中村幸八衆議院議員 29期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員


衆議院本会議(29期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第37回国会(特別:1960/12/05-1960/12/22)  0回発言      0文字発言
  第38回国会(通常:1960/12/26-1961/06/08)  0回発言      0文字発言
  第39回国会(臨時:1961/09/25-1961/10/31)  1回発言    371文字発言
  第40回国会(通常:1961/12/09-1962/05/07)  2回発言   3626文字発言
  第41回国会(臨時:1962/08/04-1962/09/02)  0回発言      0文字発言
  第42回国会(臨時:1962/12/08-1962/12/23)  0回発言      0文字発言
  第43回国会(通常:1962/12/24-1963/07/06)  0回発言      0文字発言
  第44回国会(臨時:1963/10/15-1963/10/23)  0回発言      0文字発言

       29期通算   (1960/11/20-1963/11/20)  3回発言   3997文字発言

本会議発言一覧

第39回国会 衆議院 本会議 第19号(1961/10/31、29期)

ただいま議題となりました電気用品取締法案につきまして、商工委員会における審議の経過並びに結果の概要を御報告申し上げます。近年、一般家庭における電気用品の急激な普及に伴い、不良電気用品による火災等の事故も漸増している現状であります。本案は、かかる実情にかんがみ、右の電気による災害等を防止する目的をもっ………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第21号(1962/03/08、29期)

ただいま議題となりました国民生活研究所法案の商工委員会における審査の経過並びに結果の概要を御報告申し上げます。最近、国民生活に現われた各種の不均衡を是正し、その安定と向上に資するため、特殊法人国民生活研究所を設立して、国民生活に関する調査研究を行なわせる必要があるというのが提案の理由であります。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第45号(1962/05/07、29期)

ただいま議題となりました自由化に直面する金属鉱業危機打開に関する決議案につきまして、自由民主党、日本社会党並びに民主社会党を代表して趣旨の説明を申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(29期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第37回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)  2回発言   1968文字発言
 第38回国会 67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 67 委員  0)  1回発言     93文字発言
 第39回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員 16)  0回発言      0文字発言
 第40回国会 77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 41 委員 36)  2回発言   5032文字発言
 第41回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  8)  1回発言   2120文字発言
 第42回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第43回国会 69回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員 27)  1回発言    172文字発言
 第44回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  0回発言      0文字発言

  29期通算 274回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事184 委員 90)  7回発言   9385文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
           162回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事162 委員  0)  3回発言   5161文字発言

 石炭対策特別委員会
            72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 72)  1回発言    172文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  0)  2回発言    702文字発言

 予算委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  1回発言   3350文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 商工委員会理事(第37回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第37回国会)
 商工委員会理事(第38回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第38回国会)
 商工委員会理事(第39回国会)
 商工委員会理事(第40回国会)
 商工委員会理事(第41回国会)
 商工委員会理事(第42回国会)
 商工委員会理事(第43回国会)
 商工委員会理事(第44回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第37回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1960/12/21、29期)

私は、科学技術常任委員会設置に関し、議院運営委員会に申し入れの件を提案いたしたいと思います。まず、その案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第37回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1960/12/20、29期)

私は自由民主党、日本社会党、民主社会党三党を代表いたしまして、石炭鉱害復旧に関する決議案を提出する動議を提出いたします。まずその案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第1号(1961/03/15、29期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いないで、山口一好一君を委員長に推薦いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 商工委員会 第38号(1962/05/06、29期)

本案審議の過程におきまして、いろいろと各委員から北海道地下資源開発株式会社の運営その他につきまして意見が提出されたのであります。当委員会といたしましては、これらの意見を総合いたしまして、次に申し述べま…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1962/02/28、29期)

第二分科会における審議の経過並びに結果について申し上げます。第二分科会は、昭和三十七年度総予算中外務省所管、厚生省所管、労働省所管及び文部省所管の予算でありまして、十九日審議を開始し、昨日議了いたし…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1962/10/11、29期)

先般行なわれました東北班の現地調査の概要を御報告申し上げます。派遣委員は中村幸八、私外二名、現地参加として二名の五名で、去る九月二十一日より二十六日までの六日間にわたり産業経済の実情調査、特に東北班…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1963/01/26、29期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(29期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22