細迫兼光衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  1回発言   2770文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  1回発言   2770文字発言

本会議発言一覧

第46回国会 衆議院 本会議 第27号(1964/04/28、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、賀屋法務大臣に対する不信任案にわれわれがなぜ賛成するかの理由を明らかにしたいと思うものであります。(拍手)賀屋法務大臣は、学校を出てから直ちに大蔵省に入り、累進いたしまして東條内閣の大蔵大臣に就任したのであります。その結果、戦争責任を問われまして、気の毒に、公職追………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員  1)  8回発言  13969文字発言
 第47回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  2回発言    749文字発言
 第48回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  0)  2回発言   1093文字発言
 第49回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員  0)  1回発言   1541文字発言
 第52回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言

  30期通算 120回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事117 委員  3) 13回発言  17352文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
           118回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事117 委員  1) 13回発言  17352文字発言

 石炭対策特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第46回国会)
 法務委員会理事(第47回国会)
 法務委員会理事(第48回国会)
 法務委員会理事(第49回国会)
 法務委員会理事(第51回国会)
 法務委員会理事(第52回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1964/02/25、30期)

大臣にお伺いしますが、この改正法律案の理由となり根拠となったであろう労働賃金であるとか、あるいは物価であるとかいうものについて、御提出になりました資料によれば、もうすでに昭和三十八年には今日の程度に達…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第14号(1964/03/13、30期)

私の質問は修正の提案でもあるわけで、ぜひひとつ与党の委員諸君に多数聞いてもらいたいのですから、頭数をもう少しそろえてもらいたいと思います。局長にお尋ねをいたしますが、きのうも大竹委員から御質問が出て…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1964/04/09、30期)

私は、下級裁判所に関する……会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第25号(1964/04/10、30期)

刑事局長にお尋ねをいたします。私が取り上げたいと思っていることは、本人は山口県豊浦郡豊田町加藤新一氏という人に関することでありますが、これが二十三歳のときに殺人強盗罪によって無期懲役の判決を受け、最…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1964/04/14、30期)

法務大臣に御質問をいたします。この改正法律案の趣旨の御説明によりますれば、また過日から行なわれました質疑応答の経過に徴しますれば、この改正はもっぱらいわゆる暴力団なるものの根絶のためにこの法律の改正…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第45号(1964/06/26、30期)

入国管理行政についてお尋ねをしたいと思います。国交未回復の国からの入国許可申請について、これを許可するかいなかという処理をするにあたっては何らかの基準を持っておられると思います。たとえば要人であれば…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第48号(1964/09/30、30期)

第一班及び第二班視察の調査報告をいたします。去る八月四日より行なわれました派遣委員の第一班及び第二班の調査につきまして、坂本泰良君にかわり私よりその概要を御報告いたします。なお、詳細な報告書を別途提…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第49号(1964/10/01、30期)

保護局総務課長さんに御答弁願いたいのですが、問題は仮釈放の問題であります。まず仮釈放の大体の機構、どこが申請の窓口であるか、決定権はどこにあるか、法務大臣はどういう干渉を行ない得るか等を一応御説明を願…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1964/12/03、30期)

矯正局長にお聞き取りを願いたいと思います。私は、去る十一月十八日に網走の刑務所へ参りまして、いろいろな点を調査して帰ったのであります。調査の方法はもっぱら所長との会談をいたしたのでありますが、所長の…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1964/12/17、30期)

告発容疑は横領ですね。被告は横領はしていませんという弁解をしたに違いない。だから当然捜査は、被告が弁解している先へお金がいっているかどうかということに手を伸ばしたに違いない。一体その多岐にわたっている…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1965/02/16、30期)

関連。子供の成績表をひとつ取り寄せられる必要がある。この問題は、成績の悪い子供にはテストを受けさせなかったという疑いが濃厚な事件ですから、成績がどうだったかという成績表をひとつお取り寄せの必要があると…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1965/02/19、30期)

刑事局長にお尋ねいたしますが、まずさっき坂本委員からいろいろ著名な責任ある人々が一目母親に会わせるために村上を執行停止にしてもらいたいという運動に参加していることをお伝えいたしましたが、なお北海道の村…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第14号(1966/03/11、30期)

労働省の婦人少年局長さん見えておりますか。――これは週刊雑誌も取り上げてかつて論じたことがありますが、中国電力におきまして、婦人労働者に対して二十五年定年ということを言い渡して雇っておるようであります…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22