国会議員白書トップ衆議院議員小平忠>28期国会活動まとめ

小平忠衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  1回発言   4371文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  1回発言   5355文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  2回発言   9726文字発言

本会議発言一覧

第30回国会 衆議院 本会議 第16号(1958/11/01、28期)

私は、日本社会党を代表して、政府提出の補正予算案二案の撤回を求め、以下、私が述べる要旨に基いて、政府案の編成がえを求める動議を提出するものであります。(拍手)政府は、台風二十二号の襲来によってしぶしぶながら補正予算を提出したのでありますが、今回の補正予算を出すまでの経緯並びにその内容につきましては、………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第21号(1959/03/03、28期)

私は、日本社会党を代表し、政府提出の昭和三十四年度一般会計予算案、同特別会計予算案並びに同政府関係機関予算案に対し、反対の意思を表明せんとするものであります。(拍手)明年度予算案は、一言にして言うならば、岸内閣が今日まで提出した本予算並びに補正予算を通じて最もその正体を露骨に暴露した予算案と言うこと………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  1回発言   2772文字発言
 第30回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第31回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  1)  4回発言  19442文字発言
 第32回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第33回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  1)  1回発言   1331文字発言
 第34回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員  2)  3回発言  21954文字発言
 第35回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  28期通算  72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 67 委員  5)  9回発言  45499文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員  1)  2回発言   7173文字発言

 予算委員会
            34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  4)  7回発言  38326文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第29回国会)
 予算委員会理事(第30回国会)
 予算委員会理事(第31回国会)
 予算委員会理事(第32回国会)
 農林水産委員会理事(第33回国会)
 農林水産委員会理事(第34回国会)
 農林水産委員会理事(第35回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1958/06/24、28期)

私は日本社会党を代表し、政府に対して本年度一般会計予算その他二予算の補正を行い、直ちに国会に提出するよう要求するものであります。私どもの提出した動議の提案理由並びに予算補正の要旨につきましては、お手…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1959/02/02、28期)

ただいま委員長より宣言されましたように、ただいまから三十四年度の予算の審議に入るわけでありますが、予算の審議に入りますに先だちまして、私は特に委員長並びに政府閣僚に対しまして御留意願いたいことがあるの…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1959/02/07、28期)

私は、昭和三十四年度のきわめて重要な国家予算の総括質問のさなかに、本委員会が一日有半にわたりまして審議に入れなかったことは、まことに遺憾にたえません。そのことは、すでに新聞やラジオでも報道されておりま…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1959/02/25、28期)

最初に大蔵大臣に質問をいたします。三十四年度の予算の編成に当りまして、過ぐる三十三年十二月十九日の閣議におきまして、最重要施策の推進というところの三番目に、農林漁業の振興という項目が記載されておりま…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1959/03/27、28期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、政府提出の昭和三十四年度予算補正(第1号)に反対の趣旨を明らかにいたします。本案の内容は、国際通貨基金及び国際復興開発銀行への出資増額に伴い必要となる払い込みとい…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1959/11/14、28期)

私は社会クラブを代表して、政府提出の補正予算三案に反対の意向を明らかにするものであります。政府案の歳入補正、すなわち財源措置については、先ほどわがクラブの佐々木委員の指摘した通り、政府として当然計上…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1960/03/11、28期)

政府は重要機械類の輸入関税免税措置を一カ年間延長するということにきめたというのでありますが、その理由はどういうことでありますか。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 農林水産委員会 第29号(1960/05/17、28期)

この際、諸君の御同意を得まして、自由民主党、日本社会党及び民主社会党を代表いたしまして、三党共同提案によります開拓関係三法律案について附帯決議を付するの動議を提出いたします。まず最初に、開拓営農振興…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1960/02/16、28期)

昭和三十四年度の予算補正に関しまして総理大臣にお伺いいたしたいと思いますが、政府はかねてから、第三次の補正については、災害関係以外は行なわないということをたびたび言明されておったのであります。しかるに…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22