国会議員白書トップ衆議院議員大原亨>28期国会活動まとめ

大原亨衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  1回発言   4399文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  0回発言      0文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  1回発言   3794文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  2回発言   8193文字発言

本会議発言一覧

第30回国会 衆議院 本会議 第16号(1958/11/01、28期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、政府提案にかかる最低賃金法案に対し、われわれが何ゆえに反対をするかという見解を明らかにせんとするものであります。(拍手)政府提案に反対をする第一の理由はこの法律案が業者、つまり、使用者の一方的なる賃金協定を骨子とするいわゆる業者間の協定であって、似て非なる最低賃金………会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 本会議 第12号(1959/11/27、28期)

私は、ただいま日本社会党を代表して小林進君より提出されました外務常任委員長小沢佐重喜君の解任決議案に対しまして、社会党を代表して賛成の意見を表明するものでございます。(拍手)われわれが小沢佐重喜君の解任に賛成する理由の一つは、今日、ベトナム賠償という、わが国民とアジアの人々が異常なる関心を持って注目………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  2回発言   9528文字発言
 第30回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  3回発言  46507文字発言
 第31回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  6回発言  30619文字発言
 第32回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  5回発言  26394文字発言
 第33回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  5回発言  41448文字発言
 第34回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42) 15回発言 130782文字発言
 第35回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   1929文字発言

  28期通算 109回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員109) 37回発言 287207文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            95回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 95) 30回発言 221885文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言  11014文字発言

 文教委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言  22200文字発言

 法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  30422文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1686文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1958/06/27、28期)

たしか昭和三十二年の三月二十五日だと思うのですが、本院の委員会におきまして、超党派的な努力で原爆被害者の医療法が可決されたと思うのであります。その後の実施状況をいろいろと見てみますと、私どもいろいろ現…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1958/06/28、28期)

大臣の所信表明の演説の中で、三番目といたしまして、「今後におきましても情勢に応じて万全を期するとともに、現在の失業対策事業を改善して事業の経済的効果を高めて参りたいと考えておるのであります。」こういう…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1958/10/08、28期)

最初に大臣に御質問いたしたいのですが、厚生行政の中で、ただいま保育所の問題とかあるいは生活保護費の基準の問題、あるいはろうあ対策の問題、私がきょう主として御質問申し上げようといたします原水爆被害者の援…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1958/10/21、28期)

前回の委員会におきまして自民党の委員の方から非常に貴重な御質問があったと思うのでありますが、その中で中小企業の近代化やある…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1958/10/24、28期)

ただいま前回の委員会で問題となりました点について非常に明快なる資料をいただきました。ちょうど企画庁長官がお見えになりましたので御質問いたします。ただいまのお話によりましてもはっきりいたすのですが、詳細…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1958/12/17、28期)

昨日厚生大臣から東京都の前保険課長を中心といたします厚生省内の保険行政全般にわたる汚職問題についての概要のお話がございました。大臣のお話は表面をさっとなでただけでありまして、ほとんど中心的な問題につい…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1959/03/04、28期)

それでは、今までいろいろと御質問になりましたので、一点だけ御質問いたしますが、早川参考人の方から前提条件の中で、違法な状態が解消するということが前提条件だというお話がありました。それからILOの審議を…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1959/03/09、28期)

関連して労働大臣に二つの点についてお尋ねしますが、労働法ができたこと、あるいは憲法の二十七条と二十八条、それは労働者を集団として、労働者の人権を守っていく、あるいは人格を尊重していくということが、資本…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1959/03/19、28期)

今までの質問の中で触れられなかった点を含めまして簡単に二点だけ御質問いたします。やはり一つの大きな目標、これは民主主義の徹底とか、人間の尊重だろうと思うのですけれども、そういう大きな目標の中で、この…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1959/03/25、28期)

前の委員会におきまして五島委員からもお話がございましたが、そのときにいろいろと御答弁があったのですが、答弁が不明確でありますので、その点に関連いたしましてなお御質問いたします。労働協約や就業規則、そ…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 社会労働委員会 第29号(1959/06/10、28期)

ただいまから、ことしの四月一日に出されました労働省、厚生省の共同通達に基くいわゆる失対事業における高齢者の排除、こういう問題につきましてお尋ねをいたしたいと思うのであります。最初にお尋ねしたい点は、…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1959/07/03、28期)

この六月十日の質疑応答におきまして、四月一日に出しました労働省の職業安定局長と厚生省の社会局長の共同通達につきまして、今労働大臣の新しく就任されましてからの見解が表明されたわけですが、その中で、問題と…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1959/07/06、28期)

大島政府代表に一言だけ御質問いたします。私はあなたが総会で御発言になりました事実について一つだけお尋ねいたします。それは「総会における日本に関する報告」の中に「政府代表は次の如く返答した。政府は、法律…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1959/07/07、28期)

関連して。それではなぜ急ぐのですか。なぜ急いでやるのですか。建築士にしろあるいは各団体にしろ、今言われたように非常に了解していない点があり、理解していない点があるのに非常に急いでいる。なぜ急ぐのですか…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1959/08/10、28期)

関連して。大臣に御質問いたしますが、十カ年計画で三百億円使うと、一年に三十億円使う、こういう方針を自民党でおきめになるのはよろしいのですが、そういう大きな方針についておきめになるのはよろしいのですけれ…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1959/09/21、28期)

最初に労働大臣にお尋ねするのですが、今多賀谷委員の方から全逓の問題がありました。私はこれから国鉄の労働政策の問題、若干営業上の問題もありますが、それから教組の専従問題について、簡潔に質問したいと思うの…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1959/11/12、28期)

ただいま伊藤委員からもお話がございましたが、私はこれから、原爆被爆者の医療法を援護法に改正すべきではないか、その問題点でございます治療のワクの拡大や、あるいはそれらを通じて放射能の影響とか、あるいは治…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1959/11/19、28期)

私はこれから外務大臣に対しまして、終戦以来十四年間ですが、今まであまり本格的に国会で論争されなかった、昭和二十年の八月六日、九日の広島と長崎の原爆の投下をめぐります国際法上の問題に対する日本政府の見解…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1959/12/12、28期)

きょうの河野先生の御質問で、大体問題点は明らかになりました。だいぶん時間も迫ったようでありますが、私若干の問題につきまして、一つ政府に対して御質問いたしたいと思います。質問に入ります前に、ことしの、…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1959/12/04、28期)

だいぶ審議が進んで参ったと思うのですが、最初に私は大臣にお尋ねしたいのです。大臣は非常に自由人であって、教育の中立性の問題についても、その対象の学生とか教授の人権を尊重したような立場でお考えになってお…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1959/12/09、28期)

私は専従制限の問題と他の二、三の問題について文部大臣あるいは関係者にお尋ねしたいと思います。その最初に、けさの新聞を見てみますと、記者会見で文部大臣は二つの要点にしぼった問題について言明になっておる…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第7号(1960/03/08、28期)

先般、中曽根国務大臣に社会労働委員会に御出席いただきまして、放射線の影響研究の問題につきましていろいろ御質問いたしたのですが、あとで会議録をよく調査いたしてみますと、なかなか中曽根国務大臣の答弁は明快…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1960/02/11、28期)

最初に、岸内閣の所得倍増計画というのがあるのですが、初めは非常にはっきりしておりましたが、だんだんとぼけてきました。一番初め池田さんが言われたころには、月給二倍論というのがございました。それから所得倍…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1960/02/16、28期)

私は、これから岸内閣の同和対策について御質問いたしたいと思います。岸内閣は同和政策につきまして、いろいろと宣伝もございましたけれども、実際上の予算編成を基礎にいたしまして、どういう同和政策をもって対…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1960/03/02、28期)

先般の委員会で小林委員から、生活保護を中心といたします低所得者の問題につきまして質問があったのですが、私もさらに、若干重複する点があると存じますが、質問申し上げたいと思います。生活保護の基準を引き上…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1960/03/10、28期)

最初にお尋ねしたい点は、失業保険の特別会計は、これは一本になっていると思うのですが、その内訳の中で、一般の失業保険と日雇い失業保険があると思いますけれども、その大体、赤字、黒字の状況、それを分けてお答…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1960/03/22、28期)

進行上ちょっと御質問いたしたいのですが、この立法は非常に画期的で、非常にたくさんの問題を含んでいて、しかも時間的に非常に切迫して審議しているわけです。伊藤委員の御質問にありましたように、ほんのちょっと…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1960/03/30、28期)

ちょっと関連いたしまして、大臣に一つだけ御質問いたしまして、御意見を聞きたいと思います。それは本局委員が御発言になりましたことの中からなのですが、この精神薄弱者の十八才以上のおとなの福祉法なんですけ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第29号(1960/04/14、28期)

いろいろと質問があったのですが、他の国の法律を見てみますと、ずいぶん罰則がついています。たとえばユーゴスラビアでも、あるいはオランダでも、イタリアでも、あるいはイギリス――イギリスは罰金または三カ月の…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第32号(1960/04/27、28期)

今の問題で、これは法制局長官がすぐ答弁されると、またとちってもいかぬから、私がもう一つ局長とそれから警察庁長官に聞いたあとであなたに質問するから……。労政局長、今の問題は、大坪先生が政策論を展開され…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第35号(1960/05/11、28期)

関連してちょっと労働大臣にお尋ねしますが、労働大臣は熊本県で、お隣の県であります。政治家でありますから関連して御答弁いただきたいと思いますが、この第二組合員がたくさんのビラをまいて、その中には、特殊部…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第38号(1960/05/18、28期)

関連して。亀井労政局長にお尋ねするのですが、今無協約状態なんですね。だから一年の期限というものについての途中交代は認めないという当局の方針を流すのはまあいいでしょう、一応、当局の意思だから。しかしその…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 内閣委員会 第42号(1960/05/17、28期)

わかりました。今まで部落問題につきましては、社会労働委員会でもしばしば関係各省に御出席願ってやっておったのですが、しかしその一番大きな欠陥というのは、ばらばらに各省に分かれておりまして、責任の分野が明…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1960/03/11、28期)

私はこれから国際条約尊重についての問題につきまして、二、三御質問いたしたいと思います。その第一は、昭和二十九年九月九日にハーグにおいて署名をしておられます武力紛争の際の文化財の保護のための条約、この…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1960/04/07、28期)

裁判所法の第六十条の改正につきまして御質問いたしたいと思いますが、最初に、今度の改正によりまして、裁判所の書記官は判事の補助機関、こういうことになるのですか、行政上の職務といたしましての、つまり補助機…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1960/04/08、28期)

最高裁判所法の六十条の改正に関係いたしまして、私はこれから二つの面から昨日に引き続き質疑を行ないたいと思うのであります。一つは、裁判所の書記官あるいは調査官の職務の内容の面から、もう一つは、その書記…会議録へ(外部リンク)

第35回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1960/08/10、28期)

あいさつは抜きにいたしまして、労働行政につきましてはベテランの石田労働大臣でございますので、端的に二、三の点について御質問いたしたいと思います。これからいろいろ労働政策をお立てになります上において、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22