桜内義雄衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  3回発言   1833文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01) 13回発言  14920文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28) 16回発言  16753文字発言

本会議発言一覧

第47回国会 衆議院 本会議 第4号(1964/11/24、30期)

私に対する中小企業の金融の実態についてのお尋ねでございましたが、これは松平議員よく御承知のように、下請企業に対する支払い遅延防止法がございます。この法律に基づきまして実はどんどんその調査の結果を発表すればいいのでありますが、各企業の信用にもかかわりますので、それはなるべく控えておりますが、一・四半期………会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第5号(1964/11/25、30期)

関連倒産について、立法措置によって救済せよということでございました。このことにつきましては、すでに民社党のほうから資料とともにお話を聞いておりますので、ただいま中小企業庁のほうで慎重に検討さしていただいております。しかし、法律の有無にかかわらず、関連倒産の問題は非常に重大な問題でございまして、総理、………会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第10号(1964/12/17、30期)

ただいま本院において議決せられました決議につきましては、その趣旨を十分尊重いたしまして、今後の施策の上に万全の措置を講ずる所存でございます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第6号(1965/01/28、30期)

貿易商社の合併をしたらどうかという御意見については同感の点がございます。輸出振興の上に過当競争は慎むべきでありまして、現在通産省といたしましては、輸出入取引法による特別の法人、貿易連合の設立を認めておりまして、これによって貿易の窓口の一本化をはかる行政上の優遇措置を与えておるというような次第でござい………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第9号(1965/02/19、30期)

産炭地域に対する新産業都市と同様な特別対策を立てまして別途御提案申し上げておりますその趣旨につきましては、先ほど佐藤総理からお答えを申し上げたとおりでございます。私といたしましては、責任者として産炭地の振興に万全を尽くすことは当然でございます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第10号(1965/02/23、30期)

このたび夕張炭鉱に起こった災害により、多数の犠牲者の発生を見たことは、はなはだ遺憾にたえないところでありまして、申し上げることばもない次第であります。災害の概況について申し上げますと、昨二月二十二日午後六時三十分ごろ、北海道炭礦汽船株式会社経営の夕張炭鉱一鉱丁未坑において、ガス爆発によるものと思われ………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第11号(1965/02/26、30期)

石炭、肥料等に対する電気ガス税の減免措置は、国民経済上重要な基礎資材にとられておるのでございまして、企業の規模は考慮されてないと思います。この措置によって関連産業、一般消費者に利益を及ぼしておるので、現在取りやめる必要はないと存じます。自動車税の引き上げについての、中小企業に対する影響等の答弁は、た………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第12号(1965/03/02、30期)

お答えに先立ちまして、今回の災害でおなくなりになられた方々の御冥福を心より祈念いたし、また、御負傷をなされた御療養中の皆さま方の一日もすみやかな御回復をお祈りいたします。ただいま保安行政のあり方につきましてお尋ねでございました。人命尊重が優先することは申し上げるまでもないことであります。特に鉱山の場………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第17号(1965/03/12、30期)

中小企業基本法に基づきまして先般政府が国会に提出いたしました、昭和三十九年度中小企業に関する年次報告及び昭和四十年度において講じようとする中小企業施策の概要を御説明いたします。まず、中小企業の最近の動向を見ますと、その生産等の事業活動の面につきましては、大企業のそれとほぼ軌を一にして、昭和三十八年の………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第23号(1965/03/26、30期)

公害の事前調査をいたしましたにもかかわらず、三島・沼津地区に企業の進出のできなかったことは、まことに残念でございます。今後地域住民の安心のできる公害防止技術の開発研究を一そう進めるべく、通産省における研究指導の施策を強化いたしたいと思います。次に、大気汚染、水質汚濁についての規制基準は、諸外国の基準………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第26号(1965/04/01、30期)

私に対するお尋ねは四点でございました。下請代金を共益債権にするようにという御意見でございましたが、これは関係各省で検討してまいりたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第28号(1965/04/06、30期)

お尋ねの、本事業団が一元的に乳製品の輸入を行なうのは、国内需給及び価格の安定の見地からであって、もし指定乳製品の需給や価格の安定に悪影響を及ぼさない場合に、政令によって例外的に事業団以外のものが輸入することを認めることは別に差しつかえないと思います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第31号(1965/04/13、30期)

伊王島炭鉱災害について御報告を申し上げます。初めに、このたび長崎県伊王島炭鉱において発生した災害によって犠牲者となられた方々に対し、深く哀悼の意を表するとともに、負傷された方々の一日も早い御回復を心からお祈りいたします。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第39号(1965/04/27、30期)

大蔵大臣の御答弁と重複を避けまして、三点お答えを申し上げたいと思います。北九州のごとき連鎖倒産にどう対処するか。これにつきましては、地方通産局を中心にいたしまして、民間金融機関、政府三機関あるいは地方自治体等を中心とする金融懇談会を通じまして、そり地方その地方の実情に即して、かりに倒産が一汗出たとい………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第43号(1965/05/13、30期)

外材輸入について御意見でございましたが、通産省としてその御趣旨は十分尊重したいと思いますが、南洋材、米材、ソ連材と、それぞれの使途に応じてコマーシャルベースで輸入をしておるのが現状でございまして、米材を南洋材に振りかえることは、材質上困難だと存じます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第46号(1965/05/18、30期)

ただいま本院において決議せられました炭鉱災害防止に関する決議につきましては、政府といたしまして、その趣旨を尊重し、善処いたしたいと思います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  0)  1回発言    728文字発言
 第49回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言    281文字発言
 第51回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  0回発言      0文字発言
 第52回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  4)  1回発言   4176文字発言
 第53回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  30期通算  48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員 22)  3回発言   5185文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員  9)  1回発言    728文字発言

 災害対策特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言   4457文字発言

 文教委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第45回国会)
 予算委員会理事(第46回国会)
 商工委員会理事(第52回国会)
 商工委員会理事(第53回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1964/02/11、30期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいま議題となっております昭和三十八年度補正予算第3号、特第3号及び機第3号の三案に対しまして賛成の意を表明するものであります。右三案の内容につきましては、さき…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第2号(1965/08/02、30期)

関連して簡単にお尋ねいたしますが、天災融資法の適用を受けた場合に、この利率が三分と六分五厘、こういうように二様あるということですが、どっちの利率を適用するかということで非常に手間どってしまう、そのため…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第6号(1966/09/26、30期)

私はたまたま一昨日から昨日にかけまして静岡県下の吉原市、富士市方面におりましたので、その実情につき、また関係者からの種々強い要望もございましたので、この際、今度本部長になられました森総務長官、また橋本…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22