石橋政嗣衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  0回発言      0文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  0回発言      0文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   2620文字発言
 第30回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  15630文字発言
 第31回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  8回発言  60648文字発言
 第32回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言  12840文字発言
 第33回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  5回発言  41380文字発言
 第34回国会 77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 39 委員 38) 12回発言 110517文字発言
 第35回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言

  28期通算 129回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 43 委員 86) 29回発言 243635文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            92回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 43 委員 49) 21回発言 142068文字発言

 日米安全保障条約等特別委員会
            37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37)  8回発言 101567文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第34回国会)
 内閣委員会理事(第35回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1958/09/27、28期)

今前田君からお話が出ましたので、私茜ケ久保さんにかわって質問を続けたいと思います。この機種選定についていろいろ疑惑があることは、決算委員会等でも従来において相当質疑も行われておるわけですが、今後は本委…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1958/10/02、28期)

私からあえて申し上げるまでもなく、新しい戦闘機の機種をどういうものにするかということを内定するまでのいきさつについて、現在非常に批判が大きく持ち上っているわけです。われわれの立場から申し上げますと、今…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1958/10/23、28期)

非常に時間が限られておりますので、簡潔にお伺いいたします。先日総理がブラウン記者と会談をなさいました。その内容というものは国民に非常に大きな衝撃を与えておるわけです。それはまず第一に金門、馬祖を中心…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1958/12/18、28期)

いろいろ質問したいのですが、質問に入る前に大臣に、子算編成に関連して一点お伺いいたしておきたいと思います。岸内閣としては、来年度予算を年内に取りまとめたいという意向で作業を進めておられるようでござい…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1959/02/10、28期)

本日は戦闘機の問題を中心にお伺いしたいと思うわけでございますが、その前に昨年の臨時国会において、安保条約の改定交渉とからんで特に憲法の問題としていろいろお尋ねをいたしたわけでございますが、その点でどう…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1959/03/13、28期)

核兵器が出ましたので、関連して一点だけお伺いしておきたいと思います。今参議院で非常に問題になっておりますオネスト・ジョンの問題であります。大体政府の意向を聞いておりますと、憲法上からいって違憲ではな…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第20号(1959/03/18、28期)

今出しました問題でまずお伺いしたいと思います。今度の安保条約の改定交渉に当って、日本政府としては自主性、双務性というものを確保したいと言っておるわけです。そこで一番中心になりますのは、現在の安保条約で…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第21号(1959/03/19、28期)

私は原水爆その他の核兵器を含めて一切のもの、そういうものを日本国内に持ち込んでくる問題、それから自衛隊自体がそういうもので装備する問題、これが憲法上どうなるかという問題に関連いたしまして、大体三つばか…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第23号(1959/03/24、28期)

防衛庁長官にお尋ねいたします前に、外務大臣に二点だけ質問しておきたい。その一つは、今度の日米安保条約の改定の最大の目標というものが、自主性、双務性の確保にあるということは、絶えず言われておるわけです。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第25号(1959/03/27、28期)

最後に二、三点ばかり確認をしておきたいと思います。明確な御答弁がいただけますならば、あらためて定員法の審議の際に御出席を願わないことにいたします。その一つは、防衛庁の外局の調達庁の職員が、来年度もま…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第26号(1959/03/31、28期)

国民年金法案とこの厚生省設置法の一部改正法案が通過成立いたしますと、年金局というものができるわけで、職員も従ってふえることになるわけです。その分だけ、今度の定員法の改正案の中で、大体千八百七十六人です…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1959/09/10、28期)

私は先月の二十四日から今月の一日にかけまして佐世保の港外で米海軍が無断で演習をやったという問題について、若干お尋ねをしてみたいと思います。本件については社会党といたしましても、すでに正式に政府に対して…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1959/11/10、28期)

サイドワインダーの問題につきましては飛鳥田委員の方からいろいろお尋ねいたしましたので、私は新機種の決定に関連する若干の問題を質問いたしてみたいと思います。F86Fのあとに何を国産するか、これがもう長…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1959/11/20、28期)

先日ロッキード決定に至りますいきさつを御説明願ったわけでございますが、それにつきまして私どもの方といたしましてもいろいろ検討してみたわけでございます。その検討に基づいて疑義のあります点をお尋ねしたいと…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1959/11/24、28期)

ただいま飛鳥田委員の質問に対して、四人のパイロットのうちだれがそんなことを言ったのか、すなわちほかの者ならば乗りこなせないじゃないか、だれがそんなことを言ったのかというようなお言葉でございましたが、空…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1959/12/03、28期)

F86Fのあとに何を国産するかという問題で、非常に国民の関心を高めたわけでございますが、それと同時に不信の念も非常に高めておるわけです。総理大臣としてあるいは国防会議の議長といたしまして、この点何とか…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1959/12/08、28期)

先回本委員会におきまして森本委員から御質問いたしまして、十分なる御答弁が願えなかった一点についてただしておきたいと思います。それは新しく大臣官房に官房長を置くというのでありますが、従来の郵政省の局長…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1960/03/11、28期)

機構の問題として簡単にお尋ねしておきたいと思います。今度のこの科学技術庁設置法の一部改正を提出するにあたりまして、部内でもずいぶん議論がされたようでございますが、私どももあまりすっきりしないわけです。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1960/03/18、28期)

石山委員の質問で大体尽きておるわけでございますが、関連して若干お尋ねをしておきたいと思います。私も昨年十月内閣委員長と一緒に中国地方の視察に行ったわけです。そのときに、いろいろ要望が出ておりました。石…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 内閣委員会 第19号(1960/03/22、28期)

行政管理庁設置法の一部を改正する法律案に対する修正案を提出し、これについての御説明を申し上げます。本修正案は三党の共同提案にかかるものでありますが、まず修正案を朗読いたします。行政管理庁設置法の一部…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 内閣委員会 第27号(1960/04/12、28期)

法案に関連します質問については後日に譲りたいと思います。きょうはさしあたり、当面問題になっております、自衛隊が最近盛んに映画製作に協力しておるわけでございますが、その協力のことにいろいろ問題があるよう…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第7号(1960/03/15、28期)

関連して。ただいま松本委員の質問に対しまして、内閣総理大臣は、国防会議にこの条約をかける必要がないとおっしゃったわけでございますが、かける必要がないという理由は、もう一度確かめますけれども、現在の条約…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第20号(1960/04/19、28期)

非常に大切な問題でございますので、ちょっと関連さしていただきたいと思います。核兵器の持ち込みは断固拒否するのだということを岸内閣は一貫して言っておるのでございますが、はたしてこれが守られるものかどう…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第21号(1960/04/20、28期)

新しい安保条約の中で一番重要な点だと思いますので、私も関連で質問さしていただきたいと思います。今度の安保条約が、アメリカの上院においてなされておりますバンデンバーグ決議の線に沿わんとしておることは、…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第28号(1960/05/04、28期)

滝井委員の質問に関連して、ちょっとお伺いをしておきたいと思います。まず、藤山外務大臣にお尋ねしておきたいのですが、先ほどから、在日米軍という問題が提起されておるわけです。私どもは、新しいこの条約では…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第29号(1960/05/06、28期)

政府・与党は、今回新しい安保条約を締結することによりまして、非常に日本にとって都合のいいものができるのだという宣伝を盛んにやっておられるわけでございます。この新しい条約によって自主性が確保される、それ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第30号(1960/05/07、28期)

私は、昨日藤山外務大臣が本条約案の提案理由の説明の際に、重要な改正点としておあげになりました三つの問題、すなわち日米間の安全保障体制と国際連合との関係を明確にしたということ、それから、アメリカの日本防…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第31号(1960/05/09、28期)

藤山外務大臣の御報告でございますが、まだ明確な回答にはなっておらないようでございます。そこで、私、その後いろいろ入手いたしております資料をもう少し発表いたしまして、真相を知っていただきたい、このように…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第37号(1960/05/19、28期)

それではお尋ねしますが、岸・アイク共同声明並びにこの共同声明に基づいて作られました日米委員会の設置に関する共同発表、これで述べられております「米国によるその軍隊の日本における配備」というのは、現行安保…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 28期(1958/05/22〜)  1本提出

質問主意書一覧

A・B・C・C(米国原爆傷害調査委員会)誕生の経緯、性格及び日本人従業員の雇用関係等に関する質問主意書
第34回国会 衆議院 質問主意書 第12号(1960/06/08提出、28期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22