田中伊三次衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  2回発言   2082文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  6回発言   8067文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  1回発言   1881文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  7回発言   5341文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  1回発言    348文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  7回発言   9636文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28) 24回発言  27355文字発言

本会議発言一覧

第45回国会 衆議院 本会議 第4号(1963/12/07、30期)

本日、諸君の御推挙をいただきまして、本院の副議長の職につくことになりました。まことに光栄に存じます。私は、微力でありますが、国会の運営に関しましては、筋の通った公正な主張に対しましては心から耳を傾け、えりを正すべきであると信じます。この考え方に立って、国会正常化に最善を尽くし、諸君の御期待に沿う覚悟………会議録へ(外部リンク)

第45回国会 衆議院 本会議 第5号(1963/12/09、30期)

投票漏れはありませんか。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第5号(1964/01/24、30期)

春日一幸君。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第15号(1964/03/19、30期)

麻生良方君。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第16号(1964/03/24、30期)

三案を一括して採決いたします。日程第二及び第四の委員長の報告はいずれも可決、第三の委員長の報告は修正であります。右三案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第23号(1964/04/10、30期)

採決いたします。本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第29号(1964/05/12、30期)

これより会議を開きます。漁港審議会委員任命につき同意を求めるの件会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第41号(1964/06/25、30期)

これより会議を開きます。裁判官弾劾裁判所裁判員辞職の件会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第10号(1964/12/17、30期)

これより会議を開きます。米価審議会委員任命につき国会法第三十九条但書の規定により議決を求めるの件会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第6号(1965/01/28、30期)

谷口善太郎君。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第10号(1965/02/23、30期)

門司亮君。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第16号(1965/03/11、30期)

これより会議を開きます。原子爆弾被爆者の医療等に関する法律の一部会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第20号(1965/03/19、30期)

これより会議を開きます。日程第一 科学技術庁設置法の一部を改正する法律案(内閣提出)会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第23号(1965/03/26、30期)

これにて討論は終局いたしました。これより採決に入ります。まず、日程第一及び第二の両案を一括して採決いたします。日程第一の委員長の報告は修正、第二の委員長の報告は可決であります。両案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第25号(1965/03/31、30期)

これより会議を開きます。科学技術会議議員任命につき同意を求めるの会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第38号(1965/04/22、30期)

これより会議を開きます。国立国会図書館の館長の任命承認の件会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 本会議 第6号(1965/08/10、30期)

これより会議を開きます。旧軍港市国有財産処理審議会委員任命につき同意を求めるの件会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第5号(1965/10/16、30期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第9号(1965/11/09、30期)

休憩前に引き続いて会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第10号(1965/11/10、30期)

藤田君、藤田君、藤田君、制限時間がまいりましたから、結論を急いでください。会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第11号(1965/11/11、30期)

休憩前に引き続き会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第13号(1965/12/01、30期)

これより会議を開きます。日程第一 皇孫殿下御誕生につき天皇陛下並びに皇太子殿下に祝詞を申し上げるの件会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第14号(1965/12/02、30期)

これより会議を開きます。明三日午前十時より本会議を開くこととし、本日はこれにて延会いたします。会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第15号(1965/12/03、30期)

これより会議を開きます。仮議長の選挙会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第51回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  0回発言      0文字発言
 第52回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  8)  0回発言      0文字発言

  30期通算  40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 38)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 36)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第52回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22