真崎勝次衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

27期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  0回発言      0文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  0回発言      0文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 63)  5回発言   6522文字発言
 第23回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  3回発言   1074文字発言
 第24回国会 81回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 81) 10回発言  17476文字発言
 第25回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  2回発言    781文字発言
 第26回国会 64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 64)  4回発言   5067文字発言
 第27回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  1回発言    157文字発言
 第28回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 35)  5回発言   5564文字発言

  27期通算 281回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員278) 30回発言  36641文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
           196回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員196) 13回発言  24542文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
            57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 54) 16回発言  11883文字発言

 予算委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    216文字発言

 農林水産委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 国土総合開発特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第28回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1955/05/24、27期)

特にソ連に関してでありますが、十年前に当然帰さなければならぬ人を今日まで帰さなかったその理由がわかっておれば伺いたいし、また、聞くところによると、裁判等を理不尽に行なって戦犯扱いにしておるといううわさ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1955/06/09、27期)

関連して。山下委員より根本観念について御質問になりまして、私も非常に同感でございますが、二、三、私が特に体験しておるところから申し上げて、当局の反省と、そのお考えを伺いたいと思います。大体、取り扱い…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第10号(1955/07/08、27期)

この際動議を提出いたします。本件は一日も早く実現しなければならぬ問題でありますし、各派一致の強い要望もありますので、この際委員会の決議とし、ビルマ地域における戦没同胞の遺骨収集を実現したいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1955/03/26、27期)

私は本案に賛成するものでありますが、さらにこれに関連して伺いたいのは、この海上保安庁の本質から考えると、旧水上警察みたいな任務を帯びておるので、もう一歩進めて、むしろ国警と一本にしておく方が経費もかか…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 内閣委員会 第36号(1955/07/07、27期)

私は日本民主党を代表いたしまして、ただいま上程になっております両法律案に対し討論するものでありますが、日本民主党並びに自由党の共同の改正案に賛成し、両派社会党の共同修正案に反対するものであります。逐次…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1955/12/06、27期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、委員長が選任されるまで、規則第百一条第四項により、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1955/12/08、27期)

今の質問に関連して。――どんな法律を作りましても、人間の作った法律だから、必ずどこかに落度がありますから、例外を設けて、審議会か何かにかけて、これはやむを得ないから、こうしてやろうというような処置をし…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1955/12/12、27期)

各委員の今までの質問その他参考人の御説明によって考えましたことに基いて、私の希望を申し述べたいと思いますが、本委員会として、もはやこの抑留者の帰還あるいは留守家族その他被害の救済について、政府に対して…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1955/12/23、27期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、委員長が選任されますまで、規則第百一条第四項により、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第14号(1956/05/23、27期)

まず参考人にお礼を申し上げたいと思います。大体は、戸叶委員の質問に対して、政府からも参考人各位からもお話を承わりまして、わかりました。私も次男、三男を失った遺族でございます。その死んだ者の遺言、日誌な…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第17号(1956/08/10、27期)

今回の中共地区からの引き揚げにつきまして、舞鶴における引き揚げ状況及び受け入れ援護状況等についてその実地調査の御報告を申し上げます。本委員会から派遣されました委員は、私と桜井奎夫君の二名でありまして…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 社会労働委員会 第46号(1956/05/18、27期)

今回政府が日本住血吸虫病の予防、撲滅のために当該公共団体と協力されて来年度以降十カ年にわたりコンクリート溝渠新設の基礎計画を定むべきことを法定するに至りましたことは、同病害の惨状にかんがみましてまこと…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1956/02/08、27期)

ただいまより板付基地調査団を代表して、調査の経過並びに結果について御報告申し上げます。本調査団の一行、真崎、福井、茜ケ久保、石橋の四委員は、去る一月十一日より十五日に至る五日間の日程で現地におもむき…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1956/02/21、27期)

私は二、三の問題につきまして、この際首相の御信念を伺っておきたいと存じます。第一には、国家と憲法とはどっちが大事と考えておいでになるか、伺いたいのでございます。これは自明の理のようでございますが、これ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第39号(1956/04/25、27期)

石橋君の質問に関連いたしまして一言総理にお伺いいたしたいと思います。戦争は政治目的を達するために戦うのでありますから、統帥に政略、政治が優先することは当然な話でありますが、一たび戦い出しますと、戦争に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第42号(1956/05/08、27期)

二、三簡単に伺いますが、この気象教育というものは昔からあまり行われていなくて、船乗りか飛行家でなければ、国民はあまりこれに関心を持たなかったのであります。当局の観測自身も必要でありますけれども、気象に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第48号(1956/05/17、27期)

ちょっと勲章問題に関連して、根本的にもう少し研究しなければならぬものは、戦争の責任者だと思います。少くとも憲法上の輔弼の臣であって、天皇の名において命令を出した人と、あるいは計画してそれを実行した人と…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 内閣委員会 第52号(1956/05/23、27期)

ちょっと関連して……。さっきから士官学校の生徒、兵学校の生徒の身分取扱い、それから戦時勤務と認めるか認めないかの解釈について質疑応答があったようでありますが、従来海軍で取り扱ったところを御参考までに申…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1956/11/12、27期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、委員長が選任せられますまで、規則第百一条第四項により、一委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1956/12/03、27期)

皆さんどうも御苦労様でした。この問題を正しく解決するために、皆さんの腹蔵なき御意見を二、三伺いたいと思います。むろん日本歴史にない、世界の歴史にもない、無条件降伏をして、二重降伏をするというような惨た…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1957/02/06、27期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、委員長が選任されますまで、規則第百一条第四項により、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1957/03/15、27期)

時間がおありにならないときまことに恐縮ですが、先刻からの質疑応答の軍人恩給の問題は事重大と思いますので、一言申し上げますが、御答弁はこの席ではけっこうです。先ほどからの質疑応答を伺っていると、問題はこ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第31号(1957/04/18、27期)

私はこの際簡単に二、三の点について恩給局長にお伺いしたいと思います。第一に、こういう特別制度を臨時に設置されますが、恩給法の基礎観念、本質からして考慮すべき順序は、まず国家のために死亡した者、すなわ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 内閣委員会 第37号(1957/05/07、27期)

私は二月十一日を建国記念日に定められることに非常に賛成ですが、提案者がこういうものを提案せられた理由は、現在の日本が全く精神的統一を欠いて、そうしてこれを客観的に見れば、日本人であるのか、支那人である…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1957/11/01、27期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任せられるまで委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1957/12/21、27期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、委員長が選任せられますまで、衆議院規則第百一条第四項により、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1958/02/19、27期)

関連して。あなたが抽象的に話されたその裁判の実例を、こういう場合があった、日本人に対して、朝鮮人に対して、ソビエト人に対して、こういう無実の罪の実例があったということを御存じならば、それを話していた…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1958/04/17、27期)

関連して。――辻委員、中山委員から詳細質疑がありましたので、申す必要もないようでありますが、これは非常に大きな問題でございます。日本再建上非常に重要な精神的な基礎になりますから、一つこの機会に一言お願…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1958/03/05、27期)

私は恩給の根本観念について非常に認識がまだ足らぬと思います。また特に軍人に恩給を優先して下さることになっておったことに対する認識も非常に足らぬと思う。また世論世論と申しますけれども、世論はむろん尊重せ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1958/03/19、27期)

関連して長官に一言お尋ねしたいと思います。つまり漁業のとり方の方法その他についても調査は必要でございましょうが、大体日本が敗戦の結果とはいいながら、ソ連を初めとしてあるいは朝鮮、あるいは中共、あるいは…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22