日野吉夫衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  1回発言   3490文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  1回発言   5498文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  2回発言   8988文字発言

本会議発言一覧

第46回国会 衆議院 本会議 第16号(1964/03/24、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただい左上程されました揮発油税法及び地方道路税法の一部を改正する法律案に対しまして、反対の討論をいたさんとするものであります。(拍手)御承知のとおり、本法律案の内容は、道路整備五ヵ年計画の改定に見合って、ガソリン税の税率を一〇%引き上げようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第15号(1965/12/03、30期)

私は、ただいま上程中の田中伊三次副議長の不信任案に対し、若干の質問を提案者に対していたさんとするものであります。(拍手)日韓条約の成立は、これは日本民族の運命を左右するといわれ、同時に朝鮮民族の悲願である南北の統一を永久に不可能にする重大なる条約であるが、この条約は、幾多の疑問と両国の不一致の点が何………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 59)  3回発言  14728文字発言
 第47回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第48回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 27)  1回発言   3226文字発言
 第49回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 33回出席(長  8 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  0回発言      0文字発言
 第52回国会 10回出席(長  8 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言     26文字発言

  30期通算 146回出席(長 16 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員125)  5回発言  17980文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
           112回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員112)  3回発言  14728文字発言

 災害対策特別委員会
            16回出席(長 16 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言     26文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言   3226文字発言

 産業公害対策特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 災害対策特別委員会委員長(第51回国会)
 災害対策特別委員会委員長(第52回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 産業公害対策特別委員会理事(第48回国会)
 産業公害対策特別委員会理事(第49回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 大蔵委員会 第25号(1964/03/25、30期)

いま大蔵大臣のだいぶ浪花節的な話を承ったのでありますが、これは有償二億、無償三億と先刻来いわれている国民の血税を出すということでありますから、大蔵大臣としてはただ、いまのようなことでは出せないのじゃな…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 大蔵委員会 第27号(1964/03/27、30期)

質疑に入る前に出席政府委員を一応報告してください。たとえば従来生産所米価を決定する場合、パリティ方式というのを使っていたが、これは終始わからないので、生産喪・所得補償方式に変えられたのだが、パリティ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 大蔵委員会 第35号(1964/04/21、30期)

国有財産法の一部改正の問題について伺いたいと思うのですが、この法律は非常にこれは重大な内容を持っておるようでありまして、管理、処分こういうことなので、財産の得喪に関してはどこでも、これは重大に考えなけ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第21号(1965/05/27、30期)

ちょっと伺いますが、非常に高度な研究と貴重な研究を私は惜しいと思うのです。まあ、きょうあたり全国会の完全な機能を果たしていない状況ですから非常に残念だと思います。これは今後私たち大いに研究してみたい、…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第3号(1966/07/29、30期)

御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22