国会議員白書トップ衆議院議員八木昇>30期国会活動まとめ

八木昇衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  2回発言   9441文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  2回発言   7545文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  1回発言   7824文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  1回発言   3735文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  6回発言  28545文字発言

本会議発言一覧

第46回国会 衆議院 本会議 第16号(1964/03/24、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、電気事業法案に対しまして若干の質問をいたす次第であります。時間の関係もございますので、問題を次の五点にしぼって、以下御質問申し上げます。質問の第一点は、総合エネルギー政策の基本的なあり方に関してであります。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第28号(1964/05/07、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、厚生年金保険法の一部を改正する法律案に対し、若干の質問をいたすものであります。わが国の社会保障政策が著しく立ちおくれており、中でも年金分野のおくれがはなはだしく、特に厚生年金は各種年金制度の中核であり、これが抜本的改善が強く望まれてきたことは、御承知のとおりであり………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第16号(1965/03/11、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、原子爆弾被爆者の医療等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、若干の質問をいたすものであります。(拍手)質問の第一点は、一昨年十二月の東京地裁判決、いわゆる古関判決についてであります。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第30号(1965/04/09、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、労働者災害補償保険法の一部を改正する法律案につきまして、若干の質疑をいたそうとするものでございます。(拍手)近年、労働災害件数が著しく増加し、しかも、その内容がますます大規模化しつつあることは御承知のとおりであります。一昨年の三池炭鉱の大爆発、国鉄鶴見事故、昨年の………会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 本会議 第4号(1965/08/03、30期)

私は、日本社会党は代表いたしまして、国民生活の今日の実態に照らしまして、現佐藤内閣の政治姿勢をただそうとするものでございます。(拍手)佐藤総理は、昨年末池田前総理のあとを受けまして総理の座についたのでございまするが、そのときに、国民の多くは、佐藤さんがあの国民大衆の意思と民意を無視し続けた岸元総理の………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第16号(1966/02/17、30期)

私は、ただいま議題となりました昭和四十年度政府関係機関補正予算(機第3号)に対しまして、日本社会党を代表して反対討論をなそうとするものでございます。(拍手)われわれがこの補正予算案に反対する理由の第一は、この機第3号なるものは、現在本院の運輸委員会におきまして審議中でありますところの国有鉄道運賃法の………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第46回国会 64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 58)  8回発言  66332文字発言
 第47回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  2回発言   3244文字発言
 第48回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員  7)  3回発言  28365文字発言
 第49回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  4)  1回発言  13229文字発言
 第51回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 24)  3回発言  32228文字発言
 第52回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  3)  1回発言   8729文字発言

  30期通算 170回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 65 委員105) 18回発言 152127文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            95回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員 53) 11回発言  99523文字発言

 石炭対策特別委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員 30)  4回発言  19608文字発言

 予算委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  2回発言  24593文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   8403文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 社会労働委員会理事(第46回国会)
 社会労働委員会理事(第48回国会)
 社会労働委員会理事(第49回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第51回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第52回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1964/02/25、30期)

ただいまから労働保険審査官及び労働保険審査会法の一部を改正する法律案につきまして、若干の御質問をいたしたいと思うのでございます。何せ法案が出ましてから期日もまだあまりたっておりませんし、私どももまだ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1964/03/03、30期)

私は主として労働者の基準法適用に関する問題について、若干御質問したいと思うのであります。最近、各企業におきまして、特に重要産業、基幹産業、それは結局大企業ということになるわけですが、その大企業におき…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第23号(1964/03/24、30期)

非常に時間がおそくなっておって申しわけないのですが、また大臣はいまテロ事件が発生してライシャワー大使の見舞いに行かれましたので、やむを得ませんので基準局長にお伺いをいたしたいと思います。ちょっと緊急を…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第32号(1964/04/14、30期)

電電公社の総裁に二、三伺いたいと思います。いよいよ十七日が三、四日の後に迫って、もし十七日に伝えられるような実力行使が三公社五現業関係を中心に一斉に行なわれるとすれば、これは社会的な非常に重大な問題…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第40号(1964/05/12、30期)

労働災害防止法について若干質問をいたしたいと思うのですが、その前にちょっと数字的なことを二、三お伺いをしたいと思います。それは、労働省のほうから資料としてお出しいただいておりますものには、労働災害の…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第52号(1964/06/09、30期)

だいぶ時間もおそくなっておりますので、総括的にできるだけ内容をはしょって最終的に御質問いたしたい。大臣も御承知だと思いますが、先般総評が産業災害防止対策審議会活動の強化についてということでもって、内…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 社会労働委員会 第63号(1964/10/30、30期)

ただいまの問題に関連しまして、この機会でありますので四点だけ承っておきたいと思いますが、時間がございませんから質問を羅列して申し上げます。一つは、原爆の患者の方の健康保険料です。健康保険料は納めてお…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第45号(1964/06/16、30期)

四十分にはほかの委員会に官房長官入らなければならぬということでありますから、たった五分でどうしようもないのですが、したがって端的に一、二お伺いをしたい。総理府に設置をされております産業災害防止対策審議…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1964/12/17、30期)

ちょっと関連しまして、一点だけお伺いしたいと思います。私少しぼんやり聞いておりましたので、正確に私が把握したかどうかわからないのですが、この答申の線で今後施策が行なわれていけば、五千二百万トンという…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1964/12/19、30期)

三時までしか時間がないそうでございますから、労働大臣にちょっと要点だけ三つばかり御質問いたしたいと思うのです。先ほどほかの委員から質問があっておりましたように、今度一体政府は炭鉱労働者の問題について…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1965/01/20、30期)

最後に民社党の方が御質問になるそうでありますし、時間が来ておるようでありますが、実は私も厚生大臣には、この際徹底的に申し上げたいことがたくさんございます。個人的には非常に気の毒だと思いますけれども、事…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1965/04/06、30期)

駐留軍に雇われておるところの従業員といいますか、労務者の問題について若干質問をいたしたいと思います。私が申し上げるまでもなく、駐留軍労働者が非常に不安定な雇用関係にあって、そうして日本の国内のどの労…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第26号(1965/04/30、30期)

できる限り、わが党の滝井委員並びに八木一男委員の質問に重複しないようにとは思いますが、その質問を全部私も聞いていなかったために、若干重複するような面が出てくるかもわかりませんが、御了承願いたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1965/09/30、30期)

大臣の時間が十二時過ぎくらいまでだそうですから、最初はおもに大臣のほうへの質問にしぼって質問をいたしまして、そうして具体的な関連する問題につきましては、各局長にお伺いたしたいと実は思っております。す…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1966/03/23、30期)

多賀谷、滝井両委員から相当詳しく質問がありましたから、私はそれに補足する形の質問を若干試みる程度になろうかと思いますが、二、三質問いたしたいと思います。そこで、いま滝井委員が質問をしておりました、黒…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1966/02/09、30期)

私は、時間も十分でございませんので、できるだけまとめまして、労働問題一般についてこれから若干の質問をいたしたいと考えるのでございます。私考えまするに、日経連とそれから政府は非常にいろんな点で緊密な関…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1966/03/03、30期)

私は、ただいまの各分科会の主査報告のうち第三分科会の報告につきまして、問題点を一点にしぼりまして質問をいたしたいと思っております。といいますのは、この分科会で滝井委員の質問に関連をいたしまして、環境…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1966/07/28、30期)

私は、おもに炭鉱に働く労働者の問題を中心に若干この際質疑をいたしたいと思うのでございます。午前中の質疑でも出ておりましたが、ここ数年の間に、中間答申をも含めますというと、四回にもわたって石炭鉱業問題…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22