小島徹三衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  1回発言   1084文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  4回発言   2363文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  1回発言   1412文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  6回発言   4859文字発言

本会議発言一覧

第30回国会 衆議院 本会議 第15号(1958/10/31、28期)

ただいま議題となりました司法試験法の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のように、昭和二十四年、大学制度が新制大学に切りかえられて以来、昭和二十八年ごろから、大学在学生の司法試験合格者数は逐年減少の傾向をたどつておるのであります。そのた………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第14号(1959/02/13、28期)

ただいま議題となりました裁判所職員定員法の一部を改正する法律案について、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本法案の改正点は、最近における民事、刑事事件の増加、裁判官の不足等のため、地方裁判所においては、本来合議体で扱うのが適当と思われる複雑困難な事件が単独の裁判官で扱われて………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第19号(1959/02/26、28期)

ただいま議題となりました下級裁判所の設立及び管轄区域に関する法律の一部を改正する法律案について、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。この法律案の改正の要旨は、最近における市町村の廃置分合、名称の変更並びに交通の利便等に伴い、第一に、二俣簡易裁判所外二ヵ所の簡易裁判所の名称を、………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第23号(1959/03/06、28期)

ただいま議題となりました二法案につきまして、委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のように、政府は、人事院勧告の趣旨にかんがみ、今般一般政府職員の給与の改定に関する措置を講じようとしております。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第36号(1959/04/07、28期)

ただいま議題となりました裁判所職員定員法の一部を改正する法律案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。本案の趣旨は、定員外職員の定数の一部を裁判所職員定員法による裁判所の職員の員数に組み入れることとすることであります。従来、裁判所におきましては、二カ月以内の期間を定めて雇用される定員外の常勤職………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第22号(1960/04/15、28期)

ただいま議題となりました下級裁判所の設立及び管轄区域に関する法律の一部を改正する法律案外二法案につきまして、委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、下級裁判所の設立及び管轄区域に関する法律の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会 11回出席(長 11 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第30回国会 10回出席(長 10 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第31回国会 23回出席(長 23 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第32回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  2回発言   2670文字発言
 第33回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員 15)  5回発言   9528文字発言
 第34回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  3)  4回発言   5308文字発言

  28期通算 108回出席(長 44 代理理事 0 代理 0 理事 46 委員 18) 11回発言  17506文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            82回出席(長 44 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員  0)  8回発言  16305文字発言

 災害地対策特別委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  3回発言   1201文字発言

 懲罰委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 法務委員会委員長(第29回国会)
 法務委員会委員長(第30回国会)
 法務委員会委員長(第31回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第32回国会)
 懲罰委員会理事(第33回国会)
 法務委員会理事(第33回国会)
 懲罰委員会理事(第34回国会)
 法務委員会理事(第34回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第32回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1959/08/10、28期)

関連して部長にちょっとお伺いしますが、そうすると、別件になっている脅迫事件というのは、起訴されたのですか、されていないのですか。私から法務当局に申しておきますが、私もこの話を聞いたのはきょうが初耳な…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1959/09/10、28期)

先ほど来お話を承わったのですが、中村君及び猪俣君の質問を通じて感じますことは、この市会を新刑法に立法院で作れ、その市会そのものをそのまま立法院が作ったという形にしようと考えてそういう要求があったのか、…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第7号(1959/11/09、28期)

関連して。ただいまの大蔵大臣の答弁を聞いておりますと、農地及び農業施設については、旧町村単位ということを考えられぬこともないけれども、というお言葉がございましたが、その言葉を逆に解釈すると、公共事業関…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第12号(1959/11/20、28期)

関連してちょっとお尋ねいたします。先ほどの政府委員のお話では何か閘門を開いて水が出たというふうな、そういう人為的なことによって増水して長期湛水したというようなものは含まれない、かようにおっしゃったので…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第15号(1959/12/09、28期)

関連して。ただいま湛水地域についてのお話がございました。その中で百分の五という数字が出たようでありますが、私うわさを聞きますと、三十町歩以上であって、かつ、その市町村の地域の百分の五以上の広さでなけれ…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1959/11/24、28期)

この夏行なわれました国政調査の九州班の調査について御報告いたします。この班は小島、坂本両理事、神近委員の編成で派遣されました。調査の場所は福岡高等裁判所及び長崎地方裁判所でありまして、福岡高裁では八…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1959/12/02、28期)

関連して。――私、昨日の質疑応答を承っておって、あるいは私の聞きそこないかもしれませんが、その言葉の中に、何分この集団陳情の先頭に国会議員の方がおられるので、警察官あたりでも多少手心したとか、そういう…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1960/02/19、28期)

関連して一言だけ聞きたいのですが、先ほどの田中君の質問の中に、土地収用によって収用された土地ないし建物を登記させるという場合は、保存登記を強制することになるのじゃないかという話が出まして、それに対して…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1960/03/01、28期)

今鍛冶君の質問ですが、あなたは不動産に対する強盗罪がこの二百三十六条の二項で適用されるのだとおっしゃいますが、この学説というのは、実際のところは、学者の頭の中に、不動産については、もう不動産の占有争い…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1960/03/08、28期)

一つお聞きしたいのですが、台帳の登録と登記簿の登録が食い違っておっても差しつかえないではないかというのが渡辺さんの御意見のようですが、一番好ましいことは、台帳の記載と登記簿の記載が常に一致しているとい…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1960/04/15、28期)

私は自由民主党を代表いたしまして、政府原案に賛成し、日本社会党並びに民主社会党から提出されましたそれぞれの修正案に対して反対の意を表せんとするものであります。民主社会党修正案につきましては、窃盗罪と…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22