国会議員白書トップ衆議院議員河野正>30期国会活動まとめ

河野正衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  1回発言   1721文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言   3611文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  1回発言   4974文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  3回発言  10306文字発言

本会議発言一覧

第46回国会 衆議院 本会議 第21号(1964/04/03、30期)

私は、自由民主党、日本社会党並びに民主社会党三党を代表いたしまして、ただいま提案せられました原爆被爆者援護強化に関する決議案に賛成の討論を行なわんとするものであります。(拍手)思えば昭和二十年八月、広島、長崎両市に投ぜられた原子爆弾は、両市民の大半のとうとい生命を奪い、また、その被爆者の数は実に二十………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第19号(1965/03/18、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま趣旨説明のありました精神衛生法の一部改正に対して、総理はじめ厚生大臣、その他関係各大臣に対し、若干の質疑を行ない、あわせて国民の疑問や不安に対し、率直に解明せられんことを要望するものであります。(拍手)今日、佐藤内閣の最大の政治課題は、所得倍増計画の後半期………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第20号(1966/03/01、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま提案せられましたいわゆる健康保険等関係三法について、総理並びに関係閣僚に対しまして若干の質疑を行ない、国民の疑問に対し解明を行なわんとするものであります。(拍手)佐藤総理は、今日まで常に社会開発に対する構想を強調せられ、また、本年初頭における施政演説の中に………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  2回発言  28926文字発言
 第46回国会 59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 57 委員  2) 23回発言 253848文字発言
 第47回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言  17338文字発言
 第48回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員  2) 13回発言  99893文字発言
 第49回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  1回発言  11107文字発言
 第51回国会 55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 48 委員  7) 17回発言 178433文字発言
 第52回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  2回発言  31122文字発言

  30期通算 169回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事156 委員 13) 59回発言 620667文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
           156回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事156 委員  0) 55回発言 579190文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  26928文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6815文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   7734文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 社会労働委員会理事(第45回国会)
 社会労働委員会理事(第46回国会)
 社会労働委員会理事(第47回国会)
 社会労働委員会理事(第48回国会)
 社会労働委員会理事(第49回国会)
 社会労働委員会理事(第51回国会)
 社会労働委員会理事(第52回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第45回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1963/12/17、30期)

本日は雇用問題に関しまして若干の質疑を行なってまいりたいと思います。特に、まず第一に取り上げてお尋ねを申し上げてまいりたいと思います点は、それはすでに御承知のように、先般来アメリカのマクナマラ国防長…会議録へ(外部リンク)

第45回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1963/12/18、30期)

本日当面している重大な二、三の点につきまして、若干質疑をいたしたいと思います。その第一は、いま日本医師会が保険医総辞退をかけて要求しております再診料十点の新設の問題をはじめといたしまする医療費の緊急…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第21号(1964/03/31、30期)

時間の制約等もございますので簡潔にお尋ねいたしますので、当局側は誠実な、しかも簡潔なお答えをいただきたいと思うのです。本日お尋ね申し上げたいと思います点は、国鉄の経営にかかわります志免鉱業所、これは…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1964/01/30、30期)

時間がございませんから、簡単に関連してお尋ねを申し上げたいと考えます。いろいろ論議されましたように、医師が人命を直接扱うわけでございますので、そういう意味で臨床教育というものを充実さしていこうという…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1964/02/06、30期)

午前中に引き続きまして、私も労働雇用の点につきまして若干お尋ねを申し上げてみたいと考えております。特にきょうは駐留軍労働者の雇用について触れてみたいと思いますが、防衛庁長官は健康を害されておられますに…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1964/02/12、30期)

本日は、一、二の点につきまして所見をただしてまいりたいと考えます。まず、本論に入ります前に、当面して私は一つの問題点につきまして、若干この際大臣の所見を承っておきたいと思います。それは、先般来、医療…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1964/02/18、30期)

関連して。小林委員から春闘あるいは賃金問題、さらにまた職安行政という諸問題についてお尋ねがございましたが、私もそれに関連して若干お尋ねを申し上げてみたいと思います。その前段としてお尋ねを申し上げてお…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1964/02/26、30期)

御承知のように、今日は国民皆保険の時代でございます。したがって、国民のすべてに適正な医療を受ける機会を与えることは、福祉国家としての当然の責務であろう、私はこういうように考えるわけです。そこで、国民皆…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1964/03/10、30期)

ただいま議題となった労働保険審査官及び労働保険審査会法の一部を改正する法律案について、若干の質疑を行なってまいりたいと思います。本法律案の内容でございまする労働保険審査会の業務というものが、労働者災…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1964/03/13、30期)

医療金融公庫に関しまする質疑がだんだんと終結いたしたわけでございますが、もちろん国民皆保険制度のもとで医療施設を充実する、そういう意味において医療金融公庫の原資が、このたびの改正案によって拡大されてま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1964/03/25、30期)

麻薬取締法の一部改正に関しまする質疑を若干行なうわけでございますけれども、この麻薬中毒者あるいはまた麻薬事犯者と強く関連があると考えられまする性格異常、あるいはまた変質的性格、こういう点がこの麻薬事犯…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1964/03/26、30期)

昨日も麻薬取締法の一部を改正する法律案をめぐって若干のお尋ねをいたしたわけでございますが、本日もさらに引き続いて、昨日来質疑の中でそれぞれ意見を異にいたしまする点につきまして、さらに質疑を続行いたして…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1964/03/30、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、麻薬取締法の一部を改正する法律案に対しまする修正案を提出し、その案文を朗読いたしまして提案理由の説明にかえたいと思います。麻薬取締法の一部を改正する法律案の一部を…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第28号(1964/04/02、30期)

関連して。いま伊藤委員からいろいろ御指摘をされましたことは、私はきわめて重大な問題だと思うのです。特にこのたびの国産の生ワクを投与するにあたりまして、いろいろ国民の中からその安全性に対します疑惑という…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第29号(1964/04/07、30期)

春闘もいよいよきわめて重大な段階に突入いたしてまいりました。特に今日開放経済のもとにおきます賃金問題をめぐっての戦いでございますので、したがって、きわめて重大な情勢だと考えております。ところがこのよう…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1964/04/08、30期)

このたびの法律改正によりまして、いよいよわが国でも国産生ワクが本年度から実施をされるということになったのでありますが、その過程の中で一部の方々から強く安全性に対します疑惑が出たということが、この際私は…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1964/04/16、30期)

国民年金法並びに児童扶養手当法の一部を改正する法律案について若干御質問を行ないたいと思いますが、やはりこの法律案というものも社会保障政策の一環でございます。したがって、そういう社会保障政策という一つの…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第42号(1964/05/14、30期)

ただいま議題となりました社会保障研究所法案に関連をいたしまして若干の質疑を行ない、そして大臣はじめ当局者側の御見解を承ってまいりたいと考えます。御承知のように、憲法第二十五条におきましては、健康で文…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第50号(1964/06/03、30期)

重度精神薄弱児扶養手当法案につきまして、若干の質疑を行なってみたいと思います。だんだんとこの内容につきましては質疑が行なわれてまいりましたので、重複を避ける意味で若干の質疑を重ねたいと思います。そこ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第56号(1964/06/17、30期)

この戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正する法律案の審議に際しまして、まず第一にお伺いをいたしたいと思いまする点は、過ぐる日華事変あるいは大東亜戦争というような大戦が、われわれ国民に対しまして多大…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第57号(1964/06/19、30期)

いろいろと、連日にわたりまして戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部改正に関しまする質疑応答が行なわれてまいったわけでございます。その間、それぞれ各委員から御指摘ございましたように、なるほど今日までの改正…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第60号(1964/07/31、30期)

御承知のように、第四十三国会におきまして消防法の一部改正が行なわれたわけであります。そういたしまして、救急病院等を定める省令ができて、それが本年の四月十日より実施されるという経緯に相なったのでございま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第61号(1964/09/30、30期)

本日は、当面していろいろ社会的に問題を提起しておりまする医療費の問題について若干の質問を行ない、そして大臣に率直な御見解を承ってまいりたいと考えております。この医療費問題というものは、国民の健康に関…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第62号(1964/10/01、30期)

私は当委員会におきまして、さきには野村証券におきまする女子職員の自殺という非惨な事実をめぐりまする労使間の問題についていろいろ所見の開陳を求めてまいりました。ところが最近、特に証券界、あるいはまた金融…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第63号(1964/10/30、30期)

血液問題がいま国民の間でもいろいろ論議を招いておりまして、ムード的には非常に盛り上がってまいったと思いますので、私は、やはりこの際この国民の盛り上がる世論を背景として、この問題に対しまする抜本的な対策…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1964/12/16、30期)

長い時間をかけてただいままで電電公社の労使問題、ことに当事者能力の問題についての論議がかわされたのでございますが、それと同じようなケースであります政府関係機関の特殊法人であります公団あるいは公庫、こう…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1965/02/24、30期)

関連して伺いたいのですが、いまの浅村理事の発言を聞いておりますと、非常に多くの矛盾があるような感じがいたします。それはどういうことかと申しますと、先ほど来、岡本委員に対するお答えを承っておりますると、…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1965/01/20、30期)

今日非常に大きな問題になっておりまする医療費の問題は、一つは、国民の健康を守るという意味で一つの大きな問題点でございます。もう一つは、国民経済に及ぼしまする影響というものが非常に大きいわけですから、そ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1965/03/23、30期)

当委員会で今日までも何回か会を重ねて政府関係機関の労使関係についていろいろと論議を続けてまいったわけでございます。しかし、実際には政府関係機関の労使関係というものは依然として不安定な状態にあるし、また…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1965/03/24、30期)

医療金融公庫法の改正案に対しまする質疑がだんだんと大詰めになってまいったわけでございますが、なお、この公庫法の改正をめぐって一、二所見というものを明らかにし、そして御要望を申し上げてみたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1965/03/31、30期)

いま淡谷委員の御指摘になった点について、関連をして一言お伺いをいたしておきたいと思います。戦争という一つの要素が精神病あるいは神経症にどういう影響をもたらすかという点が、これは一つのキーポイントにな…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1965/04/01、30期)

援護法がだんだん集約されてまいりましたので、そういう点で関連して一点だけお伺いをいたしておきたいと思います。特に日韓会談がいよいよ妥結の直前であるわけですから、そこへしぼってひとつお伺いをいたします。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号(1965/05/07、30期)

いよいよ厚生年金審議が大詰めに到達いたしましたので、そこで私はまず総理の御出席もいただいておりますので、まずもって社会保障の基本の点について若干総理の御見解を承りたいと思います。この社会保障の発展確…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第33号(1965/05/17、30期)

労災保険法の改正法案につきましては、すでにいろいろ質疑が交換されまして、その中できわめて今後の方向というものが明確になりた点もございます。しかしながら、さらにいろいろ問題点を提起して明確にする必要のあ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1965/05/18、30期)

きのうから精神衛生法の改正につきましての意見の交換が行なわれてまいったのでございますが、学会あるいはまた審議会等の意見を聞いてまいりましても、いろいろな問題点が実は提起されておるわけでございます。した…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第35号(1965/05/19、30期)

PT、OT法案の諸問題につきましては、すでにかなり論議が行なわれましたので、私も、議事に協力する意味で重複を避けたいと思います。そこで、いままでの論議の中で、一つだけこの際明確にしておきたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第36号(1965/05/31、30期)

佐々先生、時間の都合等もあるそうでございますので、二点だけ簡単にお尋ねをしてお答えをいただきたい、かように思います。その第一点は、ことしの春、薬禍事件が頻発をいたしまして、国民そのものが薬事行政に対…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第38号(1965/06/02、30期)

ただいま所管省でございます総理府長官あるいはまた通産省から、それぞれ昨日発生をいたしました山野炭鉱におきます大災害の状況についての御報告があったわけでございます。私どもも、この二百三十六名というとうと…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1965/04/27、30期)

午前中いろいろ当面する医療費問題についての質疑があったわけですが、私は特に角度を変えまして、いろいろ何点かについてお尋ねを申し上げたいと考えております。今日までいろいろ医療費問題をめぐっての紛糾が続い…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1965/08/09、30期)

アメリカの基地労働者の雇用対策について、これはいままで当委員会におきましても懸案事項でございますので、あらためて申し上げる必要ないと思いますけれども、さらにその後いろいろ新しい事態が発生いたしておりま…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1966/02/22、30期)

政府は常に人間尊重それから社会開発、こういう点について特に力を注いでやっていくというようなことを言明されてまいったわけです。そこで、それらの基本的な点についてはいずれあらためてお尋ねをしたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1966/03/03、30期)

関連。無給医局員に対する改善方策については、いま伊藤先生からもあらゆる角度から御指摘になっているわけですが、そういう問題点については主として文部省関係の問題でございます。そこで、私は人道的な立場なり、…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1966/03/22、30期)

この駐留軍労働者の地位という問題は、これは今日までも長い間いろいろ国会でも論議されてまいった点でございます。その中から、私どもは、政府が米軍に対して労務を提供するわけですから、したがって、その身分につ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1966/03/23、30期)

関連。いま局長のお話を聞きますと、診断か確定した日か初めて発病したときだ、こういうふうな認識を与えるような御発言てございました。しかし、たとえばこのハノセノ氏病でなくて、胃カノなら胃カノにしても、長い…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1966/03/24、30期)

関連。いま吉村委員からいろいろ医師の社会的地位、あるいは保険医療における医師の地位なり、そういう問題についての質問があったのですが、そういうやりとりを聞いておりまして、一つ私は矛盾を感じておりますので…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1966/03/29、30期)

先般来質疑を行なってまいりました労働組合法の一部改正について若干お尋ねをして、御見解を承ってまいりたい、かように思います。今度の労働組合法の一部改正を行なわんといたします趣旨というものが、労働委員会…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1966/03/30、30期)

関連して。今度の法案の改正の趣旨が応急対策としての処置である。したがって、今日までの赤字対策なりあるいは各制度間の格差なりアンバランスなり、そういうものの抜本的な改正を行なう必要があるということでござ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第22号(1966/04/14、30期)

健康保険法の一部改正は、これは国民にとりましても、一面においては健康を守る意味におきましてきわめて重大な問題でございますし、一方におきましては、最近だんだんと公共料金が上がりまして、たとえば鉄道運賃が…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1966/04/21、30期)

国保の審議に入ったわけでありますから、私はこの問題を両面の角度から取り上げて、いろいろと大臣その他関係者の皆さん方の御見解を承ってまいりたい、かように考えます。そこで、かねがね言われておりますように…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第32号(1966/05/10、30期)

冒頭に委員長にお願いいたしたいと思うのでございますが、きょうは午前中から雇用対策法をめぐりまする審議が展開されましたし、なおまたそれらに関連をして雇用問題について若干の質問をいたすわけでございますが、…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第39号(1966/05/30、30期)

ただいま提案になりました国民年金なり、それから児童扶養手当、さらには重度精薄扶養手当法案というものは、特に零細な国民にとりましては非常に重要な意義を持つ法案でございます。そこで、私どももこの法案が持つ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第42号(1966/06/02、30期)

ただいま議題となっております戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部改正並びに戦傷病者等の妻に対する特別給付金支給法、これらの法案についてお尋ねを申し上げるわけでございますが、私は、まずもってこの法案の審議…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第44号(1966/06/08、30期)

前回の委員会で若干引き揚げ援護を中心とする質疑を行なったわけでございますが、国会対策の必要上中途で質疑が終わりましたので、引き続いて何点かについてお尋ねを申し上げたいと思います。そこで、前回の委員会…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第45号(1966/06/09、30期)

関連して。ちょっと大臣に聞いていただきたいのですが、なるほど援護法の改正の趣旨というものは、できるだけ救済をしていこうという気持ちは私どもはわからないわけではないのです。ところが、実際運用面においてそ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第49号(1966/06/22、30期)

ただいま上程されました性病予防法の一部改正について若干お尋ねをして御見解を承ってまいりたい、かように考えます。御承知のように、最近急速に性病患者が増加をいたしてまいりました。そして大いに世論を喚起す…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 社会労働委員会 第50号(1966/06/23、30期)

臨時医療保険審議会の審議に先立ちまして、それらに関連をして一つだけ前もってお尋ねを申し上げたい、かように考えます。それは、同じく医療保障、社会保障に関連する問題として、政府はさきに総理大臣の諮問機関…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1966/02/19、30期)

これは後ほどの問題とも関連をいたしますので、あらかじめ第一にお伺いをいたしたいと思います点は、いわゆる各種の審議会がございますが、この審議会のあり方についての問題でございます。一昨年、昨年と実は医療費…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1966/07/11、30期)

吉村委員からもいろいろ労使間の問題についての御指摘があったわけでございますが、私も最近の一つの特徴としてあらわれてまいっておりまする労使問題について、何点かお尋ねを申し上げたいと思います。その問題と…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1966/11/09、30期)

きょうは三池の大変災が起こりましてまる三年目という記念すべき、意義深い委員会でございます。そこで私どもも定刻一時からということで予定をいたしておったわけでございますが、責任追及をおそれてかどうかわかり…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22