戸叶里子衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  0回発言      0文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  0回発言      0文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  1回発言   6556文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  1回発言   6556文字発言

本会議発言一覧

第33回国会 衆議院 本会議 第6号(1959/11/10、28期)

私は、ただいま報告されました日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約改正の報告に対しまして、日本社会党を代表して、首相並びに外相に若干の質疑を試みんとするものであります。(拍手)質問の前に申し上げたいことは、この条約が日本国の運命を左右するものであり、また、国民の多数が戦争に巻き込まれるおそれがあ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  9)  8回発言  30323文字発言
 第30回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  4回発言  22330文字発言
 第31回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  2)  7回発言  36086文字発言
 第32回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言   8086文字発言
 第33回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  0)  4回発言  29632文字発言
 第34回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 34)  9回発言  70947文字発言
 第35回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言   7159文字発言

  28期通算  95回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 50 委員 45) 34回発言 204563文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 45 委員  8) 24回発言 137601文字発言

 日米安全保障条約等特別委員会
            33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 33)  6回発言  58508文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  3)  3回発言   7065文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1389文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第29回国会)
 外務委員会理事(第30回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第30回国会)
 外務委員会理事(第31回国会)
 外務委員会理事(第32回国会)
 外務委員会理事(第33回国会)
 外務委員会理事(第34回国会)
 外務委員会理事(第35回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1958/07/17、28期)

一点だけお伺いしたいと思うのですけれども、受田委員に対する外務大臣の御答弁を伺っておりますと、中共との関係はあくまでも静観の態度であるというこの御答弁は、前の特別国会においての各委員会の答弁とちっとも…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1958/08/11、28期)

議事進行。きょうは、外務省の担当官しかおいでにならないようでございますけれども、これは非常に重要な問題でございますから、この次に外務大臣でもお呼びいただいて確かめる機会を作っていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1958/06/25、28期)

日本の経済の振興をはかるには、どうしても貿易を促進させなければならない、こういうことはだれでも考えておることでございますけれども、今日の日本の情勢を見ましたときに、政府の外交の拙劣さから中共との貿易も…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1958/07/03、28期)

時間がないのでごく、二三点だけ核実験の問題について、私は外務大臣に質問をしたいと思います。新聞によりますと、今度七月の二十五日から三、四週間アメリカがジョンストン島で核実験をするので、そのための危険水…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1958/07/04、28期)

私は提出者を代表して日本への核兵器持込み禁止並びに核非武装に関する決議案の趣旨弁明を試みんとするものであります。まず最初に案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1958/07/28、28期)

中近東の問題につきましては同僚の議員からだいぶ出ましたけれども、私二、三点だけ確かめておきたいと思うのでございます。まず第一にきょうの午前中の質問を伺っておりますと、国連憲章五十一条につきまして、ア…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1958/08/30、28期)

私は先ごろの国連総会におきましての中東をめぐる決議案について、いろいろ伺いたいことがございますが、あれは結論としては、大へん藤山外務大臣もお手柄を上げられたわけですけれども、その段階におきまして、与党…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1958/09/01、28期)

外務大臣は明後日御出発のようでまことに御苦労様でございます。国際問題が非常に国民の関心を呼んでおりますときに、国際舞台を踏まれるのでございますから、いろいろな意味から国民は期待していると思います。そこ…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1958/10/30、28期)

時間もないようでございますから、簡単に二、三点だけ参考人の方に伺いたいと思います。野倉さんも平出さんも、ほんとうに御苦労さまでございました。私お話を伺っておりまして、何か胸の中が熱くなるような思いをし…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1958/10/08、28期)

日米委員会が四日に初めて開かれまして、岸首相、マッカーサー大使、藤山外務大臣等が御出席になって、安保条約改定についての話し合いが始められたということが報道されております。そこで日本の政府としては、政府…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1958/10/22、28期)

私は主として安保条約の問題につきまして、政府の客観的な国際情勢を見た上での基本的な態度というものをまず伺って、その改定内容について数点触れてみたいと思う次第でございます。まず安保条約の改定ということ…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1958/10/31、28期)

時間もないようでございますから質問だけしたいと思います。安保条約の改定に当りまして、岸首相も外務大臣も、今度は対等的な、そして自主的なものにするということを繰り返しておられます。そうすると今までの安…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1958/12/22、28期)

私、質問に入ります前に第一にただしたいことは、実は安保条約のその後の経過並びに内容等につきまして、本会議で緊急質問をするように党できまっておりましたけれども、自民党の方のいろいろな御都合で、することが…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1959/02/13、28期)

直接この法案と関係はないのですけれども、関連して伺いたいのです。基本的には、大使館なり公使館なり領事館というものは、国交が回復して作るわけでございますけれども、日本がまだ在外公館を持っておらない国々、…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1959/02/27、28期)

明日は岸首相もお見えのようでございますけれども、私都合があって参れませんので、きょうわずかな時間で二、三点藤山外務大臣に質問を申し上げておきたいと思います。まず、昨日外交関係の閣僚懇談会で、日米安保…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1959/03/18、28期)

私は藤山外務大臣に対しまして二、三の質疑を試みたいと思います。まず最初に、けさの新聞にも発表されておりましたように、社会党の使節団と中国人民外交学会との間の共同声明が発表されたわけでございます。そし…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1959/03/19、28期)

ガットの三十五条の適用をするために、日本もいろいろと貿易上において損をするような場合が多いわけでございますけれども、この適用を排除するための根本的な政策として、何か今の日本政府はお持ちでございましょう…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1959/03/25、28期)

私は一、二点外務当局に伺っておきたいと思うのですが、実はルバング島の日本の元の兵隊さんの放った銃弾が水牛を殺したという事件は、よく調べてみたところが、そのたまは日本のものではなかったということがはっき…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1959/04/27、28期)

請願を委員会で採択する以上は、やはりそれが実現するような努力を払わなければならないと思うわけでございますが、今の北鮮へ帰還したい人の問題につきましては、御答弁がありまして私も大体了承いたしましたけれど…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1959/07/03、28期)

時間がないようでございますから、私は二、三点だけ安保条約の問題について質問をいたしますが、今床次さんの御意見と藤山外務大臣との御意見を伺っておりまして、私は違った角度からそれに対する質問をしたいのです…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1959/11/20、28期)

関連して。委員長も、ただいまの松本議員と政府との質疑の応答で、答弁の非常に食い違いのあることやら、そしてまたこの重大な賠償の協定を、この一番問題になる点を解決しないで、これより進むことは非常に困難だと…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1959/11/24、28期)

私は今春日委員の非常に熱心ないい御質問を伺っておりましたけれども、それに対する政府側の答弁というのは、まことにおざなりにすぎないのでございまして、私も国民の一人としてまことに残念だと思います。国会にお…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1959/11/30、28期)

松本委員から大体御質問がございましたので、私は一、二点だけ伺いたいと思います。先ほどの御答弁を伺っておりまして、各日本への輸入国からどのくらい輸入をしておるかということがわかったのですけれども、輸入…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1959/12/24、28期)

安保条約改定の問題につきましては、だいぶ国民の間にも、研究すればするほど非常に軍事同盟的なもので、なんとかこれの調印を阻止しなければならぬという空気が盛り上がってきております。にもかかわらず、新聞によ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1960/03/17、28期)

関連。今の御説明を伺ったのですが、スイスが自由貿易連合の中に入っていて、日本と今度はこういうふうな宣言を締結するわけなんですけれども、自由貿易連合に入っていながら、日本とこういう関係を結んでも、何らそ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1960/03/31、28期)

今松本委員からも御指摘がありましたように、移住関係というのは非常に重要な問題を含んでいるわけでございまして、今御答弁によりますと、移住者の貸付金の条件を緩和するだけだからというふうなことでございました…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1960/03/29、28期)

滝井委員の質問に関連いたしまして、二点だけ伺わせていただきたいと思います。その第一点は、外国にいた人で日本に帰ってきてからけい肺になった人、あるいは外国にいまして粉じん作業に携わっておりました場合に…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第11号(1960/04/01、28期)

私は、きょうは極東の問題だけの関連質問でございますので、他の点についてはあとでよく聞きたいとと思いますけれども、実はきょうはあと三十分しか時間がないわけですね。従って、極東の範囲あるいは在日米軍の行動…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第16号(1960/04/11、28期)

安保条約というのは、日本の将来にとりまして非常に重大な影響を与えるものであります。この国会に議席を持つ議員は、与党であると野党であるとを問わず、ほんとうに真剣にこの条約と取っ組んで、私たちの子孫に悔い…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第17号(1960/04/13、28期)

私は、資料を要求したいと思います。その一つは、米韓、米台条約に基づく行政協定、これは、たしか松本委員からも言われていると思うのですが、これがまだきておりませんから、これをぜひお願いしたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第24号(1960/04/27、28期)

今の地図のことで、関連して伺いたいと思います。先ほどの藤山外務大臣の御答弁の中にもちょっと触れられましたけれども、二月十八日に、外務省で、藤山外務大臣とマッカーサー・アメリカ大使との間で書簡が交換さ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第28号(1960/05/04、28期)

私は、沖繩の問題につきまして二、三点関連質問をしたいと思います。この合意された議事録をずっと読んでみますと、日本が、今回の沖繩の問題を話し合うときは、その主権の問題については何も触れなかった。そうし…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第30号(1960/05/07、28期)

今の石橋委員の質問に関連して伺いたいのですけれども、この集団的安全保障というのは、たとえばSEATO、それからNATO、米韓、米比、そういうふうな条約に見られるような集団的自衛権を行使した場合に、集団…会議録へ(外部リンク)

第35回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1960/08/31、28期)

慣例によりまして、一言委員長就任のお喜びを申し上げたいと思います。ただいま大臣並びに政務次官からも就任のごあいさつがございまして、まことにおめでとうございます。特に私は、きょう委員長にお喜びを、慣例…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22