堂森芳夫衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  0回発言      0文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  1回発言   8902文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  1回発言   2125文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  2回発言  11027文字発言

本会議発言一覧

第31回国会 衆議院 本会議 第11号(1959/01/29、28期)

私は、日本社会党を代表いたしまして岸総理並びに各閣僚の演説に関連し、若干の質問を行わんとするものであります。岸総理は、一昨日の施政演説で、「社会福祉国家の建設こそ民主政治に課せられた使命である」と言っておるのであります。しかるに、政府の提案して参りましたる予算案を詳細に検討しますると、全く独占資本に………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第17号(1960/03/30、28期)

私は、ただいま提案されました決議案に対しまして、自由民主党、日本社会党、民主社会党を代表いたしまして、賛成の討論を行なわんとするものであります。(拍手)古来、わが国で辺境の地と目され、その後進性が指摘されていました北海道、東北、九州の三地域につきましては、すでに開発促進の立法化がなされ、着々と総合開………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  6回発言  21683文字発言
 第30回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  2回発言   9420文字発言
 第31回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29)  2回発言  11995文字発言
 第32回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第33回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  0回発言      0文字発言
 第34回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  2回発言  18982文字発言

  28期通算  92回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 92) 12回発言  62080文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 56) 11回発言  47686文字発言

 予算委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  1回発言  14394文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  0回発言      0文字発言

 災害地対策特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1958/06/25、28期)

今日、日本の繊維産業は一般に斜陽産業、こういうふうにも言われておると思うのであります。特に絹、人絹あるいはまたさらに綿、スフというふうに、各分野の繊維産業が今日非常な危機に見舞われておるわけであります…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1958/07/01、28期)

ただいま私はそれぞれ参考人の方々から貴重なる陳述を拝聴いたしまして、繊維産業界のきわめて重大な危機というものがよくわかったわけであります。もっとも、私は午後の委員会にただいま参考人が述べられました事柄…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1958/07/02、28期)

寺門がおそうございますから、ただ一点だけ山本さんにお尋ねしたいと思います。山本さんは武漢と広州の見本市の会長でもあられます。この武漢と広州の見本市は二万以上の品種が出品せられ、点数で七万点近いものだ…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1958/07/04、28期)

わが国の繊維業界、特に絹人絹業界においては、昨年以来非常な不況がございました。そして昨年十二月、本委員会において決議をされまして、政府はこの決議に従いまして、たとえば操短融資などの対策を講じて参りまし…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1958/07/31、28期)

ただいま中村委員から繊維不況対策に対する政府の特別国会閉会後のいろいろの対策の推移について説明があったわけであります。委員長にお願いしたいのですが、ただいま小室局長の答弁にもありましたように、事務的な…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1958/09/11、28期)

繊維局長にお勇ねいたします。時間が犬へん制限されておりますが、綿スラあるいは絹人絹の不況はきわめて憂慮すべきものがあることは、局長よく御存じの通りであります。こういう問題につきまして、先般の特別国会で…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1958/10/17、28期)

私は繊維不況に対する問題につきまして企画庁長官にまずお尋ねをいたしたいと思いますが、企画庁長官は参議院の方に御出席のようでありまして、きわめて残念でありますが、かわりの方に御答弁を願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1958/10/30、28期)

ただいままでこの二法案に対していろいろ審議が行われましたが、私、少しく方面を変えまして二、三お尋ねをしたいと思います。たとえば今日稲作にとりまして不可欠の有機燐製剤と申しますか、パラチオンというもの…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1958/12/17、28期)

軽機械の輸出の振興に関する法律案に対しまして、私数個の点について政府当局に質問をいたしたいと思うのであります。この軽機械と称せられるところの機械でございますが、政府当局はどのようなものを軽機械といっ…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1959/02/18、28期)

ただいま提案されております繊維工業設備臨時措置法の一部を改正する法律案に関しまして、若干の質問を行いたいと思います。昨年の十月二十九日に第一回の繊維総合対策懇談会が催されまして、自来数回にわたって懇…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1960/03/04、28期)

ただいま長谷川委員の質問に対しまして、政府側の答弁を聞いておりますと、ボイラー規制法の今回の一部改正案が成立したと仮定しましても、この法律は三十八年十月三十一日一ぱいの時限法律であるが、しかし期限が切…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1960/02/13、28期)

外務大臣にまずお尋ねをいたしたいと思いますが、先刻の楯君の質問に対しまして、外務大臣の御答弁がきわめて不明瞭でありましたので、重ねてお尋ねをいたしたいと思います。と申しますのは、新安保条約に対する国…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22