松前重義衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  0回発言      0文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  0回発言      0文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   4089文字発言
 第30回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  8回発言  36890文字発言
 第31回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  5回発言  43033文字発言
 第32回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   6781文字発言
 第33回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   5499文字発言
 第34回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言  36703文字発言
 第35回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  11664文字発言

  28期通算  52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 52) 21回発言 144659文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 科学技術振興対策特別委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  8回発言  55950文字発言

 逓信委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20) 10回発言  68765文字発言

 文教委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言  11391文字発言

 商工委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   8553文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1958/07/08、28期)

その前に、先ほどの本島委員の御質問に関連いたしまして、簡単に質問いたします。それは教育の機会均等の実現の問題です。私は青少年の問題を考えるときには、これは社会教育の面において考えることも必要でありま…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1958/10/29、28期)

関連して……。私は、原子力の研究と電子工学の研究とが車の両輪のようになって、新しい科学技術の進展が行われつつあるのが世界の現状であると思うのです。科学技術庁の設立の当初、計画されました趣旨というものは…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 逓信委員会 第1号(1958/10/08、28期)

だいぶ時間もたちましたので簡単に質問をいたします。まず第一は、郵政省設置法の一部を改正する法律案を今回お出しになったのでありますが、その中で電気通信監理官を廃して新たに電務局を置く、これは内閣委員会…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 逓信委員会 第4号(1958/10/22、28期)

私は有光さんに簡単に御意見を承わりたいと思います。最近教育放送というものがだんだん実現の域に達しました。そこで将来においては超短波によるFM放送が相当チャンネルを持っておりますから、これが開放される…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 逓信委員会 第5号(1958/10/24、28期)

関連。これは非常に重大な問題でありまして、私はことにこの警職法は非常に重要な、国の運命に関係すると見ておる。われわれは重大な決意を持って今警職法にぶつかっております。ことに戦争中、戦前に弾圧を受けたよ…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 逓信委員会 第6号(1958/10/27、28期)

この前の委員会で二、三の質問を大臣に試みたのでありますが、そのときに郵便貯金の運用については非常にむずかしい問題であるが努力をする、こういうふうにお話がありました。だいぶ時間もたって参っておりますので…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 逓信委員会 第7号(1958/10/29、28期)

文部大臣がおりますから、一口伺いたいと思います。学校放送といいましても、通信教育を超短波のFM放送でやる、これはアメリカあたりで盛んにやっておることでありまして、この点について文教委員会で一ぺん伺った…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 逓信委員会 第8号(1958/10/30、28期)

放送法の内容について二、三御質問申し上げます。まず第一点は、現在の放送法の第五条であります。「国際放送は、国際親善を害するものであってはならない。外国において放送をする目的で編集した放送番組を外国に…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1958/10/31、28期)

私は専科大学について少しお伺いしたいのであります。専科大学に対する御説明を私は聞いておりません。この委員会からちょっとほかに出かけておりましたので知りませんから、あるいはすでに説明された部分についても…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1959/02/04、28期)

私は、高碕科学技術庁長官に対しまして、通産省と科学技術庁との両者の長官を兼務しておいでになりまする関係上、今日までいろいろな行きがかり等もあったのでありまするから、これらの諸問題についてどのような態度…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1959/02/13、28期)

関連して。私は初めからこの問題について質問しようとは思いませんでしたが、思いついたことについて、また、ただいま質疑応答に対して感じたことを申し上げてみたいと思います。三井鉱山におきまして、いわゆる地…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第4号(1959/02/18、28期)

私は、関連して質問をいたします。ただいまの岡さんの質問は非常に重要な問題であります。そこで、私は政府と原子力委員会にお尋ねしたいのですが、この間、私が要求したアメリカの原子力委員会の運営に関する資料…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1959/02/25、28期)

ちょうど石川原子力委員がお見えになっておりますのでお尋ねいたします。ただいま岡委員から御質問いたしましたことに対して簡単なお答えがありましたけれども、私は、この原子力の研究、開発の促進政策としては三つ…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 商工委員会 第36号(1959/03/26、28期)

私はあまり独禁法について詳しくないのですけれども、少ししろうと質問をしてみます。特許の手数料の値上げをすることによって、特許の出願件数があまり多過ぎるから、その粗製乱造を防いでこれを選択して、いいも…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 逓信委員会 第4号(1959/09/10、28期)

あとで大臣に御答弁願いますが、最初に電波監理局に伺います。わが国の電波関係すなわちエレクトロニクスの工業生産品が海外に相当に今輸出されておる。聞くところによりますと、ゲルマニュームの消費量は世界の五…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1959/11/13、28期)

災害の問題に政府が非常に関心を寄せられておるのはけっこうだと思いますが、一言、長官の御意見も承り、それから災害に関する考え方について、今までの考え方と少し違った考え方をもって臨んだらどうかと私は思うも…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第13号(1960/05/18、28期)

政務次官はけっこうです。この法案に関連して大臣の所見を伺いたいのでありますが、原子力損害の賠償に関する法律案の提案理由の大体の御趣旨は、もっともなところも相当にあるのでありまするけれども、ただ、私ど…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 逓信委員会 第7号(1960/02/24、28期)

第二次五カ年計画の改訂におきまして御質問をしたいと思うのですが、その一つは、料金政策と加入区域との問題であります。料金政策と加入区域の問題というのは、どういう意味を含んでおるかと申しますと、たとえば東…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 逓信委員会 第12号(1960/03/15、28期)

私は、この前質問に立ちましたときに、技術革新と労働問題に関する政府の統一見解を伺いたいということを申し上げまして、大臣は統一見解を発表するということでございましたから、その点をまず伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第35回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1960/09/01、28期)

御新任早々でありまして、しかも、池田内閣は一つの目先の変わった政策をいずれ御発表になるようなふうに承っておりますから、ここで一言科学技術に関連したことの範囲、そしてまた、科学技術の振興と文教政策との関…会議録へ(外部リンク)

第35回国会 衆議院 逓信委員会 第3号(1960/08/10、28期)

簡単にいたしますから一つ簡単にお答えを願いたい。私は新しく就任されました大臣にいつも質問をいたしておりますが、その質問のたびごとに私の質問の課題については考慮すると口約をされまして、一度も実行されてな…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 28期(1958/05/22〜)  1本提出

質問主意書一覧

東海大学における原子炉設置に関する質問主意書
第30回国会 衆議院 質問主意書 第5号(1958/12/03提出、28期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22