多賀谷真稔衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(30期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  1回発言   4311文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  1回発言   4574文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  1回発言  10437文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  3回発言  19322文字発言

本会議発言一覧

第45回国会 衆議院 本会議 第7号(1963/12/11、30期)

私は、日本社会党を代表し、三池炭鉱の大災害に対し質問を試みんとするものであります。(拍手)質問に先立ち、なくなられた四百五十八名の方々に衷心より哀悼の意を表しますとともに、療養中の方々の全快を心からお祈り申し上げる次第であります。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第23号(1964/04/10、30期)

私は、日本社会党を代表して、今次公労協の闘争に関し、政府の所信をたださんとするものであります。ただいま、自民党議員の質問並びに総理をはじめとする政府の答弁を聞いておりますと、問題の本質を把握せずして、労働問題としてよりも治安問題として労働者の責任追及に終始し、何ら解決の方向に向かっていないことはきわ………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第13号(1966/02/02、30期)

私は、日本社会党を代表し、現在国民が不安を感じ、心配をしておる諸問題につき、政府の所信をたださんとするものであります。(拍手)アメリカの北ベトナム爆撃再開は、日本国民はもとより、全世界の人々が最もおそれ、警戒していたことが現実となったのであります。北爆再開については、アメリカ政府より日本政府に対し通………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  3)  2回発言  22675文字発言
 第46回国会 62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員 20) 16回発言  78711文字発言
 第47回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  8)  4回発言  34527文字発言
 第48回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員 16) 18回発言 100619文字発言
 第49回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  3)  2回発言  12945文字発言
 第51回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員 18) 13回発言 105408文字発言
 第52回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  4)  6回発言  49749文字発言

  30期通算 188回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事116 委員 72) 61回発言 404634文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

石炭対策特別委員会
            98回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 96 委員  2)  48回発言 327209文字発言

予算委員会
            46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 46)   5回発言  56846文字発言

国際労働条約第87号等特別委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  0)   3回発言   3588文字発言

社会労働委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)   2回発言   7223文字発言

商工委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   2回発言   9190文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言    578文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

石炭対策特別委員会理事(第45回国会)
国際労働条約第87号等特別委員会理事(第46回国会)
石炭対策特別委員会理事(第46回国会)
石炭対策特別委員会理事(第47回国会)
国際労働条約第87号等特別委員会理事(第48回国会)
石炭対策特別委員会理事(第48回国会)
石炭対策特別委員会理事(第49回国会)
石炭対策特別委員会理事(第51回国会)
石炭対策特別委員会理事(第52回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第45回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1963/12/13、30期)

関連ですがちょっと、大臣、技術的な問題ですから、あまり大臣が技術的なお話をされると、間違った答弁が速記録に残りますから御注意したいと思うのです。甲と乙というのは、何も保安がいいからそれが乙に昇格する…会議録へ(外部リンク)

第45回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1963/12/18、30期)

まず糒炭鉱の災害についてお尋ねいたしたいと思いますが、鉱山保安局長は、福岡に参られまして、福岡の新聞記者に対して、三池の場合と糒の場合とは異なるのである、すなわち、糒の場合には再三勧告をしておる、こう…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 国際労働条約第87号等特別委員会 第12号(1964/06/02、30期)

野村先生並びに慶谷先生、竪山先生にお尋ねいたしたいと思います。ILO八十七号条約の第五条は、連合及び総連合の規定をしております。さらに第六条は、その連合並びに総連合は、いわば単位組合と申しますか、そ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 国際労働条約第87号等特別委員会 第13号(1964/06/03、30期)

いまのに関連して、議事進行ですが、意見についての訂正はけっこうですけれども、法律解釈等をときどき訂正されたり、あとからこそっと来て速記録を消したいがどうか了承してくれと言われると困るのです。われわれず…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 商工委員会 第31号(1964/04/08、30期)

今次の鉱業法の一部改正は、何を主目的として改正をされたか、ごく簡単に大臣から御答弁願いたい。そこで、私は石油、天然ガスに関連をして聞きたいのですが、大臣、領海外の鉱物の堀採について政府はどういう考え…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1964/02/26、30期)

昭和三十七年の十月に石炭鉱業調査団が答申をいたしまして、その後政府はその答申に基づいて施策を行なったわけですが、現時点と、有沢答申がなされた時点における有沢答申の基調、これとがどう変化をしておるか、ま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1964/03/11、30期)

二、三点お尋ねいたしたいと思います。「鉱害賠償基金をして鉱害復旧事業団に対し復旧工事資金の貸し付けを許すこと」、これは天日さん、と言っても二人おりますが、鉱害賠償基金理事長の天日さんということが出て…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1964/03/19、30期)

関連。実は国の補助が鉱害に出るようになってからの経過を皆さんが御承知ないから、いまされておるような答弁をなさっておるわけなんです。これは率直に言うと、最初鉱害の補助金が出たのは、道路から出た。なぜ道路…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第12号(1964/03/30、30期)

石炭鉱害賠償担保等臨時措置法の一部を改正する法律案の一部を次のように修正いたしたいと思います。第十五条の改正に関する部分を次のように改める。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1964/04/08、30期)

資料要求をいたします。石炭鉱業審議会で三十九年度の需給関係並びに生産その他いろいろ審議されておりますが、それに出された資料並びにその経過を、書類をもって本委員会に提出を願いたい。次会は、来たる十三日…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第14号(1964/04/13、30期)

この前政府から報告がありました高松炭鉱のガス爆発の災害について、若干お聞きいたしたいと思います。まず第一に、この炭鉱の個所については従来どういう調査がなされ、その勧告が行なわれておったか、また事前に…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第19号(1964/05/11、30期)

青山先生に、時間の関係があるそうですから、最初にお伺い申し上げたいと思います。中央鉱山保安協議会は、諮問に応じて調査審議し、さらに建議をすることができる、こういうことになっております。そこで、ことに…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第20号(1964/05/14、30期)

三池炭鉱の爆発の実情にかんがみてこれらの法案の整備をされたというのですが、一体保安法の改正点は、これ以外にどういうものを考えられておるのか、さらにまた、全体としてどういう保安対策に対する整備を考えられ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第22号(1964/06/11、30期)

ただいま提案になりました石炭対策の強化に関する決議案について、日本社会党を代表して賛成の意を表するものであります。昨年の十月開催されました国際石炭大会において、英国石炭庁の経済顧問シューマッハーは、…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第24号(1964/08/11、30期)

まず、今度の特別調査団の設置は閣議決定でしていただいたわけですか、それを念のためにお聞かせ願いたい。なお、大蔵省から当然参加すべきだという御意見がございました。私どももそう思っておりますので、本日も…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1964/02/01、30期)

私は、いま国の内外で非常に問題になっておりますILO八十七号条約を中心として、さらにILO一号条約、二十六号条約、百二号条約、百五号条約等について、国内の問題と関連をして質問いたしたいと思います。ま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1964/02/15、30期)

文部大臣、県全体のワクで操作ができるような状態にはないわけです。産炭地というのは、その県においては少なくとも三分の一以上そういうような町村があり、学校がある。ですから、産炭地といいましても、全国的にそ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1964/10/05、30期)

今日、公務員の給与について人事院の勧告どおり実施するかどうかということは、単に公務員の熾烈な要求にこたえるかどうかというだけでなくて、今日、御存じのように、公務員の労働基本権の問題を中心として、ILO…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1964/12/03、30期)

延長を求める法案ですが、従来の保安買い上げの実績についてまずお述べ願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1964/12/07、30期)

大臣が外遊されておる間に事務当局と質疑をかわしたわけですが、最後に一、二点だけお聞かせ願いたいと思います。三池の非常に大きな災害がありましたが、実はその後においても、三池に匹敵すべき災害の誘発のおそ…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1964/12/17、30期)

二度にわたりまして非常に困難な問題の調査に当たられました有沢団長はじめ各位に、敬意と感謝を申し上げる次第です。一応今度の答申を読んでみますると、各般にわたって実態の把握については十分なされておる、こ…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1964/12/19、30期)

昭和三十六年から炭労が石炭政策転換闘争と称して、キャップランプをつけ、きゃはんを巻いて上京して以来、この問題は大きな政治問題になりました。そうして本院においても、本会議で石炭危機打開の決議案をなし、さ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 国際労働条約第87号等特別委員会 第3号(1965/04/10、30期)

資料提出をお願いいたします。百七十九号事件に関してILO本部に提出した政府の文書、記録、情報の写しを本委員会に提出されるよう要求いたします。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1965/04/07、30期)

港湾労働法案について審議をするに際して感慨なきを得ないものがあるわけですが、衆議院において、昭和二十六年に港湾労働小委員会が設けられて、港湾労働者の雇用の恒常化の問題でいろいろ論議をしました。さらに私…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第33号(1965/05/17、30期)

時間もないそうですから、二、三点だけ重要な問題についてお聞かせ願いたいと思います。順序はいろいろですけれども、今後の遺族年金というより長期的な給付、これが年金になるわけですけれども、この前政府のほう…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 商工委員会 第36号(1965/05/17、30期)

わが党のエネルギーに対する政策については、商工委員会並びに石炭特別委員会等で詳細について述べておりますので、時間もありませんから大要だけ質問しておきたい、かように思います。まず調査会、調査団にもいろ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1965/02/04、30期)

昭和三十九年十一月十七日に日炭高松炭鉱の施業案に対して。既認可部分以外の区域の採堀は認めない、こういう方針を打ち出されております。これは高松炭鉱にとりましては、現在の出炭量の約六八%を失うことになり、…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1965/02/17、30期)

きわめて高度な政治判断を要する問題ですから、文部大臣としての愛知さん、また国務大臣としての愛知さんをぜひ出席を求めたい、かように思います。そうして大臣に対してさらに質問を続けたいと思います。次会は明…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1965/02/18、30期)

基本政策の細部については、各法案が出ておりますから、その法案審議の際に質問をいたしたいと思いますが、有沢第二次石炭鉱業調査団の答申の柱である炭価の値上げ、一体この問題はどういうようにやっているのか。本…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1965/03/04、30期)

北炭夕張炭鉱の事故について質問いたしたいと思います。いま、鉱山保安局長の説明の中で、事故発生後、すなわち二十五日の夕刻からメタンガスが多く流出をして、第二次爆発のおそれがあるから、坑外にまず調査員を…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1965/03/10、30期)

先ほど磯部先生並びに中野先生から欧州の保安状況について説明がありました。日本における災害は欧州各国に比べて非常に高いことが海外石炭鉱業保安調査団の報告書にも出ておるが、そこで第一、欧州はなぜ災害が少な…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1965/03/18、30期)

朝鮮戦争による石炭のブームが終わって、昭和二十七年ころから炭界は非常な不況になったわけですが、最初不況の訪れたのは昭和二十八年から九年にかけて、いわば九州における西部地区といいますか、佐賀炭田を中心と…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第12号(1965/03/24、30期)

関連。滝井さんの質問の中にもう一つのファクターがある。それは、購入価格と販売価格の差があるでしょう。この問題がプール制によって、いまの還付金の財源と関係があるわけですよ。ですから千九百万トンが二十七億…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第14号(1965/03/26、30期)

昨年十二月十六日に石炭調査団の答申が行なわれたわけですが、新聞は、きめ手を欠いたビジョン不在の答申である、こう批評いたしました。私たちも、一息つくかもしれないけれども、これはやはり根本的解決になってい…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第16号(1965/04/01、30期)

先日決定いたしました昭和四十年度の石炭鉱業合理化計画について質問いたしたいと思うのですが、昨日、おそらく滝井委員が質問をしたと思いますので、要点だけ質問をしていきたいと思います。着席〕会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第18号(1965/04/08、30期)

法案に関連して、一、二点質問をしておきたいと思いますが、家屋の地盤等の復旧費に対する補助率が変わったわけですけれども、いわば復旧しないで、家屋の鉱害に対する金銭賠償の場合に、この補助率が変わったことを…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第21号(1965/04/27、30期)

先ほどの蔵内さんの待避所というような問題は、ちょうど茂尻炭鉱の爆発のときに、事実上いわば休憩所に待避した。それが残念ながら、その待避した人が一人を残して全員死亡しました。それはCOで死亡した。たまたま…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第22号(1965/04/30、30期)

先般、本法案につきましては、細谷委員からかなり詳細にわたって質問がありましたから、私は補充的に二、三点お聞きしておきたいと思います。このたびの政府の補助率の引き上げ、並びにただいま政府より出されまし…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第25号(1965/06/01、30期)

さきの五月十八日、本院におきまして、炭鉱災害防止に関する決議案を上程し、可決を得たわけですが、これに対して大臣は、「決議せられました炭鉱災害防止に関する決議につきましては、政府といたしまして、その趣旨…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第27号(1965/06/18、30期)

私は、三池の災害、さらに夕張、伊王島、山野災害と見てまいりますと、日本の炭鉱は明治から大正の初めに返った、こういう感じがいたします。百名以上一時に死亡者を出したという災害は、昭和年代にはないと私は記憶…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1965/08/02、30期)

通産、労働両大臣の所信表明に対する質問の前に、六月一口の山野の災害の問題について、先般六月十八日当委員会で質疑をしたわけでございますが、その後の状態について、さらに行政的にはどういう手を打たれたか、現…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1965/08/12、30期)

委員長の質問に関連いたしまして、二、三当面する問題をお尋ねいたしたいと思います。まず、明治鉱業と杵島炭礦は政府として一体これを存続させるつもりであるかどうか、その決意をお伺いいたしたい。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1966/03/18、30期)

石炭界は産業構造の変革あるいはエネルギー革命と称して非常な急激な変化をしたわけですが、その間に政府はいろいろな観点から離職者対策を講じたわけです。そこで、政府の政策が一応離職者対策として確立してから今…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1966/03/24、30期)

私は、炭鉱の災害に関係をして、ことに、一酸化炭素中毒患者が、療養中にもかかわらず三年を経過すると解雇きれる、こういう点で疑問なきを得ないのですが、法律には基準法ではっきり明示されておりますが、政策とし…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1966/03/31、30期)

いまの滝井君の質問に関連をして質問をしておきたいと思います。大体附則において期限をつけておるでしょう。ですから、今度のたとえば鉄道運賃の延納にかかる債務の保証、こういうのを期限をつけておるから、もう…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1966/04/06、30期)

四十一年度の需給関係については、後ほど公益事業局長その他の局長が見えてから質問したいと思います。そこで、法案について質問をいたしますが、まず、今度の法案の大きな改正の柱でありますところの、従来合理化…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第12号(1966/04/13、30期)

詳細は後刻質問いたしたいと思いますが、第一漆生炭鉱並びに山野炭鉱の災害の特徴は、あらかじめ古洞のあるのが確認をされ、またガスのあることが確認をされて、それに対処しながら事故が起こった、こういうところに…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1966/04/14、30期)

抜本策あるいは鉱害、産炭地振興等については別の機会に質問いたします。そこで、石炭鉱業合理化臨時措置法の改正にあたって一言だけ大臣に決意を聞きたいと思いますが、実は、この事業団の保有鉱区及び消滅鉱区と…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1966/04/21、30期)

ちょっとお願いがあります。参考人中、産炭地域振興事業団の堀坂理事は、最近欧州の地域開発政策を調べてまいられました。でございますので、この際、そういった事情についてもお述べをいただきたい、このことを希…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第16号(1966/04/27、30期)

私は、主として産炭地域振興事業団法の一部改正について、今度の改正点を中心に質問をいたしたいと思います。まず、今度の事業団の業務の範囲の拡大の点について、工業用水の供給というのが一つの大きな柱になって…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第18号(1966/06/01、30期)

私は、地域開発について総合的な見地から、まず企画庁長官にお尋ねいたしたいと思います。高度成長政策の強行というのが、一方で産業と国民生活のアンバランスを生じたといわれております。確かに、現在の経済にお…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第19号(1966/06/08、30期)

いま中小企業のお話が出ましたけれども、率直に言って、いまからの炭鉱の合理化による整備というのは企業倒産の形です。従来は、五つの炭鉱があったのが、三つ閉山して、あとの残り二つになった、その二つに借金を肩…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 内閣委員会 第51号(1966/06/25、30期)

国会で審議をしておりましたときは、実はドライヤー勧告は出ていなかった。その後膨大な書類として報告書が出てきた。その報告書の中にきわめて明確にILO八十七号条約違反であると指摘をされておる個所がある。た…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1966/02/09、30期)

まず、昭和三十九年の二月一日に私が質問をしたときには、ILOに照会をしておる、こう言った。そこで、私は、その前の年にILOに行っておりましたから、ILO事務当局から聞いておる。照会も何もしていない。そ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1966/02/16、30期)

まず総理にお尋ねいたしたいわけですが、本予算委員会において沖繩の祖国復帰に関連をいたしまして、春日委員………会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1966/07/27、30期)

では、植村会長に一、二点基本的な問題を質問いたしたいと思います。非常に長い間答申を作成するについて努力をされたことに、敬意を表する次第でありますが、率直に申し上げまして、はたして政府が諮問をいたしまし…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1966/07/28、30期)

石炭に対する中間答申を含めまして四回目の答申が出たわけですが、時間の関係がございますから、私は問題点を端的に総理大臣にお聞きしたいと思います。総理大臣は長い間通産大臣をやられて、第一次調査団を出すと…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1966/08/11、30期)

時間がないそうですから、金融それから財源についてはすでに質問がありましたから重複を避けて、一点だけ質問したいと思います。今度の肩がわり方式というものについて、肩がわりを受けました企業は、その肩がわり…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1966/08/12、30期)

主として経営者の方にお尋ねいたしたいと思いますが、中小炭鉱といいますか日本石炭鉱業連合会の公述はきわめてはっきりしている。要するに五百円の補給金一本でいいからくれという。これはきわめて明快である。そ…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1966/10/17、30期)

関連して。この問題は、いま労災の問題にしてはきわめて大きい問題です。しかも人命の問題です。しかも、あとから質問いたしますが、三万人も整理が出ようとしておるときです。とにかく、福永さんが労働大臣になられ…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1966/11/08、30期)

今回の労働省の措置は、参議院の決議に基づく立法化を、いわば一方的に事前に措置して既成事実をつくった、こういうことにほかならないと思うのです。そうして具体的に、さっきから信頼感の話がありましたけれども、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12