委員会 第6号(1957/02/05、27期)

繰り返して聞くようでありますけれども、常識的な法律の解釈で、今のような、たとえば総辞職したいと考えた場合に、自分で総辞職するのか、臨時代理が総辞職をするのかという判断をするのは、そうするとお医者さんと…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 議院運営委員会 第11号(1957/02/20、27期)

この議院運営委員会の運用につきまして、一言希望を申し上げておきたいと思います。公報にはいつでもこれは理事会終了後となっておりまして、会館その他におると、いつ開くとも開かぬとも、われわれ委員にはちっとも…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 議院運営委員会 第14号(1957/02/26、27期)

雑談のようでありますけれども、予算を早く上げねばならぬとか、上げるとかいう話は、少しおかしいと思う。内閣が明らかにかわって、そのかわり目をはっきりしようじゃないかといっておるので、予算の審議の問題がこ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1957/03/26、27期)

それでは建設大臣とそれから通産省の関係並びに企画庁の関係の関係官を呼んでいただくようにお願いしてあったのでありますが、どうなったのでありますか。お伺いいたします。ダム共有による所有権がなくなって、ダ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1957/02/19、27期)

経済関係の一般質問でありまするので、私は水田通産大臣並びに宇田長官に対しまして、むしろ大上段に振りかぶりまして、石橋内閣の経済政策の根本問題についてお伺いいたしたいと思うのであります。順次根本的な問題…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1957/02/22、27期)

関連。電源開発計画の設定は、電源開発促進法に基いて審議会の議を経て総理大臣これを決定するというのじゃないでしたか。従って総理大臣が電源開発計画設定の最高責任者じゃなかったかと思いますけれども、念のため…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1957/02/26、27期)

関連して。今の通産大臣のお話によりますと、電気料金の根本的な考え方につきまして、需給が逼迫すれば高くなってもやむを得ぬ。需給が緩和してくれば安くすることも考えられるというふうに聞えたのですけれども、こ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1957/03/15、27期)

今八木委員の電力料金を中心としての問題の質問の最中でありまするが、最近、特にきようの新聞を見ましても、電力の緊急制限問題が非常に大きく出ておりまして、突然に問題を出すようで恐縮でありますけれども、時間…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第38号(1957/05/13、27期)

関連。田中委員の今の技術の問題に入る前に、この法律によって設立される会社の性格について、同時にこの法律の性格について問題が提起されておりました。特に長谷川次官の苦労されておる意のあるところは私十分に了…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第39号(1957/05/14、27期)

お許しを得まして、まず付帯決議の案文を朗読させていただきます。合成ゴム製造事業特別措置法案に対する付帯決議案会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1957/11/09、27期)

ただいま大野教授から、大体これまで法制局がとっておった見解とは完全に反対の意見の開陳があったわけでありまして、電源開発会社はみずから原子力発電を行い得ないであろうということ、並びに原子力発電会社の株式…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1958/02/07、27期)

正力国務大臣が時間に迫られておるようでありますので、根本的なお考えにつきまして、一、二お伺いをいたしたいと思います。昨日、科学技術振興のための基本施策についての長官の御所見を承わったわけでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1957/12/23、27期)

この議題をはずれてよろしゅうございますか。右決議案の趣旨説明を野田卯一君が行うことになっております。また小平忠君より賛成討論の通告がありますが、その時間は大体十分程度とするに御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1958/01/23、27期)

おそらく、これは二番目の説明の営繕工事の分だろうと思いますが、いつでも問題になっている議面の建物は、今度はこれで使えるようになるのですか。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 議院運営委員会 第14号(1958/03/11、27期)

党の方針という話が、今、野原さんからありまして、事実上内容の問題が出ておりますけれども、これは当該委員会である内閣委員会では、相当十分話し合いがされたことですか、官房長官にお伺いいたします。――――…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号(1958/03/14、27期)

緊急上程の順序は……。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 議院運営委員会 第21号(1958/03/28、27期)

これは賛否はどうなのですか。全部全会一致ですか。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 議院運営委員会 第22号(1958/03/31、27期)

ILOの決議のやつを……。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 議院運営委員会 第31号(1958/04/22、27期)

地方行政もあったんですか。それでは本日の本会議は何時にしますか、三時十分くらい……。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 議院運営委員会 第34号(1958/04/25、27期)

今の佐々木さんのお話で、よき慣行であると思いなさらぬのだと言われても、われわれの方で思いなされば仕方がない。そうすれば、これまでの筋の通った一番普通の運営より仕方がないと思います。今の佐々木さんのお話…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1957/12/24、27期)

大臣の時間もないようでございますので、同時にまた、同僚諸君の質問がありますので、私は、きわめて簡単に、根本的な方針だけを伺いたいと思います。登録法の問題、それから長期計画や経済決済問題、さらにまた見本…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1958/02/18、27期)

私は、電力問題、特に再々編成問題を中心にいたしまして、河野企画庁長官並びに通産大臣と、ほんとうは二人並んでおってもらわぬと工合が悪いので、そういう形で質問しようと思ったのでありますけれども、まだそうい…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1958/02/19、27期)

検討中ということですけれども、今、田中君が言いましたように、きょうの新聞をごらんになっていると思いますが、昨日の閣議では、河野長官の方からは、了解を得たと思っていると、こう言っておられますし、それから…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1958/03/04、27期)

おそらく運営につきましては、常に理事会で相談されてやられることだと思いまして、私どもは常に理事に要望しておるのでありますけれども、実際にこの委員会がずっと低調であったという事実は、私はいなめないと思う…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1958/03/18、27期)

私は、一般の通産行政の質問に際しまして、特に電力問題につきまして質問をいたしまして、通産大臣と企画庁長官と同席のもとに、問題の解明を要求いたしましたけれども、その機を得ずに現在に至っておるわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 商工委員会 第28号(1958/04/08、27期)

二、三質問をいたしたいと思います。先ほどの笹本並びに多賀谷同僚議員の質問と関連するような形で、お答えを願いたいと思いますけれども、第一には、総合エネルギー政策の一貫としてのエネルギー部門の合理化方針に…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 27期(1955/02/27〜)  1本提出

質問主意書一覧

今次の日ソ漁業交渉特に沿海州漁業に関する質問主意書
第24回国会 衆議院 質問主意書 第10号(1956/05/21提出、27期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22