田中幾三郎衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  0回発言      0文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  0回発言      0文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  4回発言  13510文字発言
 第30回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言   2077文字発言
 第31回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  7回発言   5152文字発言
 第32回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言   5323文字発言
 第33回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  3回発言   6797文字発言
 第34回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員 11) 10回発言  36132文字発言
 第35回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第36回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言

  28期通算 100回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員 74) 27回発言  68991文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 38) 13回発言  45834文字発言

 決算委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 12)  8回発言   9781文字発言

 災害地対策特別委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  3回発言   6797文字発言

 日米安全保障条約等特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言    656文字発言

 懲罰委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言

 国土総合開発特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1386文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4537文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第34回国会)
 法務委員会理事(第34回国会)
 決算委員会理事(第34回国会)
 法務委員会理事(第35回国会)
 決算委員会理事(第35回国会)
 法務委員会理事(第36回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1958/09/16、28期)

関連して。政府で内定してあるにすぎないので、今後検討してよく研究し、勉強する、こう言うのですが、その後における本機を注文して、機械を引き取るということに至るまでの交渉の段階は、どういうふうにやっていく…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1958/06/26、28期)

最近労働組合に対する弾圧の問題が非常に大きく浮び上って参りました。ことに刑事事件に関値して、この背後にはやはり労働組合の運動を圧迫するというような傾向が琳われてきておるのであります。私は特にこの問題に…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1958/07/03、28期)

関連して。今、菊地委員の質問のうちに、昭和二十三年にこの問題に関して団体交渉を行なったという事実の上に立って、長官からただいまのような通達が出されておるということがあったが、この事実を没却しないで、こ…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1958/09/26、28期)

私はこの際今の中村委員の発言に関連して一つお伺いしたいのですが、長官にいま一度警察法の第一条と第二条をごらん願いたい。最近の警察の幹部並びに以下の職員は、おそらくここにうたつてある民主警察の理念という…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1958/10/07、28期)

今伺っておりますと、今のような事故のあった場合、慰謝料その他の損害賠償をするという場合に、どうもあなたの口うらは、行為を起した責任者と申しますか、その方でみずから目盛りをして、自分の方できめて出すよう…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1958/10/17、28期)

資料を要求します。従来、司法部に人材が集まらぬというのは、待遇が他の公務員より冷遇されておるということが言われておった。ですから、私どもがおそれるのは、大学生の優秀な者は司法部へ集まってこないという…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1959/03/13、28期)

関連して。吉村参事官は天川氏にしばしば――ほとんど数十回というのですけれども、ごちそうになっておる。いわば供応を受けておるわけです。これは歴然たる事実です。そこで、この天川氏に機種決定の資料の調査を委…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 決算委員会 第12号(1959/03/20、28期)

先ほど田中委員長から資料の要求がありましたが、私はその前にちょっと聞いておきたい。この問題はグラマンにきまったということが一つ。それからロッキード、ノースロップ、これらを否決といいましょうか、採用しな…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 決算委員会 第14号(1959/03/26、28期)

広岡証人に伺いたい。機種決定の方法論を調査するために天川に委嘱したと言われますが、何かその仕事の結果について天川から報告がありましたか。そして、私がもう一つ聞いておることは、こういう決算委員会でだめ…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1959/03/27、28期)

私は、昨日来国防会議の議事の方法について質疑をいたしておるわけであります。これはやはり、議決のいかんによっては議長一人の責任である、あるいは会議議員の全部の責任であるということにも関係してくる。そこで…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 大蔵委員会 第24号(1959/03/19、28期)

関連して。今双方代理の民法百八条の議論が出ましたが、信託行為によって信託された財産は、これは委任になるのですか、受託会社のものになるのですか、大蔵省はどういう解釈をとっておりますか。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1959/02/10、28期)

もう選挙が始まっているところもありますし、それから地方の県会、参議院の選挙は今かなり露骨に事前運動がなされております。もしこれをはっきりしておかないと、四月に入って恩赦になるのだということになれば、取…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1959/02/26、28期)

関連して。――先ほどからの御答弁を伺っておりますると、警察法の第二条による警察権の発動だ、こうおっしゃっておられる。第一に、この警察権の発動は、具体的な事件が起ったときに捜査する、それから起ろうとする…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1959/08/10、28期)

私は、昨年来問題になっておりますオリンピック後援会の寄付金の不正使用問題にからみまして、二、三法務当局にお尋ねをいたしたいと存ずるのであります。この問題は、国会におきまして、昨年の十月の十七日、文教委…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第2号(1959/10/30、28期)

その前に――今委員長は伊勢湾台風という言葉を使ったのですが、これは十五号台風、十七号台風というふうにちゃんときまっておるのですから、今後審議をやる上において、正確な呼び方をしていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第3号(1959/11/04、28期)

資料の取り寄せを申請いたしておきます。この際、建設大臣にちょっと聞いておいていただきたいのでありますが、ただいま二回目の決壊によってまた非常な損害と被害を受けたようであります。この被害については、い…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第9号(1959/11/13、28期)

法務大臣にでありますが、建設大臣も関係がありますので、質問を受けていただきたいと存ずるのであります。今次のような非常に大きい、しかも、深刻な災害に対してすら、政府はなお予算を出し惜しみ、あるいは高率…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1960/02/17、28期)

ただいま小川委員から御質問がありました四七六号に関連して。この防衛支出金による道路改良補助工事の計画が当を得ないもの、これに関連いたしまして、私は希望と反省を求めておきたい。この書類を見ますと、計画…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1960/02/26、28期)

私は、身元保証契約は、身元保証に関する法律によってやっておると思うんですが、どうなんですか。総裁はあいまいなことをおっしゃったが、身元保証に関する法律は生きておるんじゃないですか。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 決算委員会 第16号(1960/04/06、28期)

関連して。私おくれてきたので、御説明があったかどうかはわかりませんが、会計検査院の検査、これに基づく政府の報告に基づいて、国会が決算委員会で検討するわけですが、決算委員会における報告を審査する限界とい…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 国土総合開発特別委員会 第3号(1960/03/30、28期)

四国地方開発促進法の成立に伴いまして、私は希望と意見を開陳いたしまして、政府の御所信をお伺いしたいと思うのであります。申すまでもなく、本案の目的は、後進性の地域の開発を促進するにあるのでありまして、…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第35号(1960/05/11、28期)

私は、この労働争議の問題に関して警察権の介入の問題、干渉の問題が起こるというのは、労働者の権利を非常に縮小して考えるからじゃないかと思うのです。御承知のように、労働者というのは弱いのですから、この弱い…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1960/03/03、28期)

まず最初にこの登記制度の一元化の問題ですが、ここに今度の台帳のひな型があります。これによりますと、表題部、土地家屋、付属建物、それから所有権の甲区、乙区とありますが、これが一体をなして今度の登記簿を形…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1960/03/08、28期)

そうすると参考人の御意見は、登記簿に台帳、いわゆる表題部ですね、古い制度の家屋台帳と土地台帳、これがいわゆる表題部になって、その次に登記の部分がある、登記簿の方は所有権その他の権利を公示する民法上の法…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1960/03/10、28期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、本案に賛成をいたすものであります。ただし、私は賛成するにあたりまして、以下述べるところの諸点を強く政府に要望するものであります。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1960/03/15、28期)

私は本案に関連いたしまして、判事、判事補の欠員、それから増員などについてお伺いいたしたいと存ずるのであります。まず第一に、昨年の第三十一国会におきまして判事補の二十名の増員の改正が行なわれました。そ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1960/03/29、28期)

今度の法律で犯罪の客体が動産であったのを不動産にして、そして窃取というかわりに侵奪という言葉を使って、独立して実質的に不動産の窃盗罪、これができたわけです。ところが今度の法律には、ただ二百三十五条に対…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22