永山忠則衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  0回発言      0文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  1回発言   2493文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  1回発言   3345文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  8回発言  11496文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19) 10回発言  17334文字発言

本会議発言一覧

第31回国会 衆議院 本会議 第7号(1958/12/23、28期)

私は、ただいま上程になりました文部大臣灘尾弘吉君不信任決議案に対し、自由民主党を代表して絶対反対をいたすものであります。(拍手)以下、その理由を述べて反対討論をいたします。思うに、勤務評定は、人間の住むいかなる社会においても行われておるのであります。(拍手)われわれ国会議員は、最も峻厳に国民の勤評を………会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 本会議 第19号(1959/12/16、28期)

ただいま議題となりました炭鉱離職者臨時措置法案、医師等の免許及び試験の特例に関する法律等の一部を改正する法律案及びクリーニング業法の一部を改正する法律案について、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、炭鉱離職者臨時措置法案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第13号(1960/03/18、28期)

ただいま議題となりました、失業保険法及び職業安定法の一部を改正する法律案、厚生年金保険の一部を改正する法律案、日雇労働者健康保険法の一部を改正する法律案及び船員保険法の一部を改正する法律案につきまして、社会労働委員会における審査の経過並びに結果の大要について御報告を申し上げます。第三十一回国会におい………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第16号(1960/03/29、28期)

ただいま議題となりました労働者災害補償保険法の一部を改正する法律案及びじん肺法案について、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。労働者の業務上の傷病に対する予防及び災害補償につきましては、労働基準法及び労働者災害補償保険法に基づいて実施されているところでありますが、けい肺等………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第18号(1960/03/31、28期)

ただいま議題となりました精神薄弱者福祉法案につき、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。全国で約三百万人といわれる精神薄弱者のうち、児童福祉法の対象とならない十八才以上の者に対しては、社会一般の理解や関心はきわめて薄く、現在、ややもすれば福祉の措置に欠けるきらいがあって、家………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第22号(1960/04/15、28期)

ただいま議題となりました優生保護法の一部を改正する法律案について、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案の内容は、都道府県優生保護審査会の決定に基づく優生手術に関する費用については、現在は直接国庫が支出することになっているのを、都道府県の支弁とし、国庫はその費用を負担す………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第29号(1960/05/06、28期)

ただいま議題となりました医療金融公庫法案について、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。国民皆保険制度はいよいよ明年四月には実現の運びとなったのでありますが、これがためには、公私の医療機関の適正な整備と機能の向上をはかることがきわめて肝要であります。しかして、現在、公的医療………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第30号(1960/05/13、28期)

ただいま議題となりました両法律案につきまして、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、引揚者給付金等支給法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第38号(1960/06/17、28期)

ただいま議題となりました母子福祉資金の貸付等に関する法律の一部を改正する法律案につき、社会労働委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本改正法律案のおもなる内容について申し上げますれば、まず第一は、母子世帯の中には事業経営の能力に欠けるため現行制度を十分活用できないものが多く、また、………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第41号(1960/07/15、28期)

ただいま議題となりました六法案について、社会労働委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。まず、原子爆弾被爆者の医療等に関する法律の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  1回発言   2889文字発言
 第30回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第31回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  6)  9回発言  19814文字発言
 第32回国会  5回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第33回国会 15回出席(長 15 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言     29文字発言
 第34回国会 41回出席(長 41 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言     93文字発言
 第35回国会  6回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

  28期通算 108回出席(長 61 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員 14) 12回発言  22825文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            64回出席(長 61 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言    122文字発言

 文教委員会
            34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員  1)  6回発言   8346文字発言

 農林水産委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  11786文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1205文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1366文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 社会労働委員会委員長(第32回国会)
 社会労働委員会委員長(第33回国会)
 社会労働委員会委員長(第34回国会)
 社会労働委員会委員長(第35回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文教委員会理事(第29回国会)
 文教委員会理事(第30回国会)
 文教委員会理事(第31回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1958/06/24、28期)

大体本法案で問題点になっておりますのは、教職員に対しまして、旧来教職員の任務は無定量であるから、超勤手当は出さずに号俸の調整によって、いわゆる特別調整によって、超勤手当に見合うような工合に特別調整がし…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1958/12/19、28期)

やはり関連いたしましてお尋ねいたしたいのでございまするが、ただいま副総裁は新潟県と広島と高松に来春には支社を置きたいというお言葉がございましたが、広島は元、管理局の所在地でありましたにもかかわらず、旧…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第27号(1959/04/03、28期)

きわめて簡単に申し上げますが、ただいま保科委員、高橋委員から申されましたように、恩給及び扶助料の取扱いに対しまして、きわめて不公平、不均衡になっているという点に対しては、今松政府委員は、昨昭和三十三年…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 農林水産委員会 第18号(1959/03/05、28期)

ただいまの問題に関連してお尋ねしたいと思うのですが、内閣法制局の方はどうなっておりますか。――それでは、法制局の方がおいでになるまで、ただいま質問されました点について、まだちょっと了解しにくい点があり…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 農林水産委員会 第23号(1959/03/13、28期)

この統一見解の御発表は、われわれ農林委員会の方ではいつおやりになりましたのですか。私ちょっと他の委員会におりましたので、きょうが初めてなんでございますが、正式な統一見解の発表はきようでございますか。…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1959/03/20、28期)

社会教育法等の一部を改正する法律案について質疑をいたしたいと存じます。社会教育は自主性を中心としたもので進むべきであるということが、憲法の精神からも社会教育法の精神から見ても考えられるのであるが、こ…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1959/03/31、28期)

関連して。憲法八十九条の教育は、社会教育よりは狭いというようにいわれているのですが、これは一体だ、こういうことをいわれるわけです。そうすると、附則の六項で体育協会へ補助金を出していく、あれは憲法違反だ…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1959/04/01、28期)

社会教育主事を必置制にしてあるのでございますが、これに対する予算的措置は、すでに前の質問によって一応三億円ばかり地方交付税の対象にいたしておるというように承わっておるのでございます。これを全国の市町村…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1959/04/03、28期)

社会教育法等の一部を改正する法律案に対する修正案を朗読いたします。社会教育法等の一部を改正する会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 文教委員会 第22号(1959/05/09、28期)

ついでに学制改革の方も調査をするように、三つ合せて……。それでは本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1959/10/30、28期)

御異議なしと認め、さように決しました。これにて解散いたします。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第18号(1960/03/17、28期)

長起立多数。よって、本案は原案の通り可決すべきものと決しました。次に、田中正巳君外二十三名提出、厚生年金保険法の一部を改正する法律案について採決いたします。本案に賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22